トヨタの販売するクロスオーバーコンパクトSUVのC-HR。

ハイブリッドやダウンサイジングターボを搭載するなど世界戦略車として、しっかり世界を見越した開発がなされています。

そんなC-HRは奇抜なデザインが非常に目を引く車です。

ここではそんなC-HRのデザインについて解説していきます。

この値引き交渉のやり方を知らないと、車を買う際に50万円以上の損をするかもしれませんよ。

営業マンに騙されずに、最大限まで値引きをしてもらうには、このやり方を知っておく必要があります。

詳しくは下記の車を確実に値引きして安く購入する二つの方法のページをご覧ください。

あわせて読みたい

C-HRのデザインの特徴

C-HRは保守的なデザインが多いトヨタにしてはめずらしく、非常に躍動的なデザインの車です。

そのアクの強いデザインは嫌いな人と好きな人で大きく別れてしまう車です。一体なにがそんなに意見の分かれる原因になっているのでしょうか。

それは外観と走行性能が伴っていないことがひとつの原因でした。

クーペ&SUV

C-HR サイド

まずはC-HRなどクロスオーバーSUVによく見られるスポーツクーペとSUVの組み合わせです。

その中でもC-HRはダイヤモンドをモチーフにし、ボディの絞りや張り出しを作り込んでおり、独特な外観を持っているのが特徴です。

スポーツクーペらしくリアに向かって鋭くなるサイドウィンドウのとり方や、大きく角度のついたフロントガラスとリアガラス、そしてタイヤを覆うフェンダーの張り出し感があり、近年のクロスオーバーSUVの中でも一際スタイリッシュにできています。

そして車高の高さと大口径タイヤ、そしてフェンダーラインをブラック・アウトしたデザインなのでクロスオーバーSUVというよりSUVっぽいスポーツクーペのようなスタイルに仕上がっています。

フロントマスク

C-HR フロント

フロントマスクにはもはやトヨタの意匠デザインとなっているキーンルックが採用されています。

これは世界戦略車のカムリやオーリス、その他にも国内向けのマークXやエスティマなどにも採用されています。今ではトヨタ車の印象的なフロントマスクを演出する大事なデザインとなっています。

キーン(鋭い)ルック(スタイル)という名の通り、C-HRのフロントマスクにあるトヨタロゴを中心に左右に鋭く広がるヘッドライトが特徴のデザインです。

そして裾広がりのラインを描くようにデザインされているバンパーが低重心感を演出しており、車高の高さをカバーしスポーティな印象を与えます。

シーケンシャルウィンカー

このクラスではほぼ初採用だったシーケンシャルウィンカー。

アウディやBMWなどのスタイリッシュな車に多く採用されている装備で、車の先進的な雰囲気とスタイリッシュさを演出するウィンカ装備です。

C-HRはその鋭いヘッドランプに這わせるようにウィンカーが流れるようになっており、それがまたキーンルックのフロントデザインを強調してデザインの先進性を高めています。

スタイリッシュなインテリア

C-HR インテリア

車は外観も大事ですが運転手が見るのは、ほとんど運転席からの眺めです。

C-HRはインテリアも非常に凝っています。

近年コストカットでプラスチックを多用した車種が多い中、ダッシュボードは素材を使い分けつことでチープな雰囲気を抑え、流れのあるデザインを施しつつも奇抜なデザインにならず、飽きのきにくいシンプルな内装になっています。

メーターにはインフォメーションが表示される液晶ディスプレイが採用され、それぞれの操作スイッチも非常に使いやすい配置がなされています。

シフトにはシフトブーツもしっかり装着されており、スポーティな雰囲気を車内にもしっかり作られています。

チープさを減らし、造形も奇抜な感じではなく飽きのこない工夫がなされておりとても良くできています。

なぜC-HRのデザインを嫌うのか

C-HRのデザインが叩かれる理由のひとつとしては、そのスポーティなスタイルとはかけ離れた走行性能があります。

パワートレインも基本的にはプリウスの焼き直しのハイブリッドで燃費優先のパワートレインのため、スポーツ走行とはお世辞にも言えないパワーです。

ダウンサイジングターボもハイブリッドに比べると加速が弱かったり、必要十分なパワーしか無いなどせっかくスポーティな外観なのに実用性一辺倒な性能なのが非常に持ったいなく感じます。

しかし乗り心地でいうと”さすがはトヨタ”というところで非常に乗り心地が良くできています。ですので、キャラクター性を確立するためにせっかくならスポーツグレードを用意してほしいです。

C-HRのかっこいい色

独特のアクの強いデザインをもつCH-R。コントラストの違いがはっきり出やすいボディなので、ボディカラーには人一倍気を使いたいところです。

ではCH-Rにはどんな色が似合うのでしょうか。

メタルストリームメタリック

C-HR メタルストリームメタリック

C-HRのスポーティな外観を強調してくれるのがメタルストリームメタリックです。

光の加減でボディの造形もきれいに見えますし、スポーツカーのようなイメージも持たせられるので、C-HRにはピッタリの色です。

ネビュラブルーメタリック

C-HR ネビュラブルーメタリック

ネビュラブルーメタリックは光の加減によって車のラインや面が強調され、C-HRの躍動的なデザインをキレイに見せてくれるカラーになっています。

色合い的にもスポーティですのでC-HRには欠かせない色と言えるでしょう。

ホワイトパールクリスタルシャイン

C-HR ホワイトパールクリスタルシャイン

C-HRのボディを更に大きく見せてくれるのがホワイトパールクリスタルシャインです。

C-HRは小型SUVなので、実物を見ると小さく感じてしまいがちですが、ホワイトであれば膨張色で大きく見えますし、落ち着いた雰囲気を併せ持ちとても魅力的に映ります。

実物を見ることが大事

昔から言われることですが、色は現物を見ないと絶対に後悔します。特にこういったデザインが命の車は色の見え方によって印象は大きく違います。

ベタ塗りの色、メタリックカラー、パールカラー、色の深み、色合いなど、細かく違ってきますのでイメージだけで色はきめてはいけません。

C-HRは世間的にかっこいいのか?

C-HRは躍動的でかなり凝ったデザインを持つ車であるということをご紹介しました。では世間ではC-HRはどういうふうに見られているのでしょうか。

ここではツイッターから意見をピックアップしてご紹介していきますが、このクラスのSUVはデザインについて好き嫌いがはっきり分かれるため、正直な話、他人の意見はあまり参考になりにくいです。

やはり好きな人にはたまらないデザインのようです。

C-HRはスポーティな外観と流行りのSUVのデザインの組み合わせのため、スタイリッシュと流行りが組み合わさるのですごい化学反応がおきます。

かなりストレートな表現を頂いています。C-HRのデザインと合わない人はどうしても受け付けられないデザインのようです。

なるほど、ガンプラのような雰囲気が男性陣の心を掴んでいるのかもしれません。それにしてもすごいカスタムのC-HRです。

斜めからのシルエットというと、ほとんどのメーカーがこの角度からのスタイルを意識して開発しているので、それがダサいと言われてしまうと閉口してしまいます。

C-HRはインテリアのできが良いので、外装がそこまで気に入らなくてもインテリア目的で購入するのもありなのではないでしょうか。

他の車と比較

さて、デザインについては好き嫌いがはっきり別れてしまうC-HR。

ではこのクラスのその他のSUVにはどんな車がいるのでしょうか。そして比較するとどうなのでしょうか。

ここではマツダのCX-3、ホンダのヴェゼル、日産のジュークと比較していきます。

マツダ CX-3

マツダ CX-3

CX-3は国内では珍しいクリーンディーゼルを搭載しているコンパクトSUVです。

鼓動デザインというマツダの意匠デザインが印象的なフロントマスクとロングノーズショートデッキに見えるスタイリッシュなボディスタイルが特徴です。

インテリアも重厚感とスタイリッシュさがうまくマッチさせ、とても洗練された上質感のある内装になっています。

CX-3のデザインは欧州車のようによくできており、デザインだけでなく車としての魅力もC-HRよりも上と言えるでしょう。

ホンダ ヴェゼル

ホンダ ヴェゼル

ヴェゼルはホンダの販売する小型SUVです。ガソリン車とハイブリッドモデルが存在するためラインナップがC-HRとにています。

デザインに関してはこのクラスのSUVにしては非常におとなしいデザインに見えます。フェンダーの張り出し感などもそんなに強くありませんし、あまりとがったデザインも見られません。

コンパクトSUVに乗りたいけど尖ったデザインは嫌だ、という人にはデザインが比較的おとなしいヴェゼルのほうが良いでしょうし、強い個性が欲しい場合にはC-HRのほうがおすすめです。

日産 ジューク

日産 ジューク

ジュークはこのクラスでは一番古く、先駆者的な存在のコンパクトSUVです。ジュークもスポーツクーペとSUVのクロスオーバーSUVのためC-HRとデザインの方向性は似ています。

ただデザインとしてはC-HRがダイヤモンドのような無機物できなデザインなのに対し、ジュークは有機的なスタイルに感じられ、両車のデザインはとても対比的だと言えます。

インテリアデザインもバイクをモチーフにした大型のセンターコンソールやスピードメーターなど、スポーティさを全面に押し出しているデザインはジュークのほうがデザイン的なまとまりはしっかりしています。

落ち着いた雰囲気がほしいならC-HR、車に相棒のような感情を持つ人はジュークがおすすめです。

C-HRのカスタムはかっこいいか?

C-HRは非常に個性の強い外観を持っています。ですのでカスタムの仕方によってはとびっきり良くなるか、破綻してしまうかという両極端な場合が多いです。

ではC-HRのカスタムをインスタグラムからピックアップしてご紹介していきます。

 

Toyota C-HRさん(@chr_club)がシェアした投稿 -

イエローとブラックのツートンカラーが特徴的なC-HRです。ボンネットにはエアダクトが設けられており、リップスポイラーやサイドスカートなども装着され、スポーツカーカスタムがなされています。

C-HRにはこういったカスタムが鉄板かもしれません。

 

Toyota C-HRさん(@chr_club)がシェアした投稿 -

C-HRのモデリスタのようなカスタムがなされています。フロントから見ると上半分がオーリス、下半分がハリアーのように見えます。

こうやってはっきり分けすぎると別の車のデザインが出てきてしまうので程々に止めておいたほうがいいのかもしれません。

 

deko_chrさん(@deko_chr)がシェアした投稿 -

C-HRがリフトアップされています。つや消しのオーバーフェンダーやオフロードタイヤがホワイトのボディにやけに似合っています。

ステッカーチューンなども非常にきれいに決まっており、センスの良さを感じられずにいられません。

C-HRはスポーティSUV

C-HRはクーペとSUVの融合したクロスオーバーSUVの中でも、スポーツライクな外観を持つコンパクトSUVです。

その尖ったデザインは周りから良くも悪くも注目を浴びるでしょう。

そしてC-HRは好き嫌いのはっきり分かれるデザインなので、悪く言う人がいるかもしれません。その場合は価値観が合わないだけと割り切ることが大事です。

ただ個性的なスタイルに惚れたなら是非オススメできる一台です。

車を確実に値引きし安く購入する方法!

これから車を買おうと思っている方、値引き交渉の正しいやり方はご存知ですか?

この値引き交渉のやり方を知らないと、車を買う際に最大で50万円以上の損をする可能性があります。

「値引きしてくれませんか?」「オプションをつけてくれませんか?」と何も考えずに交渉すると、営業マンに舐められます。「この客はバカだな(笑)」と足元を見られ、最低限の値引きしかしてくれないでしょう。

確実に最大限まで値引きするには、このやり方を知っておく必要があります。詳しくは下記の車を確実に値引きして安く購入する二つの方法のページをご覧ください。

あわせて読みたい

この記事を書いた人

田中慎二
田中慎二
小さい頃に初めて買ったスカイラインGT-Rのラジコンでスカイラインに一目惚れ。その影響から某自動車ディーラーに営業職で就職し、新人賞や2級販売士資格などを獲得するまでに成長。車の知識では社内では一目置かれる存在だった。現在の愛車は電気自動車の日産リーフ。