1分で車を60万円値引きする裏技

【画像】ジュークはかっこいいのか?デザインについて徹底分析!

奇抜なデザインとSUVが融合したような車の日産ジューク。

意図したとおりにカーブを曲がってくれるトルクベクトル式の4WDやハイパワーのターボエンジンなど、近年少なくなってきた本格的なスポーツモデルも展開する貴重なコンパクトカーです。

そんなジュークですが非常にデザインに賛否両論があります。

果たしてジュークのデザインはかっこいいのでしょうか。

ここではジュークのデザインを徹底解説していきます。

ジュークのデザインの特徴

日産 ジューク

最近はこういった個性的な外観を持つコンパクトSUVが多くのメーカーから販売されていますが、国産車の中で、こういったコンパクトSUVの先駆けとして登場したのが実は日産のジュークでした。

発売当初はその個性的な外観などから非常に好セールスを挙げていましたが、SUVなのに4WDがなく、パワートレインとしても流行りのハイブリッドがないなど、なにかとセールス的な弱点が多く、後にそれをすべて埋め合わせて発売されたホンダのヴェゼルにあっという間に市場を持っていかれてしまいます。

そのため現在非常に人気のあるコンパクトSUV市場の中でも影が薄くなってしまった悲劇のモデルですが、今でも地道に改良を続けながらも販売が続けられるジューク、その個性的なデザインはどういった特徴があるのでしょうか。

クーペとSUVのクロスオーバー

ジュークのフロント

ジュークのデザインは日産の得意とするスポーツクーペとSUVの両方の特徴をしっかりと再現したモデルです。

大型のタイヤを履かせ、高めの最低地上高とアプローチアングルをもったスタイルに大型フォグランプのようなヘッドライトはSUVらしいスタイルになっています。

そこに日産のスポーツカーのアイコンであるフェアレディZがもつブーメラン型のリアコンビネーションランプや鋭いポジションランプ、そしてクーペのように張り出した大型のフェンダーやしっかりとした傾斜とボディラインに合わせて湾曲したフロントガラスとリアガラスはとてもスポーティな印象をもたせてくれます。

SUVらしい力強く荒々しいデザインと、クーペらしい豊満でスタイリッシュなデザインが融合した非常にスタイリッシュなデザインです。

ポルシェのカイエンのバンパーがモデル

実はジュークのデザインは、日産のデザイナーがポルシェのカイエンのフロントバンパーを用意し、これに似合うボディを作るということからデザインがはじまりました。

そのため日産車の中でも一風変わったデザインを持つ車に仕上がったと言えます。

スポーティなインテリア

ジュークのインテリア

ジュークの個性的なデザインは外観だけにとどまりません。ジュークのインテリアにもスポーティなこだわりが多く採用されています。

センターコンソールはあまり類を見ないくらい大型のもので、ちょっと変わったデザインをしています。

これは実はスポーツバイクの車体をイメージしてデザインされています。その他にもジュークのメーターもバイクのメーターを模倣して作ってあり、スポーティデザインにこだわった仕上がりになっています。

ちなみにステアリングハンドルはフェアレディZと同形状のものが使われており、日産がジュークをスポーティに仕上げたかったという気持ちが非常に伝わってきます。

万人受けしないデザイン

ジュークのデザインはSUVのアクの強さを持ちながらとにかくスポーティなデザインに、という個性が爆発したようなデザインなのでとても賛否両論があるデザインです。

嫌いな人にはとことん受けませんが好きな人はこの車じゃないと駄目だと思わせる、不思議な魅力がある車でもあります。

ジュークのかっこいい色

個性が爆発しているジュークですが、ボディカラーにも非常に飛ばしたものが多くあります。ここではそんなジュークに似合うかっこいいカラーをご紹介していきます。

ラディアントレッド

ジューク ラディアントレッド

ジュークの定番カラーのラディアントレッドです。

暗めのワインレッドがジュークのメリハリのあるボディでさまざまな色を見せてくれます。こんな車から大人の女性が降りてくれば男性はイチコロかもしれません。

ブリリアントホワイトパール

ジューク ブリリアントホワイトパール

ボディカラーの定番ブリリアントホワイトパールです。

ジュークは写真で見るより実物で見ると小さいと言われがちですが、ここで膨張色をジュークに使うことでちょっとでも大きく見せることができますし、さらに清潔なイメージのあるカラーなのでとてもスタイリッシュにも見えます。

アズライトブルー

ジューク アズライトブルー

アズライトブルーは紫のような濃いめの青が光の加減でジュークのボディをきれいに見せてくれます。とても落ち着いたきれいなカラーです。

ダークメタルグレー

ジューク ダークメタルグレー

そしてダークメタルグレーです。ジュークはSUVでありながらも非常にスポーティな外観を持っています。

日産のスポーティなデザインの車にはダークメタルグレーが非常にかっこよく映るようにできていますので、ジュークにももちろんおすすめできます。

実物を見ることが大事

昔から言われることですが、色は現物を見ないと絶対に後悔します。特にこういったデザインが命の車は色の見え方によって印象は大きく違います。

ベタ塗りの色、メタリックカラー、パールカラー、色の深み、色合いなど、細かく違ってきますのでイメージだけで色はきめてはいけません。

ジュークは世間的にかっこいいのか?

強い個性と個性をぶつけたデザインであるジュークですが、世間的にはどう見られているのでしょうか。

ここではツイッター上から意見をピックアップしご紹介していきます。

パッと見た感じは非常に違和感を覚えるデザインですが、その個性的な雰囲気にどんどん魅了されてしまっています。

好きで乗ってる人がいればこうやってダサいという言葉を浴びる人もいるようです。かなり賛否の分かれるデザインのようです。

これが世間的なジュークのデザインに対する答えのようなところはあります。

受け付けない人は絶対受け付けないですし好きな人は乗り継ぎたいほど好き。こんな個性の強い車は現在日本にはないのではないでしょうか。

他の車と比較

好き嫌いが両極端に別れてしまうジュークですが、同じようなライバル車と比較するとどうなのでしょうか。

ここではジュークのライバルになりやすいマツダのCX-3、トヨタのC-HR、ホンダのヴェセルと比較していきます。

マツダ CX-3

マツダ CX-3

CX-3は国内では珍しいクリーンディーゼルを搭載しているコンパクトSUVです。

鼓動デザインというマツダの意匠デザインが印象的なフロントマスクと、ロングノーズショートデッキに見えるスタイリッシュなボディスタイルが特徴です。

インテリアも欧州車のような重厚感のある造形とスタイリッシュさがうまくマッチしており、非常に洗練された上質感のある内装になっています。

CX-3のデザインは欧州車のようにスマートなデザインで洗練されていますが、ジュークのデザインは個性をぶつけ合っているデザインで荒削り感があり少年ぽさがあるといえるでしょう。

大人なイメージならCX-3、やんちゃにいくならジュークという感じです。

トヨタ C-HR

トヨタ C-HR

C-HRはトヨタが販売するコンパクトSUVで、この市場では圧倒的な販売力を誇る車です。

トヨタのグローバルデザインであるキーンルックや張り出し感のあるデザインは、とてもわかり易くかっこいい車に仕上がっています。

内装もトヨタらしい飽きのこないシンプルなデザインと高級感をしっかりと演出した内装になっているので、十分な満足考えられる内容になっています。

ジュークと比べると、うまくまとまっており、とてもかっこいいデザインだと言えますがプリウスやカローラと並べると同じようなデザインで個性的な感じが薄れてしまいます。

圧倒的な個性が欲しい場合はジューク、こういったSUVに乗ってみたいという人はC-HRがおすすめです。

ホンダ ヴェゼル

ホンダ ヴェゼル

ヴェゼルはホンダの販売する小型SUVです。ガソリン車とハイブリッドモデルが存在するためラインナップで、ジュークに致命的な一打を与えた車です。

このクラスのSUVにしては非常におとなしいデザインで、フェンダーの張り出し感もそんなに強くなく、あまりとがったデザインも見られません。

インテリアもホンダらしく特に上質と言った感じもない普通のインテリアですが、ラゲッジルームが広く、シートアレンジがこのクラスの中で唯一多彩なので使い勝手では圧倒的な優位性があります。

コンパクトSUVに乗りたいけど目立つような尖ったデザインは嫌だ、という人にはデザインが比較的おとなしいヴェゼルがおすすめですし、強い個性が欲しい場合にはジュークのほうがおすすめです。

ジュークのカスタムはかっこいいか?

ライバル車の中でも特別個性が目立つジュークですが、カスタムするとどうなるのでしょうか。

ここではインスタグラムからジュークのカスタムをピックアップしご紹介していきます。

 

yollaさん(@febri_yola)がシェアした投稿

クロスオーバーデザインのジュークを思いっきりSUV側にふって仕上げたカスタムです。

大きなグリルガードと大口径フォグランプ、更にオフロードタイヤを装着し本格的なクロカン走行ができそうな車体になっています。

目を惹くスカイブルーにリペイントされたボディはなぜかクロカン仕様のカスタムに妙にマッチしています。

 

個性的なステッカーチューンとガルウィング仕様となっているジュークです。

外観はほとんどが純正オプションのヘッドライトカバーやリップスポイラーで飾られているだけなので、まさかこんな仕様になっているとは誰も気づかないでしょう。

ステッカーチューンだけでここまで主張が強くなるのもジュークの特徴ですね。

 

Juke-Territoryさん(@juke_territory)がシェアした投稿

やはりジュークのカスタムといえばJUKE-Rです。このコンパクトなボディの中に日産のスポーツフラッグシップであるR35GT-Rのエンジンを搭載しています。

480馬力のパワーは非常に大きく、通常の状態では車体が軽くて浮いてしまうため、ボディが浮かないようにボディ全体をスムージングし、多彩なスポイラーでダウンフォースを得ているカスタムがしてあります。

そこにGT-Rの純正ホイールが非常にマッチしており、スポーティジュークの完成形のようなカスタムです。実は市販もされているようなので一度乗ってみたいですね。

ジュークは個性の塊

ジュークのデザインはSUVとクーペの個性をそのままミックスし、粗削りで仕上げたようなデザインが特徴的な車です。

好き嫌いがはっきりと分かれるそのデザインは、まさに個性の塊と言って差し支えないでしょう。

ちなみにマイナーチェンジしたジュークは、その個性の強いデザインが洗練されており、いままでダサいと言っていた人も認めるようなかっこいい車になっています。