1分で車を60万円値引きする裏技

エブリィJOINターボのキャンピングカー内装や値段【軽キャンパー】ラクネル・レスト

「キャンピングカーに興味があるんだけど、種類がいっぱいありすぎてよくわからない…」

「最新のキャンピングカーってどんな設備がついてるの?」

車1台で複数の大人が寝泊まりできる、遊びに便利なキャンピングカー。

タイプがいろいろありますが、コスト・広さ・車体の大きさといったように、何を重要視するかによってえらぶ車が変わってきます。

そこで、東京キャンピングカーショー2018で展示されていた、最新モデルのキャンピングカー・ラクネル・レストを紹介します。

内装や設備について写真つきで解説しますので、キャンピングカーえらびの参考にしてください。

キャンピングカーの8つのタイプ

まず、キャンピングカーには以下の8つのタイプがあります。

  • 「バンコン」
  • 「キャブコン」
  • 「軽キャンパー」
  • 「フルコン」
  • 「セミフルコン」
  • 「バスコン」
  • 「トラキャン」
  • 「キャンピングトレーラー」

この記事で紹介するメティオ社のラクネル・レストは、軽キャンパータイプです。

軽キャンパーとは、軽自動車にキャンパー架装をした車のことです。軽自動車なだけに車体が小さく、高さ制限のある駐車場にも入ることができるので、街中でも乗りやすいというメリットがあります。

維持費も安く、購入価格もほかのキャンピングカーにくらべて格段に安いのが特徴です。

ただ、小さいだけに乗れる人数は限られてしまうので、複数でキャンプに行きたい場合には向いていません。

「便利で快適な車中泊」というよりは、「手軽にアウトドアで遊びたい」ひとに向いています。

ラクネル・レスト(メーカー:メティオ)の内装写真

ラクネル・レスト フロント

メティオ社のラクネル・レストです。スズキ・エブリィJOINターボをベースにしたキャンピングカーで、主要スペックは以下のようになっています。

ラクネル・レスト主要スペック
  • 乗車定員:4人
  • 就寝定員:2人
  • 全長:3,395mm
  • 全幅:1,475mm
  • 全高:1,895mm
  • ベース車:エブリィJOINターボ
  • 排気量:660cc
  • 燃料:ガソリン
  • 最高出力:64ps
  • 駆動方式:2WD FR
  • ミッション:4AT
  • 燃費:16.2km/L

乗車定員は4人ですが、就寝定員は2人だけです。4人でキャンプに行ってしまうと2人は車内で寝られなくなってしまうので、注意してください。

外装はとくに変わったところはなく、ベース車のエブリィそのものですね。車内を見ないとキャンピングカーには見えません。これなら街中を走っていても目立たないでしょう。

キャンピングカーらしいキャンピングカーが欲しいひとには、ちょっと物足りないかもしれないですね。

それではさっそく内装を見てみましょう。

ラクネル・レスト シート テーブル

内装の全体の様子。出入り口がせまいので乗り降りはしにくいですが、車内に入ってしまえば頭から天井までのスペースには余裕があります。

テーブルをダイネットシートではさむような形ですね。

シートにすわってみたところ、テーブルの下の黒い木の板が、足が触れる度に外れて動くのが気になりました。

ラクネル・レスト テーブル レール

ラクネル・レスト テーブル レール

大きい板でどうしても足が当たってしまうため、無視するのはかなりしんどいです。乗るたびにこうなるのはイヤですね。

ラクネル・レスト シート

ダイネットシートのすわり心地は、座面・背もたれともに薄い。硬さはふつうの車のファブリックシートのような感じで、ガチガチというほどではないですが、やや硬いですね。

このダイネットシートは展開させると幅1,200mm×長さ1,850mmのベッドになります。幅がセミダブルサイズなので、大人2人で寝るには少しせまいと思いますね。

ポイント

ただ、メーカーのひとの話によると、ラクネル・レストのいちばんのウリは、ベッドのフラットさ。

「ふつうの軽キャンパーはベース車の座席をたおしてその上に板を敷き詰めているから、寝心地がでこぼこしています。

それに対して、ラクネル・レストは車内に金属製の枠を置いて、その上に板を敷いているため、本当にフラットな状態で寝られるんです」とのこと。

残念ながらベッドの寝心地を試してみることはできませんでしたが、確かにシートにでこぼこした感触はありませんでした。

ラクネル・レスト バックドア

バックドア側のダイネットシートにすわると、背もたれが写真に写っている薄い板の薄い面だけになってしまい、背中が痛かったです。

背中が痛くならないようにしようと思ったら、背もたれなしでまっすぐすわっていなければいけなくなります。あまりリラックス出来る席ではないですね。

ラクネル・レスト バックドアから

バックドア側から見た車内の全体の様子。シートの下が金属の枠になっているのがわかりますよね。

金属製の枠は車体に穴を開けずにただ載せているだけなので、たとえば「展示車のここには冷蔵庫があるけど、シンクに変えたい」というお客さんからの要望があれば、柔軟に対応できるんだそうです。

ほかのキャンピングカーでそれをやると大がかりな工事になってしまうけど、ラクネル・レストの場合は枠を削って調節するだけだから簡単にできるとのこと。

1つ前の写真で解説したダイネットシートの背もたれ問題も、リクエストすれば簡単に解決できるのかもしれませんね。

ラクネル・レスト 収納 テレビ

ラクネル・レスト 収納

車内の右側、天井付近の収納スペース。

この収納スペースなんですが、フタを閉めるとき、「バタン!」とかなり激しい音がします。うるさいし、乱暴な感じがしました。

木の独特の嫌なニオイはしません。

MEMO

これから車の購入を考えているなら、値引き交渉の正しいやり方を覚えておくといいですよ。このやり方を知らないと最大60万円以上も損します。

詳しく知りたい方は、下記の『たった1分で車を60万円値引きできる裏技』のページをご覧ください。

裏技を知って後悔する人たった1分で車を60万円値引きできる裏技!安く購入する秘密のテクニックとは?!

ラクネル・レスト 収納

ラクネル・レスト 収納

車内左側の天井付近にも収納スペースがついています。

ラクネル・レスト 冷蔵庫

ラクネル・レストの18L冷蔵庫。-24℃まで設定することができ、冷凍庫としてもつかえます。

ラクネル・レスト 電源スイッチ

車内全体の電源スイッチ。

ラクネル・レスト AC ソケット

インバーターのON・OFFスイッチ、100Vコンセント、シガーソケットです。

インバーターとは電気の変換機のことで、炊飯器やノートパソコンといった家電を車内のコンセントにつないでつかいたい場合に必要です。

インバーターをオンにして100Vコンセントにつなげば、家から持ってきた電気製品も車内でつかえます。

ラクネル・レスト ファン

排気用の4連ファンです。窓についています。

ラクネル・レスト ソーラーパネル

屋根の上にはソーラーパネル。外装のなかでここはゆいいつキャンピングカーっぽい見た目ですね。

ラクネル・レストの価格と標準装備・オプション

ラクネル・レストの車両本体価格は、税込みで2,517,480円です。軽キャンパーにしては少し高いですね。

標準装備として以下のものが架装されています。

ラクネル・レスト標準装備
  • 走行充電システム
  • サブバッテリー(AGM 100Ah)
  • 1,500W正弦波インバーター(SK1,500)
  • 180Wフレキシブルソーラーパネル
  • MPPTチャージシステム
  • 集中スイッチパネル+デュアルボルトメーター
  • 18L冷蔵庫(コンプレッサータイプ)
  • 12Vソケット+USB
  • AC100Vコンセント2口
  • LED照明 フラット スポット
  • キャンピングキット(キャビネット・収納棚)
  • ベッド(マット厚35mm 幅120cm×長さ185cm)
  • 荷室フロア処理
  • 冷蔵庫収納ボックス
  • 荷室棚
  • 運転席側荷室棚
  • メラミン天板テーブル(40cm×70cm)
  • 床下収納スペース

コンプレッサータイプの冷蔵庫とは、家庭用の冷蔵庫とおなじように、電気を利用して冷やすタイプの冷蔵庫です。

電源を入れてから冷えるまでの時間が早く、ものを冷やすにはこれがもっとも適しています。

ラクネル・レストの冷蔵庫は容量が18Lとそれほど大きくありませんが、形がタテに長いので、2リットルのペットボトルも立てて冷やしておけますよ。

また、オプションでは以下のものがつけられます。

ラクネル・レストオプション Aパック 118,800円
  • 4連排気ファン(53,784円)
  • 無線ユニット(12,960円)
  • マルチシェード(37,260円)
  • バグネット(14,040円)
  • 電気毛布または沸騰ポット(8,424円)
ラクネル・レストオプション Bパック
  1. 19インチ液晶+Wi-fi TV(Fire TV)(118,800円)
  2. 19インチ液晶+カーナビ+カメラ(291,600円)
ラクネル・レストオプション Cパック
  • 外部充電システム(97,200円)
  • 電子レンジ(43,092円)
  • FFヒーター(232,200円)

ラクネル・レストのオプションはA・B・Cの3つのパックに分かれていて、1つ1つ付けるよりもパックで付けたほうが価格が安いです。

たとえばAパックに入ってるものを1つずつつけると税込みで126,468円ですが、Aパックとしてまとめてつければ118,800円になります。

パックに入っていないものとして、電子レンジとFFヒーター(エンジン停止状態で使用できる暖房装置)があります。

かなり高いですが、冬に車中泊する予定でラクネル・レストを購入するなら、FFヒーターはぜひつけておきましょう。

総評:自分好みにカスタマイズして初めてつかえるキャンピングカー

ラクネル・レストの内装はズバリいえば、「自分好みにカスタマイズして初めてつかえるキャンピングカー」。

展示車のままだと、たとえばテーブルの足元の板が邪魔だったり、ダイネットシートに背もたれがないなど、ところどころに粗が目立ちます。

金属製の枠を使用していることで、せっかく車内空間を柔軟に変化させられるメリットがあるわけですから、この際ガンガン注文をつけて、自分に合った仕様にまるっきり変えてしまうべきでしょう。

残念ながらベッドの寝心地を確かめることは出来なかったんですが、購入するならベッドの寝心地も確かめて、気に入らなかったら注文をつけるべきです。

パワーボム(著者)

私だったら、テレビはいらないから後部ダイネットシートにリクライニング機能付きの背もたれが欲しいですね(そんな注文を受けてくれるかはわかりませんが)。

車内の広さはそれなりにあったので、2人旅でもスペースをゆずり合えば車中泊できると思いますよ。

ここまで書いてきましたが、どこまで注文ができるのかわからない部分が大きいので、「こうしてほしい」という希望があればメーカーに直接問い合わせてくださいね。

この記事を読んだことで、ラクネル・レストを購入するかどうかの判断材料のひとつになれることを願っています。