「キャンピングカーに興味があるんだけど、種類がいっぱいありすぎてよくわからない

「最新のキャンピングカーってどんな設備がついてるの?」

1台で複数の大人が寝泊まりできる、遊びに便利なキャンピングカー。

タイプがいろいろありますが、コスト・広さ・車体の大きさといったように、何を重要視するかによってえらぶ車が変わってきます。

そこで、JAPANキャンピングカーショー2018で展示されていた、最新モデルのキャンピングカー・愛犬くんを紹介します。

内装や設備について写真つきで解説しますので、キャンピングカーえらびの参考にしてください。

この値引き交渉のやり方を知らないと、車を買う際に50万円以上の損をするかもしれませんよ。

営業マンに騙されずに、最大限まで値引きをしてもらうには、このやり方を知っておく必要があります。

詳しくは下記の車を確実に値引きして安く購入する二つの方法のページをご覧ください。

あわせて読みたい

キャンピングカーの8つのタイプ

まず、キャンピングカーには以下の8つのタイプがあります。

  • 「バンコン」
  • 「キャブコン」
  • 「軽キャンパー」
  • 「フルコン」
  • 「セミフルコン」
  • 「バスコン」
  • 「トラキャン」
  • 「キャンピングトレーラー」

この記事で紹介するAUTO ONE社の愛犬くんは、軽キャンパータイプです。

軽キャンパーとは、軽自動車にキャンパー架装をした車のことです。

軽自動車なだけに車体が小さく、高さ制限のある駐車場にも入ることができるので、街中でも乗りやすいというメリットがあります。

維持費も安く、購入価格もほかのキャンピングカーにくらべて格段に安いのが特徴です。

ただ、小さいだけに乗れる人数は限られてしまうので、複数でキャンプに行きたい場合には向いていません。

「便利で快適な車中泊」というよりは、「手軽にアウトドアで遊びたい」ひとに向いています。

愛犬くん(メーカー:AUTO ONE)の内装

AUTO ONE愛犬くんのフロント

軽キャンパータイプの最新モデル、AUTO ONE社の愛犬くんです。

スズキ・エブリィJOINターボ4WDをベースにしたキャンピングカーで、主要スペックは以下のようになっています。

    愛犬くん主要スペック

  • 乗車定員:4
  • 就寝定員:2
  • 全長:3,390mm
  • 全幅:1,470mm
  • 全高:1,940mm
  • ベース車:スズキ・エブリィJOINターボ4WD
  • 排気量:660cc
  • 燃料:ガソリン
  • 最高出力:64ps
  • 駆動方式:4WDフルタイム
  • ミッション:4AT

就寝人数は2人になっていますが、実際の車を見ると1+1匹でちょうどいいサイズ、という印象です。

それでは内装の写真を紹介していきます。

AUTO ONE愛犬くんのゲージ

「愛犬くん」という名のとおり、ペットの犬を乗せることを想定した車で、たたんだ助手席の上に、ゲージが設置されています。

AUTO ONE愛犬くんの棚

エサや水、ペット用のマットを置いておくための棚です。バックドアを開けてすぐのところについています。

AUTO ONE愛犬くんのリアドア

キャンプで汚れてしまった犬を洗うための台。先ほど紹介した棚(後ろの茶色い引き出し)を開けるとシンクになっていて、伸びるシャワーが出てきます。

AUTO ONE愛犬くんのベッド

犬のベッドと人間用のベッドがとなり同士になっていて、いっしょに寝ることができます。

AUTO ONE愛犬くんの前から見たベッド

前から見た後ろの様子はこんな感じです。バックドアまで歩いていけます。

AUTO ONE愛犬くんのソーラーパネル

ソーラーパネルで充電もできます。

これから車の購入を考えているなら、値引き交渉の正しいやり方を覚えておくといいですよ。このやり方を知っているだけで数十万円は違ってきます。詳しく知りたい方は下記の車を確実に値引きして安く購入する二つの方法ページをご覧ください。

あわせて読みたい

愛犬くんの価格と標準装備・オプション

愛犬くんの車両本体価格は、税込みで2,053,450円です。 

標準装備として以下のものが架装されています。

    愛犬くん標準装備

  • 走行充電システム
  • サブバッテリー(55A
  • 30Wソーラーパネル
  • 外部入出力コンセント
  • 700Wインバーター
  • 脱着式センターテーブル
  • 就寝マットミニクッション
  • オーバーヘッドキャビネット
  • 断熱処理
  • カセットコンロ
  • ベンチレーター
  • 洗い場付き床下収納
  • サイド出窓 左右

外部入出力コンセントがついているので、キャンプ場で用意されている外部電源を利用して、家電がつかえます。

外部電源がない場合でも、700Wインバーターがあるので家電は使用可能です。

ベンチレーター(換気扇)は温度感知機能付きで、車内の換気を自動でやってくれます。

洗い場付き床下収納は、先ほど写真で紹介した「犬を洗うための台」です。つかわないときは収納しておけるので邪魔になりません。

また、オプションでは以下のものがつけられます。

    愛犬くんオプション

  • FFヒーター(180,000円)
  • カーテンセット(67,000円)
  • バッテリーチャージャー(48,000円)
  • サイドオーニング(134,000円)
  • 防虫ネット 右スライドドア用(20,000円)
  • 防虫ネット 左スライドドア用(20,000円)
  • 防虫ネット バックドア用(25,000円)
  • 撥水リアゲートシェード(26,000円)
  • 床下収納(45,000円)
  • 床下収納付きスライドテーブル(88,000円)
  • リアゲートアクリル2重窓(120,000円)
  • 給排水タンクセット(バタフライシンク付き)(100,000円)
  • 70Aサブバッテリーに変更(25,000円)
  • 超高性能100Aサブバッテリーに変更(38,000円)
  • 1,200Wインバーターに変更(40,000円)
  • 2,000Wインバーターに変更(65,000円)
  • 過放電防止機能付きバッテリー残量計(25,000円)
  • USBソケット 12Vソケット(8,000円)
  • サイド出窓 丸窓付き(40,000円)
  • 電子レンジ(38,000円)
  • 脱着式サイクルキャリア(59,800円)
  • 保冷機能付きリュック型食器セット(15,000円)

撥水リアゲートシェードは、バックドアにつける日差し避けです。夏のキャンプでは犬の熱中症にも注意しなければいけないので、つけておくと役に立ちます。

さらにリアゲートアクリル2重窓をバックドアにつけることで断熱効果も期待でき、こちらは夏の暑さだけでなく冬の寒さ対策としても活躍します。

給排水タンクセット(バタフライシンク付き)はつけないとシャワーから水が出ません。洗い台をつかって犬を洗いたい場合は、必須オプションです。

ここまで書いてきましたが、JAPANキャンピングカーショーには愛犬くんのほかにも様々なキャンピングカーがあり、私が写真つきで紹介しています。この記事を読んだうえで、ぜひほかの車とも比べてみてくださいね。

車を確実に値引きし安く購入する方法!

これから車を買おうと思っている方、値引き交渉の正しいやり方はご存知ですか?

この値引き交渉のやり方を知らないと、車を買う際に最大で50万円以上の損をする可能性があります。

「値引きしてくれませんか?」「オプションをつけてくれませんか?」と何も考えずに交渉すると、営業マンに舐められます。「この客はバカだな(笑)」と足元を見られ、最低限の値引きしかしてくれないでしょう。

確実に最大限まで値引きするには、このやり方を知っておく必要があります。詳しくは下記の車を確実に値引きして安く購入する二つの方法のページをご覧ください。

あわせて読みたい

この記事を書いた人

パワーボム
パワーボム
元パチスロライター。車とゲームとプロレス観戦(ノアファン)が大好き。21歳で免許を取ってから、車を乗り尽くす。家から700km、四国のなかを1400km移動し、また700kmの距離を帰るツアーで、四国八十八ヶ所巡りを車で成し遂げる。