「キャンピングカーを買おうかと思ってるんだけど、本当に必要かどうか迷ってるんだよね」

「キャンピングカーってどうやって楽しむの? 具体的な使い方を知りたい!」

キャンピングカー、あったらあったで楽しそうですが、価格も高いですし、購入するかどうか迷いますよね。

せっかく購入しても、乗る機会がなかったら非常にもったいないです。

そこで、キャンピングカーの楽しみ方・使い方を紹介します。

ふつうの車と違ってどんなメリットがあるのか、電車やバスでの旅行よりもどこが楽しいのかについて、わかりやすく解説します。

この値引き交渉のやり方を知らないと、車を買う際に50万円以上の損をするかもしれませんよ。

営業マンに騙されずに、最大限まで値引きをしてもらうには、このやり方を知っておく必要があります。

詳しくは下記の車を確実に値引きして安く購入する二つの方法のページをご覧ください。

あわせて読みたい

キャンピングカーの楽しみ方

それではまず、キャンピングカーの一般的な楽しみ方の紹介です。

時間を気にせずに自由な旅ができる

観光地に旅行に行く場合、とくに行楽シーズンにつきものなのが渋滞です。

せっかく旅行の計画を立てたのに、渋滞にハマって時間に追われ、ホテルのチェックイン時間に間に合わせるために、予定を変更しなければならない場合もあります。

しかし、キャンピングカーがあれば車中泊できるので、ホテルのチェックイン時間を気にする必要がありません。

行きたいところだけを好きなように回り、1日をフルにつかって遊べます。

目的地に前乗りできる

キャンピングカーがあれば、そもそも渋滞を避けることも可能です。

「この日から旅行に行く!」と決めたらその前日の夜に出発し、目的地についてから朝まで車中泊すれば、朝から出発するほかの観光客たちよりも一足先に観光が楽しめます。

このように前乗りすると、ふつうは宿泊費が1泊分多くかかってしまうところです。

ですが、キャンピングカーでの車中泊なら、道の駅やSA・PAを利用すれば無料、RVパークを利用したとしても500円~4,000円で済みます。

渋滞のイライラもなく、純粋に旅行だけを楽しめるのがキャンピングカーの魅力です。

気まぐれで予定を変更できる

たとえば3泊4日の予定で大阪へ旅行に行き、2日目を終えた時点で「京都も見てみたいかも」と気分が変わったとします。

電車・バス・車の旅行ではそこから翌日泊まる宿を探さないといけないので、京都府内の行きたい場所付近に空いている宿がなければ、予定変更はできません。

しかし、キャンピングカーがあれば車中泊できるので、もう疲れて寝たいはずの2日目の夜にスマホで何軒もの宿を検索する手間が省けます。

旅の途中に気まぐれで予定を変更したくなっても、キャンピングカーなら柔軟に動けるんです。

昼間でも仮眠がとれる

スティングエボリューション 5.0XX

(車種:スティングエボリューション 5.0XX)

朝から遊んでいると、昼食後や夕方に眠くなるタイミングがありますよね。

そんなとき、キャンピングカーならエアコンつきのベッドで優雅に仮眠がとれます。

電車やバスの座席で居眠りするのと違って、乗り過ごしてしまう心配がありません。また、ふつうの車でも1人や2人なら仮眠できないことはないですが、後部座席にまでひとが乗っている場合や、荷物を積んでいる場合はシートを倒せないこともあります。

キャンピングカーのベッドは大人が脚を伸ばして寝られるだけの長さがあるので、ふつうの車よりもリラックスして眠れるんです。

たとえばスキー場やディズニーリゾートでは、昼間に質の良い仮眠をとれば、ほかのお客さんが帰って徐々に空いてきた夜の時間を、がっつり楽しめます。

先ほどの渋滞とおなじく、ほかの観光客と違う行動パターンを取ることで、時間を無駄なく使うのがキャンピングカーの楽しみ方です。

テレビ番組の企画のような大規模な旅ができる

キャンピングカーの大規模な楽しみ方として、北海道一周・本州縦断(横断)・九州一周なんていうテレビ番組の企画のような大冒険もできます。

宿泊費がとにかくかからないので、30日間かけて旅をしたとしても、キャンプ場やRVパークの利用料金は50,000円でおつりが来るぐらいです。

私は実際にふつうの車で四国一周したことがありますが、旅の中でいちばん大変だったのは運転ではなく、その日泊まる宿を探すことでした。

「その日行けるところまで行く」というやり方だったので、どこで泊まることになるか予想がつかず、事前に予約することができなかったんです。

もしあのときキャンピングカーで回っていたら、宿を探す手間が省けて、名物のうどんやカツオのたたきを食べに行く時間がゆっくりとれたのにな、と思います。

これぐらいの大規模な旅をするとほんとうに思い出に残るので、キャンピングカーを購入するならぜひチャレンジしてみてください。

Turerunder

(車種:Turerunder)

たとえばこういう小型のキャンピングカーなら、四国のせまい山道でも安全に通れます。

肉を変色させずにキャンプ場でバーベキューができる

キャンピングカーの王道の使い方として、キャンプ場でバーベキューができます。

「バーベキューなんて別にキャンピングカーなしでもできるじゃん」と思うかもしれませんが、大きいのは冷蔵庫の存在です。

ボーダーバンクスエボリューション タイプT

(車種:ボーダーバンクスエボリューション タイプT)

キャンピングカーには、このような小型の冷蔵庫を搭載している車種があります。

バーベキューに使う肉をクーラーボックスに入れておくと、あまり冷えておらず、キャンプ場に着くまでに変色してしまうことが多いです。

しかし、家庭用とおなじコンプレッサー方式の冷蔵庫に入れておけば、その心配はありません。

バーベキューでは「足りないといけない」と思ってつい多めに材料を用意してしまいがちですが、余った肉はそのまま冷蔵庫に入れて持って帰ってこれます。

これから車の購入を考えているなら、値引き交渉の正しいやり方を覚えておくといいですよ。このやり方を知っているだけで数十万円は違ってきます。詳しく知りたい方は下記の車を確実に値引きして安く購入する二つの方法ページをご覧ください。

あわせて読みたい

キャンピングカーの特殊な楽しみ方

さてここからは、キャンピングカーの少し変わった楽しみ方・使い方の紹介です。キャンピングカーを実際に利用しているひとのツイッターを引用して、解説していきます。

職場への通勤用に利用する

まずは1人目です。以下のようなツイートがあります。

キャンピングカーで旅をするのではなく、家から職場までの通勤用に使っているという例です。

ふだんはふつうに通勤退勤をし、翌日渋滞しそうなときや悪天候が予想されるときは、そのまま職場の駐車場で車中泊してしまうんです。

「無駄な時間を省いたうえで、遊びとしての車中泊も楽しむ」。キャンピングカーの自由さを日常生活でうまく利用している、特殊な楽しみ方だと思います。

ファミリーモーターホーム Cタイプ

(車種:ファミリーモーターホーム Cタイプ)

たとえばこのようなハイエースをベースにしたキャンピングカーなら、全高が2,105mm程度なので、職場の駐車場に高さ制限があっても入れる可能性が高いです。

ファミリーモーターホーム Cタイプ インテリア

(車種:ファミリーモーターホーム Cタイプ)

ハイエースベースのキャンピングカーには、1人で寝るだけなら充分な就寝スペースがあります。

おなじアウトドア趣味を持ったキャンピングカー仲間をつくる

つづいて2人目です。以下のようなツイートがあります。

自分のキャンピングカー1台だけで楽しむのではなく、おなじようにキャンピングカーに乗っているひとと仲良くなって、数台でキャンプに行くという楽しみ方です。

ふだん見る機会のないほかのキャンピングカーの車内を見せてもらうことで、自分の持っていない装備を発見し、新たに購入してどんどん自分のオリジナルキャンピングカーに仕上げていけます。

とくにキャンプ初心者の場合、キャンピングカーという共通項をきっかけにして出来た仲間から教わることは多く、1人で乗っているだけよりも遊びの幅が広がっていくことは間違いありません。

アンソニーLE 朱夏

(車種:アンソニーLE 朱夏)

相手から見ても、このような大型のキャンピングカーに乗っているだけで「おなじアウトドア趣味を持っていること」がひと目でわかりますから、キャンピングカー仲間をつくることはそれほど難しいことではなさそうです。

ここまで書いてきましたが、キャンピングカーならではの楽しみ方というのはこれだけたくさんありま

車を確実に値引きし安く購入する方法!

これから車を買おうと思っている方、値引き交渉の正しいやり方はご存知ですか?

この値引き交渉のやり方を知らないと、車を買う際に最大で50万円以上の損をする可能性があります。

「値引きしてくれませんか?」「オプションをつけてくれませんか?」と何も考えずに交渉すると、営業マンに舐められます。「この客はバカだな(笑)」と足元を見られ、最低限の値引きしかしてくれないでしょう。

確実に最大限まで値引きするには、このやり方を知っておく必要があります。詳しくは下記の車を確実に値引きして安く購入する二つの方法のページをご覧ください。

あわせて読みたい

この記事を書いた人

パワーボム
パワーボム
元パチスロライター。車とゲームとプロレス観戦(ノアファン)が大好き。21歳で免許を取ってから、車を乗り尽くす。家から700km、四国のなかを1400km移動し、また700kmの距離を帰るツアーで、四国八十八ヶ所巡りを車で成し遂げる。