1分で車を60万円値引きする裏技

エクストレイルの走破性を徹底解剖!クロカン・オフロード性能はいかに?!

日産のアウトドアSUVのエクストレイル。

先代の四角いボディから一気に垢抜けたシティ派スタイルに変化しました。

古くからのエクストレイルファンは苦い顔をし、新しいユーザーからは非常に好評という評価の分かれる車です。

しかし汚れてもすぐに対処できる防水シートや最新の自動運転システムのプロパイロットなど魅力的な装備が満載の車に仕上がっています。

そんなエクストレイルですがオフロード性能はどうなのでしょうか。

ここでは走破性について解説していきます。

エクストレイルの走破性:良い点・できること

日産 エクストレイル オフロード

エクストレイルは防水シートやSUVらしいスタイルなどからアウトドア使用には最適の車です。

そんなエクストレイルの走破性はどんなところが良いのでしょうか。そしてどんなことまでできるのでしょうか。

そのスタイルや電子制御など、5つの視点から解説していきます。

安心のSUVスタイル

現行のエクストレイルは無骨だった先代のスタイルから、オシャレなSUVスタイルになってしまいました。

それでもSUVですのでもちろん最低地上高は200mmあり、タイヤからフロントバンパーまでのアプリーチアングル、リアバンパーまでのデパーチャアングルも十分に備えています。

ですので山道や雪道のような多少の悪路ならば、乗り上げたり障害物の接触などもろともせず走行することができます。

オシャレなスタイルになっても悪路に対応したスタイルはしっかり持っています。

悪路を走行できる電子制御

エクストレイルは最近の車らしくさまざまな電子制御がついています。

発進時にスリップを検知するとエンジンの出力を抑え、地面に駆動がしっかり伝わるように制御してくれるトラクションコントロール、凍結路などの走行中にスリップを起こしてしまった場合、車が前を向くようにブレーキやエンジンを制御してくれる横滑り防止装置はもちろんついています。

さらにブレーキLSDというシステムもあります。

通常片輪がスリップしてしまった場合、左右のタイヤの回転差を制御しているデファレンシャルギアによってもう片方のタイヤに駆動がかからなくなってしまいます。

そんな場合その空転しているタイヤにブレーキをかけて動きを抑制し、もう片方のタイヤにトルクがかかるようにしてくれるシステムです。

こういった電子制御があるため、日常生活でおこる不安な運転条件でもばっちり運転できます。

走破性と低燃費を両立したインテリジェント4×4

エクストレイル 4WDシステム

エクストレイルの持つ4WDは電子制御カップリングを使用したスタンバイ4WDです。

切り替えスイッチをオートモードにしておくことで、普段は前輪駆動で走行しエンジンの負担を抑えて低燃費に貢献し、凍結路や水たまりなど滑りやすい路面で前輪のスリップを認識すると同時に後輪へ駆動を伝え100:0から50:50までトルク配分をしてくれる仕組みになっています。

そのため低燃費と走破性の両方兼ね備えており、あらゆる場面で車側が自動で判断し最適なトルクを調整してくれます。

発進時やスタック時の強い味方

雪深い道を走行しているとさすがのエクストレイルでもはまってしまうことがありますし、山道などの悪路では非常に強い駆動力が必要な場合があります。

そういった場合はロックモードが役に立ちます。

ロックモードとは車のタイヤを50:50のトルク配分で固定してしまう仕組みで、非常に強い力で悪路を走行することができますのでスタック状態からの脱出やデコボコな悪路を走り切ることができます。

そしてロックモードの最中にはさらに頼りになるシステムもあります。

悪路に対応した電子制御

スキーの帰りなど、とても急な坂道を走行しているとスピードが乗りすぎてしまうことがあります。そんなときに慌ててブレーキを踏んでしまうとスリップをおこしてしまい非常に危険です。

そんな場合でもエクストレイルはスイッチひとつで安全な運転ができます。それがヒルディセントコントロールです。

ヒルディセントコントロールは電子制御で車のスピードがどんな条件でも時速15km未満で走行することができるシステムです。

ロックモードにこれをあわせて使うことで、ブレーキ操作やギア操作などをしなくても車が勝手に速度を固定してくれるので、運転手はハンドル操作だけに集中できるため安心して運転できます。

デコボコな山道や雪道などは安心して任せられる

エクストレイル オフロード

エクストレイルはそのSUVらしいパッケージングと4WD、そして最新の電子制御によって非常に強い走破性を持っています。

大雪の中や未舗装路、凍結路などでも安心して走り切ることができるでしょう。

さらに普通の車では入ることのできないような河川敷や山道のようなオフロードでも余裕で走行できるでしょう。

さらに通常の路面では低燃費で走ってくれますので、街乗りでも悪路でもいいとこ取りできる車です。

エクストレイルの走破性:悪い点・できないこと

日常生活レベルの雪や山道程度のオフロードは、最新の電子制御もあり余裕で走り切ることができるエクストレイル。ではどういったことができないのでしょうか。

エクストレイルが苦手とするのはやはり本格的なクロカン走行です。

ある程度は走り切ることはできるでしょうがゴツゴツした危険な岩場などを走り切るにはエクストレイル2つの弱点があります。

ボディ強度が足りない

エクストレイルはモノコックボディと言ってボディ全体で強度を作る仕組みの車です。そのため岩場のような場所を走っているとボディがその衝撃に耐えられずどんどん歪んでしまいます。

岩場のような悪路をガンガン走る車はラダーフレーム構造と言ってハシゴ状の強靭なフレームにキャビンを載せているトラックのような構造でないと耐えきることができません。

さらにこういった構造の場合キャビンがだめになってもそこだけ交換ということができますので、モノコックボディのエクストレイルでは真似のできない構造なのです。

岩場に向かない4WD

エクストレイルの場合4WDも基本的にスタンバイ式4WDに電子制御でロックモードがついたタイプなので正直心もとないというのが現状です。

ロックモードを使用することである程度は走ることは可能ですが、ブレーキLSDなどの電子制御などをフル活用して走ることになりますので構造的にどんなトラブルが起こるかわかりませんのでおすすめできません。

とはいえ、こういった本格的なクロカン走行をする以外ならばほとんどのことをこなしてしまうエクストレイルなので、非常に優秀な走破性をもつといえるでしょう。

他の車と比較すると

エクストレイルは非常に強い走破性を持つことをご紹介しました。ただSUV市場は非常に人気があるため同クラスのライバル車には強者が揃っています。

ではエクストレイルはライバルの車と比べて走破性はどうなのでしょうか。ここではホンダヴェゼル、スバルフォレスター、マツダCX-5、トヨタハリアーと比べてみます。

ハリアーはラグジュアリー志向のSUVで若干車格が違いますが、なぜか競合に出やすい車なのでここでは比較対象にいれました。

ホンダ ヴェゼル

ホンダ ヴェゼル

ホンダヴェゼルはリアルタイムAWDといい前輪駆動をベースとした電子制御AWDです。

路面の状況をさまざまなセンサーから監視し、必要に応じで前後にトルク配分する四駆です。

とはいえどヴェゼルはエクストレイルと同じスタンバイ4WDです。

車体が一回り小さく軽いため、エクストレイルより一見有利かもしれませんが、ロックモードのような四駆の細かい制御がなかったり、トラクション性能などを含めて考えるとエクストレイルのほうが走破性は優秀でしょう。

スバル フォレスター

スバル フォレスター

4WD性能で定評のあるスバル、そのSUVであるフォレスターとなると4WD性能において非常に強いイメージがあります。

フォレスターはシンメトリカルAWDという左右均等にトラクションが掛かる悪路に対しても非常に有利なスタイルの車です。

さらに電子制御においてもエクストレイルと同様にトルクを50:50に固定するロックモードやヒルディセントコントロールなども搭載しており、非常に強力なライバルです。

フォレスターの場合は基本的に常に4WDで走っており、路面状況に合わせて前言トルク配分を切り替えていく仕組みで、走破性や走行性能など4WDの性能をいかんなく発揮する車です。

フルタイム四駆でシンメトリカルAWDをもつフォレスターの方がトラクション性能と操作性を含めて上回るでしょう。

マツダ CX-5

マツダ CX-5

マツダのCX-5の四駆はi-ActivAWDといい、前輪駆動ベースの四駆です。

しかしエクストレイルのように滑りを確認してから後輪に駆動をかけるのではなく、電子制御を積極的に働かせることにより、悪路走破性と燃費の両立を実現させた四駆で、巷では本格的な4WDとも言われています。

車体の角度やタイヤのセンサーだけでなく、ワイパーなどの作動状況も認識し最適な駆動をかけられるように積極的に制御しているため、エクストレイルよりも悪路や一般道で面白い走りを見せてくれるでしょう。

ただ本格的なクロカン走行は両車ともお薦めはできません。

4WDの制御ではCX-5の方が優秀ですが走破性という面で考えると、4WDの仕組みはほぼ一緒で電子制御だけの違いなのでそれほど大きく変わらないでしょう。

トヨタ ハリアー

トヨタ ハリアー

トヨタ ハリアーはダイナミックコントロール4WDといい、前輪駆動がベースで必要に応じて後輪にトルク配分する四駆です。

どちらかというと本来シティ派SUVのため、街なかを走るときに力を発揮する四駆のなので悪路走破性の観点で見ていくと他社に比べ心もとないです。

制御の細かさやトラクション性能などを比較するとハリアーではエクストレイルには全くかないません。

エクストレイルの走破性の評価

悪路走破性は非常に優秀で、本格的ばデコボコなオフロードでなければある程度は走り切ることができるエクストレイル。他車に比べても全く見劣りする性能ではないことがわかりました。

では実際に乗っている人たちはエクストレイルの走破性についてどんな印象を持っているのでしょうか?ツイッターから生の声をピックアップしていきます。

やはり雪道での安心感は抜群のようです。見た目がシャープになった現行のエクストレイルはさらに安定の信頼感があります。

このすごい雪の中でも悠々と走っていく様はさすがはエクストレイルです。豪雪の中でもしっかり走り抜けることのできるエクストレイルは安心感もさることながら優越感も確かに感じられます。

確かにエクストレイルの燃費性能はこのクラスの中では高いです。走破性と燃費性能を考えるとエクストレイルは非常に優秀です。

エクストレイルは豪雪の中でも十分に走り抜ける力を持っていますし、燃費性能は同じクラスの中でも良く、頼りになる車のようです。

エクストレイルの走破性はどうか

エクストレイルは凍結路や積雪路、山道などの荒れた路面ならば余裕で走り抜けることのできる走破性を持っています。

さらに電子制御で最適なトルク配分やトラクション性能を作り出すため効率もよく、非常に燃費性能が高いのもポイントです。

本格的なオフロードを走る目的としてはお薦めはできませんが、日常の車としてはどこでも走ることができる非常に優秀な走破性を持つ車だと言えるでしょう。