1分で車を60万円値引きする裏技

エクストレイルの燃費は悪い?街乗りや高速の実燃費は?改善し向上させる方法まで解説!

日産のアウトドア派SUVのエクストレイル。

汚れてもすぐに対処できる防水シートや最新の自動運転システムのプロパイロットなど、魅力的な装備が満載の車です。

そんなエクストレイルですが燃費性能はどうなのでしょうか。

ここでは燃費性能について解説していきます。

エクストレイルの燃費・実燃費

日産 エクストレイル

まずはエクストレイルの燃費を見ていきます。ガソリンモデル、ハイブリッドモデルそれぞれのカタログ燃費と実燃費をチェックしていきます。

ガソリンモデル

ガソリンモデルのカタログ数値は16.4km/Lとなかなか良い数値です。では実燃費を確認してみます。

燃費の種類数値
カタログ燃費16.4km/L
街乗り燃費10~13km/L
高速燃費14~17km/L

おおよそこのような数値になります。街乗り燃費のカタログ燃費達成率は70%超えており標準的な結果です。

そして高速燃費はカタログ燃費を超えることもあり、燃費が良いと言えます。

ハイブリッドモデル

ハイブリッドモデルはカタログ数値が20.8km/Lです。SUVにしては燃費の数値が良いですが、実燃費はどうでしょうか。

燃費の種類数値
カタログ燃費20.8km/L
街乗り燃費12~14km/L
高速燃費18~20km/L

実燃費はこの様になりました。こちらのカタログ燃費達成率は約60%前後とハイブリッド中では平均的な数値です。そしてこちらも高速燃費ではカタログ値を達成することがあるようです。

ガソリンモデル、ハイブリッドモデルともにカタログ燃費の60%以上を記録しています。

一般的に実燃費はカタログ燃費の6~7割ほどだと言われていますので、エクストレイルの燃費性能は優秀だと言えます。

エクストレイルの燃費の口コミ

では実際にエクストレイルに乗っている人は燃費についてどう感じているのでしょうか。ツイッター上から実際のユーザーの声をご紹介していきます。

なんとガソリンモデルで18km/Lという非常に高い燃費数値を出しています。走り方次第でカタログ数値を大きく超える可能性を持っています。

高速走行で約14km/Lという高燃費を出しています。高速道路でこれだけの数値が出れば十分ですね。

ハイブリッドモデルは後期型のほうが制御が熟成されており、燃費が良くなっているようです。

うまく走らせればバッテリーだけで走ることができるようですが、イライラするようなので精神衛生上やめたほうが良いかもしれません。

エクストレイルの歴代の燃費・実燃費

なかなか優秀な燃費のエクストレイルですが、歴代のエクストレイルの燃費はどうだったのでしょうか。ここでは歴代エクストレイルの燃費を確認してみます。

T30型の燃費・実燃費

 

View this post on Instagram

 

Rioさん(@rionurchy)がシェアした投稿


若者にも手軽に遊べる低価格で4WDの車を、というテーマで登場した初代モデル。

そんなT30型のエクストレイルは10・15モード燃費で13.2km/Lという数値です。ただ実燃費は6~10km/Lとあまり良好と言える数字ではありませんでした。

燃費の種類数値
カタログ燃費13.2km/L
街乗り燃費6~10km/L
高速燃費9~12km/L

T31型の燃費・実燃費

 

View this post on Instagram

 

Andi Wicaksonoさん(@andi.ford)がシェアした投稿


2代目エクストレイルはガソリンモデルだけでなく、2.0Lディーゼルモデルもラインナップされました。

実はこのエンジンはルノー製のもので、日産とルノーのつながりを感じられるモデルです。

カタログ燃費はガソリンモデルは14.0km/L、ディーゼルモデルは15.2km/Lでした。実燃費はガソリンモデルで8~10km/L、ディーゼルモデルで12~13km/Lでした。

燃費の種類ガソリンディーゼル
カタログ燃費14.0km/L15.2km/L
街乗り燃費8~10km/L12~13km/L
高速燃費11~13km/L14~16km/L

先代までは燃費性能はそこまで高くなく、実用性重視のワゴン車という感じでした。しかし現行モデルでは燃費の大幅な改善やハイブリッドモデルの追加により優秀な燃費性能をしています。

ちなみにディーゼルモデルは海外では現行モデルでも販売されているですが、日本でのイメージがあまり良くなく先代ではあまり売れなかったため、日本には入ってきてないそうです。

エクストレイルの燃費の理由

エクストレイル エンジン

エクストレイルの燃費性能は初代から比べると大きく向上しています。カタログ達成率も6~7割前後とそれなりの数値を出していますが、中にはとても燃費が悪いと憤慨されている方もいます。

ではエクストレイルの燃費が良い理由、悪い理由を解説します。まずは燃費が良い理由を解説します。

パワートレインの進化

エクストレイルのパワートレインは先代から大きく進化しています。

まずエンジンが直噴エンジンとなり効率が上がっています。これは燃料の噴射を筒内直接噴射式にすることで混合気の圧縮率を上げ、効率の良い燃焼を促進しています。

さらにCVTも副変速機のついた変速範囲の広いものに進化しています。これにより巡航時などはギアの比率を従来より高めに設定できるため、エンジンの回転を抑え燃費が良くなります。

これらの機構により非常に効率の良い走行が可能になっています。

アイドリングストップ機構

効率の良いパワートレインの無駄をなくす機構としてアイドリングストップが採用されています。信号待ちなどのアイドリングを止め、燃料の消費を少しでも減らすシステムです。

空力性能の高いボディ

エクストレイルは従来カクカクとしたボディで、空力性能に関しては非常に悪いデザインでした。しかし今回は流線型のボディになり、空力性能を高めています。

これらの無駄のない効率的なパワートレインと高い空力性能のボディのおかげで、現行エクストレイルは高い燃費性能を有しています。

ではなぜ燃費が悪い人がいるのでしょうか。

重量に対してエンジンパワーが弱い

2.0Lのエンジンは1.3tほどの車を動かすのに最適なエンジンです。それよりも200kgほど重い車体では加速が悪くなります。

そこで程よい加速を得ようとするとアクセルを踏み込むこととなり、結果燃料消費は大きくなります。

とくにストップ・アンド・ゴーの多い街なかではこの影響が顕著に出ますので、エクストレイルの燃費は伸びにくくなります。

乗せっぱなしの荷物

エクストレイルはアウトドアに最適なラゲッジスペースなため、そういった荷物を置きっぱなしにしてしまうことがあります。もちろん荷物の重量は燃費に対して大きく影響を与えます。

燃費が気になるときは荷物を一度確認してみましょう。

エクストレイルの燃費改善・向上方法

エクストレイルの燃費の良し悪しの理由を解説してきましたが、今度は燃費良く走るための方法を解説していきます。

急発進をしない

エクストレイルはSUVなので大口径タイヤや大きな車体で燃費に対しては不利なスタイルです。

燃費を優先する走りをしたいのならば、少しでも無駄な燃料消費を減らしていくしかありませんです。

まずは走り出しをふんわりと進めるようにすることが必要です。停止状態からの走り出しでエンジンを吹かしても、エンジンの回転の割に速度がついてこないので燃料の無駄です。

出だしはクリープ現象で走り出し、ある程度進み始めたらタコメーターで2,000回転程度を目安にアクセルをしっかり踏み込み加速しましょう。このとき煩わしいほどのエンジン音だと踏みすぎです。

発進したあとは適切にアクセルを開けて目的の速度まで加速してください。ここでたらたらと加速するとポンピングロスなどで無駄が出ますし、渋滞や事故など周囲にも悪影響となりよくありません。

エンジンブレーキを使う

減速するときにフットブレーキばかり使っていてはとてももったいないです。減速する時にはエンジンブレーキを積極的に使いましょう。

ほとんどの車のエンジンは1,500回転以上でアクセルが離された状態であれば燃料供給がカットされ、エンジンブレーキがかかるようになっています。

もし回転数が低いようであれば必要に応じてギアを一つ落とすなどし、エンジンブレーキを活用しましょう。

もちろん停止するときにはフットブレーキで車を止めなくてはいけませんのでご注意ください。これで燃費の向上だけでなく、ブレーキパッドの消耗も抑えられます。

出だしはモーターで走らせる

車は走り出しが一番エネルギーを使うという話をしましたが、ハイブリッドモデルはその一番燃焼効率の悪い部分をモーターで走らせることができるのです。

できるだけ走り出しはモーターだけで走るハイブリッドエコエリア内でアクセル操作をし、そこからは必要に応じて加速させます。

これらのテクニックを意識するだけでかなりの燃料消費を抑えることができます。

エクストレイルの燃費を他の車と比較

なかなか優秀な燃費性能のエクストレイル。ではそのライバル車たちの燃費はどうでしょうか。

ここではエクストレイルとの比較に上がりやすいマツダのCX-5、スバルのフォレスター、三菱のアウトランダーと比較していきます。

三菱 アウトランダー

三菱 アウトランダー

アウトランダーは三菱が発売するミドルクラスSUVです。2.4Lエンジンを搭載したプラグインハイブリッドモデルなど、他にはないパワートレインが魅力的です。

カタログ燃費は2.4Lガソリンモデルが14.6km/L、ハイブリッドモデルは18.6km/Lとエクストレイルより若干低い数値です。排気量がアウトランダーのほうが大きいためここは不利です。

燃費の種類PHEVガソリン
カタログ燃費18.6km/L14.6km/L
街乗り燃費12~15km/L9~11km/L
高速燃費15~17km/L10~14km/L

実燃費を見ていくとガソリンモデル、ハイブリッドモデルともにエクストレイルの勝ちです。

とはいえど排気量の違いがあるので走りはアウトランダーのほうが優位ですし、充電して走ることが可能なプラグインハイブリッドモデルは使い方次第で実燃費は大きく変わります。単純勝負では測りにくい二台です。

スバル フォレスター

スバル フォレスター

フォレスターはスバルの販売するミドルクラスSUVです。水平対向エンジンを搭載したシンメトリカルAWDの走破性は圧倒的なものがあり、アウトドアSUVのエクストレイルと一番比較されやすい車です。

フルモデルチェンジによって2.0Lハイブリッドモデルも追加されたので、さらに勝負は厳しくなっていくでしょう。

カタログ燃費の数値は両モデルともエクストレイルより低い数値です。では実燃費を見ていきます。

燃費の種類ハイブリッドガソリン
カタログ燃費18.6km/L14.6km/L
街乗り燃費12~15km/L9~11km/L
高速燃費15~17km/L15~17km/L

こちらも実はフォレスターのガソリンモデルは2.5Lに排気量アップされており燃費性能は不利です。

ハイブリッドモデルもそれほど燃費性能は高くありませんが市街地走行はフォレスターが、高速走行はエクストレイルが優位に立っています。

ガソリンモデルはパワー優先ならばフォレスターを、燃費ならばエクストレイルをおすすめします。ハイブリッドは乗り方によって燃費が変わってくるためライフスタイルに合わせて選ぶのが良いでしょう。

マツダ CX-5

マツダ CX-5

クリーンディーゼル、スカイアクティブ、鼓動デザインとマツダのアイデンティティをすべて詰め込まれているCX-5。SUVらしからぬそのスタイリッシュさと走行性能はとても魅力的です。

燃費を見ていくと2.5Lガソリンモデルはカタログ値が14.8km/L、ディーゼルモデルは18.0km/Lです。では実燃費を見ていきます。

燃費の種類ディーゼルガソリン
カタログ燃費18.0km/L14.8km/L
街乗り燃費12~14km/L9~12km/L
高速燃費16~20km/L12~14km/L

実燃費ではガソリンモデルはエクストレイルの方が有利ですが、ディーゼルモデルはエクストレイルのハイブリッドモデルとほぼ同等の性能です。

ガソリンモデルはCX-5の方が排気量が大きいので単純比較はできませんがパワー優先ならばCX-5でしょう。

ハイブリッドモデルとディーゼルモデルは耐久性などを考えると、単純な構造のディーゼルモデルの方が優位です。

エクストレイルはパワーより燃費優先の車

エクストレイルは他メーカーと比較したとき、排気量が全てにおいて低く設定されています。これは日本市場が燃費優先のクルマを優遇しているので、日産もそれに合わせて作っているからです。

車格なりのパワーと低燃費を実現するハイブリッドモデルがおすすめしたいところですが、耐久性を考えるとガソリンモデルの方が安心です。

ですのでこのクラスのSUVで、燃費性能を重視する人にはエクストレイルがおすすめです。