1分で車を60万円値引きする裏技

フィットの口コミ/評判!価格から外装や走行性能まで全てチェック!

フィットは鳴り物入りで登場し、コンパクトカーのスタンダードとして爆発的なヒットを作り上げた車です。

そのコンパクトな車体からは驚くほど広い車内空間を持ち、更に軽快な走りを見せてくれるとても使い勝手の良いコンパクトカーです。

そんなフィットですが評判はどうでしょうか。

ここではフィットの口コミや評判をあらゆる角度から解説していきます。

目次

フィットの外装(エクステリア)の口コミ/評判

評価
外装(エクステリア)
(3.0)

フィットの外装(エクステリア)の特徴

フィット 外装

基準車のフィットの特徴

フィットはコンパクトなボディからは相応できないほどの使い勝手の良い車です。その反面ボディスタイルはズングリとしており、スタイリッシュとは言えません。

ですがボディサイドには思い切ったキャラクターラインをいれ、張り出し感の強いフロントバンパーと意匠デザインのソリッドウイングでフロントマスクはスタイリッシュに。

リアデザインはチューブLEDで先進的なデザインをとりいれ、非常に凝ったデザインになっています

スタイリッシュとは言えませんがとても頑張っていることが感じられるデザインです。

モデューロスタイルの特徴

フィット モデューロスタイル

フィットには上質な雰囲気を持つモデューロスタイルも存在します。大きく開いたフロントグリルやそれを彩るメッキパーツがフィットに上質な雰囲気をまとわせます。

ホンダのフラッグシップミニバンのオデッセイを彷彿とさせる高級感のあるデザインです。

売れているフィットだからこそ、他のユーザーと差をつけたいという人におすすめです。

フィットの外装(エクステリア)に対する口コミ/評判の傾向

統一感のないデザイン

フロントやリアはシャープだけど、サイドから見るとずんぐりと丸いデザインで統一感がないという意見が多く見られました。

居住空間を大きく作るためには、スタイルには犠牲になってもらうしかないようです。

アクセントデザインやリアスタイルが派手

リアのデザインやキャラクターラインが派手でボディと見合わないという意見もありました。

スタイリッシュではないボディにフォローのようなデザインで逆に違和感が感じられるようです。

無難なデザイン

格好いいとも悪いとも言えないデザインであったり、機能性がしっかり出ているよくできたデザインだという意見もありました。

おそらくずんぐりとしたボディが見るからに居住空間が広そうなスタイルだということでしょう。無難だということです。

人気のカラーランキング

順位色/カラー
1位クリスタルブラックパール
2位ルナシルバーメタリック
3位プレミアムホワイトパール

人気のカラーはこのようになっています。白黒シルバーという定番のカラーがトップ3を独占です。

次いでコマーシャルカラーのルージュアメジスト、スポーティなブリリアントスポーティブルーと続きます。

その他のカラーの順位はほとんど変わりません。フィットはたくさんのカラーを用意してありますので気に入った色を選びましょう。

フィットユーザーの実際の口コミ

大衆車らしいデザインから一歩抜き出た高級感を感じるのがモデューロスタイルです。やはりオデッセイのようなフロントマスクですね。

マイナーチェンジ後のフィットはバンパーの先が少し突き出しており、ずんぐりとしたスタイルを解消しようとしています。張り出し感が強くスポーティにも感じますね。

フィットの外観がおもちゃのように感じるそうです。

小細工で一時しのぎと書かれていますが、大元のボディはモデルチェンジでなければなかなか変更できません。バンパーデザインの変更などで解消していくしかありません。

フィットの内装(インテリア)の口コミ/評判

評価
内装(インテリア)
(4.0)

フィットの内装(インテリア)の特徴

フィット インテリア

フィットのインテリアは上質とまではいきませんが、とても落ち着いた機能性の高いインテリアです。

ケータイなど小物を収納するポケットが多く、運転の際にはキーケースなども置けるためじゃまにはなりません。

黒を基調にシルバー塗装とピアノブラックのセンターパネルによって派手すぎずに落ち着いた無難なデザインに仕上がっています。

オプションのブラウンインテリアはブラウンのソフトパッドが落ち着いた高級感を演出し、特別感をえられるようなデザインです。

ただナビやメーターの配置は従来からある配置で、視線移動の少なさなどは考慮されているようには見えません。

ペダル類も左に若干よっているため、長時間の運転などでは疲れが出やすいでしょう。

フィットの内装(インテリア)に対する口コミ/評判の傾向

プレミアムブラウンインテリアは上質

コンフォートグレードにオプション設定されているプレミアムブラウンインテリアは満足できる質感だという声が多くありました。

うまく色分けされており、デザインも高級感がでているので満足感が高いのも納得です。

デジタル式のエアコンパネルの使い勝手が悪い

多くのユーザーが不満を漏らしていたのがタッチパネル式のエアコンパネルの使い勝手です。

スマートフォンのような使用感なので操作感がなく、操作性が悪いとのことです。運転中のスマホ操作のような感じになるのでしょうか。

プラスチックは多いがうまくデザインされている

インテリアにはプラスチック素材が多いが、デザインが良くできているとの意見がありました。

コンパクトカーはコストの関係で、素材に良いものが多くは使えません。造形デザインでそれを補っているのは強みです。

フィットユーザーの実際の口コミ

なんとフィットのインテリアに安っぽさを感じないようです。ホンダの内装は安っぽく感じるという意見が多かったのですが、ここにきて進化してきているということでしょうか。

今までのホンダの内装のイメージを覆すフィットのインテリア。これまで内装が嫌でホンダのフィットを諦めていた人も一度チェックしてみるべきでしょう。

内装は大事だねとフィットを見て思うようです。それほどフィットのインテリアに対する評判は非常に良いです。もはや弱点ではありませんね。

フィットの走行性能(走破性・安全性)の口コミ/評判

評価
走行性能(走破性・安全性)
(4.0)

フィットの走行性能(走破性・安全性)の特徴

走っているフィット

2種類のパワートレイン

フィットは1300ccと1500ccのガソリンエンジンと1500cc+モーターのハイブリッドシステムの3種類のパワートレインを用意しています。

フィットのエンジンにはアトキンソンサイクルが採用されており、従来であれば捨てていた燃焼のパワーを無駄なく使い切る事のできるエンジンです。

さらにCVTの組み合わせによりエンジンの高効率な回転数を使うことができるので、ガソリンの無駄がなく力強い走行を可能にしています。

ハイブリッドモデルには先程のエンジンにプラスしモーターの力が加わります。高効率エンジンとモーターによりとてもパワフルで、さらにエネルギーの回生によってとても効率の良いパワートレインです。

そこにデュアルクラッチトランスミッションを使うことによって小気味良い変則で無駄のない加速とMTのようなダイレクトな走りを実現しています。

スタンバイ式4WDシステム

フィットはスタンバイ式4WDを採用しています。普段は前輪駆動で効率の良い走りをしており、前輪が滑ったことを検知すると自動的に4WDとなる仕組みです。

車体の最低地上高は1,500mmと平均的な高さで生活四駆程度の性能なのでむちゃはできませんが必要十分な性能はあります。

安心のホンダセンシング

フィットには衝突を事前に回避する予防安全装備、ホンダセンシングが搭載されています。

走行している車だけでなく障害物や歩行者なども検知し、警報・緊急ブレーキで対応してくれます。

車線はみだし警報や踏みまちがえ防止アシストなどもあるので、安全性は非常に高いです。

フィットの走行性能(走破性・安全性)に対する口コミ/評判の傾向

ホンダセンシングが購入の動機

コンパクトカーには追従機能はついていてもレーンキープ機能がついたものはほとんどありません。これが搭載されたモデルが購入の動機になったとのことです。

他のメーカーにも予防安全装備はついていますがレーンキープ機能がついているものはありません。フィットの魅力ですね。

1,300ccはパワー不足

高速や上り坂などでは1,300ccエンジンではパワー不足だという意見がありました。

平地を走る分には十分な走行性能がありますが登坂路では加速が悪いとのことです。走行性重視ならばハイブリッドや1,500ccエンジンがおすすめです。

エンジンからジジジジと音がする

エンジンからジジジジと加速時などに音がするという話がありました。最近の車のエンジンは効率の良い燃焼をするために筒内に直接ガソリンを噴射する直噴エンジンが主流です。

この直噴エンジンにはディーゼルのような特有のノイズが有るのですが、これが加速時やアイドリング時に目立ちやすいようです。

フィットユーザーの実際の口コミ

フィットの静粛性の高さに感心しているようです。ただエンジン音を目安に走っている人たちにとってはちょっと物足りないようです。

フィットの走行性の高さと利便性の良さなど、総合的に満足されているようです。

加速性能がこれだけ高ければ高速道路などでも余裕ですね。ちなみにハイブリッドモデルのことのようです。

非力なエンジンの割に軽快に走る走行性能と燃費の良さに感心されています。走り屋世代の人達にはVTECという響きが嬉しいですね。

フィットの燃費の口コミ/評判

評価
燃費
(4.0)

フィットの燃費の特徴

フィットのカタログ燃費は1,300ccモデルで24.6km/L、1,500ccでは22.2km/L、ハイブリッドモデルでは37.2km/Lととても優秀な燃費性能をしています。

燃費向上策には機械式のアトキンソンサイクルエンジンやハイブリッドシステム、デュアルクラッチトランスミッションなど最新の技術が導入されています。

フィットの燃費に対する口コミ/評判の傾向

フィットの実燃費は1,300ccモデルでは17km/L前後、1,500ccモデルでは16km/L前後とガソリンモデルはカタログ燃費達成率は約70%です。

ハイブリッドモデルでは23km/L前後でおおよそ約60%の達成率です。1,300ccと1,500ccでは大きく数値は変わりませんが、ハイブリッドはさすがに燃費が良いです。

燃費は走り方や車両状況によって大きく変化しますが、カタログ燃費の6~7割と言われている中で十分な数字が出ている方だと言えるでしょう。優秀な燃費です。

フィットユーザーの実際の口コミ

フィットの燃費が9.4km/Lとエコカーらしからぬ燃費です。RS仕様なのでガンガン走ったあとなのでしょうか。

フィットの燃費計に45.9km/Lという驚異の数値を出しています。ハイブリッドモデルは燃費計をリセットした直後はこうした数値が出ます。

ちなみに次期フィットの燃費が45km/Lとなるとのことですがほんとうでしょうか。

高速往復で17km/L前後となかなかな燃費です。とはいえどさすがに800km往復するときは給油が途中で必要そうですね。

フィットの乗り心地の口コミ/評判

評価
乗り心地
(3.0)

フィットの乗り心地の特徴

フィット バッグガラス

フィットは居住空間が広く、ガラス面が大きいため視界よく運転することができます。そしてステアリングハンドルにはグレードによってチルト・テレスコ機構がついており、一般的なコンパクトカーよりも自由な運転姿勢がとれます。乗り心地がいい姿勢が取りやすいです。

足回りは低速から高速までしなやかで、不評だったただ硬いだけの足廻りからは改善されたようです。そしてハンドリングは軽く軽快です。ただボンネットが小さいため、前方の車両感覚がちょっと取りづらいです。

現行モデルで静粛性はとても高くなっていますが、その分車特有のロードノイズやエンジンノイズは入ってきます。

フィットの乗り心地に対する口コミ/評判の傾向

路面の凹凸を拾う感じで固め

フィットは路面状態を拾いやすく、ちょっと固めに感じるとの意見が多くありました。

ホンダの車は以前から足回りが硬めでハネやすいといわれています。中には低速域ではそんなに気にならなかったという人もいたので試乗で要確認の場所です。

シートのサポートが弱い

シートのサポートが気持ち程度でしかなく、弱いそうです。

座面も太ももに対して小さいので長時間の運転はつかれるという意見もありました。街乗り重視のセッティングなのでしょうか。

ハンドルが軽快

ハンドルが軽く、軽快に運転できるとの意見もありました。ハンドリングが軽やかだと運転してても楽しくなりますね。

フィットユーザーの実際の口コミ

Aピラーのパネルが太くて右左折時の死角になりやすいそうです。近年衝突安全性と視界を両立するためにこうしたピラーが多いですが、確かに見にくいです。

シートの座り心地もちょっと硬めの足回りも問題ないようです。硬めの足に関しては賛否両論分かれるところですね。

運転ポジションがうまく取りにくいようです。アクセルペダルなどが比較的左側にオフセットしているため、長時間の運転ではつかれるのかもしれません。

フィットの広さ・居住性の口コミ/評判

評価
広さ・居住性
(4.0)

フィットの広さ・居住性の特徴

フィット 室内

フィットの広さは他メーカーのコンパクトカーに慣れている人にとっては驚異的な広さです。ホンダ独自のセンタータンクレイアウトによって、後ろには圧倒的な居住空間を作り出しています。

後席はヘッドクリアランスも十分にあり、成人男性が足を組めるほどの広さはありませんが十分な広さを持っています。

リアシートを倒せば1,450mmほどの荷室帳ができ、対角線上であれば1,800mmの長さが確保できます。

また助手席側のシートをリクライニングさせれば2,200mmもの空間ができます。ただ段差ができるので車中泊する場合は段差をなくす工夫が必要となるでしょう。

フィットの広さ・居住性に対する口コミ/評判の傾向

リアシートが薄い

リアシートのクッションが薄くて長時間の乗車で疲れるとの意見がありました。

フィットは格納や跳ね上げなどアレンジ性の高いシートなので、クッションがとても薄いです。座るときには座布団などの対策があったほうが良いでしょう。

175cmの男性が座っても余裕の頭上空間

175cmの男性がリアシートに座っても、頭上に拳1.5個分の空間ができたそうです。

近年は空気抵抗を考えてルーフが低くなり、リアシートのヘッドクリアランスが小さくなる傾向があります。そんな中これだけ広いのは優秀ですね。

ほとんどの人が口を揃えて車内空間の広さには満足といっていました。

フィットユーザーの実際の口コミ

コンパクトカーの中では車内の広さではフィットが一番のようです。センタータンクレイアウトの底力を見せつけられます。

フィットはリアシートを倒すとコンパクトカーとは思えない空間ができます。縦にも広いため観葉植物のような背の高いものも積むことができます。

フィットは後部座席がやけに広く感じるようです。全長4,000mmを超えない車体であれだけの後席空間を作り出すフィットはすごいですね。

フィットの実用性の口コミ/評判

評価
実用性
(5.0)

フィットの実用性の特徴

フィット シート 荷室

広さの項目でもお話しましたが、フィットは非常に広い車内空間とシートアレンジが特徴です。

リアシートを倒してしまえばなんと自転車が載せられる空間ができます。そのまま助手席をリクライニングすることで2,200mmもの空間ができるのでスキーの板や、サーフボードのような長さのあるものも運搬できます。

ラゲッジルームにはアンダーボックスもあり、洗車道具など普段見せたくないものもしまっておくことも可能です。

リアドアは大きく開きます。ですのでお子様の乗り降りも非常に楽ですし、リアシートを立てるとベビーカーをたたまなくても載せられるくらいの荷室高があります。お子様が一人の世帯であれば十分に使用できます。

フィットの実用性に対する口コミ/評判の傾向

2.2mの琴を積載できる

ちょっと特殊な例ですが、2メートルほどの大きさのある17弦琴を積載できたそうです。

この方はこれが第一条件とのことでしたが、コンパクトカーサイズでこれだけのものを積載できるのはフィットぐらいではないでしょうか。

フィット2に比べ収納が減った

フィット2のときにあった収納が減って不便になったという方もいました。ドアポケットの収納やドリンクホルダーなど細々としたところが変わっているようです。

フィットから乗り換えを考えられている方は普段との違いを、実車で一度確認したほうが良いでしょう。

フィットユーザーの実際の口コミ

走行性能の良さだけでなく、シートアレンジの多彩さと車内の広さにも驚きが多かったようです。他メーカーの感覚で乗るとフィットの広さには驚かされますね。

前席を前に出してリクライニングさせると後席とくっつけることができます。それにより足を伸ばして休憩ができるとても便利なスペースができます。ナビでテレビも見れますし、もはやそこはリビングですね。

フィットはコンパクトカーの中でも特別シートアレンジが多彩な車です。メーカーのホンダもそれは自負しているようです。

フィットの故障・メンテナンスの口コミ/評判

評価
故障・メンテナンス
(3.0)

フィットの故障・メンテナンスの特徴

メンテナンス

エンジンルームは特別狭い

フィットに限らずですが、ホンダの車はマシンミニマム・マンマキシマムという考えのもと作られています。

そのためボンネットの中は他メーカーに比べ狭く、メカがかっつまっています。ホーンや電球の交換などご自身で整備するのは非常に大変です。

DCTの不具合

フィットハイブリッドはミッションに不具合が出やすい傾向があります。

これはリコールにもなっていますので、なにか調子が悪いと感じたら危険ですのですぐにホンダへ持ち込みましょう。

フィットの故障・メンテナンスに対する口コミ/評判の傾向

リチウムイオンバッテリーの不具合

ハイブリッドモデルはリチウムイオンバッテリーに不具合が出て、作動がおかしくなるトラブルが有るようです。

ユーザーではどうしようもないのでディーラーへ持ち込むしかありません。

エンジンの不具合

こちらもハイブリッドモデルですが、エンジンの回転数が異常に高くなったり、異音がするなどという不具合があるようです。

こちらもエンジンの問題のようですので修理となると高額になることが予想されます。保証があれば直せるので気がついたらすぐにディーラーへ行きましょう。

フィットはハイブリッドモデルに問題が多く感じられます。装備の割に価格が安いフィットですので、部品に負担が来ているのでしょうか。

フィットユーザーの実際の口コミ

DCTの不具合で走行不能になってしまうようです。出始めの頃に発生したこの問題のおかげで、フィット3の評判はとても悪くなったのを覚えています。

フィット3のエンジンルームからの異音の問題があったようです。ミッション交換の後とのことなので、もしかするとエンジン自体の問題かもしれません。

フィットの価格・値段の口コミ/評判

評価
価格・値段
(4.0)

フィットの価格・値段

ガソリンモデル

グレード価格
13GF142.8万円
13GFコンフォートエディション146.1万円
13GL165.3万円
13GS179.0万円
15GL185.3万円
RS205.0万円
13Gモデューロ189.0万円

ガソリンモデルはこのような価格帯になっています。このクラスでオートエアコンやスマートキーがついて140万円台から購入できる車はなかなかありません。

フィットのコストパフォーマンスの高さにはとても驚かされます。安全装備のホンダセンシングはL以上のグレードには標準搭載されています。

モデューロは13GLグレードをベースにプレミアムなデザインに仕上げたモデルになっています。

ハイブリッドモデル

グレード価格
ハイブリッド169.9万円
ハイブリッドF181.5万円
ハイブリッドFコンフォートエディション184.7万円
ハイブリッドL207.9万円
ハイブリッドS220.5万円
ハイブリッドモデューロ225.7万円

ハイブリッドモデルはこの様になっています。こちらも170万円を切る価格でハイブリッドモデルが購入できるという非常に優れたコストパフォーマンスです。

ベースグレード以外の全てのモデルで予防安全装備のホンダセンシングが搭載できるので、安心して購入することができます。

歴代フィットの中古相場

初代フィットは発売が2001年で搭乗から17年が経っており、相場は非常に安くなっています。

安いものであれば1000円、高いものでも60万円ほどです。相場として15万~30万円の個体が多く取引されているようです。

2代目フィットは2007年に発売し、古いものでは11年経過しています。そのため安いものは非常に安く、1万円から存在しています。

しかし高いものでは130万円ほどとまだまだ現役の中古車価格をしています。こちらは相場として15万~80万で取引されています。

現行モデルは2013年に発売され、発売から5年経過しています。ですので価格はまだしっかりしており、下は約50万円ぐらいからです。

高いものは230万円程で、新古車がほとんどです。流通量が多い価格は90万円から200万円程度となっています。

フィットの価格・値段に対する口コミ/評判の傾向

コストパフォーマンス最高

装備や広さ、利便性を考えると非常にコストパフォーマンスが高いという意見が多く見られました。

私もこの価格の表を作っているときに、思わず”安いな”とつぶやいてしまいました。

コンパクトカーで200万は高い

ただ安いとは言えど1,300ccのコンパクトカーにナビやホンダセンシング、メンテパックなどをつけていくと200万円を超えます。

コンパクトカーに200万円を出すのはさすがに高いかな、という意見も多く見られました。ただ安全装備などを考えると納得されているようです。

フィットユーザーの実際の口コミ

フィットはホンダの中でも特別利益率が悪い車なようです。軽自動車より悪いとなると本体から値引きするとほとんど利益が残らないのではないでしょうか。

ハイブリッドの価格帯に混乱されているようです。大丈夫です。フィットハイブリッドの価格は装備の割にとても安いです。

フィットの維持費・税金の口コミ/評判

評価
維持費・税金
(4.0)

フィットの維持費・税金の特徴

車の維持費

フィットの維持費を下記の条件で計算します。

  • 年間走行距離約1万キロ程度
  • 旅行で1000キロほど高速をつかう
  • 車検及び整備の見込み費用として14万円

 

フィットの税金区分は排気量1500cc未満、重量1.5トン未満のサイズです。自動車税、重量税、自賠責などかかる税金を年計算でだしてみると毎年55,340円が税金として請求されます。

税金以外でかかる費用はガソリン代、高速代や整備費そして任意保険を計算すると200,000円ほどになります。

先程の税金と合わせると年間維持費は255,340円です。ここに駐車場やローンの場合は車両の価格が上乗せされる形になります。

フィットハイブリッドLは60回ローンだと月々約40,500円となっています。ですから維持費と合わせると月々が約61,800円で維持することが可能です。

フィットの維持費はガソリンモデルかハイブリッドモデルで変わってきます。燃費を優先すれば維持費は安くなりますが車両価格が乗ってきますし、車両価格を優先すれば燃費が落ちます。

数年後に下取りを出すことを考えるとハイブリッドモデルのほうが下取り価格は高い傾向にありますのでハイブリッドモデルのほうがおすすめです。

フィットの維持費・税金に対する口コミ/評判の傾向

フィットはハイトワゴン系の軽自動車に乗るよりも維持費が安いという人がいます。近年のハイトワゴンは車体価格が高く、重量のせいか燃費もそこまで伸びません。

それに比べフィットは燃費もよく、車体価格もやすいので、距離を走る人にとっては軽自動車よりも維持費が安くなる傾向があります。

フィットユーザーの実際の口コミ

初期モデルですが、車重が1トンを切るので車検時の重量税が安くなります。燃費もよく車検代も安いとなると維持費的に見ても魅力的です。

フィットはしっかり走って荷物もたくさんつめ、燃費がいいので維持費も安く満足度が高いようです。ちょうどいい車です。

N-BOXなどはそれなりの装備をつけていくと非常にいい値段になります。フィットと変わらないどころかフィット以上の値段になることもあります。

軽自動車の優位性も揺らぎます。

フィットのグレード・仕様の口コミ/評判

評価
グレード・仕様
(4.0)

フィットのグレード・仕様の特徴

フィットは大きく3つのタイプがあります。1,300ccの13Gのガソリンモデル、1,500ccには15GLとスポーツモデルのRSそして1,500cc+モーターのハイブリッドモデルです。

一般的には13Gとハイブリッドモデルがメインです。これらにはそれぞれF・L・S・モデューロの3グレードがあります。15GにはLグレードしか存在しません。

エントリーモデルのFは安全装備などがないぶんフィット本来の性能と価格が魅力的なモデルです。とにかく安くフィットがほしいという人にはこのモデルがおすすめです。

売れ筋モデルのLはホンダセンシングの安全装備やLEDヘッドライトなどといった安全装備の充実したモデルです。

モデューロはこのLグレードをベースに専用外装やホイールなどを装備し、高級感のあるモデルです。

上級グレードのSはLグレードにアルミホイールやブラックドアミラーなどスポーティな加飾が施されたモデルです。

唯一このグレードにはパドルシフトが設定されています。マニュアルの感覚を味わいたい人やエンジンブレーキを使った減速を緩やかにしたい人にはSがおすすめです。

それぞれのグレードには4WDの設定がされており、雪の多い地域でも安心して乗ることができます。

RSは走行性能重視のパワーモデルでCVTと5速MTがエントリーされている、走って楽しいモデルです。

フィットのグレード・仕様に対する口コミ/評判の傾向

人気グレードはハイブリッドモデルのLグレードです。安全装備や燃費性能などある程度の装備が標準でついており、価格も抑えめなので非常に人気があります。

次いで13GFです。安全装備はオプションですが必要な装備が一通りついて、価格が非常に安いのでとても人気があります。

逆になかなか台数が出ないのはRSやモデューロです。指向性の高いモデルなので刺さる人には刺さるモデルです。

フィットユーザーの実際の口コミ

スポーツグレードの中でもフィットは荷物が積みやすいので、日常の足としての実用性もしっかり兼ね備えています。

フィットRSは免許取り立ての人にもおすすめできる車だそうです。走りが楽しくて実用性もあって燃費もいいので、たしかにおすすめです。

総評

ホンダ フィット

ではフィットの総評をしていきます。

フィットの評価
外装(エクステリア)
(3.0)
内装(インテリア)
(4.0)
走行性能(走破性・安全性)
(4.0)
燃費
(4.0)
乗り心地
(3.0)
広さ・居住性
(4.0)
実用性
(5.0)
故障・メンテナンス
(3.0)
価格・値段
(4.0)
維持費・税金
(4.0)
グレード・仕様
(4.0)
総合評価
(4.0)

フィットは非常に優秀な車です。外観やインテリアも万人受けデザインですし、燃費や走行性能も良くできています。

そして車内の広さやシートアレンジはこの車の専売特許と言えるほど優れており、価格も非常に安く文句のつけようがない車です。

この車がおすすめできない人はほぼ思いつきません。足車としても先進的な車としても、走るための車としてもすべてのグレードで対応しています。

この車を気に入った人なら購入して間違いのない車でしょう。