1分で車を60万円値引きする裏技

トヨタC-HRの加速性能を解説!0-100km/h加速タイムはどのくらい?

近年のSUV人気により、各車こぞってSUVのバリエーションを増やしていますよね。

市場が激化するなか、2016年にトヨタから登場したのが「C-HR」です。

「近未来」を思わせるゴツゴツしたエクステリアで脚光を浴び、登場したときは街中がC-HRだらけになりました。

そんな感じで今回は、トヨタのコンパクトSUV「C-HR」について、加速性能はどのくらいなのか解説していきたいと思います。

「0-100km/h加速」「ライバル車との比較」…etc、あらゆる面から分析してみたので、ぜひ数字を頭に入れながら読み進めてみてください。

CH-Rの加速性能

トヨタ C-HR

加速性能について、「0.-100km/h加速」「公式諸元」などを見ていただこうかと思います。

0-100km/h加速からわかるC-HRの加速性能

さっそく加速性能を見ていきたいと思います。

冒頭から言っているように、0-100km/h加速のタイムを参考にして、加速性能をイメージしていきましょう。

一気に100km/hまで加速させることなんてまずありませんが、運動性能を知るには参考になる数値ですからね。

ポイント

オーナーさんの実測によると、C-HRの加速タイムは「11秒」くらいとのことです。

加速タイムについてですが、一般的な乗用車は11~10秒程度といわれており、C-HRの加速はまさに「標準レベル」ということになりますね。

しかし、乗用車としては標準であっても、SUVとしては少し物足りなさはありますね…。なにせ「スポーツ・ユーティリティ・ビークル」ですからね…。

4代目プリウスと共通のエンジン

C-HR エンジン

さて、なんとなく加速性能についてイメージできたところで、具体的な部分を見ていきたいと思います。まずはエンジン性能からいきましょう。

項目諸元
種類直列4気筒DOHCICターボ直列4気筒DOHC+モーター
排気量1,196cc1,797cc
最高出力116PS/
5,200~5,600rpm
エンジン:
98PS/5,200rpm
モーター:72PS
システム:122PS
最大トルク18.9kgf・m/
1,500~4,000rpm
エンジン:
14.5kgf・m/3,600rpm
モーター:
16.6

C-HRには2タイプのラインナップがありますが、どちらもいたって普通な性能ですね。そもそも、このモデルには「加速性能」が追及されていません。

C-HRは「環境性能」「安全性能」を意識して開発されたコンパクトSUVなので、イメージとしては「プリウスのSUV版」のような感覚。

載っているエンジンも、採用されているプラットフォームも、4代目プリウスと同じですからね。

気になる燃費性能はクラストップの「30.2km/h」という数値です。プリウスに比べると劣りますが、これは空力や車重の影響でしょう。

つまり、C-HRにとって加速性能は二の次なのです。他のコンパクトSUVよりも遅く感じますが、それもそのはず。そもそも、コンセプトの方向性が全く逆なのですから…。

「TNGA」プラットフォームの採用

C-HR TNGAプラットフォーム

プラットフォームについては先ほども触れましたが、C-HRは4代目プリウスと同様、「TNGA-C」プラットフォームを採用しています。

つまり、エンジンもボディも、基本パーツのほとんどがプリウスと一緒なのです。0-100km./h加速も似たようなタイムですしね。

ボディ構造については、軽量性が大きく影響します。C-HRは先進装備をバンバン積んでいるため、もちろん車重はたっぷりとしています…。

のちほどライバル車と比較するため、軽量性を示す指標「PWR」「TWR」を計算してみました。

項目1.2L ターボ1.8L ハイブリッド
重量1,400-1,470kg1,440kg
PWR12.4-12.7kg/PS11.8kg/PS
TWR74.1-77.8kg/kgf・m86.7kg/kgf・m

これは「パワーウェイトレシオ(PWR)」「トルクウェイトレシオ(TWR)」というもので、出力・トルクが負担する重量を示すもの。この数値が低いほど、加速性能の高さを表します。

実際の加速感

数字やメカニズムを解説しただけでは、いまいちピンときませんよね?

というわけで、実際のオーナーさんの投稿をご覧いただきたいと思います。TwitterやYouTubeからいくつかピックアップしてみたので、紹介しましょう。

Twitterで加速感をチェック

このツイートにあるように、C-HRの加速感でよく聞くのは「加速しない」という意見。踏み込みに対して加速がついてこない感覚があるのです。

軽自動車のように「踏んでも、ただ唸るだけ」ということはありませんが、せっかちな人はストレスが溜まりますよね。

C-HRは走りを意識した車ではないので仕方ないですが、こういった不満の声は多いです…。

こちらの男性も、加速性能について物足りなさを感じているようです。

「中間加速までは良いが」とおっしゃるように、C-HRは出足は悪くありません。ハイブリッドモデルなので、発進直後は得意なんです。

しかし、そのパワーが通用するのは60km/h程度までなので、0-100km/h加速ではタイムがでません…。一定のラインを超えるとスピードが伸び悩むという感じですね。

とはいえ、出足の速さはピカイチなので、市街地では使いやすいと思います。高速道路の巡航などは苦手分野ですが、街乗りでの実用性は高いですよ。

加速性能に関しては今一つではありますが、「安定性」や「静粛性」など快適性能は高いです。この点も市街地での使用にはプラスポイントですね。

アクセルに対する応答はレスポンスは悪いですが、これを除けばストレスはありません。飛ばさない人にとっては、実用的でいい車です。

You Tubeで加速感をチェック


こちらはメーター付近を撮影した動画です。2017年のハイブリッドモデルの加速ですね。

0-100km/hの加速を計測してみた結果、「9.9秒」ということです。一般的な乗用車としては十分な加速性能ではあります。


メーターだけでは味気ないので、試乗インプレッション動画をご覧ください。サーキット内の走行ですが、イメージが沸くと思います。

さて、見ていただくとわかりますが、「アクティブなSUV」というよりも「SUV風なファミリーカー」といった感じですよね?

こういったスタイリングなので、加速性能よりも、安定性や視認性に力が入っているんです。

他の車と比較すると

いろいろと語ってきましたが、ライバル車と比較したらどの程度なんでしょうか?

今回、コンパクトSUVとして比較したのは、マツダ「CX-3」、ホンダ「ヴェゼル」、日産「ジューク」の3モデルです。

マツダ CX-3

マツダ CX-3

「CX-5」のダウンサイジングモデルとして販売されているのが「CX-3」ですね。

サイズとしてはC-HRより小ぶりですが、排気量や価格を考えるとこのラインが競合でしょう。

加速性能についてはどうでしょうか?まずは、CX-3の諸元をご覧ください。

項目諸元
種類水冷直列4気筒DOHC16バルブ ディーゼルターボ
排気量1,756cc
最高出力116PS/4,000rpm
最大トルク27.5kg・m/1,600-2,600rpm
車両重量1,300-1,340kg
PWR11.2-11.6kg/PS
TWR47.3-48.7kg/kgf・m
0-100km/h10秒

ディーゼルターボということで、低速域からトルクを発揮できることが特徴です。「27kgf・m」とC-HRのそれを大きく上回ります。

しかし、0-100km/h加速で見るとタイムは同じくらい。これはトルクバンドに要因があるんです。

CX-3は低速域に強いですが、ある程度エンジンが回るとトルクが枯れてしまいます。ゆえに、中間加速でC-HRが追い上げてくるということ。加速性能としては互角といったところでしょうか。

ホンダ ヴェゼル

ホンダ ヴェゼル

C-HRの最大のライバルといえば、ホンダ「ヴェゼル」の名が挙がるかと思います。

コンパクトSUVの牽引役として人気の高いモデルですから、ヴェゼルと比較すればどんな感じかわかるでしょう。

諸元はこちらを参考にしてください。

項目諸元
種類水冷直列4気筒DOHC16バルブ+モーター
排気量1,496cc
最高出力エンジン:132PS/6,600rpm
システム:152PS
最大トルクエンジン:15.9kg・m/4,600rpm
モーター:16.3kg・m
車両重量1,270-1,390kg
PWR8.36-9.14kg/PS
TWR77.9-85.3kg/kgf・m
0-100km/h9秒

同じハイブリッドモデルですが、出力はヴェゼルのほうが上ですね。そして車重も軽いため、PWR・TWRはC-HRよりも優れた数値です。

そのため、0-100km/h加速は1秒も速いタイムを計測しています。この差なら、発進加速はヴェゼルが上手だと判断することができるでしょう。

さらに、エンジン出力の高さとその回転領域から、中間加速もヴェゼルに分があることが読み取れます。したがって、加速性能に関してはC-HRよりも完全に上位の存在です。

日産 ジューク

日産 ジューク

最後に比較するのは、日産のコンパクトSUV「ジューク」です。NISMOモデルも展開するなど、スポーティなキャラクターも売り出しています。

今回は「1.6L ターボモデル」と比較してみましょう。こちらが諸元です。

項目諸元
種類直列4気筒DOHCターボ
排気量1,618cc
最高出力190PS/5,600rpm
最大トルク24.5kgf・m/1,600-5,200rpm
車両重量1,390kg
PWR7.32kg/PS
TWR56.7kg/kgf・m
0-100km/h8.6秒

排気量は若干小さいですが、ターボモデルゆえに出力・トルクともにジュークのほうが強力です。

加えて車重も軽いため、PWR・TWRにおいてもCH-Rを上回ります。

0-100km/h加速のタイムは8.6秒と、ヴェゼルをも超える数値。ターボによって中~高回転域でも出力を発揮できるので、全領域において加速性能は上手といえますね。

ファミリー向けのコンパクトSUV

C-HRの加速性能についての解説は以上です。

まとめると、C-HRは「加速性能」よりも、ファミリー向けに「安定性」や「乗り心地」を追求したモデルだということ。

それゆえに、ライバル車と比較すると加速感は見劣りしますが、出足の速さは問題ありません。

安定感がある分、市街地での使用には適しているといえますね。