1分で車を60万円値引きする裏技

インプレッサは雪道に弱い?雪道走行の性能について徹底分析しました!

インプレッサWRXといえば、かつて世界を相手にした、スバル筆頭の超硬派モデル。

ご存知のとおり「インプレッサ」「WRX」へと分離して、現在ではWRXがスポーツモデルの後継を担っていますよね。

ゆえに「今のインプに悪路を走る力はない」などと、一部ではこんなイメージを持つ人もいるようです…。

というわけで今回は、インプレッサのセダンモデル「G4」について、さまざまな角度から、雪道での走行性能を徹底分析してみました。

ライバル車とも比較してみたので、購入について悩んでいる方は、ぜひ参考にしてください。

インプレッサは雪道での走行はどうなのか

スバル インプレッサG4

スバル車らしく、インプレッサG4は「1.6L」「2.0L」のどちらのモデルにも4WDが用意されています。

正しくは、常時前輪駆動の「AWD」。機械的な機構により悪条件にも強いので、雪道でも快適に走ることができます。

とまあ、4WDが雪道に強いのは、みなさんも経験的にご存知のことでしょう。今回はそれだけではなく、ボディの構造など面からも分析をしてみたいと思います。

それでは、こちらの諸元を参考にしながら、具体的な話にまいりましょう。

項目諸元
種類水平対向4気筒DOHC16バルブ水平対向4気筒DOHC16バルブ
排気量1,599cc1,995cc
最高出力115PS/6,200rpm154PS/6,000rpm
最大トルク15.1kgf・m/3,600rpm20.0kgf・m/4,000rpm
車重1,300kg1,350kg
全長×全幅×全高4,625×1,775×1,455mm
最低地上高130mm
駆動方式2WD/AWD(常時前輪駆動)

走行性能の評価

真冬の早朝や雨天時は、氷上に水が張って、なかなか発進できません。ツルツルと滑って、短い距離を走るのにも一苦労ですよね?

交差点はアイスバーンになりやすいため、とくにスリップしやすいポイントです。他にも登坂や駐車場など、走りにくい場所は日常のいたる所に潜んでいます。

どんな車なら安心して走れるのでしょうか?雪道走行に求められる性能を、一覧にしてみました。

  • 駆動方式
  • 最低地上高の高さ
  • 車重の重さ
  • トルクの大きさ

インプレッサはこの4点のうち、「車重」「最低地上高」以外は満たしていますね。

発進のときは、タイヤのグリップ力が非常に大切です。ある程度タイヤに荷重が加わったほうが、強くグリップが働きます。ゆえに、重い車のほうが発進では有利なのです。

セダンのなかでは標準的な重量ですが、インプレッサの1,350kgという重量は、重い部類とはいえません。

また、「最低地上高」ですが、セダンの中でも低めな「130mm」という数値。これは積雪が多いときや、轍(わだち)や障害物に対して不利ですね。使用頻度が多い場合は、損傷や劣化が激しくなるでしょう。

このように、雪道に不利な面もありますが、雪に強い面もありますよ。

第一に「駆動方式」です。スバルの真骨頂であるAWDによって、いかなる状況でも4輪でグリップするので、冬の安心感は計り知れません。

雪道では「トルク性能」も大事。これは氷上というよりも、雪が深い状況で求められますね。「20.0kgf・m」というトルクは、けっして大きいわけではありませんが、車重とAWDを考慮すると十分な性能です。

念のため、「牽引ロープ」「スコップ」「スタックラダー」などを準備しておけばスタックした場合でもバッチリ。

まとめると、インプレッサは車高などに難があるものの、走行に関しては雪道でも安心できますね。

轍や雪の塊に注意が必要ですが、日常使用ならまったく問題ありません。定期的に車体下を洗浄して、ケアしてあげましょう。

コーナリング性能の評価

右左折や旋回など、コーナリング性能も重要な項目です。路肩に突っ込んでいる事故現場を、たびたび目にしますよね。絶対にこうはなりたくありません…。

コーナーリング性能に求められる条件には、このようなものがあります。

  • 車重の軽さ
  • 重心の低さ

コーナリングでも4WDが有利な気がしますが、実はそうでもありません。

このように感じるのは、強くて重いボディを持つ四駆車のほうが、路面を強くグリップできるため。ようするに、コーナリングフォース(遠心力)に負けないからなのです。

しかし、雪道は摩擦が極端に少ないため、軽いボデイのほうが有利とされています。グリップ力よりも、コーナリングフォースを減らしたほうが安全に旋回できるということ。

その点、インプレッサG4は軽量なので、コーナーでは有利といえますね。

また、コーナーにおいては重心が低いほうが安心。重心が高いと、コーナー旋回中に踏ん張りが利かず、横転してしまうことがあります。雪国の方なら、真冬の峠道で軽自動車が横転している光景を、よく目にすることでしょう。

インプレッサをはじめ、多くのスバル車に採用される「水平対向エンジン」は、低重心なエンジンとして知られています。ストロークを横に持っているからですね。ゆえに、コーナーでの安定感もピカイチ。

したがって、インプレッサのコーナーリング性能は同クラスでもトップの性能でしょう。峠道でも安心して運転することができますね。

ブレーキ性能の評価

インプレッサ ブレーキ

「雪の路面において、何が一番大切か?」

この答えは、いうまでもなく「ブレーキ性能」でしょう。発進時にスリップしても重大な事故にはいたりませんが、停車時にスリップしてしまったらひとたまりもないです…。

ブレーキ性能についてはこんなものが関連しています。

  • 車重の軽さ
  • 駆動方式

通常、「車重」と「制動距離」の間には大きな差がありません。なんとなく、重い車は止まりにくいイメージがありますよね?事実、重量が大きいほうが、静止させるのに多くのエネルギーを必要とします。

しかし、荷重が加わる分、タイヤのグリップ力も増えるのです。それに、重い車はタイヤサイズが大きいですし、そもそもブレーキシステムが強力に設計されています。つまり、重い車はそれだけブレーキが効くということ。

これに関しては、国土交通省が実施した「ブレーキ性能試験」からも判断することができます。

参考 ブレーキ性能試験結果一覧自動車総合安全情報

しかし、これはあくまでもドライ路面における話。雪が積もった道路では適用されません…。

「では、どうなのか?」というと、イメージのとおり、重い車のほうが止まりにくいのです。

理由を簡単に説明すると、雪によって極端に摩擦力が減り、グリップ力が荷重に対して比例しないから、ということです。


少し長い話になりましたが、ようするに「雪の上では、い車のほうが止まりやすい」ということ。前述のとおり、インプレッサは軽量なので、ブレーキに関しても有利なのです。

また、4WDというのも、実は有効なんです。駆動方式はフットブレーキとは直接関係ありませんが、エンジンブレーキとは関連が深いんですよ。

なにせ「駆動するのが2輪か?4輪か?」という話ですからね。

ポイント

停車直前に、アクセルオフやエンジンブレーキで減速力を働かせておくことで、スリップの危険を減らすことができます。

2輪駆動車でエンジンブレーキを使うと、横滑りする恐れがあるのですが、4輪駆動ならその心配もありません。

まとめると、インプレッサG4なら雪道のブレーキ性能も心配ないということ。過信せずに、早めの減速を心がければ、雪の日でも安心して運転できます。

インプレッサでの雪道走行での評価は?

インプレッサG4の雪道走行については、みなさんどう思っているのでしょうか?

Twitterから感想をいくつかピックアップしてみました。

昔に比べるとずいぶん大人しくなったインプレッサですが、雪道もしっかり走れます。スバルの神髄であるAWDは、今もなお健在なのです。

現在販売されている国産セダンのなかでも、4WD性能に関しては群を抜いているでしょう。

レンタルしたインプレッサで雪道を走った方の感想です。「高速でもブリザードでも安定した走り」とのこと。

雪道性能の評価としては、これ以上ない高評価ではないでしょうか?

凍結した上り坂での発進や、膝丈の積雪での走行…これは並の性能では走破できません。

これだけの状況を難なくクリアするのは、さすがAWDといったところ。最低地上高の低さも、まったく問題ではありませんね。

インプレッサとWRXが別モデルに分裂して以降、インプレッサシリーズは落ち着いたように思えますが、このあたりの丁寧なつくり込みがさすがです。

他の車はどうか

ここで気になるのは、「同クラスで比較すると、どうなのか?」ということ。各メーカーのライバル車の性能と比べてみましょう。

今回比較対象に選んだのはホンダ「シビック セダン」、ホンダ「グレイス ハイブリッド」、トヨタ「プレミオ」の3台です。

ホンダ シビック セダン

ホンダ シビック セダン

インプレッサの競争相手として、真っ先に名が挙がるのがホンダ「シビック セダン」でしょう。なにせ、キャラクターが似ていますからね。

雪道を走るならどちらが優れているのでしょうか?まずは、シビックの諸元をご覧ください。

項目諸元
種類水冷直列4気筒DOHC16バルブ
排気量1,496cc
最高出力173PS/5,500rpm
最大トルク22.4kgf・m/1,700-5,500rpm
車重1,300kg
全長×全幅×全高4,520×1,800×1,515mm
最低地上高135mm
駆動方式FF

シビックの駆動といえば、FFですよね。全体的な車高はシビックが高いですが、エンジン性能や車重はほとんど同じくらいです。

つまり、駆動方式以外は、大きな差はありません。

したがって、雪道への対応力はAWDのインプレッサに軍配が上がるでしょう。

トヨタ プレミオ

トヨタ プレミオ

トヨタから選んだのは、小型セダンの「プレミオ」です。落ち着いた大人なイメージのモデルですが、雪道には対応しているのでしょうか?

諸元を参考にして、インプレッサと比較してみましょう。

項目諸元
種類直列4気筒DOHC
排気量1,797cc
最高出力131PS/6,200rpm
最大トルク16.4kgf・m/4,000rpm
車重1,330kg
全長×全幅×全高4,595×1,695×1,485mm
最低地上高155mm
駆動方式4WD

インプレッサと同じくNAモデルなので、エンジン性能や車重には大きな差はありませんね。最低地上高はプレミオが2.5cm高いです。駆動方式も4WDと安定しています。

雪道性能としてはほとんど同じくらいに思えますが…AWDによってインプレッサのほうが足が強力なので、トラブルへ対能力が高いです。

したがって、走行性能は同じくらいですが、トータル的な雪道性能はインプレッサのほうが上手でしょう。最低地上高が高い分、プレミオのほうが運転は楽かもしれません。

ホンダ グレイス ハイブリッド

ホンダ グレイス ハイブリッド

シビックの関辱を果たすべく、ホンダからもう一台選んでみました。ハイブリッドセダンの「グレイス」の登場です。

おとなしいキャラクターですが、インプレッサと比較してみると、走行性能はどうでしょうか?諸元はこちらになります。

項目諸元
種類水冷直列4気筒DOHC16バルブ+モーター
排気量1,496cc
最高出力エンジン:110PS/6,000rpm
モーター:29.5PS
最大トルクエンジン:13.7kgf・m/5,000rpm
モーター:16.3kgf・m
車重1,160-1,240kg
全長×全幅×全高4,450×1,695×1,500mm
最低地上高150mm
駆動方式FF/4WD

落ち着いたキャラクターということですが、なかなか悪くない性能ですよね?

駆動はFFと4WDの2種類をラインナップし、最低地上高150mmに、車重も1,200kgと軽量。エンジン性能は少し低めですが、トータルバランスはピカイチです。

したがって、両車比べてみると、発進性能・安定性能はインプレッサが、コーナリング性能・ブレーキ性能はグレイスのほうが優れていると判断できます。トラブルに対しては、NAでトルクの大きいインプレッサのほうが強いですね。

インプレッサは雪道走行する車としては買いか

というわけで、インプレッサG4の雪道走行についての解説は以上になります。

まとめると、『車高は低いけど、雪道でも抜群の安定感を持つ車』といった感じですね。やはりインプレッサは絶大な信頼感がある一台といえるでしょう。

冬に乗るセダンを考えるなら、インプレッサG4はマストな選択といえますね。