「トヨタのC-HRを買おうと思ってるんだけど、内装はどんな感じ?」

「C-HRの内装を、メーカーサイトに載ってない細かいところまで見たい!」

車を購入するとき、見た目や走行性能も大事ですが、内装がかっこいいかどうかも気になりますよね。

そこで、トヨタ・C-HRのすみずみまで写した内装写真を紹介します。

C-HRのフロント

ハンドルやメーターまわりはもちろん、乗車口ドアやシートの質感といった細かいところまで、徹底的にお見せします。

この値引き交渉のやり方を知らないと、車を買う際に50万円以上の損をするかもしれませんよ。

営業マンに騙されずに、最大限まで値引きをしてもらうには、このやり方を知っておく必要があります。

詳しくは下記の車を確実に値引きして安く購入する二つの方法のページをご覧ください。

あわせて読みたい

C-HRの内装写真

それではさっそく紹介していきます。グレードはハイブリッドモデルのGです。

C-HRのコックピット

コックピットの全体の様子です。内装色はリコリスブラウン。全体的にはブラックを基調とし、ヒジ掛けやメーターフードが茶色くなっています。

まずは運転席から見ていきましょう。

C-HRのコックピット全体

運転席から見えるコックピットの全体です。太くてまるいシフトレバーが印象的です。

C-HRのコックピットはとても高級感があり、試乗しなくても、展示車の運転席にすわってみるだけでその良さを感じます。見た目がとにかくかっこいい。

C-HRのハンドル

ハンドルは、黒くてつやつやしているプラスチック部分の感触が気持ちよく、運転中ににぎりこむと、指先に当たります。

つやつやしていない部分はトップレザー(ソファーの座面・背もたれ・ヒジ掛けにつかわれる上質レザー)を使用しています。

全体的にとてもにぎりやすい、ついさわっていたくなるハンドルです。

C-HRのステアリングスイッチ

ハンドル右側の、ステアリングスイッチです。ダイヤモンドの形をしているのが特徴です。

マルチインフォメーションディスプレイの表示内容や、レーンディパーチャーアラート(ウィンカーを出さずに車線をはみ出してしまいそうなときに鳴る警告)のON・OFFをこれで切り替えます。

レーダークルーズコントロール(先行車と適切な車間距離をたもってくれる機能)の希望車間距離の設定も、このスイッチで切り替えます。

C-HRのレーダークルーズコントロール

CANCEL・RES・HOLD・SETと書いてあるのは、レーダークルーズコントロールのON・OFFスイッチです。右側のステアリングスイッチのすぐ下奥にあります。

C-HRのステアリングスイッチ

ハンドル左側の、ステアリングスイッチです。こちらもダイヤモンドの形をしているのが特徴です。

オーディオの音量変更や、ハンズフリーで電話をかけたり受けたりするのに、この左側のスイッチをつかいます。

ステアリングスイッチは左右ともに照明つきで、ヘッドライト点灯時は青く光ります。

C-HRのウィンカーレバー

ウィンカーレバーです。ウィンカー点滅のほか、フォグライトの点灯・ヘッドライトの点灯・ハイビーム・ロービームの切り替えを行います。

オートモードにすると、対向車のヘッドライトを検知して、ハイビームとロービームを自動で切り替えてくれます。

C-HRのコントロールスイッチ

ワイパーのコントロールスイッチです。センサーがガラス表面についている雨の量を分析し、自動的に最適な時間間隔を空けてワイパーが作動するようになっています。

ウィンドーウォッシャー液による窓清掃もこのレバーで行います。

C-HRのメーター

右側がスピードメーター、左側がハイブリッドシステムインジケーターです。

ハイブリッドシステムインジケーターはハイブリッドモデルのみの装備で、ハイブリッドシステムの出力やエネルギーの回収状況を表示します。

最近のハイブリッド車はデジタルメーターしか搭載していない車種が多いですが、C-HRはアナログメーターを搭載しているところにセンスを感じます。車らしくてすごく良いです。

ガソリンエンジンモデルの場合は、ハイブリッドシステムインジケーターの代わりにエンジンの回転数を表すタコメーターがついています。

C-HRのガソリンエンジンモデルのメーター

これがガソリンエンジンモデルの写真です。

2つのメーターの間にはマルチインフォメーションディスプレイがついていて、走行距離や実燃費を表示し、スピードも表示してくれるのでデジタルメーターとしてもつかえます。

青を基調としたデザインがおしゃれで良いですね。

C-HRのカーナビ

ディーラーオプションのカーナビです。写っているのはNSZT-Y66Tというモデルで、9インチの大型HDディスプレイが特徴です。

このモデルはT-Connectというサービスも利用でき、エンジンをかけてボタンを押すだけで、最新の地図に更新できます。地図更新はナビ購入から3年間無料です。

C-HRのエアコン

カーナビの下のエアコン吹き出し口です。運転席側と助手席側で、設定温度の違う風を出せます。

C-HRのエアコン操作パネル

運転席側のエアコン操作パネルです。ステアリングスイッチと同様、ダイヤモンドの形をしています。

エアコンのON・OFFや、フロントガラス・リアガラスのくもり止めの設定ができます。

C-HRのエアコン操作パネル

こちらは助手席側のエアコン操作パネルです。A/CスイッチのON・OFFや、内気循環モード・外気導入モードの切り替えができます。

DUALスイッチをONにすると、運転席と助手席の設定温度を別々にできます。

ダイヤモンドの右側の4つ並んだシルバーのスイッチで風量調節をするんですが、ボタンのように押し込むのではなく、立体的になっていて指で引っかけるような形になっているので、運転中も操作しやすいです。

C-HRのシフトレバー

シフトレバーです。かなり太く、動かすときは手のひら全体でにぎりこむ形です。シフトボタンは裏側についていて、にぎったときにちょうど中指のあたりにくる位置にあります。

C-HRのシフトレバーは操作性もにぎりごこちも良いですが、何よりこのデザインが独特でかっこいいです。レザーのカバーがついているあたりが、マニュアル車のようでおしゃれです。

C-HRのシフトレバーのスイッチ

シフトレバー手前には、電動パーキングブレーキ・S-VSCオフスイッチ・ブレーキホールドスイッチ・EVモード切り替えスイッチがついています。

C-HRのドリンクホルダー

さらに手前にはドリンクホルダー。

C-HRの肘掛け

ドリンクホルダーの後ろはヒジ掛けです。このヒジ掛けが実際につかってみるととてもちょうどいい高さにあり、C-HRの乗り心地の良さをグッと上げています。

ヒジを載せた感触はやや硬めですが、不快にならない程度の硬さで、運転席にいる間はずっと載せていたくなるヒジ掛けです。

C-HRのエアコン

運転席の窓側のエアコン吹き出し口です。

C-HRのエアコンのイグニッションスイッチ

エアコン吹き出し口の左下に、イグニッションスイッチ(スタートボタン)。

C-HRのスイッチ

イグニッションスイッチから下に下がると、「アクセサリーコンセントメインスイッチ」・「車両接近通報一時停止スイッチ」・「オートマチックハイビームスイッチ」があります。

「アクセサリーコンセントメインスイッチ」とは、AC100Vの電気製品を車内のコンセントから使用するためのスイッチです。

「車両接近通報一時停止スイッチ」とは、「エンジンが停止した状態で静かに走行している際に、音を発生させて周囲に車がいることを知らせるシステム」を、OFFにするスイッチです。

「オートマチックハイビームスイッチ」とは、対向車のライトを検知してハイビーム・ロービームを自動的に切り替えるスイッチで、先ほどのウィンカーレバーでオートモード(もしくはハイビーム)にした状態でONにすれば機能します。

C-HRのボンネット解除スイッチ

さらに下に行くと、給油口のオープンスイッチとボンネットのロック解除スイッチがあります。左に見えるのはETCカード挿入口です。

C-HRのペダル

ブレーキペダルとアクセルペダルです。

C-HRのフロアマット

フロアマットにC-HRのロゴがあります。

C-HRのドアトリム

運転席のドアトリムです。

C-HRの運転席ドアのインナーハンドル

運転席ドアのインナーハンドルです。

C-HRのドアトリムのアップ

ドアトリムにもダイヤモンドの形がちりばめてあります。さわってみると、ザラザラした感触です。

C-HRのドアポケット

運転席ドアにはドアポケットがついています。

C-HRのスイッチ

運転席ドアのパワーウィンドウスイッチ・ミラー調節スイッチ・サイドミラー格納スイッチです。まわりの黒いつやつやしたプラスチック部分のさわり心地が、気持ちいいです。

これから車の購入を考えているなら、値引き交渉の正しいやり方を覚えておくといいですよ。このやり方を知っているだけで数十万円は違ってきます。詳しく知りたい方は下記の車を確実に値引きして安く購入する二つの方法ページをご覧ください。

あわせて読みたい

C-HRのスピーカー

運転席ドアのスピーカー。ここにもダイヤモンドの形がちりばめられています。

C-HRのドアトリム

助手席のドアトリムです。

C-HRのドアポケット

助手席ドアトリムにもドアポケットがついています。

C-HRのパワーウィンドウスイッチ

助手席ドアのパワーウィンドウスイッチです。

C-HRの助手席ドアのスピーカー

助手席ドアのスピーカー。

C-HRの助手席側からのコックピット

助手席から見たコックピット全体です。写真の内装色はリコリスブラウンですが、ブラックを選択するとダッシュボードの茶色い部分が黒になります。

助手席側から見ても、高級感があってかっこいいコックピットです。

C-HRのダッシュボード

助手席から見たダッシュボードです。

C-HRのダッシュボード

ダッシュボードのアップ。

C-HRのダッシュボードのアップ

さらにアップ。素材は塩化ビニールをつかったソフトパッドです。

C-HRの前部座席

運転席ドア側から見た前部座席の様子です。内装色にブラックを選択すると、ヒジ掛けも黒になります。

C-HRの前部座席

助手席ドア側から見た前部座席の様子です。

C-HRの前部座席のアップ

前部座席シートのアップです。このシートはメーカーオプションの本革(ブラック)。GグレードとG-Tグレードのみ選択できます。

GグレードとG-Tグレードには快適温熱シート(シートヒーター)が標準装備されています。

C-HRのシートはとてもすわり心地が良く、このシートにすわってヒジ掛けにヒジを置き、高級感のあるコックピットをながめると、「いい車だなー」と感じるはずです。

C-HRのヘッドレスト

前部座席のヘッドレスト。

C-HRのシートレバー

前部座席のリクライニングシートの作動レバーです。C-HRのリクライニングシートは手動式になっています。

C-HRの前部座席の室内灯

前部座席の室内灯です。

C-HRの室内灯のスイッチ

室内灯は「運転席側のみ点灯」・「助手席側のみ点灯」・「両方点灯」・「ドアオープン時のみ点灯」の4パターンつかえます。

スイッチがダイヤモンドの形になっています。

C-HRのルームミラー

C-HRのルームミラーです。

C-HRのサンバイザー

助手席側のサンバイザー(日よけ)です。

C-HRのミラーのライト

ミラーのふたを開けると、ライトが点灯します。

C-HRのサンバイザー

運転席側のサンバイザーです。

C-HRのサンバイザーのミラー

運転席側も、ミラーのふたを開けるとライトが点灯します。

C-HRの天井のくぼみ

C-HRの天井のくぼみ

助手席・運転席の天井には、ダイヤモンドの形をしたくぼみがあります。

C-HRの後部座席のドアトリム

後部座席に行ってみましょう。後部座席のドアトリムです。

C-HRのインナーハンドル

後部座席ドアのインナーハンドルです。

C-HRのドアポケット

後部座席ドアにもドアポケットがついています。

C-HRのドアのドリンクホルダー

後部座席ドアの、パワーウィンドウスイッチとドリンクホルダーです。

C-HRのドアスピーカー

後部座席ドアのスピーカーです。ここもダイヤモンドの形がちりばめられています。

C-HRの後部座席の全体

後部ドア側から見た後部座席の全体です。

C-HRの後部座席からのコックピット

後部座席から見たコックピットの様子です。

C-HRの天井の室内灯

後部座席天井の室内灯です。「点灯」・「ドアオープン時のみ点灯」・「消灯」の3パターンつかえます。

C-HRの後部座席のダイヤ

ドアと後部座席のあいだにも、ダイヤモンドの形がついています。

C-HRの荷室

最後は荷室を見てみましょう。C-HRはハッチバック式なので、バックドアがこのように開きます。

C-HRの荷室のライト

C-HRの荷室の中

荷室内は左側にのみライトがついています。

C-HRの荷室のダイヤ

C-HRの荷室のダイヤ

荷室の入り口には、合計32個のダイヤモンドの形。

C-HRの内装全体を見た総評としては、高級感があり、とにかく「かっこいい車」という印象です。

ハンドルやシフトレバーの操作感も良く、見た目もさわりごこちも抜群です。

ただ、車内のあちこちにあるダイヤモンドは、個人的には「なくてもいいかな」と思いました。

この記事を読んだことで、C-HRを購入するかどうかの判断材料のひとつになれることを願っています。

車を確実に値引きし安く購入する方法!

これから車を買おうと思っている方、値引き交渉の正しいやり方はご存知ですか?

この値引き交渉のやり方を知らないと、車を買う際に最大で50万円以上の損をする可能性があります。

「値引きしてくれませんか?」「オプションをつけてくれませんか?」と何も考えずに交渉すると、営業マンに舐められます。「この客はバカだな(笑)」と足元を見られ、最低限の値引きしかしてくれないでしょう。

確実に最大限まで値引きするには、このやり方を知っておく必要があります。詳しくは下記の車を確実に値引きして安く購入する二つの方法のページをご覧ください。

あわせて読みたい

この記事を書いた人

パワーボム
パワーボム
元パチスロライター。車とゲームとプロレス観戦(ノアファン)が大好き。21歳で免許を取ってから、車を乗り尽くす。家から700km、四国のなかを1400km移動し、また700kmの距離を帰るツアーで、四国八十八ヶ所巡りを車で成し遂げる。