1分で車を60万円値引きする裏技

マツダCX-3の加速性能を解説!0-100km/h加速タイムはどのくらい?

いまやクロスオーバーSUVは、各社ラインナップを取り揃えており、大激戦区となっている市場です。

SUVの魅力は何といっても「使い勝手のよさ」だと思いますが、これには走行性能、とりわけ「加速性能」が大きな要因ではないでしょうか?

なにせ「SUV」の「S」は「スポーツ」の意ですからね!

というわけで今回は、マツダのコンパクトSUV「CX-3」について、「加速性能」にフォーカスして解説していきたいと思います!

「0-100km/h加速」や「オーナーの声」「ライバル車との比較」など、さまざまな角度から具体的に見ていきましょう。

CX-3の加速性能

マツダ CX-3

2015年に登場した「CX-3」ですが、当初はディーゼルモデルのみのラインナップとなっていました。

ディーゼルエンジンは、踏み始めから太いトルクを発揮することが特徴ですが、中~高速域にかけてトルクが薄くなっていきます。

大排気量ならともかく、1.5Lモデルしか用意されていないCX-3にとっては、これは大きな弱点でした。

つまり、低速域だけパワフルで、その後は思うように加速しないのです…。

加えて、ディーゼルモデルは価格も高かったこともあり、「走行性能」と「価格」の選択肢を増やすため、マイナーチェンジではラインナップの拡大が望まれていました。

マイナーチェンジを経て加速が向上!?

こういった経緯もあり、2017年7年に待望のマイナーチェンジを迎えたCX-3。この後期型モデルの加速性能が、飛躍的に向上していると話題になっています。

ポイント

ディーゼルモデルはもちろん、新たに追加されたガソリンモデルが、なかなか速いんです!

速いといっても、以前のモデルに比べて向上している程度なので、本格的な走行性能を持つ車には一歩及びません…。ただし、コンパクトクラスで上位の性能であることは間違いないでしょう。

ましてや欧州車に匹敵する「美麗なフォルム」によって、デザイン性も高く評価されているわけですから、車としての仕上がりは申し分ありませんね!

本当はエクステリアなどにも触れたいところですが、今回は加速がテーマなので、走行性能にフォーカスして詳しく解説したいと思います。

0-100km/h加速タイム

加速性能を見るのに参考になるのが「0-100km/h加速」のタイムです。発進から100km/hまで加速する機会なんて実際にはほとんどありませんが、性能の指標としては有効といえるでしょう。

しかし、最近ではメーカーが公称することは珍しく、CX-3についても正式なタイムは明らかになっていません…。

そこで、オーナーさんのレビューを参考にして、加速タイムを割り出してみました。

  • 2.0L ガソリン(マイナー後期):8.6秒
  • 1.8L ディーゼルターボ(マイナー後期):10秒
  • 1.5L ディーゼルターボ(マイナー前期):12秒

レビューをもとにしているので正式なものではありませんが、大体こんなものでしょう。

8秒というと、一般的には十分加速が速い部類に入りますね!10秒という数字も、同クラスのなかでは平均的な数値です。

ちなみに、マイナーチェンジ前の「1.5L ディーゼルモデル」で12秒程度だったので、ずいぶんと加速性能が向上していることがわかります。

もう少しイメージしやすくするため、これをトヨタブランドの人気車種と比較してみましょう。一覧表にしてまとめてみたのでご覧ください!

車種0-100km/h加速タイム
867.3秒
レクサス GS300h8.0秒
レクサス IS300h8.1秒
CX-3(2.0L ガソリン)8.6秒
CX-3(1.8L ディーゼル)10.1秒
アルファード10.2秒
プリウス11.0秒
ヴォクシー/ノア11.6秒
シエンタ12.2秒

車格はバラバラですが、一般的に人気なモデルと比較してみると、十分速い部類であることがわかります。

エンジンラインナップを強化!

CX-3 エンジン

CX-3が加速性能を高まった理由は、具体的にどんな点にあるのでしょうか?ここからは、もう少し踏み込んで解説していきたいと思います。

まずは、こちらのエンジン性能表をご覧ください。

項目後期型 諸元前期型 諸元
エンジン型式S8-DPTS型PE-VPS型S5-DPTS型
種類水冷直列4気筒
DOHC16バルブ
ディーゼルターボ
水冷直列4気筒DOHC16バルブ水冷直列4気筒
DOHC16バルブ
ディーゼルターボ
排気量1,756cc1,997cc1,498cc
最高出力116PS/4,000rpm150PS/6,000rpm105PS/4,000rpm
最大トルク27.5kg・m/
1,600~2,600rpm
19.9kg・m/
2,800rpm
27.5kg・m/
1,600~2,500rpm
内径×行程79.0mm×89.6mm83.5mm×91.2mm76.0mm×82.6mm

左が後期型、前期型のエンジン性能です。加速性能にとって重要な「最大トルク」ですが、ディーゼルモデルを見てみると数値に変化がありませんね。

しかし、排気量が増やされているので、後期型の方が上の領域まで回せるようになっているのです!

前期型は40km/h(3,000rpm付近)までの加速は抜群に優れているのですが、それ以降、伸び悩んでしまう欠点がありました。トルクバンドが低い領域にあり、高回転になるとパワーが不足してしまうのです。

一方、後期型はトルクバンドがやや上の領域までカバーしているので、前期型よりもパワーが使えるようになりました。結果として、「加速力が増した」というわけですね。

ガソリンモデルは新たに導入された「SKYACTIV-G」というエンジンユニットによって、2.0Lクラスにしてはなかなかの高トルクを実現しています。

発進直後のトルクはディーゼルやハイブリッドに及ばないものの、どの回転領域でもバランスよくパワーを発揮できるのです。

SKYACTIVにより最適化されたボディ

車としての総合的な性能は、エンジンだけでは成り立ちません。トランスミッションやシャシーなど、各パーツがどれだけ密に連携できるかが重要です。

CX-3は「スカイアクティブ(SKYACTIV)テクノロジー」によって、より高い水準で実現。高い剛性を持つので、ボディ全体でトルクを受け止めるように加速します。

スカイアクティブといえば、2010年からマツダが掲げている技術ですよね。「アイサイト」や「ホンダセンシング」など、先進安全技術のように勘違いされがちですが、実はまったく異なります。

MEMO

簡単に説明すると、モデルごとに基本性能をゼロから見直し、同時に刷新することで、車体構造に最適化を図るというもの。各パーツの技術に、SKYACTIVの名を冠していることが特徴です。

通常、自動車の開発は「エンジン部門」「シャシー部門」などがバラバラに進行していきますが、スカイアクティブテクノロジーは各部門の刷新を同時に行うので、車全体の水準を向上させることが可能。

個々のユニットを統合的に制御し、マツダのコンセプトである「人馬一体の走り」を実現しました。

  • エンジン:「SKYACTIV-G(ガソリン)」「SKYACTIV-D(ディーゼル)」
  • トランスミッション:「SKYACTIV-DRIVE(AT)」「SKYACTIV-MT」
  • ボディ:「SKYACTIV-BODY」
  • シャシー:「SKYACTIV-CHASSIS」
  • 車両運動制御技術:「SKYACTIV-VEHICLE DYNAMICS」

具体的には5つに分けられ、各部門にはこのような技術名称が名付けられています。

加速性能だけでなく、「安定性能」「旋回性能」「減速性能」が底上げされているので、高いパフォーマンスを発揮!

実際の加速感

それではネットの投稿を引用して、オーナーさんの感想をいくつか紹介したいと思います!

TwitterとYouTubeから気になるものを見つけたのでご覧ください。

Twitterで見るオーナーの感想

後期型に改良されてからというもの、「加速感が増した」という感想が後を絶ちません。

ガソリンモデルのスムーズな回転フィーリングは、ディーゼルでは味わえないものがありますよね!ガソリンモデルを投入したのは、大正解だったといえるでしょう!

ディーゼルモデルもきっちり強化されているので、加速感はアップしています。

踏み出しからガツンとパワーが効いてくるので、シートに張り付けられるような感覚で加速するのが特徴。一度味わったら、病みつきになることは間違いありませんね。

加速感の向上以外に、「静粛性が増した」という意見も多く見られます。厳密には静粛性というよりも、エンジンの回転領域が増したことで、ノイズが低減したのです。

これによって、運転中のストレスが少なくなり、疲労を感じにくくなりました!

Youtube動画で見る0-100km/h加速


こちらは1.8L ディーゼルモデルの0-100km/h加速を撮影したものですね。

発進から50km/hまではグンと加速していますが、その後ややトルクが枯れていくのが見てとれます。

これでもだいぶ改善したのですが、排気量が大きいCX-5などと比べると、やはり若干の物足りなさは感じてしまいますね。


こちらはガソリンモデルの加速です。

まずまずの加速性能といったところでしょうか!街乗りで使う分には十分な性能ですね!

走りだしのパワーはディーゼルに劣るものの、回転数の上昇に比例して、グングンとスピードに乗っているのがよくわかります。

他の車と比較すると

最後に、CX-3のライバルにあたる車と加速性能を比較してみたいと思います。

コンパクト~ミドルクラスSUVということで、ホンダ「ヴェゼル」、トヨタ「CH-R」と性能を比べてみましょう。

ホンダ ヴェゼル

ホンダ ヴェゼル

ホンダから販売されるミドルSUVといえば大人気の「ヴェゼル」です。

幅広い層にウケるデザインと、使い勝手のいいサイズ感で、今すごく売れてますよね。

加速性能について比較してみると、どうでしょうか?

項目諸元
種類水冷直列4気筒DOHC16バルブ水冷直列4気筒DOHC16バルブ+モーター
排気量1,496cc1,496cc
最高出力131PS/6,600rpmエンジン:132PS/6,600rpm
システム:152PS
最大トルク15.8kg・m/4,600rpmエンジン:15.9kg・m/4,600rpm
モーター:16.3kg・m

こちらがヴェゼルの諸元となります。ラインナップは「1.5L ガソリンエンジン」と「1.5L ハイブリッド」の2種類。

どちらのモデルとも、出力・トルクにおいてCX-5の方が上回っていますね。

また、0-100km/h加速は8~9秒程度ということで、ヴェゼルも加速に定評があるコンパクトSUVですが、発進からの加速はCX-3に分がありそうです。

トヨタ CH-R

トヨタ CH-R

トヨタから販売されるミドルSUVといえば「CH-R」ですよね。

スタイリッシュなキャラクターが似ている両車ですが、加速性能についてはどちらが優れているのでしょうか?

項目諸元
種類直列4気筒DOHCICターボ直列4気筒DOHC+モーター
排気量1,196cc1,797cc
最高出力116PS/
5,200~5,600rpm
エンジン:98PS/5,200rpm
システム:122PS
最大トルク18.9kg・m/
1,500~4,000rpm
エンジン:14.5kg・m/3,600rpm
モーター:16.6kg・m

こちらがCH-Rの諸元です。

C-HRはプリウスなどに採用される「1.8L ハイブリッド」と、ダウンサイジングの「1.2L ガソリンターボ」をラインナップしています。

こちらもパット見てわかる通り、出力・トルクにおいてCX-3の方が上回っていますね。

0-100km/h加速については、おおよそ11秒といわれており、タイムで見てもCX-3の方が優れています。

ターボとハイブリッドをラインナップに持つものの、単純な加速性能に関しては、CX-3の方が勝っているといえるでしょう。

したがって、このクラスで「質感」「加速性能」を重視して選ぶなら、CX-3がおすすめなのです!