1分で車を60万円値引きする裏技

リエッセ2のキャンピングカー内装や値段【バスコン】RV BIG FOOT ACSオアシスSH

「キャンピングカーに興味があるんだけど、種類がいっぱいありすぎてよくわからない

「最新のキャンピングカーってどんな設備がついてるの?」

1台で複数の大人が寝泊まりできる、遊びに便利なキャンピングカー。

タイプがいろいろありますが、コスト・広さ・車体の大きさといったように、何を重要視するかによってえらぶ車が変わってきます。

そこで、JAPANキャンピングカーショー2018で展示されていた、最新モデルのキャンピングカー・ACSオアシスSHを紹介します。

内装や設備について写真つきで解説しますので、キャンピングカーえらびの参考にしてください。

キャンピングカーの8つのタイプ

まず、キャンピングカーには以下の8つのタイプがあります。

  • 「バンコン」
  • 「キャブコン」
  • 「軽キャンパー」
  • 「フルコン」
  • 「セミフルコン」
  • 「バスコン」
  • 「トラキャン」
  • 「キャンピングトレーラー」
この記事で紹介するRV BIG FOOT社のACSオアシスSHは、バスコンタイプです。

バスコンとは、バスやマイクロバスにキャンパー架装をした車のことです。

車体が大きいキャンピングカーなだけに、中が広くて快適に過ごせます。

ただ、高さ制限のある駐車場には入れないので、街中でふだん用の車としてつかうには少し不便かもしれません。

「バス」と名がついていますが、乗車定員が10人以下であれば大型免許は必要なく、普通免許で運転できます。

ACSオアシスSH(メーカー:RV BIG FOOT)の内装

ACSオアシスSHのフロント

バスコンタイプの最新モデル、RV BIG FOOT社のACSオアシスSHです。

日野・リエッセ2 LXショートをベースにしたキャンピングカーで、主要スペックは以下のようになっています。

    ACSオアシスSH主要スペック

  • 乗車定員:6
  • 就寝定員:4
  • 全長:5,995mm
  • 全幅:2,200mm
  • 全高:2,970mm
  • ベース車:日野・リエッセ2 LXショート
  • 排気量:4,009cc
  • 燃料:軽油
  • 最高出力:150ps
  • 駆動方式:2WD FR
  • ミッション:6AT
乗車定員6人なので、普通免許で運転できます。車体はかなり巨大で、全長は約6メートル。燃料は軽油です。

それでは内装の写真を紹介していきます。

※ACSオアシスSHは車内入場禁止だったため、入り口から撮影した写真を紹介します)

ACSオアシスSHの電気調理器

入り口はいって右手に電気調理器があり、そのとなりにシンクが並んでいます。写真ではフタが閉まっていますが、開けるとシンクが出てくるんです。

奥に見えるのはベッドです。

ACSオアシスSHの冷蔵庫

電気調理器からスペースを空けて、トイレと冷蔵庫があります。冷蔵庫の上は収納スペースです。

ACSオアシスSHのL字型ソファ

入り口から左手にはテーブルと、L字型のソファーが設置されています。大人3人座れそうです。

ACSオアシスSHのソファ下コンセント

ソファーの下にはコンセント。

ACSオアシスSHのテレビ

テーブルの上の天井付近にはテレビがついています。ソファーの頭上には収納スペースがあります。

ACSオアシスSHの収納スペース

テーブルからスペースを空けて、手前は物を載せられる台と収納スペース。奥には大人1人座れるソファーがあります。

ACSオアシスSHの外装の右側

外装を右側から見た様子。車体の右側後ろのほうに収納スペースがあります。

MEMO

これから車の購入を考えているなら、値引き交渉の正しいやり方を覚えておくといいですよ。このやり方を知らないと最大60万円以上も損します。

詳しく知りたい方は、下記の『たった1分で車を60万円値引きできる裏技』のページをご覧ください。

裏技を知って後悔する人たった1分で車を60万円値引きできる裏技!安く購入する秘密のテクニックとは?!

ACSオアシスSHの価格と標準装備・オプション

ACSオアシスSHの車両本体価格は、税込みで17,587,800円です。

標準装備として以下のものが架装されています。 

    ACSオアシスSH標準装備

  • ソーラーパネル×3
  • ソーラーコントローラー
  • ルーフレール
  • 自動充電器80A
  • 走行充電システム
  • リチウムイオンバッテリー160Ah×2
  • バッテリーメーター
  • 3,000W正弦波インバーター
  • カセットトイレ
  • トイレ手洗いシンク
  • マックスファン
  • バンルーフベント
  • 前後左右デカール
  • バックカメラ
  • インバーターエアコン
  • 137L 2ドア冷凍冷蔵庫
  • ダイネット上調光付きオリジナルLED
  • 室内照明LED
  • パワーアウトレット
  • 外部電源取り入れ口
  • IH調理器/オーブンレンジ
  • エンジンフード&床じゅうたん
  • FFヒーター&ベバコン
  • リヤ2スピーカー
  • 電気ボイラー23L
  • 地デジアンテナ
  • 24インチテレビ
  • テレビナビ連動配線
  • カバー付きシンク(混合栓)
  • 清水タンク80L/排水タンク100L55L
  • RV BIG FOOT製デラックスエントランスドア(網戸付き)
  • アクリル2重窓(シャッター・網戸付き)
  • エントランス照明
  • 室内断熱
  • L字型ソファーダイネット&キャプテンシート
  • 後部常設大型ベッド&収納庫
  • 収納棚
パワーアウトレットとは電圧変換機のことで、これがあることで家電製品を車内のコンセントに差し込んで使用できます。

IH調理器は上の写真にも写っていましたが、ガスコンロではなく電気調理器を採用していることで、火事になる心配がありません。

FFヒーター&ベバコンの「ベバコン」とは「べバストヒーター用コントローラー」の略で、FFヒーターの操作につかうオンオフスイッチです。

また、オプションでは以下のものがつけられます。

    ACSオアシスSHオプション

  • BSデジタルアンテナ(全国版)(275,240円)
  • リア埋め込み2スピーカー(58,000円)
  • 運転席、助手席生地張り替え(103,000円)
  • サイドオーニング3.5M180,000円)
  • 32型液晶テレビ(リアベッド壁)(120,000円)
  • 3,500W正弦波インバーターに変更(25,000円)
  • リアベッド上調光付きオリジナルLED150,000円)
  • 助手席キャプテンシートに変更(150,000円)
キャプテンシートとは、ヒジ掛け付きの独立した座席のことです。対義語はベンチシートで、座席が独立せずにくっついた状態で数人すわれるようになっているものをいいます。

キャプテンシートのメリットは1人でゆったり座れることで、ぎゅうぎゅう詰めにならずに自分のすわるスペースを確保できます。

ベンチシートのメリットは、身体を横にして休憩が取れることです。上の写真にあったL字型ソファーのように、ベッドの代わりとしてもつかえます。

ここまで書いてきましたが、JAPANキャンピングカーショーにはACSオアシスSHのほかにもさまざまなキャンピングカーがあり、私が写真つきで紹介しています。この記事を読んだうえで、ぜひほかの車とも比べてみてくださいね。