1分で車を60万円値引きする裏技

フェアレディZの加速性能を解説!0-100km/h加速タイムはどのくらい?

フェアレディZって、かなりかっこいいデザインをしていると思いませんか?

「威圧感」のある顔つきに、「ブリン」としたお尻、「グラマラス」に張り出したフェンダー…見ているだけで目の保養になります!

しかし、「おしゃれな車」というイメージが先行し過ぎて、性能の高さについては、あまり認知されていないように思います…。

ということで今回は、フェアレディZの加速性能について、0-100km/h加速のタイムなどを参考にしながら解説しましょう!

TwitterやYou Tubeの投稿も参考にして、リアルな感覚をお届けしたいと思いますので、どうぞご覧ください。

フェアレディZの加速性能

日産 フェアレディZ

私は以前「Z オーナー」だったので、ぜひ細かい部分も紹介したいところですが…今回は加速に関わるポイントだけを見ていきましょう!

さて、さっそく加速性能について解説していきたいと思います。

フェアレディZの0-100km/h加速タイムは?

まずは、単純に「どれくらい速いのか?」紹介します。

加速性能をイメージするのに役立つのが、「0-100加速タイム」ですね。一気に100km/hまで加速する機会なんてほとんどありませんが、車の性能を見るうえでは参考になります。

フェアレディZは3.7Lの標準モデルのほかに、専用チューンの施された「NISMO」モデルも用意されています。この2種モデルの0-100km/h加速タイムは以下のとおりです。

  • 標準モデル:5.5秒
  • NISMO:5.1秒

乗用車としては加速に定評があるプリウスでも、0-100加速に10秒程度かかります。これを考慮すると、フェアレディZはかなり速いですね!

純正のタイムとしては、スポーツカーのなかでも上位に入る性能です。

高出力なエンジン!

ここからは加速性能について、もう少し踏み込んで解説していきたいと思います。まずは、エンジン性能から見ていきましょうか!

項目諸元(標準モデル)諸元(NISMO)
エンジン型式VQ37VHR型VQ37VHR型
種類V型6気筒DOHCV型6気筒DOHC
排気量3,696cc3,696cc
最高出力336ps/7,000rpm355PS/7,400rpm
最大トルク37.2kgf・m/5,200rpm38.1kgf・m/5,200rpm

搭載される「VQ37VHR型」エンジンは、先代モデルから200cc増加されたことでより高出力に進化しました。スカイラインクーペなどにも載ってますね。

このエンジンの特徴を挙げるなら、やはり3.7Lの大排気量ならではの「高出力」と「太いトルク」です。出力は300PS超え、トルクは35kgf・m超えと、堂々たるパフォーマンスを発揮!

庄司憲正(著者)

私は先代のZ33型に乗っていたことがありますが、トルクがとにかく「太く」、その回転領域でもモリモリ加速する感覚がありました。このトルク感が、優れた加速性能の核となっているのです!

また、NA(自然吸気)ゆえに高回転まで軽快に吹け上がるので、「伸びの良さ」も素晴らしいんですよ!アクセルワークへのレスポンスも鋭く、ついつい踏みたくなります!

加速性能はもちろんのこと、フィーリングの良さもこの車の魅力といえます。気持ちのいい「加速感」が味わえるので、運転が好きな人にはたまりません。

剛性を高めたボディ!

フェアレディZ ボディ

優れた加速性能には、ボディの「剛性」や「軽量性」も重要な要素ですね。ボディがしっかり作られていないと、エンジンの性能を引き出すことができません。

まず、「剛性」について。現行のZ34型は、先代モデルよりもリア周りの剛性が、徹底的に強化されています。フルモデルチェンジにあたり、ボディに「環状構造」を多用することで、剛性を鍛えました。

結果としてシンプルな構造に生まれ変わり、「軽量性」も獲得することに成功。排気量が増したにも関わらず、先代モデルと同程度の「1,480~1,580kg」に保っています。

ボディの軽さは加速性能を向上させます。出力・トルクが負担する重量を「パワーウェイトレシオ(以下、PWR)」「トルクウェイトレシオ(以下、TWR)」といいますね。

これは、数値が低いほど優れているのですが、フェアレディZのそれは国産トップクラスです!

以下はフェアレディZのPWR・TWRの数値です。

  • PWR:4.46kg/PS
  • TWR:40.32kg/kgf・m

実際の加速感

数字やメカニズムを解説しただけでは、いまいちピンときませんよね?

というわけで、実際のオーナーさんの投稿をご覧いただきたいと思います。TwitterやYouTubeからいくつかピックアップしてみたので、紹介しましょう。

Twitterでオーナーの投稿をチェック!

こちらの男性はレンタカーでフェアレディZを運転してみたようですね。レンタルで、スポーツカーを乗り比べてみるのも面白そうです。

前回はロードスターに乗ってみたそうですが、フェアレディZのほうが加速がすごかったとのこと。ロードスターもリニアな動きが魅力的な一台ではありますが、やはり排気量の差は大きいです。

こちらの投稿者さんは、バイクでツーリング中にフェアレディZと勝負してみたようですね。第三者目線で、フェアレディZの加速を述べてます。

どんなモデルに乗っているかは不明ですが、たいていのバイクは車よりも発進顔加速が速いです。あの軽さだから当然ではありますが…。

しかし、Zと直線バトルしたら敵わなかったとのこと!もちろん、発進直後はバイクが前に出てたのでしょう。

その後、Zがスピードに乗ってきたところで、3.7Lの真の力を発揮!3速に入れる頃には、バックミラーから消されている光景が目に浮かびます。

ツイッターで見てみると、こういった投稿が多く寄せられています。パトカーにNISMO仕様のZが採用されているのは、一部で有名な話です。

普通、自動車はリミッターが効いているので、180km/h以上の速度は出せなくなっています。法定速度を超える人でも、そこまでのスピードを出す人は、まずいませんが…。

しかし、リミッターをカットして、恐ろしいスピードで走る人がまれにいるんですよ!そういった車を取り締まるために、ハイスペックなパトカーを巡回させる必要があるのです。

警視庁に採用されたフェアレディZは、まさに「国家に認められたハイスペックカー」といえるでしょう。

YouTubeで加速動画をチェック!


こちらはメーターの動きを撮影した、通常の3.7Lモデルの加速動画です。動画開始8秒のところから、0-100km/h加速が始まります。

計測の結果…純正では5.5秒(6MT)、4.9秒(セミ7AT)という好タイム!マフラー交換で4.7~4.7秒という数値もでています!

メーターの動きで測定しているので、「正確」とは言い難いですが、大体これくらいのタイムで走れいるようですね。


メーターだけでは味気ないので、車外から撮影した加速動画もご覧いただきましょう!加速は1分40秒から始まります。

動画の最後に0-100km/hのタイムが表示されていますが、結果は5.79秒というものでした。少し遅めですね?コンディションによって数値は変動するので、目安程度に留めておきましょう。

余談ですが、NAならではの綺麗なサウンドが素晴らしい!!この動画ではインテリアなどもしっかり映してくれるので、その辺も楽しいポイントですね!

他の車と比較すると

フェアレディZの加速感についてはこんな感じでしょうか? それでは、ライバルと呼ばれる国産車と、その実力を比較してみたいと思います。

今回、比較対象に選んだのはホンダ「シビック TypeR」、スバル「WRX STI」、レクサス「LC500」です。

シビック・WRX STIに関しては、価格帯的にも近いので、加速性能の違いが気になるところですね!

ホンダ シビック TypeR

ホンダ シビック TypeR

まずは、ホンダのフラッグシップスポーツ「シビック typeR」です。高回転に特化した「VTEC」の進化系ユニットを採用しており、その加速性能は折り紙付き!

エンジンスペックの諸元はこちらをご覧ください。

項目諸元
種類水冷直列4気筒DOHC16バルブターボ
排気量1,995cc
最高出力320PS/6,500rpm
最大トルク40.8kgf・m/2,500~4,500rpm
車両重量1,390kg
PWR4.34kg/PS
TWR34.07kg/kgf・m
0-100km/h5.7秒

現行モデルは「2.0L VTEC ターボ」ということで、過去のシビックとはキャラクターがずいぶん違いますね。最高出力は320PS、最大トルクは40.8kgf・mに達します。

エンジンのパワーだけで見ると、フェアレディZの方が数値としては上です。車重が100kg以上重いのでPWR・TWRはシビックのほうが優れています。

しかし、排気量に決定的に差があるので、0-100km/h加速はフェアレディZに軍配が上がりますね!公称値よりも速くなることはよくありますから、実際に勝負してみたらいい勝負をしそうです。

スバル WRX STI

スバル WRX STI

次に比較するのが、スバルのフラッグシップスポーツ「WRX STI」です。かつて、ラリー界の頂点に立ち、今でも熱烈なファンを抱える超硬派モデル。

ラリーという過酷な舞台で磨かれた技術は本物です!それでは、エンジンスペックを見てみましょう!

項目諸元
種類水平対向4気筒DOHC16バルブ ICターボ
排気量1,994cc
最高出力329PS/7,200rpm
最大トルク44.0kgf・m/3,200~4,800rpm
車両重量1,480kg
PWR4.50kg/PS
TWR33.63kg/kgf・m
0-100km/h4.9秒

WRXの強みは、中速域でガツンとくるトルクです。加えてAWD(4WD)によって、4輪で噛むようにグリップして加速します。ゆえに、0-100km/hタイムは公称値で「4.9秒」!

エンジンスペックにおいては、「出力・PWR」はフェアレディZ、「トルク・TWR」はWRXのほうが優れています。0-100km/h加速もWRXのほうがわずかに速いですね。

AWDの優位性もありますし、単純な発進加速はWRXのほうが上手でしょう。排気量に差があるので、高い回転域での加速性能となると、フェアレディZに分があります。

レクサス LC500

レクサス LC500

レクサスブランドから2016年に登場したラグジュアリー2ドアクーペが「LC」。外見は「エレガント&クール」な印象ですが、中身はパワフルな5.0Lエンジンを積んでいる、筋肉質なモデルです。

1,000万円を超えるモデルですが、あえて格上と比較してみましょう!エンジンスペックの諸元はこちらをご覧ください。

項目諸元
種類V型8気筒DOHC
排気量4,968cc
最高出力477PS/7,100rpm
最大トルク55.1kgf・m/4,800rpm
車両重量1,940~1,960kg
PWR4.07~4.11kg/PS
TWR35.21~35.57kg/kgf・m
0-100km/h4.4秒

フェアレディZと同様、LCの特徴は、大排気量のNAエンジンから繰り出されるナチュラルなパワーです。ただし、大きく上回る5.0Lエンジンによって、最高出力は477PS、最大トルクは55.1kgf・mというマッスルっぷり。

V8エンジンで武装している分、車重は2t近くありますが、0-100km/h加速タイムは4.4秒を記録しています。

したがって、単純な加速性能ならLC500はフェアレディZよりも速いといえるでしょう!2tのボディではありますが、PWRで見れば4.07kg/PSと、フェアレディZより圧倒的に小さい数値です。

デザインはもちろん、加速性能もバッチリ!

というわけで、フェアレディZの加速性能についての解説は以上です。

国産車にはない、「グラマラス」で「エレガント」なデザインが目を引くフェアレディZですが、もちろんパフォーマンスも素晴らしいんですね!

「2人乗り」「視認性が悪い」など、普段使いには向かない点もあります…。ただし、それを補って余りある「ロマン」が詰め込まれているのです!

男の趣味として、これ以上ないモデルといっても過言ではないでしょう!