1分で車を60万円値引きする裏技

インプレッサG4の口コミ/評判!価格から外装や走行性能まで全てチェック!

取り回ししやすいサイズと安全性の高さが評判のスバルインプレッサG4。

日本市場では貴重なスタイリッシュなセダンボディと定評のある走破性と使い勝手が非常に魅力的です。

そんなインプレッサG4ですが実際の評判はどうでしょうか。

ここではインプレッサG4の評判や口コミについてあらゆる角度から解説していきます。

目次

インプレッサG4の外装(エクステリア)の口コミ/評判

評価
外装(エクステリア)
(4.0)

インプレッサG4の外装(エクステリア)の特徴

インプレッサG4 外装

インプレッサG4はオーソドックスなセダンタイプのボディスタイルが特徴的です。

ポイント

ボディは抑揚感を感じさせるような豊満さなどはありませんが、オーソドックスなボディでありながらもプレスラインで面を感じさせるスタイリッシュデザインでワイドアンドローなスポーティなスタイルをしています。

華やかさはないぶん堅実でソリッドなデザインです。ボディサイドには翼のような特徴的なプレスラインがあり、安定感のあるボディで安心感を感じさせるボディです。

フロントマスクにはスバルらしい六角形のグリルとコの字のLEDライトが印象的なヘッドライトで、ひと目でスバルと分かるデザインをしており、先代に比べてもデザインが洗練され非常にスタイリッシュになっています。(スバルのデザインの詳細は以下の記事をご参照ください。)

スバル インプレッサ【画像】スバル車はかっこいいのか?デザインについて徹底分析!

安全性を最優先するインプレッサG4らしいデザインでありながら、古臭さやもたついた雰囲気を出さない秀逸なデザインです。

インプレッサG4の外装(エクステリア)に対する口コミ/評判の傾向

斜め前からの印象がかっこいい

インプレッサG4は斜め前からみたデザインがとてもかっこいいという意見がありました。

スバルはスポーツハッチバックにもセダンにもみえるスタイリッシュなボディが特徴的ですね。ただバンパー周りのデザインがごちゃついた印象があるとのことです。

保守的なデザイン

デザインに冒険のようなものが感じられず、悪く言えば保守的なデザインだという意見もありました。

モデルチェンジをしてもデザインがあまり変わらないのが気になるようですが、スバル全体がそんな印象なので気にしても仕方がないという考えもあるようです。

人気のカラーランキング

順位色/カラー
1位クリスタルパールホワイト
2位アイスシルバーメタリック
3位クリスタルブラックシリカ
4位ダークブルーパール
5位ダークグレーメタリック

人気のカラーはこのようになっています。定番のクリスタルパールホワイトやアイスシルバーメタリック、クリスタルブラックシリカで上位を占めております。

ブラックよりシルバーのほうが人気がある辺りがスポーティさを感じさせるスバルらしいですね。

4位、5位に来ているダークブルーパールやダークグレーメタリックもスポーツカーのようなイメージのあるカラーなので、車の運転が好きな人が多い印象が持てますね。

インプレッサG4ユーザーの実際の口コミ

インプレッサG4はセダンということもありますが、渋好みな雰囲気です。こういった車をかっこよく乗るのもいいですね。

渋さのあるインプレッサG4ですが、乗る人は外観をカスタムしたい人が多いようです。車を自分好みにしたい人が多く選ばれるようですね。

インプレッサG4の内装(インテリア)の口コミ/評判

評価
内装(インテリア)
(4.0)

インプレッサG4の内装(インテリア)の特徴

インプレッサG4 インテリア

インプレッサG4のインテリアは無骨さの強いエクステリアと打って変わって、非常に躍動感のあるダイナミックなデザインで、使いやすく運転しやすいレイアウトが特徴です。

センターコンソールから左右に広がりドアパネルまで一体となったデザインで登場者を包み込む形をしています。

そしてパネル一つ一つのデザインや配置、色の塗り分けやソフトパッドの仕様などでしっかり作り込まれており、高級感を感じませんが男性が非常に好みそうなデザインです。

レイアウトに関しても独立したインフォメーションディスプレイや扱いやすい位置のナビパネルやエアコンパネル、スイッチ一つ一つにもバックライトで見やすくなっており操作や視認性を考慮していることが感じられます。

運転にワクワクを感じるデザインと実用性を両立させ、なおかつドライバーを満足させる質感を提供するインプレッサG4のインテリアは非常に魅力的です。

インプレッサG4の内装(インテリア)に対する口コミ/評判の傾向

質感は向上している

先代のインプレッサと比較するとかなり質感が向上しているという印象があるようです。ダイナミックなデザインが特徴的な、スバルらしいインテリアになっています。

飛行機のコックピットみたいでかっこいい

インプレッサG4のインテリアは機械的な部分が多く、飛行機のコックピットみたいでかっこいいという意見もありました。スイッチ類が無駄に多いとの指摘もありますが、男性には非常に魅力的に映るのではないでしょうか。

インプレッサG4ユーザーの実際の口コミ

デザイン内装ともに男性的な印象で、高級感も感じるそうです。近年のスバルのインテリアには目を見張るものがあります。

内装は派手さを感じないけど、どっしりとした高級感が好みのようです。黒基調なので派手さはあまりないかもしれませんね。

MEMO

もしインプレッサを買おうと考えているなら、あわせて正しい値引き交渉のやり方も覚えておくといいですよ。

このやり方を知らないと最大60万円以上も損しますよ。詳しく知りたい方は、下記の『たった1分で車を60万円値引きできる裏技』のページをご覧ください。 裏技を知って後悔する人たった1分で車を60万円値引きできる裏技!安く購入する秘密のテクニックとは?!

インプレッサG4の走行性能(走破性・安全性)の口コミ/評判

評価
走行性能(走破性・安全性)
(4.0)

インプレッサG4の走行性能(走破性・安全性)の特徴

走っているインプレッサG4

2種類のパワートレイン

インプレッサG4には乗る人に合わせて1.6Lエンジンと2.0Lエンジンの2種類のパワートレインがあります。

1.6Lモデルはインプレッサのボディを走らせるのに必要十分なパワーが有り、普通に走る分にはほとんど不満はなく十分な走りをしてくれます。

ただここぞといったときのパワーが足りない傾向があるので運転が好きな人にはあまり向かないかもしれません。

2.0Lモデルであれば車体に対して余裕のパワーがあるので、とてもスマートな走りをします。CVTとの組み合わせでどんな状況下でも余裕のパワーなので、環境性能も優れています。

悪路走破性

インプレッサG4はスバルのシンメトリカルAWDの恩恵で非常に優秀な走破性が期待できます。

左右対称にトラクションのかかる4WDシステムに、現代の車らしくトラクションコントロールシステムなどコンピューター制御もしっかりしているので日常生活の雪からある程度の悪路でも余裕のある走りが可能です。

ただ最低地上高は130mmと低めのセッティングなので足元の悪すぎる道や積雪路などを積極的に走っていくのはおすすめはできません。

なお雪道性能については以下の記事でさらに詳しく解説しているので、詳細まで知りたい方はこちらもあわせて参考にしてみてください。

スバル インプレッサG4インプレッサは雪道に弱い?雪道走行の性能について徹底分析しました!

先進安全性能

安全性に関しても年を重ねるごとに改善されていくアイサイトや保護機能があるので、非常に優秀です。

ステレオカメラによる緊急ブレーキやレーンキープアシスト、踏み間違い防止などの予防安全装備はもちろん。走行状況に合わせてヘッドライトの照射範囲を切り替えるLEDヘッドライトやサイドブラインドモニター等、ドライバーの安全運転をしっかりサポートします。

搭乗者を保護するカーテンエアバッグはもちろんですが、足元を保護するニーエアバッグや外にいる歩行者に対してもエアバッグが作動するなど安全性を優先するならこの車以外無いのではないかというくらいに考えられています。

インプレッサG4の走行性能(走破性・安全性)に対する口コミ/評判の傾向

2.0Lは軽やかな加速

2.0Lエンジンはターボなどは搭載されていないので、爆発的な加速力というものはありませんが、余裕のパワーでとても軽やかな加速をするという意見がありました。

強力な加速力を期待する人には物足りないかもしれませんが軽快に走ることができるようです。

1.6Lは力不足

1.6Lエンジンは必要十分な性能と言われていますが、絶対的にパワーが足りず高速や登坂路ではエンジンがうるさいという意見がありました。

高速道路でアルファードのようなミニバンにも加速で置いていかれるレベルだという意見もありました。

インプレッサG4ユーザーの実際の口コミ

インプレッサG4の加速は良すぎとの意見があります。教習所で初めて乗る車がインプレッサG4だと、車の感覚がスピード重視になりそうですね。

普段からエコな走りをしていると車がそういう走りに最適化され、いざというときに加速がもたつくようになるそうです。

しかしこの技で加速が変わってくるそうなので、気になる人はアクセルペコペコで調べると出てきます。

なお加速性能については以下の記事で詳しく解説しているので、興味のある方はこちらもあわせて参考にしてみてください。

インプレッサインプレッサは速いのか?加速性能から0-100km/h加速タイムまで解説!

インプレッサG4の燃費の口コミ/評判

評価
燃費
(2.0)

インプレッサG4の燃費の特徴

インプレッサG4のカタログ燃費は1.6Lモデルで18.2km/L、2.0Lモデルで17.0km/Lという数値です。最近の車としては数値が低めな印象があります。

インプレッサG4は内部抵抗の低減などといったアプローチではなく、空気抵抗の低減や走行性能の向上で燃費を抑えるような構造をしています。

とはいえアイドリングストップやCVTなど近年一般的になっている環境対策は講じられています。

インプレッサG4の燃費に対する口コミ/評判の傾向

ではインプレッサG4ユーザーの実燃費はどうでしょうか。

1.6Lモデルでは12~15km/L、2.0Lモデルでも10~13km/Lとなっており、カタログ燃費の達成率は両モデルとも7割ほどと十分な燃費性能です。スバルの車は燃費が悪いというイメージですが、それなりな数値は出ています。

他メーカーと比較すると残念

他メーカーの車と比較すると燃費の伸びが少なく残念だという意見があります。ただ先代と比べると確実に伸びているので満足だという意見もありました。

インプレッサG4ユーザーの実際の口コミ

燃費計では16.2km/Lとぼちぼちな性能をしています。ただ燃費計と満タン法では1割ほど数値が変わってくるようです。

高速で巡航すると20km/Lというなかなかいい数値を出しています。これだけ走れば燃費が悪いという印象も吹き飛んでしまいます。

なお燃費については以下の記事でさらに詳しく解説しているので、詳細まで知りたい方はこちらもあわせて参考にしてみてください。

スバル インプレッサG4インプレッサG4の燃費は悪い?街乗りや高速の実燃費は?改善し向上させる方法まで解説!

インプレッサG4の乗り心地の口コミ/評判

評価
乗り心地
(5.0)

インプレッサG4の乗り心地の特徴

インプレッサG4 運転

インプレッサG4の運転のしやすさは非常に優秀です。余計な造形のないので車内からは視界もよく、シートポジションもしっかりと取りやすくドライバーの疲労は少なそうです。

ステアリングは若干重めでかっちり引き締まった足回りのセッティングからか、ロールやフラつきなどは感じさせず、走行安定性が非常に高く安心した乗り心地です。余裕のあるパワーで加速し、きっちりしたブレーキングなので軽快な走りをします。

静粛性は十分にありますが、エンジン音はある程度入ってきます。これは車速や道路状況などをしっかりドライバーに伝えてくれる部分でもあるので、うるさいと感じることはないでしょう。

インプレッサG4の乗り心地に対する口コミ/評判の傾向

車格以上の仕上がり

車体剛性が高くサスペンションがしなやかに動く印象で、車格以上の乗り心地だという意見がありました。おおむね乗り心地に関しては良い印象が多いです。

シートのホールド性が良くない

シートのホールド性があまり良くないという意見が多くあります。シートの表皮が滑りやすい素材であったり、形状が体に合わないという意見が聞かれました。購入前に一度合わせてみたほうが良さそうですね。

インプレッサG4ユーザーの実際の口コミ

予想以上の乗り心地で言葉にならないとのことです。ここは一度試乗してみることが大事ですね。

車内が広くてパワーが有り、運転時疲れを感じさせないとのことです。乗り心地に関しては悪い印象はないようですね。

インプレッサG4の広さ・居住性の口コミ/評判

評価
広さ・居住性
(4.0)

インプレッサG4の広さ・居住性の特徴

十分な広さと居住性

インプレッサG4は5人乗りのセダンボディで、車体が大きいぶん車内空間も広く、居住性は十分です。

前席はシートが大きくてホールド性も高く、体をしっかり支えてくれるので運転していても疲れにくいです。アームレストも付いていますので休憩中も楽な体制が取れます。

後席は足元の空間が非常に広く十分な余裕がありますが、尻下がりなボディのためか頭上空間は若干狭いです。ただこちらにもアームレストはありますし座面も大きく取られているので、長時間の移動も疲れにくいようにはなっています。

意外と車中泊は可能

インプレッサG4はセダンなので車中泊はできないという印象があります。しかし後席は可倒式となっており、トランクスルーが可能なのである程度は空間を作ることが可能です。

トランクスルーをすることでなんと約1,850mmものに室長が取れるため身長が180cm近い人でも寝ることが可能です。

ただトランクに入る形になるので高さがあまりなく、厚めのマットを引くと圧迫感があり、人によってはねにくいかもしれません。

インプレッサG4の広さ・居住性に対する口コミ/評判の傾向

先代より広い

先代インプレッサG4に比べて車内が広く感じられるという意見が見られました。居住性などさまざまな点が確実にアップデートされていますね。

車中泊しても大丈夫

トランクスルー機構があるので車中泊をしてみたところ、特に体が痛くなるということもなく朝が迎えられたという意見がありました。セダンでも車中泊のできる貴重な車ですね。

インプレッサG4ユーザーの実際の口コミ

インプレッサG4は静粛性も高くて車内も広く、運転もアイサイトのおかげでとても楽ちんだとのことです。車内の広さは運転の疲れをなんだかんだで軽減してくれます。

インプレッサG4はスバルの車の中では一番狭いとのことです。事実ですがスバルの中では一番コンパクトなサイズなのでこればかりはしょうがありません。

インプレッサG4の実用性の口コミ/評判

評価
実用性
(4.0)

インプレッサG4の実用性の特徴

インプレッサG4 ラゲッジ

インプレッサG4のトランクルームは十分に広く、大人5人乗車して移動するには十分な荷物が乗せられます。Mサイズのスーツケースであれば4つ、ゴルフバッグであれば3つも乗せられるだけのスペースがあります。

さらにトランクスルーが可能なので後席を倒すことで、非常に広いラゲッジスペースを確保できます。セダンなので背の高いものを乗せることは難しいですが2,000mmもの長ものを積載することが可能です。

リアドアは十分な開きがあり、間口も広いので乗り降りも楽にできます。チャイルドシートなどお子様の乗せ降ろしも楽にできるので子育て世代の方にも便利につかってもらえる車です。

インプレッサG4の実用性に対する口コミ/評判の傾向

セダンの中でもなかなか優秀な積載性ですが、さらにトランクスルーが可能なので釣り竿やスキー板なども乗せられるという意見がありました。

実はハッチバックのスポーツよりもラゲッジは広いので長ものの積載はこちらのほうが余裕があります。アウトドアでも活躍できるセダンです。

インプレッサG4ユーザーの実際の口コミ

セダンは積載できる荷物が結構限定されがちですが、トランクスルー機構によって非常に幅を広げています。今どきの車らしい使い勝手の良さが工夫されている車です。

トランクスルーがあるかないかで車の使い勝手は大きく変わってきます。セダンの弱点を克服しているので、コンパクトカーを考えている人には十分選択肢に入るでしょう。

インプレッサG4の故障・メンテナンスの口コミ/評判

評価
故障・メンテナンス
(4.0)

インプレッサG4の故障・メンテナンスの特徴

メンテナンス

インプレッサG4のメンテナンス性

インプレッサG4は水平対向エンジンやシンメトリカルAWDなど他車とは違う構造が多いですが、特別な整備というものはありません。そしてタイミングチェーンやLEDヘッドライトの採用などにより消耗品は減ってきています。

車重は1.3tほどと重すぎずエンジンルームも見やすいので、タイヤ交換やオイル交換、日常点検程度の簡単な整備はしやすいでしょう。

インプレッサG4の故障の可能性

インプレッサG4に採用されている水平対向エンジンは以前からオイル漏れに弱いと言われています。

エンジン精度が上がった現在、可能性はかなり低くなってきてはいますが、オイル交換などエンジンに関するメンテナンスはこまめに見たほうが良いでしょう。

なお水平対向エンジンのオイル漏れについては以下の記事でさらに詳しく解説しているので、詳細まで知りたい方はこちらもあわせて参考にしてみてください。

スバル 水平対向エンジン水平対向エンジン/ボクサーエンジンはオイル漏れしやすい?おすすめのオイルはこれ!

インプレッサG4の故障・メンテナンスに対する口コミ/評判の傾向

エンストの可能性

インプレッサG4は加速不良や最悪エンストしてしまう事があるようです。

こちらはサービスキャンペーンで対策品が出ているので、これから中古車を検討されている方は購入時には必ず確認したほうが良いでしょう。

シートに亀裂

5年10万kmほどの走行で運転席のシート表皮に亀裂が入ったという事例があります。10万kmも走るとなれば相当な回数の乗り降りがあったとは推測されますが、5年で亀裂というのはちょっとさみしいものがあります。

インプレッサG4ユーザーの実際の口コミ

インプレッサG4の車内で異音が止まらないようです。どうしても気になる場合はディーラーに持っていって確認してもらうことをおすすめします。

アイサイトのユニット内から異音があるようです。静粛性の高さも評判が良いだけに異音が鳴り始めるときになります。

インプレッサG4の価格・値段の口コミ/評判

評価
価格・値段
(5.0)

インプレッサG4の価格・値段

グレード価格
1.6i-L194.4万円
1.6i-L AWD216.0万円
2.0i-L218.1万円
2.0i-L AWD239.7万円
2.0i-S239.7万円
2.0i-S AWD261.3万円

インプレッサG4は194万円という価格から販売されています。ただ1.6iで194万円より2.0iで218万円のほうがエンジン性能的にも、装備的にもコストパフォーマンスは良いです。

価格は上級グレードの2.0i-Sが261万円と充実した装備の割に価格は控えめだと言えるでしょう。

歴代インプレッサG4の中古相場

インプレッサG4は2011年に発売して8年ほど経っています。安いものでは50万円からありますが、高いものは230万円と非常に広い価格帯です。相場としてはこちらは50万円~180万円ほどで取引されています。

現行モデルは2016年に発売され3年ほど経過しています。おおよそ初回車検を受けるぐらいの年式なので価格はまだまだしっかりしており、下は約120万円ぐらいからです。高いものとなると250万円程になります。流通量が多いのは180万円から250万円となっています。

MEMO

なお正しいやり方で値引き交渉をすれば、上記の価格よりも大幅に安くインプレッサG4を購入できますよ。

このやり方を知らないと最大60万円以上も損しますよ。詳しく知りたい方は、下記の『たった1分で車を60万円値引きできる裏技』のページをご覧ください。 裏技を知って後悔する人たった1分で車を60万円値引きできる裏技!安く購入する秘密のテクニックとは?!

インプレッサG4の価格・値段に対する口コミ/評判の傾向

インプレッサG4の走行性能や使い勝手、安全装備などを考えると割安な価格設定だという意見が多くありました。この出来栄えで300万円以下で買えるのは納得せざるを得ないとのことです。

めずらしく割高感を感じているユーザーは少ない車で、なかにはアイサイトが外せるとなお良い、という意見があった程度です。

インプレッサG4ユーザーの実際の口コミ

インプレッサG4の価格設定は非常に魅力的なようです。ただマニュアルミッションを望む声は多くありますね。

インプレッサG4のコストパフォーマンスはすばらしいとのことです。排気量や装備を考えてもこの価格設定は非常に割安感があります

インプレッサG4の維持費・税金の口コミ/評判

評価
維持費・税金
(3.0)

インプレッサG4の維持費・税金の特徴

車 維持費

インプレッサG4の維持費を下記の条件で計算します。

  • 年間走行距離約1万キロ程度
  • 旅行で1,000キロほど高速をつかう
  • 車検及び整備の見込み費用として16万円

インプレッサは排気量2,000cc、重量1.5トン未満のCセグメントセダンです。自動車税、重量税、自賠責などかかる税金を年計算でだしてみると毎年64,715円が税金として請求されます。

税金以外でかかる費用はガソリン代、高速代や整備費そして任意保険を計算すると305,060円ほどになります。

先程の税金と合わせると年間維持費は369,775円です。ここに駐車場やローンの場合は車両の価格が上乗せされる形になります。2.0i-Lグレードは、60回ローンで月々50,000円程となります。

ですから維持費と合わせると月々が約81,000円で維持することが可能です。

他メーカー車に比べると若干燃費性能が落ちるため燃料代はかかりますが、安全性や運転中のストレスが少ないなど体に対する負担は少ないでしょう。

インプレッサG4の維持費・税金に対する口コミ/評判の傾向

燃料代が高い

燃費が思ったほど伸びないため、燃料代が予想以上にかかって困るという意見がありました。インプレッサG4は街乗りがメインだと本当に燃費が伸びにくいですね。

リセールが意外と高い

インプレッサG4はリセールバリューが高いので、結果的には維持費は安くなるという意見があります。

近年は車の安全性の高さが注目されているので、そのへんの性能が飛び抜けているインプレッサG4は中古市場でも人気が高いようです。

インプレッサG4ユーザーの実際の口コミ

国内のコンパクトセダンの中では維持費がワンランク上がってしまうインプレッサG4。安全性や使い勝手が良いのは間違いないですが、維持にお金がかかると辛いですね。

インプレッサG4で年間の維持費が70万円の見積もりが出ているそうです。一体何があったのでしょうか。

インプレッサG4のグレード・仕様の口コミ/評判

評価
グレード・仕様
(3.0)

インプレッサG4のグレード・仕様の特徴

インプレッサG4 グレード

インプレッサG4は入門仕様の1.6i-L、量販モデルの2.0i-L、そしてそれぞの上級グレードの2.0i-Sのあグレードがあります。

MEMO

1.6i-Lはアイサイトや水平対向エンジンといったインプレッサG4の魅力を手軽に楽しむことのできる入門グレードです。排気量が小さいので走りにゆとりがなかったり快適装備がオプションであったりと気になる点は多々ありますが、使い勝手は十分なモデルです。

2.0i-LはインプレッサG4のスタンダードモデルで2.0Lのエンジンとスマートキーや内装の質感の向上などちょうどよい設定となっています。

2.0i-SはLEDヘッドライトや18インチのアルミホイール、アクティブトルクベクタリングなど走行性能やスポーティなデザインが追加されたモデルです。スバルらしさを感じたいならこのグレードが良いでしょう。

全グレードとも4WD設定がありますので、インプレッサG4の魅力を十分に感じたい場合は4WDを選ぶと良いでしょう。

インプレッサG4のグレード・仕様に対する口コミ/評判の傾向

インプレッサG4の人気グレードは2.0i-Lの4WDが一番人気のようです。スバルらしい走行性能と必要十分な装備で使い勝手も良いところが人気の理由になります。

次に人気があるのが2.0i-Sでした。十分なパワーとスバルらしいスポーティな装備で人気があるのは見てわかります。1.6i-Lは求めやすい価格ですがあまり人気はないようです。

インプレッサG4ユーザーの実際の口コミ

インプレッサG4はブラックのボディカラーでもスポーティな雰囲気を醸し出します。

2.0i-Sは18インチのアルミホイールやメッキの装飾などワンランク上の上質感をもたらします。単純なかっこよさだけでなくオトナな雰囲気もあるので非常におすすめですね。

総評

ではインプレッサG4の総評をしていきます。

インプレッサG4の評価
外装(エクステリア)
(4.0)
内装(インテリア)
(4.0)
走行性能(走破性・安全性)
(4.0)
燃費
(2.0)
乗り心地
(5.0)
広さ・居住性
(4.0)
実用性
(4.0)
故障・メンテナンス
(4.0)
価格・値段
(5.0)
維持費・税金
(3.0)
グレード・仕様
(3.0)
総合評価
(4.0)

インプレッサG4は質実剛健なエクステリアと躍動感のあるインテリアでスタイリッシュさを感じられるセダンです。走行性能や使い勝手、乗り心地もよくとても満足度の高い車だと言えるでしょう。

ただ燃費性能は他メーカーに比べるとどうしても劣る部分があり、玉に瑕です。

なにがなんでも燃費が良くないと困るという人や大きな荷物を頻繁に乗せるという人以外は、安全性・走行性能・乗り心地などどれも優秀なのでどんな人にもおすすめできる車です。

なおインプレッサについては以下の記事でも取り上げているので、もっと詳しく知りたい方はこちらもあわせて参考にしてみてください。

スバル インプレッサG4インプレッサG4の燃費は悪い?街乗りや高速の実燃費は?改善し向上させる方法まで解説!インプレッサインプレッサは速いのか?加速性能から0-100km/h加速タイムまで解説!