1分で車を60万円値引きする裏技

ホンダNSXの加速性能を解説!0-100km/h加速タイムはどのくらい?

ホンダ「NSX」は、日本初のスーパースポーツとして、北米を中心に世界中から愛されるモデルですよね!

惜しまれつつも2006年に一時廃盤となりましたが、2016年にハイブリッドシステムを搭載して復活!

北米を中心にして、今もなお販売されています!

そんなNSXですが、頂点のスポーツカーは「どれくらいの加速性能を秘めているのか?」気なりませんか?

今回は、意外と知られていないNSXの加速性能ついて、「0-100km/h加速タイム」「生の体験談」なども元に、詳しく解説していきたいと思います!

NSXの加速性能

ホンダ NSX

NSXは日本を代表するスーパースポーツですが、実際のところ「加速性能はどの程度なのか?」というと、意外にもピンときませんよね。

ましてや、現行モデルはハイブリッドを搭載しており、なんとなくマイルドなイメージさえあります…。

気になる「実力」と「メカニズム」について、解説してまいりましょう!

0-100km/h加速からわかるNSXの性能

加速性能を手っ取り早くイメージするなら、発進から100km/h加速に達する時間、で通称「0-100加速タイム」が参考になります。

一気に100km/hまで加速する機会なんて、実際にはほとんどありませんが、性能の指標としては有効といえるでしょう。

気になるそのタイムですが、NSXの0-100km/hタイムは「3.0秒」といわれています。

パッとイメージしただけで、相当な速さであることがわかりますよね?なにせ、発進からわずか3秒足らずで100km/hに達するのですから…。それはもう、恐ろしい世界ですよ…。

エンジン性能をチェック!

NSX エンジン

「やっぱりエンジンがすごいの?」

と、まずはそこが注目されるでしょう。ということで、公式ページからエンジン性能を抜粋して、一覧にしてみました!

項目諸元
エンジン型式JNC型
種類水冷V型6気筒DOHC24バルブ
ツインターボ+モーター
排気量3,492cc
最高出力エンジン:507PS/6,500~7,500rpm
モーター:37PS(F)×2基、48PS(R)
システム:581PS
最大トルクエンジン:56.1kgf・m/2,000~6,000rpm
モーター:7.4kg・m(F)、15.1kgf・m(R)
システム:65.9kgf・m

ホンダといえば、「FF」で「軽量」で、なにより高回転型エンジンの「VTEC」というイメージですよね!

現在、VETCはさらに進化し、ターボを搭載するに至りました。NAならではのフィーリングが好きな人もいるので賛否ありますが、性能に関しては抜群の数値を誇ります!

NSXのハイブリッドユニットは、ミッドシップレイアウトに搭載したV型6気筒VTECターボ「JNC型」エンジンを軸に、3基の電動モーター(フロント2基、リア1基)でサポ―トすることで形成されています。

「3.5L VTECエンジン」「ツインターボ」「3基のモーター」によるパワフルな加速を融合。俊敏で強烈な出足によって、どこまでもG感覚が途切れずに伸びていく、官能的な加速感を実現しました。

このユニットにより繰り出される出力は最大581PS、トルクは65.9kgf・mに達します!これが異次元の加速力を生み出す源なのです!

複数素材のボディパネルにより軽量化!

NSX フレーム

NSXはパワーユニットが高性能なだけでなく、ボディの隅々まで工夫が凝らされています。

まずボディパネルですが、以下のような複数の素材を、適材適所に組み合わせることで、「軽量化」と理想的な「前後重量配分」、そして「耐久性」を確保しています。

  • カーボンファイバー(ルーフ、フロア)
  • アルミパネル(ボンネット、ドア)
  • シートモールディングコンパウント(前後フェンダー、トランク、ピラー)
  • 対高温性プラスチック(サイドパネル)

簡単にいえば、ボディパネルには「カーボン」「プラスチック」「アルミ」のみを使用しています。これにより、「V8エンジン」「3モーター」にもかかわらず、車重を1,800程度に保っているのです。

出力・トルクが負担する重量を「パワーウェイトレシオ(以下、PWR)」「トルクウェイトレシオ(以下、TWR)」と呼びますね。ちなみに、NSXのPWR・TWRは以下の通りです。

  • PWR:4.50kg/PS
  • TWR:33.6kg/kgf・m

これは、加速性能にとって非常に重要な指標で、数値が小さいほど優れています。NSXはトップクラスの数値を確保しているのです!

実際の加速感

TwitterやYouTubeからいくつかピックアップしてみたので、紹介したいと思います。

本来ならオーナーさんの投稿を参考にしたいところですが、NSXほどの高級車を持っている人はそういませんので、イベントなどで加速を体験した人の投稿をご覧いただきましょう。

TwitterでNSXに関する投稿をチェック

こちらの投稿者様は、NSXに横乗りしたことがあるようです。羨ましいですね!

やはり、乗ってみての第一印象は「加速が速い!」ということ。なにせ、わずか3秒で100km/hへ達するので、体験したことない感覚に駆られるでしょう。

通勤時にNSXが通りかかったことがあるようです。赤いNSXが隣に並んだら、つい舐めるよに見つめてしまいますよね!

おそらくオーナーさんとしては、それほど踏んでるつもりはないのでしょう。しかし、基本スペックが乗用車とは別次元なので、わずかなアクセルワークでも猛烈な加速をします。

音も出ますから、高速で走ってたら注目されることな違いなし!

ホンダのサーキットイベントにて、NSXに横乗りしたことがあるご様子。サーキットならNSXのパワーを解き放つことができるので、公道では味わえないレベルの加速を体感できたんですかね!

その速度は250km/h!こんなスピード、なかなか経験できません!

加速時の感覚を「内臓と脳みそが置いていかれるような」と表現していますが、シートに押し付けられるような加速Gによって、本当に体が置いて行かれるような錯覚を覚えるのでしょう…。

YouTubeで加速動画をチェック


こちらはメーターパネルを撮影した動画になります。フル加速は動画の18秒くらいから入るので、ご覧ください。

こちらの計測では「3.4秒」という結果になっていますが、状況によって数値は変動しますからね。必ずしも3.0秒が出るとは限りません。

とはいえ、メーターの動きが異常ですよね?加速力の凄まじさは伝わるんじゃないかと思います。

とくに、3,000rpmを超えてからは、あっという間に100km/hに達していますね…。


メーターの動画だけでは味気ないので、外から加速を撮影した動画をご覧いただきましょう。

サーキットでの走行動画ですが、外から間近で見ると、迫力がものすごいです!生で見たら、一体どれほどなんでしょうか…。

スピードもすごいですが、サウンドも惹かれますね!まさしく2,000万円クラスのスーパーカーのそれです!

他の車と比較すると

それでは、加速性能に定評のあるモデルと比較してみて、NSXの加速をイメージしていただきたい思います。

今回はレクサス「LC500」、日産「GT-R」、ポルシェ「911 ターボS」の3車種を比較対象にしてみましょう!

レクサス LC500

レクサス LC500

レクサスブランドから2016年に登場したラグジュアリー2ドアクーペが「LC」。

外見は「エレガント&クール」な印象ですが、中身はパワフルな5.0Lエンジンを積んだ、筋肉質なモデルです。

エンジンスペックの諸元はこちらをご覧ください。

項目諸元
種類V型8気筒DOHC
排気量4,968cc
最高出力477PS/7,100rpm
最大トルク55.1kg・m/4,800rpm
車両重量1,940~1,960kg
PWR4.07~4.11kg/PS
TWR35.21~35.57kg/kgf・m
0-100km/h加速タイム4.4秒

排気量は5.0Lですが、出力・トルクはNSXの方が優れていますね。

とくに車重がNSXの方が200kg近くも軽いので、PWR・TWRのどちらもNSXが圧倒的にリードしています。

0-100mk/h加速は「4.4秒」ということで、加速性能については、全体的にNSXが上手といえるでしょう!

日産 GT-R

日産 GT-R

日産の象徴ともいえるハイスペックスポーツカーである「GT-R」は、日本を代表する加速力を誇るモデルです。

NSXのライバルとして、たびたび雑誌でも比較されていますね。

エンジンスペックの諸元はこちらをご覧ください。

項目諸元
種類V型6気筒DOHCツインターボ
総排気量3,799cc
最高出力570PS/6,800rpm
最大トルク 65.0kg・m/3,300~5,800rpm
車両重量1,740~1,760kg
PWR3.05~3.09kg/PS
TWR26.77~27.08kg/kgf・m
0-100km/h加速タイム2.9秒

排気量には大きな差はなく、パワートレインも同程度です。

どちらも電子制御式の4WDということで、加速性能については互角の実力を持っていると考えられます。

ただしTWRが上回っていることから、単純な発進加速は、GT-Rに軍配が上がるでしょう。0-100km/h加速を見てみても、GT-Rがやや上をいっていますしね。

ポルシェ 911 ターボS

ポルシェ 911 ターボS

スポーツカー好きなら一度は憧れるブランド「ポルシェ」より、代表的スポーツモデル「911 ターボS」とも比較してみたいと思います!

まずは、エンジンスペックの諸元をご覧ください。

項目諸元
種類水平対向6気筒24バルブツインターボ
排気量3,996cc
最高出力580PS/6,750rpm
最大トルク71.4kg・m/2,100~4,250rpm
重量1,610~1,700kg
PWR2.78~2.93kg/PS
TWR22.55~23.81kg/kgf・m
0-100km/h加速タイム2.8秒

排気量・トルク911の方が優れていますが、出力については同程度です。

ハイブリッドゆえにNSXは低速域に強いですが、911は低めからトルクを発揮できるので、動力性能ついてもいい勝負。

ポイント

しかし、911の方が100kgも軽いので、PWR・TWRにおいて優位です!そのため0-100km/h加速は911に分があります。

排気量も大きいことから、発進加速・中間加速など、走行性能において全体的に911の方が優れているといえます。

NSXはスーパースポーツに恥じない加速性能!

というわけで、NSXの加速性能について解説してきました!

国産トップクラスの加速力を誇るNSXですが、その実力はもはや世界水準。スーパースポーツの名に恥じない加速性能を有しているといえるでしょう。

以上、NSXの加速性能についてでした!