1分で車を60万円値引きする裏技

フォード エコノラインのキャンピングカー内装や値段【キャブコン】ウィネベーゴアスペクト

「キャンピングカーに興味があるんだけど、種類がいっぱいありすぎてよくわからない…」

「最新のキャンピングカーってどんな設備がついてるの?」

車1台で複数の大人が寝泊まりできる、遊びに便利なキャンピングカー。

タイプがいろいろありますが、コスト・広さ・車体の大きさといったように、何を重要視するかによって選ぶ車が変わってきます。

そこで最新モデルのキャンピングカー・ウィネベーゴアスペクトを紹介します。内装や設備について写真つきで解説しますので、キャンピングカー選びの参考にしてください。

なおこの車種については東京キャンピングカーショー2018で展示されていたのを取材しました。展示の様子は以下の記事でまとめているので、詳細が知りたい方はこちらもご参照ください。

東京キャンピングカーショー2018 会場東京キャンピングカーショー2018レポート!最新車種イベントで取材してきた!

キャンピングカーの8つのタイプ

まず、キャンピングカーには以下の8つのタイプがあります。

  • 「バンコン」
  • 「キャブコン」
  • 「軽キャンパー」
  • 「フルコン」
  • 「セミフルコン」
  • 「バスコン」
  • 「トラキャン」
  • 「キャンピングトレーラー」

※種類の詳細は以下の記事をご参照ください。

キャブコンのフロントキャンピングカーの全ての種類8つを解説!特徴から価格まで!

この記事で紹介するニートRV社のウィネベーゴアスペクトは、キャブコンタイプです。

キャブコンとは、トラックやワンボックス車にキャンピングシェルを搭載した車のことです。

車体が大きいキャンピングカーなので、中がとても広くて快適に過ごせるというメリットがあります。

断熱性や防音性に優れていて、どんな場所でもまるで家にいるかのような感覚で車中泊ができます。

荷物もたくさん積めて、長期での旅行にもピッタリです。

なおキャブコンタイプのキャンピングカーは以下の記事でも紹介しているので、こちらもあわせてご参照いただき比較してみてください。

ジル520 クルーズ フロントエルフのキャンピングカー内装や値段【キャブコン】ジル520クルーズ ボンゴ アミティのフロントからボンゴのキャンピングカー内装や値段【キャブコン】アミティ

ウィネベーゴアスペクト(メーカー:ニートRV)の内装写真

エコノライン ウィネベーゴアスペクトのフロント

ニートRV社のウィネベーゴアスペクトです。フォード・エコノラインをベースにしたキャンピングカーで、主要スペックは以下のようになっています。

ウィネベーゴアスペクト主要スペック
  • 乗車定員:6人
  • 就寝定員:4人
  • 全長:8,950mm
  • 全幅:2,490mm
  • 全高:3,160mm
  • ベース車:フォード・エコノライン
  • 排気量:6,800cc
  • 燃料:ガソリン
  • 最高出力:305ps
  • 駆動方式:2WD FR
  • ミッション:6速AT
  • 燃費:高速走行時7~8km/l、通常走行時3~4km/l

乗車定員は6人ですが、就寝人数は4人だけです。6人でキャンプに行ってしまうと2人は車内で寝られなくなってしまうので、注意してください。

エコノライン ウィネベーゴアスペクトのサイド

アメリカサイズのかなり巨大なキャンピングカーです。幅も高さも去ることながら、とくにすごいのが車体の長さ! バイク2.5台ぶんぐらいあります。

日本の街中で乗るには実用的じゃない気がしますが、大きいだけに車内の広さ・快適さには期待できそうです。

エコノライン ウィネベーゴアスペクトの見取り図

車内全体の見取り図はこんな感じ。左上の入り口から入って正面がテーブル席、テーブル席のとなりがトイレ・シャワールーム、通路挟んでキッチンがあって、いちばん奥が寝室です。

それではさっそく内装を見てみましょう。

エコノライン ウィネベーゴアスペクトの出入り口

ウィネベーゴアスペクト、居住スペースへの出入り口です。

エコノライン ウィネベーゴアスペクトの窓

出入り口ドアの窓です。

エコノライン ウィネベーゴアスペクトのドアノブ

出入り口ドアの、ドアノブ。白いプラスチックでできています。ロック機能つきです。

エコノライン ウィネベーゴアスペクトのテーブル

テーブルとダイネットシート。横には窓がついていて、外の景色を見ながら食事ができます。

ダイネットシートを展開させると幅106cm×長さ170cmの2人用ベッドになります。

大人2人で寝るには幅がかなり狭く、長さも170cmしかないので、成人男性は身体を曲げないと寝られません。

現実的に、このベッドで寝られるのは子供か身長の低い女性だけです。家族で車中泊する場合の子供用ベッドですね。

なおキャンピングカーでの車中泊の方法や注意点については、以下の記事で詳しく解説しています。興味のある方はこちらもご参照ください。

ボーダーバンクスエボリューションのベッドキャンピングカーで車中泊はどうやる?宿泊場所についても解説!

エコノライン ウィネベーゴアスペクトのシート

ダイネットシートのアップ。

エコノライン ウィネベーゴアスペクトのシートのアップ

さらにアップ。表面はシボ加工(しわのように見える加工)されたレザーです。

エコノライン ウィネベーゴアスペクトのシートのアップ

エコノライン ウィネベーゴアスペクトの100V

ダイネットシートの裏、床に近いところに100Vコンセントがついています。ベッドを展開させて寝るときに、スマホを充電しながら寝ることも可能です。

エコノライン ウィネベーゴアスペクトのドリンクホルダー

テーブルにはドリンクホルダーが2つついています。

エコノライン ウィネベーゴアスペクトの収納

テーブルとダイネットシートの上には、収納スペースが3つついています。

エコノライン ウィネベーゴアスペクトの運転席、助手席

運転席と助手席です。ベース車が外国車なので、左ハンドルです。

写真のようにシートを反対向きにして固定すると、居住スペース側を向いてすわることができ、テーブル席にすわっている仲間と会話ができます。

エコノライン ウィネベーゴアスペクトの収納

運転席と助手席の上には、収納スペースが4つついています。

エコノライン ウィネベーゴアスペクトの電子レンジ

キッチン上部の、電子レンジです。これもかなり巨大! 家庭用のレンジの2倍ぐらいあります。

エコノライン ウィネベーゴアスペクトの電子レンジ

なかは二段式になっていて、トーストが乗せられる程度の大きさの皿であれば、4枚ぐらい入りそうです。

大人数でのキャンプでも、料理がいっぺんに温められて、使い勝手がよさそうですね。

1つの大皿をみんなでつまむような食べ方をするにしても、これだけの大きさがあれば大皿でも入ります。

エコノライン ウィネベーゴアスペクトのガス台

電子レンジから下に下がると、ガス台があります。つかわないときはこのようにフタを閉めておけば、邪魔になりません。

エコノライン ウィネベーゴアスペクトのガス台

フタを開けると、ガスコンロが3台ついています。

エコノライン ウィネベーゴアスペクトのガス台

ガスコンロの点火スイッチです。対応するコンロをそれぞれLEFT・FRONT・RIGHTとわかりやすく表記しています。

エコノライン ウィネベーゴアスペクトの収納

ガス台の下には収納スペースが2つついています。

エコノライン ウィネベーゴアスペクトのシンク

ガス台の横の、シンクです。写真はフタを開けた状態ですが、フタをしておけばふだんは邪魔になりません。(シンクの必要性の詳細は以下の記事をご参照ください。)

アンソニーLE 朱夏 シンクキャンピングカーのキッチン・シンクはなしでいい?必要性を考察!

フタはけっこうずっしりと重いです。

エコノライン ウィネベーゴアスペクトの収納

シンクの下は、収納スペースです。ウィネベーゴアスペクトの収納スペースはぜんぶ木製で、家の家具のような安心感があります。

エコノライン ウィネベーゴアスペクトのテレビ

シンクの横には、28インチの大型テレビがついています。ちょうどテーブル席からみんなで見られる位置です。

エコノライン ウィネベーゴアスペクトの電圧計

キッチンの横には、電圧計と、車内の水の流れを管理するスイッチがついています。

エコノライン ウィネベーゴアスペクトの電圧計

2つのスイッチの下には、太陽光発電の操作スイッチ。

エコノライン ウィネベーゴアスペクトの収納

エコノライン ウィネベーゴアスペクトの収納

キッチンの横は、3段式の収納スペースです。

エコノライン ウィネベーゴアスペクトの冷蔵庫

エコノライン ウィネベーゴアスペクトの冷蔵庫

3段式の収納スペースの横には冷蔵庫と冷凍庫。庫内容量は178Lと、国産のキャブコンやフルコンについている冷蔵庫(85L~90L)より2倍ぐらい大きいです。

エコノライン ウィネベーゴアスペクトのベッド

こちらは寝室のクイーンベッド。幅152cm×長さ190cmなので、大人2人でも寝られます。

足元が壁になっておらず、成人男性でもしっかり脚を伸ばしてリラックスして寝れます。

ベッドについているクッションがふっかふかで、さわっているぶんには気持ちいいですが、これで寝たら首が悪くなりそうな感じがしました。(※「ベッドにあがらないで下さい」と書いてあるので実際に寝てみることはできませんでした)

ベッドの両サイドにはナイトスタンドがついています。

エコノライン ウィネベーゴアスペクトのたんす

ベッドに向かって左側には、ワードローブ。(衣装ダンス)

エコノライン ウィネベーゴアスペクトのたんす収納

ワードローブの下は引き出し式の収納スペースになっています。

エコノライン ウィネベーゴアスペクトの収納

クイーンベッドの上の、収納スペースです。

エコノライン ウィネベーゴアスペクトのテレビ

寝室の天井付近の壁(クイーンベッドの足元側)にもテレビがついていて、ベッドに横になりながらテレビを見られます。

キャンピングカーのベッドは成人男性にとっては狭くてくつろげないようなものが多いですが、これだけ広いベッドで寝転がってテレビまで見れるというのは、ほんとうに豪華だと思います。家の寝室と変わらないクオリティです。

なおキャンピングカーでのテレビ視聴については、以下の記事で詳しく解説しています。こちらもあわせて参考にしてみてください。

ファミリーモーターホーム Cタイプキャンピングカーでテレビを見る方法!アンテナ取り付けはどうする?

エコノライン ウィネベーゴアスペクトの仕切り

エコノライン ウィネベーゴアスペクトの仕切り

さらに快適性を上げている要因として、寝室とリビングの間にこういう仕切りがあるんです。

仕切りを閉めることで、寝室が閉鎖された空間になります。たとえば3人でキャンプに行って、1人はもう寝たいけど2人はまだ起きていたいような状況になったとき、寝室だけ暗くして寝ることができます。

うすい仕切りなので遮音性はそこまで高くないですが、起きて生活しているひとの姿が目に見えるより、ずっと寝やすいはずです。すごく良い寝室だと思います。

エコノライン ウィネベーゴアスペクトのトイレ

ウィネベーゴアスペクトのマリン式トイレです。マリン式トイレとは汚物タンクが車両に固定されているトイレのことで、汚物を捨てるときはホースをつないで浄化槽に直接捨てます。

汚物タンクの容量は128Lもあるので、大人数人で常用しても事足ります。(トイレの仕組みの詳細は以下の記事をご参照ください。)

Sunlight CLIFF 540 トイレキャンピングカーのトイレの処理・掃除の仕組み!トイレ付きがいいのか解説!

エコノライン ウィネベーゴアスペクトのトイレ

ウィネベーゴアスペクトのトイレは、なんと、ウォシュレットつきです。基本的にはコンビニや公衆トイレを利用するとしても、いざ車内のトイレを使う機会があったときに清潔に使えて嬉しいですね。

洗面台もトイレの横についているので、用を足した後はお湯で手が洗えます。

エコノライン ウィネベーゴアスペクトの収納

洗面所には鏡と収納スペースがついています。まるでホテルの洗面所のようです。

エコノライン ウィネベーゴアスペクトのシャワー

洗面所のとなりはシャワールームです。

エコノライン ウィネベーゴアスペクトのシャワー

シャワールームの床。トイレと別室になっているのが嬉しいですね。これだったら気持ちよく浴びられそうです。

エコノライン ウィネベーゴアスペクトのシャワー

シャワーヘッド。家のシャワーと変わらないサイズです。(シャワーについては以下の記事で詳しく解説しているので、こちらもあわせて参考にしてみてください。)

キャンピングカーのシャワー付き洗面台キャンピングカーは風呂・シャワー付き?水の補給の仕組みまで解説!

エコノライン ウィネベーゴアスペクトのシャワー

シャワーのハンドル。

エコノライン ウィネベーゴアスペクトの収納

エコノライン ウィネベーゴアスペクトの収納

車外には、車体の左側に収納スペースが6つついています。

エコノライン ウィネベーゴアスペクトの収納

車体の右側にも、大きな収納スペースが1つついています。

ウィネベーゴアスペクトの価格と標準装備・オプション

ウィネベーゴアスペクトの車両本体価格は、税込みで19,548,000円です。装備が充実しているだけに、これぐらいの金額になってしまうんですね。さすがにびっくりするぐらい高い…。

MEMO

もっと安く購入したいなら、あわせて正しい値引き交渉のやり方も覚えておくといいですよ。

このやり方を知らないと最大60万円以上も損しますよ。詳しく知りたい方は、下記の『たった1分で車を60万円値引きできる裏技』のページをご覧ください。 裏技を知って後悔する人たった1分で車を60万円値引きできる裏技!安く購入する秘密のテクニックとは?!

標準装備として以下のものが架装されています。

ウィネベーゴアスペクト標準装備(エクステリア)
  • フレームレス2重ガラス窓
  • パワーエントランスドアロック(運転席連動)
  • 電動サイドオーニング(5.7M)
  • ホイールライナー
  • 脱着式LPガスボンベ(日本製)
  • ファイバーグラスランニングボード
  • ポーチライト
  • 屋外コンセント
  • 外部TVケーブルインプット
  • ヒッチレシーバー
  • リヤトランク収納(フォールディングケーブル・スペアタイヤ・エクステリアシャワー・ウォーターサービスセンター・外部電源コード)
  • セワーホース収納
  • リヤエアヘルパースプリング
ウィネベーゴアスペクト標準装備(電気設備)
  • ダクト式15,000BTUルーフエアコン(ヒートポンプ)
  • 発電機(オナン社製4.0kw)
  • ACコンバーター
  • 1,000Wインバーター(テレビ用)
  • 外部電源コード(商用電源/発電機自動切り換えシステム)
  • ディープサイクルコーチバッテリー×2(グループ31)
  • 室内・室外100Vコンセント
  • DC12Vソケット
  • コーチバッテリーディスコネクトシステム
  • TVケーブルジャック
  • カウンタートップ液晶テレビモニター
  • デジタルHDテレビアンテナ
  • 極性検出アダプター(日本製)
  • LEDシーリングライト
ウィネベーゴアスペクト標準装備(リビング)
  • 電動スライドルーム(ベンチマークダイネット)
  • デュオローラーシェード(Solar/Night)
  • モニターパネル
  • 30,000BTU LPガス暖房器
  • スライディングスクリーン&ベント付きスカイライト
ウィネベーゴアスペクト標準装備(キッチン)
  • 電子レンジ
  • 3バーナーガスレンジ
  • バックスプラッシュ
  • 人工大理石カウンタートップ&ガスレンジカバー
  • レイズドパネルインサート2ドア冷
  • 蔵庫(178L)
  • 電気/ガス温水器(EMS付き)
  • ダブルステンレスシンク&人工大理石カバー
ウィネベーゴアスペクト標準装備(ベッドルーム)
  • ウォークアラウンドクイーンベッド
  • フォームマットレス/ヘッドボード/ベッドスプレッド/ピロー
  • スライドアウト ワードローブ
  • ナイトスタンド×2
  • クリエイトアブリーズ(大型換気扇)
  • フォールディングドア
  • 液晶テレビモニター
ウィネベーゴアスペクト標準装備(バスルーム)
  • 換気扇
  • メディソンキャビネット
  • 洗面台
  • スカイライト
  • ハンドスプレー付き陶器製水洗トイレ
  • シャワールーム/リトラクタブル スクリーンシャワードア/フレキシブルシャワーヘッド
ウィネベーゴアスペクト標準装備(安全装置)
  • チャイルドシートテザーアンカー(ダイネットシート)
  • ガス漏れ警報器
  • 煙警報器
  • 一酸化炭素警報器
  • 漏電遮断機
ウィネベーゴアスペクト標準装備(ボディー・構造)
  • ファイバーグラスルーフ
  • スーパーストラクチャー
  • インターロッキング ジョイント

先ほど写真を紹介した大型冷蔵庫や電子レンジ、シャワールームといった見どころはすべて標準装備です。

車両価格が高いだけあって、エアコンやFFヒーターもとうぜん標準装備されています。(エアコンの必要性については、以下の記事をご参照ください。)

アンソニーLE 朱夏 エアコンキャンピングカーのエアコン・クーラーは必要か考察!夏はないと無理?!

ガス漏れ警報器や一酸化炭素警報器がついていることで、安全面も万全ですね。

また、オプションでは以下のものがつけられます。

ウィネベーゴアスペクト オプション(メーカーオプション)
  • アルミホイール(4本)(338,40円)
  • ハイドロリック レべリングジャッキ(732,240円)
  • ソーラーパネル&バッテリーチャージャー(100W)(155,520円)
  • エクステリア オーディオ(140,400円)
  • レストイージーソファ(295,920円)
  • タンクレス ガス温水器(リサーキュレーションポンプ付き)(162,000円)
  • リヤクイーンベッド デジタルコントロールマットレス(156,600円)
ウィネベーゴアスペクト オプション(ディーラーオプション)
  • 地デジTVチューナー×2(213,840円)
  • アラウンドビューシステム(367,200円)
  • ガソリンヒーター2kw(345,600円)
  • ルーフベントカバー取り付け×2(29,160円)
  • 路肩灯(48,600円)

先ほど写真の紹介で「ダイネットシートのベッドは子ども用」と書きましたが、オプションでダイネットシートをレストイージーソファに変えることが可能です。

レストイージーソファは展開させてベッドにすると幅152cm×長さ190cmのクイーンサイズになり、成人男性でも脚を伸ばして悠々と寝られます。

タンクレス ガス温水器とは、瞬間湯沸かし器のことで、これをつけておくとリモコンで温度設定してハンドルをひねるだけで、自動点火して設定した温度のお湯がすぐに出てきます。

ディーラーオプションは購入後にもつけられますが、メーカーオプションは新車購入時にしかつけられないので、注意しましょう。

総評:広いし設備もこれ以上ないぐらい充実している、豪華な内装

ウィネベーゴアスペクトの内装全体を見た総評としては、「広いし設備もこれ以上ないぐらい充実している、豪華な内装」だと思います。

トイレは処分の楽なマリン式で、ウォシュレットまでついています。マリン式トイレは国産のキャンピングカーにはめったについていない、アメリカ産ならではの装備です。

ポイント

シャワールームがトイレと別になっているのも◎。車内空間の広さがないとできない仕様です。

何よりいちばんの見どころは寝室です。キャンピングカーのベッドというと長さがみじかくて、「これで本当に寝れるの?」と思うようなものが多いですが、ウィネベーゴアスペクトのクイーンベッドは足元に壁がないので、しっかり脚を伸ばしてリラックスできます。

リビングとの間に仕切りがあったり、寝転がってテレビが見れるようになっていたりと、「いかにベッドでくつろげるか」をよく考えてつくられた寝室だと思います。こんな寝室なら私も一泊してみたい。

ここまで書いてきましたが、車体が大きいだけに乗れる場所や停められる場所は限られてくるので、ちょっとコンビニによりたいときなんかは大変です。

この記事を読んだことで、ウィネベーゴアスペクトを購入するかどうかの判断材料のひとつになれることを願っています。

なおキャブコンタイプのキャンピングカーは以下の記事でも紹介しているので、こちらもあわせてご参照いただき比較してみてください。

sitng evolution 5.0xxのフロントカムロードのキャンピングカー内装や値段【キャブコン】ナッツクレアスティングエボリューション5.0XX Anthony LE 朱夏のフロントカムロードのキャンピングカー内装や値段【キャブコン】AtoZアンソニーLE朱夏