1分で車を60万円値引きする裏技

レヴォーグは速いのか?加速性能から0-100km/h加速タイムまで解説!

スバルといえば「硬派」「水平対向」「四輪駆動」といった、アクティブで男らしいイメージですよね。

ほとんどのモデルがAWDやターボを備え、運動性能に定評があります。

とくに、レガシィやインプレッサが路線変更してからというもの、イメージを引き継いだ「レヴォーグ」は常に注目される存在といえるでしょう。

というわけで今回は、レヴォーグの加速性能について、0-100km/h加速タイムなどを参考にしながら、解説していきたいと思います。

TwitterやYou Tubeからも気になったものを引用してきましたので、ぜひぜひ参考にしてください。

レヴォーグの加速性能

スバル レヴォーグ

ファミリー使用に向いているステーションワゴン形状ではありますが、スポーツ色の強いレヴォーグ。まさに「GTツアラー」という言葉が似合う一台です。

もちろん見た目だけではなく、走りにもスポーティさがあふれています。それでは、加速性能について見ていきましょう。

0-100km/h加速からわかるレヴォーグの加速性能

さて、まずは冒頭から語っているように、0-100km/h加速のタイムを紹介したいと思います。

実際には100km/hまで一気に加速させることはありませんが、このタイムを知ればイメージしやすいかと。

以下、レヴォーグのモデルごとのタイムです。

  • 1.6L ターボ:9秒前半
  • 2.0L ターボ:6秒前半

レヴォーグは公称値が発表されていないので、オーナーさんの実測値を引用しました。かなり大雑把な表記ですが、参考にはなるでしょう。後半に加速動画が貼ってあるので、詳細はそちらでご覧ください。

排気量や車格を考えると、クラスでもかなり速い部類に入ります。

参考までに、トヨタ「86」が7.3秒、レクサス「GS 300h」が8秒、「プリウス」が11秒くらいです。

エンジン性能が優れてる

レヴォーグ エンジン

加速性能について簡単にイメージできたところで、具体的な部分を見ていきたいと思います。まずはエンジン性能からいきましょう。

項目諸元
エンジン型式FB16型FA20型
種類水平対向4気筒DOHC16バルブターボ水平対向4気筒DOHC16バルブターボ
排気量1,599cc1,998cc
最高出力170PS/4,800~5,600rpm300PS/5,600rpm
最大トルク25.5kgf・m/1,800~4,800rpm40.8kgf・m/2,000~4,800rpm

「1.6L ターボ」と「2.0L ターボ」の2種類がラインナップされていますが、どちらとも優れたスペックですね。

とくに2.0Lターボモデルは、300PSというスポーツカー顔負けのパワーを発揮。

直噴ならではの「圧縮比の高さ」「吸気量の多さ」により、パワフルな性能を獲得しました。高回転域までグワッと回って、爽快な加速を見せつけます。

トルクも「40.8kg/kgf・m」という力強さです。AWD(4WD)も相まって、路面をガッチリと掴みながら推進力を発声。多少のターボラグはあるものの、発進から一気に加速します。

ボディの作りこみもピカイチ

加速性能に重要なのは、なにもエンジン出力だけではありません。

ボディの「軽量性」「剛性」なども非常に大切なのです。スバルの技術が詰め込まれた強靭なボディは、クラスでは標準的な1,540~1,570kg。

しかし、エンジンが優れているので、標準的なボディ重量なら軽々と加速させてしまうんです。

これを表すものとして「パワーウェイトレシオ(以下、PWR)」「トルクウェイトレシオ(以下、TWR)」というものがあります。

出力・トルクが負担する重量を指しており、数値が低いほどプラスです。こちらレヴォーグの圧倒的なPWR・TWRなので参考までにご覧ください。

項目1.5L ターボ2.0L ターボ
PWR9.06kg/PS5.2kg/PS
TWR60.4kg/kgf・m38.5kg/kgf・m

実際の加速感

数字やメカニズムを解説しただけでは、いまいちピンときませんよね?

というわけで、実際のオーナーさんの投稿をご覧いただきたいと思います。TwitterやYouTubeからいくつかピックアップしてみたので、紹介しましょう。

Twitterで加速感をチェック

代車でレヴォーグを借りたというこちらの男性。レヴォーグの硬派なスタイリングを気に入ったようです。

レヴォーグの魅力は「低重心」と「足回りの強さ」。今では珍しいステーションワゴン型ですが、ワゴンならではの特性を十分生かしています。

普通車よりもスポーティな形状なので、1.6Lとしては加速感もまずまず。ラグはあるものの、ヤンチャな加速を見せつけます。

スバル車全般にいえることですが、とにかく剛性が高い。私もこれまでにスバル車を2代乗っていますが、ボディの強さはピカイチです。

もちろんレヴォーグも剛性が高く、低重心と足の強さも合わさって、コーナーリングやブレーキング時の挙動が抜群に安定します。

安定感が欠けていたら、加速するのも怖くなってしまいますが…。これなら加速性能を持てあますことなく、発揮することが可能ですね。

加速にストレスを感じないので、非常にバランスのいい走行性能といえます。

こちらの方は、やや物足りなさを訴えていますね…。よくよく見ると、BRZを話題に出しているので、スポーツカーに慣れている方なのでしょう。

ノーマルのままでは、欲しいときに加速が足りないとのこと…。BRZの6ATといえは、トランスミッションのダイレクト感が好評です。

移植したいということは、細部に手を加えれば「ぜひ乗ってみたい」ということでしょうか?

このように、あらかじめ「スポーティな車」という印象を抱いて乗ると、物足りなく感じてしまうかもしれません。完成度が高いゆえに、ハードルが上がってしまうのが難点ですね…。

YouTubeで加速動画をチェック


加速の動画ということで、まずは1.6Lモデルの加速感を見ていただきましょう。

こちらは0-180km/h加速を撮影した動画で、100km/h到達時は8.14秒と計測されていますね。1.6Lクラスのモデルとしては、上位に入るタイムではないでしょうか?

おとなしくはありますが、音の感じもスバルっぽくて好きです。個人的には、このメーターのブルーが大好き。


少し角度が見えにくいですが、こちらもメーターを撮影した加速動画です。こちらは2.0Lターボモデルの「2.0 GT」ですね。

0-100加速のタイムは6.03秒という計測結果です。さすがに2.0Lターボは速いですね。加速タイムが一味違いますね。

他の車と比較すると

最後にライバルと呼ばれる国産車と比較して、その実力を検証してみたいと思います。「スポーティ色の強い、ファミリー向けワゴン」ということで、他車のコンパクトSUVと比較してみましょう。

対象とするのは、トヨタ「CH-R ハイブリッド」、マツダ「CX-3 ディーゼル」、ホンダ「ヴェゼル ハイブリッド」の3車種です。

トヨタ C-HR ハイブリッド

トヨタ C-HR

トヨタのコンパクトSUVといえば、新顔の「C-HR」ですよね。発売されてからは、街中C-HRだらけになっていたのも記憶に新しいです。

加速性能については、どれくらいのスペックなんでしょうか?さっそく諸元を見てみましょう。

項目諸元
種類直列4気筒DOHC+モーター
排気量1,797cc
最高出力エンジン:98PS/5,200rpm
システム:122PS
最大トルクエンジン:14.5kgf・m/3,600rpm
モーター:16.6kgf・m
車両重量1,440kg
PWR11.8kg/PS
TWR86.75kg/kgf・m
0-100km/h11秒

1.8L ハイブリッドのC-HRですが、性能に関してはピンときませんね…。

車重は軽いのですが、出力もトルクも、それほど優れた数値ではありません。おとなしいキャラクターなので性能にはコストがかけられていないのでしょう。

よって、加速性能をはじめ、トータル的な走行性能はレヴォーグの圧勝です。

マツダ CX-3 ディーゼル

マツダ CX-3

マツダのコンパクトSUVといえば、「CX-5」をダウンサイジング化した「CX-3」が該当します。お馴染みのフロントマスクで、一見してマツダ車だとわかります。

クリーンディーゼル「SKYACTIV-D」を搭載し、独特なキャラクターをもつCX-3ですが、加速性能についてはどうでしょうか?諸元を見てみましょう。

項目諸元
種類水冷直列4気筒DOHC16バルブ ディーゼルターボ
排気量1,498cc
最高出力105PS/4,000rpm
最大トルク27.5kgf・m/1,600~2,500rpm
車両重量1,300~1,370kg
PWR12.0~13.0kg/PS
TWR47.27~49.81kg/kgf・m
0-100km/h10.1秒

排気量は1.5Lと小さいですが、ディーゼルエンジンらしく低速から効くトルクが特徴的です。この排気量で30kgf・mに迫るモデルは、なかなかありません。

しかし、1.6Lモデルのレヴォーグと比較しても、数値全般で劣っていますね。0-100km/hの加速も10秒ということで、やや届きません。

CX-3は低速域しかパワーを発揮できないので、その後の加速が苦手なんです…。よって、加速性能についてはレヴォーグに軍配が上がります。

ホンダ ヴェゼル ハイブリッド

ホンダ ヴェゼル

最後に比較するのは、ホンダより販売されるコンパクトSUV「ヴェゼル」のハイブリッドモデルです。

このモデルは登場からずっと大人気。そういえば私の周りでも乗っている人が多いですね。

コンパクトSUV市場を牽引モデルといえますが、その加速性能はいかがなものでしょうか?こちらの諸元を見て下さい。

項目諸元
種類水冷直列4気筒DOHC16バルブ+モーター
排気量1,496cc
最高出力エンジン:132PS/6,600rpm
システム:152PS
最大トルクエンジン:15.9kgf・m/4,600rpm
モーター:16.3kgf・m
車両重量1,270~1,390kg
PWR8.36~9.14kg/PS
TWR77.91~85.28kg/kgf・m
0-100km/h8~9秒

排気量は1.5Lと、コンパクトなサイズですが、出力とトルクは思いのほか大きいですね。エンジンとモーターを組み合わせることで、システム最大「152PS」、最高「16.3kgf・m」を発揮します。

また、ヴェゼルは軽量なボディもポイント。TWRでは劣るものの、PWRは1.5Lのレヴォーグを上回ります。ゆえに、0-100km/h加速は8~9秒というタイムなのです。

コンディションにもよりますが、発進加速ならレヴォーグ(1.5L)よりも速いんですよ。出力の高さとターボの設定から、中・高速域ではレヴォーグが勝るかも?いずれにせよ、なかなかいい勝負です。

ファミリー向けだけど、やっぱり硬派

というわけで、レヴォーグの加速性能について解説してまいりました。

スポーティ色の強いステーションワゴンということで、今どき珍しいポジションのモデルですね。

似たモデルより加速性能がずっと優れているので、「ファミリー向けなのに硬派」な、まさに「スバル車」なのです。

ハイブリッドや電気自動車が増えても、レヴォーグのような車が売られ続けてほしいですよね。