1分で車を60万円値引きする裏技

エブリィJOINターボのキャンピングカー内装や値段【軽キャンパー】オートワンTurerunder

「キャンピングカーに興味があるんだけど、種類がいっぱいありすぎてよくわからない

「最新のキャンピングカーってどんな設備がついてるの?」

1台で複数の大人が寝泊まりできる、遊びに便利なキャンピングカー。

タイプがいろいろありますが、コスト・広さ・車体の大きさといったように、何を重要視するかによってえらぶ車が変わってきます。

そこで、JAPANキャンピングカーショー2018で展示されていた、最新モデルのキャンピングカー・Turerunderを紹介します。

内装や設備について写真つきで解説しますので、キャンピングカーえらびの参考にしてください。

キャンピングカーの8つのタイプ

まず、キャンピングカーには以下の8つのタイプがあります。

  • 「バンコン」
  • 「キャブコン」
  • 「軽キャンパー」
  • 「フルコン」
  • 「セミフルコン」
  • 「バスコン」
  • 「トラキャン」
  • 「キャンピングトレーラー」
この記事で紹介するAUTO ONE社のTurerunderは、軽キャンパータイプです。

軽キャンパーとは、軽自動車にキャンパー架装をした車のことです。

軽自動車なだけに車体が小さく、高さ制限のある駐車場にも入ることができるので、街中でも乗りやすいというメリットがあります。

維持費も安く、購入価格もほかのキャンピングカーにくらべて格段に安いのが特徴です。

ただ、小さいだけに乗れる人数は限られてしまうので、複数でキャンプに行きたい場合には向いていません。

「便利で快適な車中泊」というよりは、「手軽にアウトドアで遊びたい」ひとに向いています。

Turerunder(メーカー:AUTO ONE)の内装 

Turerunderのフロント

軽キャンパータイプの最新モデル、AUTO ONE社のTurerunderです。 

スズキ・エブリィJOINターボをベースにしたキャンピングカーで、主要スペックは以下のようになっています。

    Turerunder主要スペック

  • 乗車定員:4
  • 就寝定員:2
  • 全長:3,395mm
  • 全幅:1,475mm
  • 全高:1,870mm
  • ベース車:スズキ・エブリィJOINターボ
  • 排気量:660cc
  • 燃料:ガソリン
  • 最高出力:64ps
  • 駆動方式:4WDフルタイム
  • ミッション:4AT
就寝人数は2人になっていますが、実際の車を見た感じでは、荷物を積んでいると1人で寝るのが限界だと思います。

それでは内装の写真を紹介していきます。

Turerunderの収納

Turerunderは釣りに行くことを想定して作られたキャンピングカーです。ロッド(釣り竿)やルアー(疑似餌)といった釣り道具を収納できます。

Turerunderの天井

このように天井部分に引っかけておけるんです。

Turerunderのフィッシングベストとハンガー

フィッシングベストもハンガーにかけておけます。

Turerunderの外に伸ばせるハンガー

フィッシング用ボトムスが濡れてしまっても、外に伸ばせるハンガーかけがあるので、干しておけます。

Turerunderの後部座席のベッド

前から見た後ろの様子はこんな感じです。後部座席の横がベッドになっています。

MEMO

これから車の購入を考えているなら、値引き交渉の正しいやり方を覚えておくといいですよ。このやり方を知らないと最大60万円以上も損します。

詳しく知りたい方は、下記の『たった1分で車を60万円値引きできる裏技』のページをご覧ください。

裏技を知って後悔する人たった1分で車を60万円値引きできる裏技!安く購入する秘密のテクニックとは?!

Turerunderの価格と標準装備・オプション

Turerunderの車両本体価格は、税込みで2,122,200円です。

標準装備として以下のものが架装されています。

    Turerunder標準装備

  • 走行充電システム
  • サブバッテリー38A
  • オーバーヘッドキャビネット
  • 就寝マット・ミニクッション
  • 12Vシガーソケット
走行充電システムは、メインバッテリーの電力が余っているときに、自動的にサブバッテリーに電気をまわして充電してくれるシステムです。

メインバッテリーの電力に余裕がなくなれば、サブバッテリーへの充電を自動的に停止して、メインバッテリーの充電に切り替わります。

キャンピングカーでは、走行時はメインバッテリーから電源を取り、エンジン停止時はサブバッテリーから電源を取って照明や電気製品を動かします。

つねに2つのバッテリーを充電しつづけるこのシステムがあることによって、走行時もエンジン停止時もバッテリー切れの心配がないので、安心です。

また、オプションでは以下のものがつけられます。

    Turerunderオプション

  • FFヒーター(180,000円)
  • カーテンセット(67,000円)
  • バッテリーチャージャー(48,000円)
  • サイドオーニング(FIAMMA社製2.5M134,000円)
  • 床下収納(45,000円)
  • リアゲートアクリル2重窓(120,000円)
  • フロアマット(スタンダード)フロント・リア(17,000円)
  • ウッドパネル(リア左パネル)(15,000円)
  • ウッドパネル(バックパネル)(18,000円)
  • ウッドパネル(オーバーヘッドパネル)(49,000円)
  • 給排水タンクセット(バタフライシンク付き)(100,000円)
  • フロントキャビネット(右)(50,000円)
  • フロントキャビネット(左)(50,000円)
  • 外部100V電源&コンセント(30,000円)
  • 断熱処理(60,000円)
  • サブバッテリーボルトメーター(15,000円)
  • 30mmリフトアップサス(工賃込み)(60,000円)
  • ヒッチメンバー
  • ツレルンダーヒッチカーゴ
  • ノセルンダフラットルーフキャリア1.2M100,000円)
  • ノセルンダフラットルーフキャリア2.0M120,000円)
30mmリフトアップサスは、車高を高くすることで、山や川のそばといった悪路を走行するときの走破性を高める施工です。

ヒッチメンバーとはけん引装置のことで、釣りにつかうボートを乗せたボートトレーラーをけん引するのにつかいます。

ツレルンダーヒッチカーゴは、ヒッチメンバーに取りつけるための、籠のような形をした荷台のことです。

ノセルンダフラットルーフキャリアは、屋根の上に取りつける、荷物を積載するためのパーツです。これをつけるとサーフボードや自転車を屋根の上に載せることができます。

ここまで書いてきましたが、JAPANキャンピングカーショーにはTurerunderのほかにもさまざまなキャンピングカーがあり、私が写真つきで紹介しています。この記事を読んだうえで、ぜひほかの車とも比べてみてくださいね。