1分で車を60万円値引きする裏技

エクストレイルの口コミ/評判!価格から外装や走行性能まで全てチェック!

アウトドアに最適な走破性とインテリアのエクストレイル。

自動運転のプロパイロットや予防安全装備なども搭載し、心強い相棒です。

そんなエクストレイルの評判はどうでしょうか。

ここではエクストレイルの評判や口コミをあらゆる角度から解説していきます。

目次

エクストレイルの外装(エクステリア)の口コミ/評判

評価
外装(エクステリア)
(4.0)

エクストレイルの外装(エクステリア)の特徴

エクストレイル 外装

エクストレイルは現行モデルから、これまでのクロカンSUVのような無骨なデザインを捨て、スタイリッシュなデザインに生まれ変わりました。

適度に寝たフロントガラスや丸みを帯びたボディラインは乗用車ライクなデザイン。

そこに張り出し感のあるホイールアーチや未塗装の樹脂パーツでSUVらしさを付け足した、流行りのSUVらしいデザインです。

サイドウィンドウやドアハンドルにはメッキの装飾がされており高級感も演出しています。日本市場ではムラーノがなくなり、このエクストレイルが事実上のフラッグシップSUVになりました。そのため高級感を演出し、代替需要の受け皿としています。

フロントマスクは日産の車らしいVモーショングリルがはめられており、ひと目で日産の車だということはわかります。

ただここにホンダのエンブレムがついていれば、ホンダの車だなと思えてしまうようなデザインで、はっきりとした個性は感じられません。

ブラックエクストリーマー

エクストレイルにアンダーカバーや大型フォグランプ、専用ホイールなどブラック・アウトされた専用装備をつけたのがブラックエクストリーマーです。

通常モデルよりもワイルドなイメージになるように仕上げてあり、アウトドア好きな人におすすめのモデルです。

モード・プレミア

エクストレイルを専用架装で上級車種のように演出したのがモード・プレミアです。同色塗装されたホイールアーチなどの樹脂パーツや19インチの専用ホイール、後ろには二本だしのマフラーなど外観から上級感を感じられるデザインです。

インテリアには本革シートやソフトパットを使用したインパネの採用など高級感を感じられるデザインになっています。

ムラーノなどの上級SUVからの乗り換え需要に対応した車です。

エクストレイルの外装(エクステリア)に対する口コミ/評判の傾向

価格以上の高級感

車体の大きさも十分にあり、価格以上の高級感が感じられるという意見がありました。ボディの曲面に光があたったときの色の加減が非常に綺麗で良いそうです。

かっこつけすぎず、ダサくもない

近年のSUVのようにスポーティさを打ち出してデザイン性を出すわけでもなく、かといって垢抜けないダサさもないので、ちょうどよいかっこよさだとのことです。

人気のカラーランキング

順位色/カラー
1位ダイヤモンドブラック
2位ブリリアントホワイトパール
3位プレミアムコロナオレンジ
4位バーニングレッド
5位ブリリアントシルバー

エクストレイルの人気カラーはこの様になっています。定番の白黒はエクストレイルの高級感を強く引き出してくれるのでとても人気が高いです。

プレミアムコロナオレンジは日産が近年力を入れているカラーでエクストレイルにも非常に似合っていますね。

傷が気になる濃い色でも、スクラッチシールドが標準装備されているエクストレイルならばそんなに気にしなくても良いので気軽に黒が選べます。

エクストレイルユーザーの実際の口コミ

デザインは旧型エクストレイルのほうが良いと感じるようです。しかしそれ以上に進化している部分が多いので、エクステリア以外での魅力が高いのも見過ごせません。

日産の意匠デザイン、Vモーショングリルがあまり好きではないようです。私もどんなスタイルの車にも無理矢理押し込んでいる感が強すぎてあまり好きではありません。

しかしエクストレイルのリアデザインは力強さがあり、たしかにカッコいいです。

エクステリアデザインの詰めの甘さを感じるようです。2代目までの良くも悪くも個性的なデザインから売れ線に走った3代目。これからのデザインが気になります。

エクストレイルの内装(インテリア)の口コミ/評判

評価
内装(インテリア)
(3.0)

エクストレイルの内装(インテリア)の特徴

エクストレイル インテリア

インテリアはパネルの色の使い分けと動きのあるディティールでうまく重厚感と質感をだし、高めのパネルは適度な包まれ感を演出してくれる良質なインテリアです。

ダッシュボードやドアパネルにはソフトパットがピアノブラックのパネルもここぞというところだけに使われており、質感の高さと質感の高さを両立させたインテリアです。

メーターも見やすくナビやエアコンパネルは操作スイッチが大きく、直感的に操作しやすいデザインなので運転の妨げにならず、とても便利なレイアウトになっています。

エクストレイルの内装(インテリア)に対する口コミ/評判の傾向

シートヒーターが非常に便利

冬場はシートが冷たいので、すぐに温まるシートヒーターはとても便利だという声がありました。

ただこれは前期までは標準でしたが、後期モデルからはオプションの装備なので注意が必要です。

使いやすいインテリア

同クラスの競合車と比べても十分な質感があり、防水シートも安っぽさがないためとても使いやすいインテリアだという意見もあります。

アウトドア使用に限らず、汚れても水拭きでさっと吹けばきれいになるシートはとても助かりますね。

エクストレイルユーザーの実際の口コミ

防水シートは便利だけど、内装の質感が高く感じられないようです。ウィンドウスイッチあたりはつや消しプラスチックなので、そのへんはちょっと安っぽくは感じます。

エクストレイルに高級感を求める人はパワースライドシートなどもほしいようです。

クラスしたのホンダのヴェゼルにもパワーシートはあるので、そういった点でもうちょっと頑張ってもらいたいです。

エクストレイルの内装がお気に入りのようです。エクストレイルのインテリアは適度な質感と使い勝手の良さを両立する貴重なインテリアです。

エクストレイルの走行性能(走破性・安全性)の口コミ/評判

評価
走行性能(走破性・安全性)
(4.0)

エクストレイルの走行性能(走破性・安全性)の特徴

エクストレイル オフロード

2種類のパワートレイン

エクストレイルには2.0Lガソリンモデルとハイブリッドモデルの2種類のパワートレインがあります。

1.5t近い車重なので2.0Lエンジンではちょっとパワーが足りません。十分な加速力が欲しい場合はハイブリッドモデルがおすすめです。

高い走破性

SUVらしい大口径のタイヤや最低地上高の高さ、日産のオールモード4×4iによる積極的な4WD制御によって、悪路や雪道などの走破性はエクストレイルの得意分野です。

オールモード4×4iは各種センサーによって路面状況を把握し、そのときに合わせた最適なトルク配分をする4WDシステムで、悪路走破性だけでなく一般的な路面での走行安定性も高めます。

燃費の良い走行から悪路走破まで、車が自動的に全てやってくれます。

安全性能と自動運転

エクストレイルの予防安全装備は単眼カメラとクリアランスソナー、4方向へのカメラで周囲の状況を判断しています。

これらにより前方車両や歩行者に対する緊急ブレーキ、踏み間違い防止、車線逸脱防止などさまざまな支援をしています。

予防安全装備としてはとても優秀なシステムで、この情報を元に自動運転と言われるプロパイロットも作動しています。

エクストレイルの走行性能(走破性・安全性)に対する口コミ/評判の傾向

電子制御の進化を感じる

先代エクストレイルに比べ電子制御の進化がはっきりと感じ取れるとのことです。特にある程度スピードが出ている状態でのカーブのスムーズさは感動したようです。

優秀な走破性

エクストレイルの走破性は新雪路でも圧雪路でも十分に走破してくれるもので安心だとの意見もあります。SUVらしい走破性をしっかりと保有しています。

3,000回転を超えるとうるさい

2,000回転までなら静かだけど、3,000回転を超えると軽自動車のようなエンジン音になるという話もあります。

エンジン性能は十分にあるとのことなので、あまり回しすぎない運転を心がけると良いでしょう。

エクストレイルユーザーの実際の口コミ

ハイブリッドモデルの加速性能に驚いているようです。余裕のあるモーターと2クラッチ方式のダイレクトな加速なので、強い加速感が楽しめます。

ハイブリッドモデルと比べてしまうとガソリンモデルはパワーが足りません。逆に安全運転に自分を抑えるのにはちょうどよいかもしれませんね。

エクストレイルの雪道走破性はすごいです。他の車が立ち往生するような場所でも普通に入っていきます。

エクストレイルの燃費の口コミ/評判

評価
燃費
(4.0)

エクストレイルの燃費の特徴

エクストレイル エンジン

エクストレイルのカタログ燃費はガソリンモデルで16.4km/L、ハイブリッドモデルで20.8km/Lという数値です。

今回は先代にあったクリーンディーゼルモデルや2.5Lモデルがなくなり、2.0Lガソリンモデルと2.0Lハイブリッドの2つのラインナップになりました。

ただハイブリッドモデルと言っても燃費向上と言うよりは走行性能を向上させるためのパワートレインであるため、トヨタ車のような目を見張るような燃費性能の高さはありません。

エクストレイルの燃費に対する口コミ/評判の傾向

ではエクストレイルユーザーの実燃費はどうでしょうか。

ガソリンモデルでは10~13km/L、ハイブリッドモデルでは12~14km/Lとなっています。それぞれカタログ燃費を60~70%程を達成しています。

カタログ燃費の達成率は60~70%ほどと言われているので十分な燃費性能を持っていると言って良いでしょう。

ちなみに両モデルの実燃費の差は2km/Lほどです。このハイブリッドは燃費向上ではなく2.0Lエンジンにパワーを追加するためのハイブリッドなので、燃費向上を目的として購入すると痛い目に合います。

エクストレイルユーザーの実際の口コミ

なんとガソリンモデルで18km/Lという非常に高い燃費数値を出しています。走り方次第でカタログ数値を大きく超える可能性を持っています。

高速走行で約14km/Lという高燃費を出しています。高速道路でこれだけの数値が出れば十分ですね。

ハイブリッドモデルは後期型のほうが制御が熟成されており、燃費が良くなっているようです。

うまく走らせればバッテリーだけで走ることができるようですが、イライラするようなので精神衛生上やめたほうが良いかもしれません。

エクストレイルの乗り心地の口コミ/評判

評価
乗り心地
(3.0)

エクストレイルの乗り心地の特徴

ハンドリング性能

エクストレイルはSUVらしくアイポイントが高く見晴らしが良いので運転がしやすいです。ハンドリングも素直で思ったとおりに動きます。

ただロードノイズが結構はいってくるため、静粛性を求めるととても残念な気持ちになります。

乗り心地の良い電子制御

エクストレイルは各種電子制御により乗り心地の改善が図られています。

凸凹した道でもフラットな乗り心地に感じさせてくれたり、速いスピードでカーブに入っても思ったとおりのラインを描いてくれるなど、人間の操作ではできない制御がなされています。

エクストレイルの乗り心地に対する口コミ/評判の傾向

硬めの足回り

サスペンションが硬めのセッティングのためか、突き上げが強いという意見もあります。人によって良し悪しの感じ方が違いますが、その分ロールも抑えられているとのことです。

プロパイロットが思いの外スムーズ

日産のプロパイロットが、セレナについているものよりも動きがスムーズだとことです。自動運転はこれからどんどん制御含めて進化していきそうですね。

エクストレイルユーザーの実際の口コミ

エクストレイルのハイブリッドモデルはブレーキがバネ式のような感じで跳ね返りがある感じです。

加速するときも2クラッチ制御のハイブリッドは走り方によっては違和感を感じることも多いため、慣れない人は嫌がるでしょう。

それで手放すのもせっかくの上級グレードなのにもったいない気はしますね。

シャープなハンドリングと硬めの足回りで乗り心地が良いようです。足回りの硬さは乗る人によって大きく評価が分かれます。

マイナーチェンジによって静粛性が向上しているようです。なんといってもプロパイロットは便利ですね。

エクストレイルの広さ・居住性の口コミ/評判

評価
広さ・居住性
(4.0)

エクストレイルの広さ・居住性の特徴

エクストレイルはガソリンモデルであれば5人乗りと7人乗りを選択することができます。とはいえ3列目は確実に緊急用なので、常時使いたい人には向いていません。

前席は十分な広さとシートの大きさがあるので居住性は十分です。

2列目は175cmの男性が乗ってもヘッドクリアランスにも足元の空間にも余裕があるため快適です。後期型からは若干ですがリクライニングも付き、居住性は良くなっています。

ただ3列目となると2列目を目一杯下げた状態では足元の空間がなくなるため座れません。シートも格納前提のチープなものなので、チャイルドシートや小さいお子様が乗る程度で限界でしょう。

シートを全部倒すことでフラットな空間ができるので車内で簡易的な宿泊も可能です。ただ2列目は若干浮いてしまうため、気になる人は気になるでしょう。

エクストレイルの広さ・居住性に対する口コミ/評判の傾向

家族全員で出かけられる

普段四人乗りで、たまに実家のご家族と旅行するときなどには3列目が非常に便利とのことです。このときはお子様を3列目に座らせるそうです。

後部座席も十分な広さ

前席だけでなく、後席も十分な広さがあるという意見もありました。ただ突き上げが強く、乗り心地は良くないようです。

エクストレイルユーザーの実際の口コミ

7人乗りのエクストレイルはたしかに魅力的ですが、常時使用できるものではないですしスライドドアの実用性にはかないません。

快適に車中泊をされているようです。広さのあるラゲッジルームは便利ですね。

後席とラゲッジスペースの広さがエクストレイルの決め手になったそうです。現行モデルは後席の広さはたしかに十分です。

エクストレイルの実用性の口コミ/評判

評価
実用性
(4.0)

エクストレイルの実用性の特徴

エクストレイル ラゲッジ

エクストレイルは乗用車ライクなデザインになりましたが、積載性は十分にあります。

シートを倒すことでフルフラットにして荷物を積載することもできますし、2列目の真ん中だけを倒して長ものを積むことができるので、4人乗車でスキーなども可能です。

5人乗りであればラゲッジアンダースペースなどもありますし十分な積載性があります。

さらに内装は基本的に全面防水になっているので中で飲み物をこぼしたり、濡れたものや汚れたものをそのまま乗せたとしても、あとあと水洗いや拭き掃除をするだけできれいにすることができます。

何でもこぼしやすいお子様がいたり、アウトドア使用には非常に便利な車です。

ドアは大きく開く構造になっているのでお子様の乗せ降ろしや荷物の出し入れは楽ですが、車高が高いためお年寄りなど足腰の悪い人には乗り降りは若干大変でしょう。

エクストレイルの実用性に対する口コミ/評判の傾向

リモコンオートバックドアが便利

両手がふさがっていても足をかざすだけで開くバックドアが非常に便利だとのことです。バックドアを開けるときはたいてい手がふさがっている場合が多いので、これは助かりますね。

十分に広い荷室

SUVとして十分に広い荷室だとのことです。人によってはマウンテンバイクを乗せることもできるとのことだったので十分でしょう。

後期のほうが荷室は広い

モデルチェンジによってラゲッジルームのホイールハウスが小さくなり、積載性が良くなったとのことです。

前期型はラゲッジボードのアレンジが豊富でしたがそれが邪魔で少し荷室が狭かったのです。ゴルフバッグが積みやすくなったなどの意見がありました。

エクストレイルユーザーの実際の口コミ

完全防水のシートは非常に魅力的です。質感もそこまで悪くないので実用的で非常に迷います。燃費に関してはミニバンもSUVも大きく変わりません。

アウトドアの実用性を重視するとエクストレイルも候補に入ります。ライバル車とは性格が似ていますが、外観やエンジンなどどこを重視するかで変わってきますね。

エクストレイルの個人タクシーはさすがに見たことはありませんが、後席は乗り降りが若干大変そうです。

エクストレイルの故障・メンテナンスの口コミ/評判

評価
故障・メンテナンス
(3.0)

エクストレイルの故障・メンテナンスの特徴

メンテナンス

エクストレイルの整備性

エクストレイルは最近の車らしく消耗品は少なくなっています。ヘッドライトはオプションでLEDを選べばヘッドライトの電球交換が必要なくなります。

エアクリなどもありますが、ガソリン車は比較的エンジンルームは広めですが、ハイブリットモデルはしっかり詰まっており整備性は悪いです。

タイヤも標準で17インチと大きく、車重も重いのでタイヤ交換などの整備性はよろしくありません。

エクストレイルの故障のしやすさ

エクストレイルはハイブリッドモデルなので駆動用バッテリーの劣化による不具合があります。

その他にも防水素材のシートがよれやすく、乗り方次第ではすぐにだめになってしまいます。

エクストレイルの故障・メンテナンスに対する口コミ/評判の傾向

CVTの不具合が多い

ガソリンモデルによく出るのがCVTの異常です。走行中にしゃくりがひどかったり、ミッションからの振動があったりと非常にわかりやす不具合が発生します。

こちらは初期症状であればプログラムの書き換えですみますが、最悪ミッション交換に繋がる事象です。上記の症状が出たら早めに見てもらいましょう。

ハイブリッドシステムの不具合が多い

ハイブリッドモデルは不具合が多いようです。突然の故障表示やシステムからの異音などがあります。

エンジンをかけ直すと直ることが多いようですが、頻繁に発生する場合はディーラーで見てもらいましょう。

ルーフレールの塗装剥がれ

初期ものに多いのですが、ルーフレールの塗装が剥がれる事象が出ています。

なかなか目につかない部分なので気づきにくいですが、チェックしてみると剥がれている場合があります。

とくに機能に障害などはありませんが気持ちのいいものではありませんね。

エクストレイルユーザーの実際の口コミ

新車1ヶ月点検の直後に入院だそうです。システムは度のタイミングで不具合が出るのかわかりませんが、点検直後の不具合は気持ちのいいものではありませんね。

ハイブリッドモデルは故障が多いようです。日産初のFFハイブリッドシステムなので熟成が足りていないようです。

エクストレイルはCVTが故障する事象がよく聞かれます。保証が切れてからとなると非常に辛いので延長保証などを検討してほしいですね。

エクストレイルの価格・値段の口コミ/評判

評価
価格・値段
(4.0)

エクストレイルの価格・値段

グレード価格
S219.7万円
X2列254.8万円
3列262.1万円
Xi280.3万円
ハイブリッドS258.9万円
ハイブリッドX289.2万円
ハイブリッドXi307.1万円

歴代エクストレイルの中古相場

初代エクストレイルは2000年に発売開始され18年が経っています。しかし人気は高く中古相場は安いものでも10万円から、高いものでは140万円ほどと意外と高額になっています。相場としては25万~60万円の個体が多く取引されています。

2代目のエクストレイルは2007年に発売され、古いものでは11年ほど経ちますがそれなりの値段がついています。

安いものでも30万円からですし高いものではなんと240万円ほどと、新車が買えるぐらいの中古車価格をしています。人気のある個体のためか流通量が多く、相場として50万~160万円で取引されています。

現行モデルは2013年に発売され、現在ちょうど2回目の車検に当たる5年が経過しています。

そのため価格はまだまだしっかりしており、下は約119万円ぐらいからあり、高いものとなると370万円程になります。流通量が多いのは160万円から300万円となっています。

エクストレイルの価格・値段に対する口コミ/評判の傾向

優れたコストパフォーマンス

車体のサイズや安全装備、使い勝手などを考慮すると非常にコスパフォーマンスが高いとの意見がありました。特に3列シートでこの価格というのが魅力的なようです。

値引きがでかい

他社に比べ値引き額がでかいという意見も多くあります。希望の装備が十分について自分の予算に収まったのはエクストレイルだけだったという人もいます。

エクストレイルユーザーの実際の口コミ

エクストレイルがほしいけど価格で悩んでいるようです。さすがに軽自動車とは価格で勝負はできませんね。

2列仕様と3列仕様の価格差は8万円です。この価格差であれば用途の増える3列シートを選びたくなるのも納得です。

エクストレイルの維持費・税金の口コミ/評判

評価
維持費・税金
(3.0)

エクストレイルの維持費・税金の特徴

車 コスト

エクストレイルの維持費を下記の条件で計算します。

  • 年間走行距離約1万キロ程度
  • 旅行で1,000キロほど高速を使う
  • 車検及び整備の見込み費用として16万円

エクストレイルは排気量2,000cc、重量2.0トン未満のミドルクラスSUVです。自動車税、重量税、自賠責などかかる税金を年計算でだしてみると毎年67915円が税金として請求されます。

税金以外でかかる費用はガソリン代、高速代や整備費そして任意保険を計算すると298,200円ほどになります。

先程の税金と合わせると年間維持費は366,175円です。ここに駐車場やローンの場合は車両の価格が上乗せされる形になります。Xiグレードは、60回ローンで月々58,000円程となります。

ですから維持費と合わせると月々が約88,500円で維持することが可能です。

エクストレイルはハイブリッドモデルもありますが、パワー重視で燃費は大きくは変わらないので、維持費で考えるならばガソリンモデルがおすすめです。

エクストレイルの維持費・税金に対する口コミ/評判の傾向

下取りが高いので結果的に得

エクストレイルは日産の中でも人気の高い車なので、多少維持費がかかったとしても乗り換えの際に下取りが高く、結果的に安いという意見がありました。エクストレイルの人気の高さが伺えますね。

大きなSUVの中では税金は安い

競合車の中ではエコカー減税などのおかげで税金は安いようです。競合SUVの中では燃費が良い方なのでエコカー減税も対象で、維持費が落ち着くそうです。

エクストレイルユーザーの実際の口コミ

サーフのような非常に維持費がかかる車と比較すると、エクストレイルは税金・燃費を含めとても安く感じるようです。

エクストレイルがほしかったけど維持費の関係でジュークにされたようです。税金、燃費などを優先するとジュークという選択肢もありです。

エクストレイルのグレード・仕様の口コミ/評判

評価
グレード・仕様
(4.0)

エクストレイルのグレード・仕様の特徴

エクストレイル 外装

エクストレイルはガソリンモデルとハイブリッドモデルの2つのパワートレインがあります。

普通に使う分にはガソリンモデルが良いですし、パワーが欲しい場合はハイブリッドがおすすめです。ただし8人乗りはガソリンモデルでしか選ぶことはできないので気をつけましょう。

SUVに重要な4WDはどちらも選ぶことが可能ですので好みに合わせてお選びいただけます。

外観は標準的なボディと、アウトドアらしいデザインのエクストリーマー、高級感のあるモード・プレミアの3つがあります。エクストリーマーは4WDにしか設定はありませんので注意が必要です。

グレード体系は複雑なので、購入する際には自分に必要な仕様を相談して、確認したほうが間違いがありません。

エクストレイルのグレード・仕様に対する口コミ/評判の傾向

エクストレイルの売れ筋グレードは20Xiです。Xグレードをベースにアラウンドビューモニターやプロパイロットなどの先進安全装備も最初からついており、価格も抑えられているのでとてもお買い得なグレードです。

逆にSグレードはあまり人気がありません。鍵差しのイグニッションであったり標準の装備が少なくなっているので、エクストレイルに乗りたいけど絶対に予算に抑えたいという人しか選ばないようです。

エクストレイルユーザーの実際の口コミ

プロパイロットが魅力の現行車ですが、初代モデルに比べるとさまざまな点で進化しているので装備がついていなくても満足なようです。

エクストレイルの上級グレード、モード・プレミアです。外観からも高級感が漂っておりかっこいいですね。

総評

ではエクストレイルの総評をしていきます。

エクストレイルの評価
外装(エクステリア)
(4.0)
内装(インテリア)
(3.0)
走行性能(走破性・安全性)
(4.0)
燃費
(4.0)
乗り心地
(3.0)
広さ・居住性
(4.0)
実用性
(4.0)
故障・メンテナンス
(3.0)
価格・値段
(4.0)
維持費・税金
(3.0)
グレード・仕様
(4.0)
総合評価
(4.0)

エクストレイルは一目惚れの多い外観や防水シートで使い勝手の良い内装、走破性が非常に評価の高いSUVです。アウトドアでの使い勝手は他を寄せ付けないくらいの魅力があります。

ただCVTの精度の低さやハイブリッドシステムの評判の悪さからくる不具合の多さや硬めの乗り心地などは評判が悪く、保証の切れた中古車を選ぶのは心配ですし、乗り心地もちょっと悩ましいものがあります。

新車であれば故障に関しては保証で直せるので良いとしても、乗り心地は悩ましい部分です。柔らかい乗り味を好む人やロードノイズに敏感な人にはエクストレイルはおすすめできません。

しかし防水シートや使い勝手の良いラゲッジスペース、高い走破性を持つのでアウトドアでの仕様に非常におすすめできます。

そしてスタイリッシュなデザインに一目惚れした場合も、購入して後悔することはないでしょう。