1分で車を60万円値引きする裏技

コースターのキャンピングカー内装や値段【フルコン】ナッツRVボーダーバンクスエボリューション タイプT

「キャンピングカーに興味があるんだけど、種類がいっぱいありすぎてよくわからない…」

「最新のキャンピングカーってどんな設備がついてるの?」

車1台で複数の大人が寝泊まりできる、遊びに便利なキャンピングカー。

タイプがいろいろありますが、コスト・広さ・車体の大きさといったように、何を重要視するかによって選ぶ車が変わってきます。

そこで最新モデルのキャンピングカー・ボーダーバンクスエボリューション タイプTを紹介します。内装や設備について写真つきで解説しますので、キャンピングカー選びの参考にしてください。

なおこの車種についてはJAPANキャンピングカーショー2018で展示されていたのを取材しました。展示の様子は以下の記事でまとめているので、詳細が知りたい方はこちらもご参照ください。

キャンピングカーショー2018の展示JAPANキャンピングカーショー2018幕張レポート!最新車種イベントで試乗し取材してきた!

キャンピングカーの8つのタイプ

まず、キャンピングカーには以下の8つのタイプがあります。

  •  「バンコン」
  • 「キャブコン」
  • 「軽キャンパー」
  • 「フルコン」
  • 「セミフルコン」
  • 「バスコン」
  • 「トラキャン」
  • 「キャンピングトレーラー」

※種類の詳細は以下の記事をご参照ください。

キャブコンのフロントキャンピングカーの全ての種類8つを解説!特徴から価格まで!

この記事で紹介するナッツRV社のボーダーバンクスエボリューション タイプTは、フルコンタイプです。

フルコンとは、専用のシャシーを基に、室内のすべてを架装メーカーがつくった車のことです。

キャンプ専用につくられているだけに断熱性がもっとも良く、夏でも冬でも気温の問題が起こりくくなっています。

快適な上に走行性能も高く、キャンピングカーのなかの高級車の位置付けです。

そのぶん価格はかなり高いので、「お金は出し惜しみしないからとにかく最高のキャンピングカーが欲しい!」というひとに向いています。

ボーダーバンクスエボリューション タイプT(メーカー:ナッツRV)の内装

ボーダーバンクスエボリューションのサイド

フルコンタイプの最新モデル、ナッツRV社のボーダーバンクスエボリューション タイプTです。

トヨタ・コースターをベースにしたキャンピングカーで、主要スペックは以下のようになっています。

ボーダーバンクスエボリューション タイプT主要スペック
  • 乗車定員:6人
  • 就寝定員:6人
  • 全長:6,255mm
  • 全幅:2,150mm
  • 全高:2,900mm
  • ベース車:トヨタ・コースター
  • 排気量:4,009cc
  • 燃料:軽油
  • 最高出力:150ps
  • 駆動方式:2WD FR
  • ミッション:6AT

乗車定員は6人、就寝定員も6人なので定員ギリギリでキャンプに出掛けてもみんなで車中泊できます。燃料は軽油です。

それでは内装の写真を紹介していきます。

ボーダーバンクスエボリューションの入り口

入り口は車左側の真ん中あたりです。

ボーダーバンクスエボリューションのテーブル

中にはいって左側を向くとテーブル席があり、2人がけのソファーが向かい合って設置されています。

テーブルからスペースを空けて、シンクとガス台が並んでいます。

ボーダーバンクスエボリューションのシンク

シンクはフタ付きです。(シンクの必要性の詳細は以下の記事をご参照ください。)

アンソニーLE 朱夏 シンクキャンピングカーのキッチン・シンクはなしでいい?必要性を考察!

ボーダーバンクスエボリューションのガスコンロ

ガス台は2台あります。旅先でガスが使えるのは嬉しいですね。

ボーダーバンクスエボリューションのカセットボンベ

カセットボンベ式なので、取り換えるのもかんたんです。

ボーダーバンクスエボリューションの収納

シンクの下には電子レンジ。レンジの左横と下は収納スペースになっています。

ボーダーバンクスエボリューションの冷蔵庫

レンジの右どなりは冷蔵庫です。

ボーダーバンクスエボリューションの収納スペース

シンクの上は収納スペース。

ボーダーバンクスエボリューションのベッド

入り口から右に進むとベッドが並んでいます。手の届く位置に電源スイッチがあり、寝ながら照明の明るさを調整できます。

なおキャンピングカーでの車中泊の方法や注意点については、以下の記事で詳しく解説しています。興味のある方はこちらもご参照ください。

ボーダーバンクスエボリューションのベッドキャンピングカーで車中泊はどうやる?宿泊場所についても解説!

ボーダーバンクスエボリューションの電源スイッチ

こちらが電源スイッチ。コンセントもあるので、スマホの充電をしながら寝られます。

ボーダーバンクスエボリューションのキングサイズのベッド

枕のような四角いものが積んでありますが、これをベッドとベッドの間に詰めれば、キングサイズのベッドとして使うこともできるんです。

ボーダーバンクスエボリューションのトイレの鏡

トイレには鏡があり、シャワーもついているので洗面所としても使用できます。(トイレの仕組みの詳細は以下の記事をご参照ください。)

Sunlight CLIFF 540 トイレキャンピングカーのトイレの処理・掃除の仕組み!トイレ付きがいいのか解説!

ボーダーバンクスエボリューションのトイレのシャワー

トイレについているシャワー。シャワーヘッドは伸びます。(シャワーについては以下の記事で詳しく解説しているので、こちらもあわせて参考にしてみてください。)

キャンピングカーのシャワー付き洗面台キャンピングカーは風呂・シャワー付き?水の補給の仕組みまで解説!

ボーダーバンクスエボリューションの棚

シャワーの上にはタオルを入れられるほか、歯ブラシも立てておける棚があります。

ボーダーバンクスエボリューションのリアの外装

外装を後ろから見た様子。後ろには収納スペースがついています。

なおキャンピングカーでのテレビ視聴については、以下の記事で詳しく解説しています。こちらもあわせて参考にしてみてください。

ファミリーモーターホーム Cタイプキャンピングカーでテレビを見る方法!アンテナ取り付けはどうする?

ボーダーバンクスエボリューション タイプTの価格と標準装備・オプション

ボーダーバンクスエボリューション タイプTの車両本体価格は、税込みで13,635,324円です。

MEMO

もっと安く購入したいなら、あわせて正しい値引き交渉のやり方も覚えておくといいですよ。

このやり方を知らないと最大60万円以上も損しますよ。詳しく知りたい方は、下記の『たった1分で車を60万円値引きできる裏技』のページをご覧ください。 裏技を知って後悔する人たった1分で車を60万円値引きできる裏技!安く購入する秘密のテクニックとは?!

標準装備として以下のものが架装されています。

ボーダーバンクスエボリューション タイプT標準装備
  • 高断熱アルミコンポジットパネル
  • Dometic製アクリルフラッシュウィンドー(アクリル2重窓)
  • ハータル製エントランスドア(スライド式フライスクリーン、ダストボックス、集中ドアロック付き)
  • RainGuard付きLEDエントランス灯
  • LEDドッグライト&マーカーランプ(フロント2ヶ所、リア2ヶ所)
  • バックアイカメラ
  • マルチルームアクリル2重窓(ブラインド、網戸付き)
  • モンロー製フロント強化アブソーバー交換
  • モンロー製リヤ強化アディショナルアブソーバー追加
  • ボーダーオリジナルステッカー
  • デンソー社製114bBホーン
  • 冷蔵庫WAECO製90L(DC12V)
  • FFヒーターエアトロニックD4 強力タイプ(吹き出し4ヶ所)
  • 電子レンジ(100V)
  • ディープサイクルサブバッテリー標準(100A×4個)
  • 2連パワーガスユニット
  • EVOLUTIONシステム(急速ダブル充電システム)
  • リア19インチテレビ
  • リアテレビ用地デジアンテナ
  • 外部充電システム(22.5A×2基)&外部電源(10M延長コード付き)
  • 走行用リアヒーター&リアクーラー
  • 室内LED照明
  • マックスファンベンチレーター(ウッドカバー付き、雨天使用可、サーモスタッド付き)
  • 給排水タンク(給水90L/排水90L)
  • 上部天井キャビネット(LED照明+ダウンライト付き)
  • バンクベッド(1,700×1,900)
  • リア・ウッドスプリングベッド
  • テーブルセット
  • リアスピーカー(16cm)
  • マルチルーム(FFヒーターダクト付き)
  • カーテン&カーテンボックス(シンク部を除く)
  • シューズボックス
  • リアキャビン用カーペット&フロアーマット
  • 家庭用エアコン
  • 1,500Wインバーター(TYPE-D2機)
  • ACマルチコントローラー
  • 室内LED照明調光システム
  • シェルフステップ(LED間接照明付き)
  • リモコンドアロック
  • ブルーレイプレイヤー

アブソーバーとは走行時の振動を吸収してくれる装置のことで、これがついていることによって乗り心地が良くなります。

EVOLUTIONシステムは、ナッツ社が独自に開発した充電システムのことです。

従来のキャンピングカーは走行しないとサブバッテリーを満タンまで充電することは難しかったので、せっかくエアコンが搭載されていても、車中泊のときにバッテリー不足で使えないことがありました。

しかし、EVOLUTIONシステムでは、走行しなくてもアイドリングしているだけでサブバッテリーの充電ができるんです。

このシステムによって、アイドリング中でも家庭用エアコンが使えて、快適に寝泊まりできます。(エアコンの必要性については、以下の記事をご参照ください。)

アンソニーLE 朱夏 エアコンキャンピングカーのエアコン・クーラーは必要か考察!夏はないと無理?!

またオプションでは以下のものがつけられます。

ボーダーバンクスエボリューション タイプTオプション
  • ATWOOD製ラジエター・ACボイラー22リットル(混合栓付き)(115,000円)
  • Dometic製レンジフード(55,200円)
  • BSアンテナ全国版(走行中は受信不可)(304,700円)
  • サイドオーニング4M(手動)(161,000円)
  • 100Wクラスソーラーチャージャー(120,000円)
  • 200Wクラスソーラーチャージャー(2枚まで)(177,500円)
  • ポータブルトイレ(25,300円)
  • THETFORD製カセットトイレコンパクト(自動)(124,200円)
  • レストルーム設備(ミラーキャビネット・シャワーキット&シャワーカーテン・シャワーパン・ハンドベイスン・換気扇)(172,500円)
  • 折りたたみ式リアラダー(69,000円)
  • ノンワックス加工(230,000円)
  • カップホルダー(1個につき2,300円)
  • 純正リアショックをモンロー製強化ショックに変更(48,300円)
  • AC100Vコンセント追加(15,000円)

ATWOOD製ラジエター・ACボイラーはお湯を沸かすための装置で、走行中はラジエターの熱をつかって沸かし、停止中はAC電源をつかって沸かします。

使い方としては貯水タンクにたくさんの水を入れておき、混合栓のレバーをお湯全開にするとボイラータンクに水が注水され、あとはエンジンをかけて走行すれば自動的にお湯が沸くシステムです。

ボイラータンクの容量は22リットルですが、ポンプを作動させている間はつねに貯水タンクから水が供給され、お湯を沸かし続けるので、シャワーを浴びてる最中にお湯が途切れる心配はありません。

ガスがなくてもお湯をつくってくれるので、車中泊でシャワーを浴びたい場合やお湯で手を洗いたい場合に便利なオプションです。

ここまで書いてきましたが、JAPANキャンピングカーショーにはボーダーバンクスエボリューション タイプTのほかにもさまざまなキャンピングカーがあり、私が写真つきで紹介しています。この記事を読んだうえで、ぜひほかの車とも比べてみてくださいね。

ACSオアシスSHのフロントリエッセ2のキャンピングカー内装や値段【バスコン】RV BIG FOOT ACSオアシスSH アンタレススタイルの入り口キャンピングトレーラー内装や値段【トリガノ アンタレススタイル470Vエディションプレミアム】