1分で車を60万円値引きする裏技

フォレスターは速いのか?加速性能から0-100km/h加速タイムまで解説!

SUVといえば、やはり「アクティブさ」が魅力的ですよね?

なかでも、スバルのフラッグシップSUV「フォレスター」は、かなり硬派なモデルとして印象強いです。

フォレスターといえば、2018年夏にフルモデルチェンジをして、まさに今注目を集めているところ。

というわけで今回は、「新型」フォレスターの加速性能について、0-100km/h加速タイムなどを参考にしながら、解説していきたいと思います。

TwitterやYou Tubeからも気になったものを引用してきましたので、ぜひぜひ参考にしてください。

フォレスターの加速性能

スバル フォレスター

これまでは、かなりアグレッシブなキャラクターだったフォレスターですが、フルモデルチェンジを機に「マイルド」さが強調されました。

走行性能が抑えられ、SUVとしての「質感」を高める方向に進化したのです。

最近流行りの「高級SUV」への対抗策といったところでしょうか?それでは、加速性能がどう変わったのか、解説していきましょう。

0-100km/h加速からわかるフォレスターの加速性能

さて、さっそく加速性能を見ていきたいと思います。

冒頭から言っているように、0-100km/h加速のタイムを参考にして、加速性能をイメージしていきましょう。

一気に100km/hまで加速させることなんてまずありませんが、運動性能を知るには参考になる数値ですからね。

以下、フォレスター2種類のラインナップのタイムです。

  • 2.0L ハイブリッド:9秒台(推定)
  • 2.5L NA:9秒前半

新しく追加されたハイブリッドモデルについては、0-100km/h加速の詳細が不明なので、これは推定値です。

2.5Lモデルはオーナーさんの実測値を参考にしました。後半に動画を載せているので、そちらでご覧ください。

SUVとしては「並」の加速性能といったところでしょうか?少なくとも、従来のフォレスターより加速性能がダウンしているのは間違いありません。

参考までに、トヨタ「86」が7.3秒、「アルファード」が10秒、「プリウス」が11秒くらいです。

エンジン性能は普通?

フォレスター エンジン

なんとなく加速性能についてイメージできたところで、具体的な部分を見ていきたいと思います。まずはエンジン性能からいきましょう。

項目諸元
エンジン型式FB20型FB25型
種類水平対向4気筒DOHC16バルブ+モーター水平対向4気筒DOHC16バルブ
排気量1,995cc2,498cc
最高出力エンジン:
145PS/6,000rpm
モーター:13.6PS
184PS/5,800rpm
最大トルクエンジン:
19.2kgf・m/4,000rpm
モーター:6.6kgf・m
24.4kgf・m/4,400rpm

まず、ハイブリッドモデルの「e-boxer」ですが、2.0Lとしては一般的なレベルの性能ですね。

先代モデルから引き継ぐ「FB20型」エンジンにモーターを搭載することで、低速のパワー不足をカバーしています。

そのため、数値以上に加速が感じられ、特にワインディングや街中での走行がスムーズです。

ちなみに、スバルは「ハイブリッド」とは公言しておらず、あくまでもモーターを搭載した「e-boxer」というネームで打ち出しています。

加速に関しては、ロングドライブに適した2.5Lモデルのほうが優れています。出力・トルクともに、ハイブリッドより高い数値ですからね。

質感を高めた高剛性ボディ

加速性能にはボディの「軽量性」「剛性」なども非常に大切。ボディがエンジンの動力に適応してなくては、効率よく走れません。

ボディ剛性はスバルの十八番ともいえる分野ですね。フォレスターはフレームワークの最適化を重ねて作られているので、「軽量&高剛性」なボディに仕上がりました。

車重はSUVとしては軽い1,510~1,610kg。

軽量性を表すものとして「パワーウェイトレシオ(以下、PWR)」「トルクウェイトレシオ(以下、TWR)」というものがあります。

出力・トルクが負担する重量を指しており、数値が低いほど加速性能にプラスになります。

参考までに、フォレスターのPWR・TWRはこちらです。

項目 2.0L NA2.5L NA
PWR10.21kg/PS5.75kg/PS
TWR75.5kg/kgf・m45.1kg/kgf・m

実際の加速感

数字やメカニズムを解説しただけでは、いまいちピンときませんよね?

というわけで、実際のオーナーさんの投稿をご覧いただきたいと思います。TwitterやYouTubeからいくつかピックアップしてみたので、紹介しましょう。

Twitterで加速感をチェック

こちらの男性はハイブリッドの「e-boxer」に試乗した感想を投稿しています。

運転してみた感じ、モーター感はないようですね。排気量は2.0Lですが、加速感は2.5Lクラスのレベルとのこと。トータルの印象としては、加速感は微妙みたいですね…。

フォレスターといえば、従来はハイパワーターボでスポーツカー並みの動力性能でしたからね…。このモデルは、パワーを求めている人にはおすすめできないですね。

先代の2.0L NAモデルに乗っている人の感想です。先代のNAモデルと比較すると、加速感は増したようですね。排気量が増えただけのことはあります。

今回のモデルチェンジは「運動性能」というよりも、「環境性能」「居住性」「質感」といった部分を強化しているので、ボディがさらに大型化しました。北米を強く意識している感じですね。

こちらの投稿者さんも、2.5Lモデルに試乗されたようです。長い時間は運転していないようですが、その魅力を十分感じ取ったご様子。

レガシィやインプレッサは、今やスポーティ路線からプレミアムなセダン路線へと移行しています。ゆえに、エンジンの味付けが昔とはずいぶん異なる印象ですね。

その点フォレスターは、SUVとしては走れるだけの能力を備えているので、NAモデルであっても、それなりのトルクが確保されています。

過去のモデルと比較すると、ずいぶんマイルドになりましたが、ちゃんとスバルの硬派さを受け継いでいるのです。

YouTubeで加速動画をチェック


2.5Lモデルの加速動画です。開始50秒から0-100km/h加速が始まります。

気になるタイムは…9秒台でしょうか?普段ターボ車に乗っている人が見ると、メーターの動きが遅く感じるかもしれませんね。


「e-boxer」モデルの0-100km/h加速動画は投稿されていなかったので、こちらのレビュー動画をご覧ください。前半はサーキット、後半ダートコースを走っていますが、どちらも走りはスムーズに見えますね。

直線の加速はそれほど速く感じませんが、コーナリングや登坂で安定感を感じます。操舵性が高められ、運転の質感が向上しているようですね。

他の車と比較すると

最後にライバルと呼ばれる国産車と比較して、フォレスター ターボの実力を検証してみたいと思います。

今回比較対象に選んだのは、トヨタ「ハリアー」、マツダ「CX-5 ディーゼル」、日産「エクストレイル ハイブリッド」の3種類です。各社のSUVと、加速性能の違いを見ていきましょう。

トヨタ ハリアー

トヨタ ハリアー

最後に比較するのは、トヨタ不動の人気SUV「ハリアー」です。

今や世界的に流行している高級SUVですが、ハリアーはその金字塔といえるモデル。SUVでありながら、高級セダンのような質感と性能を有しています。

それでは、ハリアーの加速性能を見ていきましょう。

項目諸元
種類直列4気筒 DOHC
排気量1,986cc
最高出力151PS/6,100rpm
最大トルク19.7kgf・m/3,800rpm
車両重量1,660kg
PWR10.9kg/PS
TWR84.3kg/kgf・m
0-100km/h10秒

重厚な見た目どおり、ハリアーは装備が少ないモデルでも1,660kgあります。

モデルによっては2t近くになり、全モデルの平均重量は、なんとフォレスターより200kg重いんです。

加えて、出力・トルクにおいてもフォレスターが勝っているので、PWR・TWRは大きな差があります。

よって、加速性能はフォレスターが一枚上手でしょう。

加速性能が優れているハリアーターボには敵いませんが、ベースモデルならフォレスターのほうが速いです。

マツダ CX-5 ディーゼル

マツダ CX-5

マツダの人気SUVといえば、ディーゼルエンジンを搭載した「CX-5」です。

欧州を意識したエクステリアがおしゃれで、鮮やかなレッドがよく映えますよね。走りもスポーティで、実にヨーロッパ好みの仕上がりです。

まずは、諸元をご覧いただきましょう。

項目諸元
種類水冷直列4気筒DOHC16バルブ ディーゼルターボ
排気量2,188cc
最高出力175PS/4,500rpm
最大トルク42.8kgf・m/2,000rpm
車両重量1,680kg
PWR9.6kg/PS
TWR39.25kg/kgf・m
0-100km/h7.2秒

特徴的なのは、なんといってもトルクの大きさ。低速からトルクが盛り上がってくるのは、ディーゼルエンジンならでは。

排気量クラスは近いですが、やはりトルクには大きな差がありますね。CX-5は重量があるものの、パワーがあるのでPWR・TWRにおいてフォレスターに圧勝しています。

0-100km/h加速も大きく勝っているので、加速性能に関してはCX-5が上といえるでしょう。

ただし、ディーゼルは低速域に特化しているので、裏を返せば中~高回転域ではパワー不足になりやすいです。

発進直後の加速はCX-5に分がありますが、そこから先の中間加速は、フォレスターもいい勝負できるかと。

日産 エクストレイル ハイブリッド

日産 エクストレイル

日産から販売される「エクストレイル」は、アクティブなキャラクターが人気のSUVです。最近ではハイブリッドモデルにも力を入れており、改良のたびに性能が向上しています。

加速性能については、どうでしょうか? 諸元を見てみましょう。

項目諸元
種類直列4気筒DOHC+モーター
排気量1,997cc
最高出力エンジン:147PS/6,000rpm
モーター:41PS
システム:188PS
最大トルクエンジン:21.1kgf・m/4,400rpm
モーター:16.3kgf・m
システム:27.5kgf・m
車両重量1,580~1,650kg
PWR8.4~8.78kg/PS
TWR57.45~60kg/kgf・m
0-100km/h7.0秒

「排気量」「車重」を見比べてみると、ほとんどフォレスターと同等です。アクティブなキャラクターも重なっており、まさしく「ライバル関係」といえます。

エンジンそのもののスペックは限りなく近いですね。

ガソリン仕様モデルなら、AWDの利があるので、フォレスターが上手でしょう。

しかし、モーターのスペックを考慮すると、低速から「27.5kgf・m」ものトルクを生むエクストレイルに分があるようです。

その実力差は、0-100km/h加速にしっかり表れており、発進加速においてはエクストレイルの圧勝といえます。

新型フォレスターは走行性能よりも質感に注目

とうわけで、フォレスターの加速性能について解説をしてまいりました。

歴代フォレスターのターボモデルは、もはやスポーツカー並みの走行性能でしたからね。そのイメージからすると、現行モデルのパワー不足感は否めません…。

しかし、今回紹介したとおり、このクラスでは平均的な加速性能は持ち合わせています。このモデルチェンジでは走行性能よりも、高められた快適性や質感といった部分を評価したいですね。

以上、フォレスターの加速性能についてでした。