アイサイトや歩行者保護エアバッグなど、安全性能で定評のあるスバルインプレッサ。

安全性が確保されているのなら、後は日常に使っていて不満のない加速力があるととても安心ですね。

加速力がないと高速道路やバイパスでの合流など、どうしても急な加速が必要な場面で力が足りず、スピードが追いつかないと怖い思いをします。

実はインプレッサの加速力は必要十分な性能を持っているのですが、人によっては加速力が足りず遅いと感じているようです。

ここではインプレッサの加速性能の優位点、そしてなぜ遅いと感じるのかを詳しく解説していきます。

この値引き交渉のやり方を知らないと、車を買う際に50万円以上の損をするかもしれませんよ。

営業マンに騙されずに、最大限まで値引きをしてもらうには、このやり方を知っておく必要があります。

詳しくは下記の車を確実に値引きして安く購入する二つの方法のページをご覧ください。

あわせて読みたい

インプレッサの加速性能

スバル インプレッサ

スバルはインプレッサWRXなど、とても速いスポーツカーでも有名です。そんなインプレッサの走行性能の強みはトラクション性能と高効率CVTです。

ではインプレッサの加速力の源、実際の加速力を解説していきます。

重要なトラクション性能

どんなにパワーのあるエンジンを積んでいても地面にしっかりパワーを伝えることができなければ全く意味がありません。

かの名車、日産スカイラインGT-Rもその凄まじいパワーを地面に伝えるためにFRの車体にアテーサET-Sという4WDを搭載することで性能をいかんなく発揮していました。

4WDは加速力伴うを面ではかなり有用です。そしてスバルは以前から4WDには定評があります。

トラクション性能を考えたときにスバルのAWDはどうなのでしょうか?

スバルならではのシンメトリカルAWD

シンメトリカルAWD

インプレッサは水平対向エンジンの搭載と4WDの配列方法により、シンメトリカルAWDという4WDシステムを持っています。

これは車を中心にタイヤの駆動力を左右均等にかけてくれるため、雪道のような悪路でもトラクション性能は非常に高く、トラクション性能は非常に優秀です。

さらに低重心な水平対向エンジンにより、車の挙動の安定性を高めてくれるため、加速を必要とする場面でも非常に優秀なシステムになっています。

そしてシンメトリカルAWDは他メーカーの生活四駆ような、滑りを検知して作動するスタンバイ式4WDとも方式が違うため、インプレッサの加速力に一役買っています。

高効率CVTのリニアトロニック

インプレッサはミッションにCVTを採用しています。CVTとは無段変速機といい、ATやMTと違いエンジンの効率の良いパワーバンドを使いながら効率よく加速することが可能なミッションです。

そのため加速と燃費の両立ができ、他メーカーでも積極的に採用されているミッションです。

スバルの場合は、このCVTのパイオニアということもあり他メーカーのCVTよりもさらに進化しています。

一例を上げると、普通はCVTの中に搭載れているのは金属ベルトなのですが、それを金属チェーンに切り替えることで従来のものに比べてパワーロスの少ないミッションとなっています。

したがってインプレッサは、他社に比べエンジン伝達要領が優れており、加速力は優位に立てています。

実際の0-100のタイム

では0-100といわれる、停止状態から時速100kmまで到達するまでのタイムをみてみます。実際にインプレッサで0-100のタイムを測ってみると、おおよそ10秒前後という結果が多く出ます。

正直に言って速いとは言い切れない速度ですが、遅いとも言えない”普通”の速さです。

一般的に乗用車の場合、0-100のタイムが10秒以下なら十分との見解が多いので、普段乗りする分にはほとんど不満が出ない加速性能です。

インプレッサの加速性能は並程度

加速力、いわゆる速さを求めるとするとインプレッサは特別加速力があるとは言い難い車です。

ですが話したとおり、インプレッサは日常使いの分としては申し分ないパワーがあります。

インプレッサの加速が遅いと言われる原因は

必要十分な加速力を持つインプレッサですが、人によってはなぜ遅いと感じるのでしょうか?3つの視点から見ていきます。

平均的なエンジンの出力

インプレッサの搭載する2.0l自然吸気エンジンは最大出力154馬力・最大トルク20.0kgf・mとなっており、他メーカーと比べても2.0lエンジンとしては標準的な出力のエンジンです。

これでは速くもなく遅くもないのは当然です。加速力を重視する場合はターボエンジンがほしいところです。

実際に同じスバルのレヴォーグの2.0lDITエンジン(ターボエンジン)は最大出力が300馬力、トルクが40.8kgf・mとインプレッサに比べ倍の性能を持っています。

エンジンの出力は非常に大事です。

加速性能を歌うにはATではなくCVTが懸念点

加速力が必要な場面を考えるとどうしてもCVTは不利になってきます。スバルのCVTが優秀なのは間違いないのですが、実はCVTは構造上他のミッションに比べ伝達ロスが非常に大きいミッションです。

ちなみに伝達率はマニュアルミッションだと99%程度、オートマティックミッションだと90%程度、CVTになると80%程度の伝達力だと言われています。

その理由として、CVTはプーリーを締め付ける油圧を起こすためにエンジンの力を常時使うため、常に何割かのパワーロスが出ます。

さらにCVT特有の金属ベルトのスリップロスといったいくつかのパワーロスが出てしまうのです。そのためエンジンの力を十二分に使い切ることは難しいと言った難点があります。

もう一つ問題点があり、CVTはATやMTのようにエンジンの回転に合わせ変速していくのではなく、コンピューターの制御によって変速していく仕組みです。

そのため運転手の意図した運転になりづらく、思い通りの挙動をしていないという印象を持たせます。そういったところもCVTだと加速力を感じられない要因の一つといえます。

インプレッサのイメージの問題

インプレッサはWRXやSTIのイメージが強く、更にネーミングもインプレッサスポーツといかにもスポーティで速そうなイメージがあります。

しかしあくまで基準車であるインプレッサは普通の車なので、そこに使用者との思いの乖離が生まれているようです。

もしインプレッサの購入を考えているなら、値引き交渉の正しいやり方を覚えておくといいですよ。

このやり方を知っているだけで数十万円は違います。詳しく知りたい方は下記の車を確実に値引きして安く購入する二つの方法のページをご覧ください。
あわせて読みたい

実際の加速感

実際にインプレッサに乗ってる人はインプレッサの加速性能についてどう考えているのでしょうか?ツイッターから生の声をピックアップしていきます。

やはり人によっては遅いと感じるようです。CVTの車はコンピューターの制御によって出だしが、ふんわりになるような制御になっていたりと急加速をしにくいため、遅く感じる場合もあります。

鷹より速い気がするとのことです。このインプレッサの場合は乗る人によって大きく印象が変わってしまうのでやはり試乗してみることが大事です。

インプレッサWRXはやはり滅茶苦茶速いみたいです。もし趣味が合って予算が許す場合はこちらを選んでみるのも良いでしょう。

実際にインプレッサで0-100のタイムを乗せている動画です。CVTでもATのように回転を切り替える制御になっています。急加速する場合はこちらの変速のほうが速いようです。

インプレッサのモードによる違いを紹介しています。出だしからの加速、一定速度からの加速、ドライブモードの違いを解説しています。

動画を見ていてもずば抜けた加速性能は感じませんが、実用性は充分あるようにとれます。

他の車と比較すると

では、インプレッサがライバルとなるような他メーカーの車たちの加速力はどうでしょうか?インプレッサは国内では選べる車種が少ないカテゴリのため、直接のライバルはマツダのアクセラが本命になります。

ただ、同価格帯で選べる車として日産ジューク、トヨタのCH-Rがありますのでこちらをライバル車としてここでは比較していきます。

トヨタ CH-R

トヨタ CH-R

トヨタCH-Rは1.2lターボと1.8lのハイブリッドをパワートレインに備えた小型SUVです。

二種類のそれぞれ違った志向のパワートレーンを持っており単純比較が難しいですが、ハイブリッドのほうはモーターで低速からパワーが出るため、出だしは加速感があります。

しかしモーターのパワーはすぐに頭打ちになるため、そこからは最高出力98馬力の非力なエンジンとの組み合わせになるため、加速力を期待するのは正直難しいです。

ターボの方は1500回転から最大トルクが発生するため加速はよく感じますが、インプレッサのほうが馬力もトルクも性能が上のためインプレッサのほうが加速性能は上です。

0-100のタイムも11秒ほどなので加速力で選ぶならインプレッサの方がよいでしょう。

日産 ジューク

日産 ジューク

日産ジュークは1.5l自然吸気エンジンか1.6lターボエンジンを選択できる、小型SUVです。

ジュークは1.6lターボエンジンとオールモード4×4iが搭載されており、加速力という視点でいくととても強いです。

1.6lターボのエンジン性能はインプレッサの2.0lエンジンの性能を上回りますし、4WDはトラクション効果を高める工夫がなされています。

そして実際に公式では0-100では8.6秒というタイムを出しています。加速感で選ぶならジュークのほうが良いでしょう。

マツダ アクセラ

マツダ アクセラ

マツダアクセラはマツダのミドルサイズの車で、1.5lガソリン、1.5lディーゼル、2.2lディーゼルの3種類のパワートレインを持った車です。

1.5lガソリンエンジンと2.2lディーゼルエンジンになるとインプレッサと価格が大きく違ってくるため、今回は1.5lのディーゼルエンジンで比較していきます。

エンジンで比較してみるとディーゼルエンジンらしい特徴で、最大トルクが27.5kgf・mとエンジンの力はアクセラのほうが強く、更にターボ特有の低回転からの最大トルクのため、出だしの加速力に関しては優位に見えます。

さらに多段ATを採用することにより、ダイレクトな加速が期待できます。

しかし2500回転でパワーバンドから外れ最大出力も105馬力と低いため、エンジンをぐっと回して加速するというより小刻みに変速を繰り返して、エンジンのちょうど良いところを使って加速していくので、一気に加速していくのには向いていません。

そのため0-100のタイムも12秒程度と遅く、インプレッサほどの速さは感じません。しかしグイッと引っ張る力があるので、加速感という意味ではこちらのほうがあるかもしれません。

加速性能を求めるならインプレッサは買いか?

加速力があって速いクルマが欲しいということであれば、この価格帯で考えていくと4WDでターボエンジンを持つ日産ジュークがおすすめです。

しかしジュークのターボエンジンはハイオク仕様のため、インプレッサに比べ燃料代がかかってきます。

日常的に使う分に実用性があれば十分という場合、インプレッサは十分な加速性能を持つ標準的な車です。

インプレッサの加速力は必要十分程度の加速力の車なので、以前に乗っていた車などの環境によって感じ方は大きく変わってきます。

一度インプレッサを試乗して、加速に不満を感じない場合はインプレッサを、加速に不満を感じる場合はジュークを選ぶとよいでしょう。

車を確実に値引きし安く購入する方法!

これから車を買おうと思っている方、値引き交渉の正しいやり方はご存知ですか?

この値引き交渉のやり方を知らないと、車を買う際に最大で50万円以上の損をする可能性があります。

「値引きしてくれませんか?」「オプションをつけてくれませんか?」と何も考えずに交渉すると、営業マンに舐められます。「この客はバカだな(笑)」と足元を見られ、最低限の値引きしかしてくれないでしょう。

確実に最大限まで値引きするには、このやり方を知っておく必要があります。詳しくは下記の車を確実に値引きして安く購入する二つの方法のページをご覧ください。

あわせて読みたい

この記事を書いた人

佐藤茂道
佐藤茂道
某自動車メーカーのエンジン部門で開発経験あり。子供の頃から車雑誌を切り抜きし、高校ではオートバイ・車にどハマりする。就職する際に、某自動車メーカーを選び、仕事でもプライベートでも車漬けに。今は日産スカイラインR33が愛車。