1分で車を60万円値引きする裏技

マークXは速いのか?加速性能から0-100km/h加速タイムまで解説!

「最近のトヨタ車はつまらない…」

なんだか私の周りでは、こんな意見をよく聞きます。

「おいおい、マークXってなかなかヤンチャな車だよ!」と声を大にして言いたいです。

なにせ「マークⅡ」「チェイサー」たち、「1JZ兄弟」の後継車ですからね!

というわけで今回は、マークXの加速性能について、0-100km/h加速タイムなどを参考にしながら、解説していきたいと思います!

TwitterやYou Tubeからも気になったものを引用してきましたので、ぜひぜひ参考にしてください!

マークXの加速性能

トヨタ マークX

プレミアムセダンのくくりに入るマークXですが、その中でもちょっとトガったキャラクターが印象的です。

そのキャラクターに反さず、一部では加速性能が評価されています。さまざまな角度から紐解いて行きたいと思います!

0-100km/h加速からわかるマークXの加速性能

さて、さっそく加速性能を見ていきたいと思います!冒頭から語っているように、0-100km/h加速のタイムを参考にして、加速性能をイメージしていきましょう。

以下、2種類のラインナップの各タイムです。

  • 2.5Lモデル:6.8秒
  • 3.5Lモデル:5.9秒

マークXは公称値が発表されていないので、オーナーさんの実測値を引用しました。なにせ、今や一部のスポーツカーしか0-100mk/h加速が公称されませんからね…。あとに動画があるので、詳しい映像はそちらでご覧ください。

実測値ということで、正確なタイムとは言い難いですが、まあ大体このくらいのものでしょう。あくまでも目安ですから!

加速性能についてですが、発進から6~7秒で100km/hに達するので、わりと速いですね!

スポーツカーを惹かう対象にすると遅く感じてしまいますが、乗用車の中では十分速い部類に入りますよ。

参考までに、トヨタ「86」が7.3秒、レクサス「GS 300h」が8秒、「プリウス」が11秒くらいです。

エンジン性能が優れてる!

なんとなく加速性能についてイメージできたところで、具体的な部分を見ていきたいと思います。まずはエンジン性能からいきましょう!

項目諸元
エンジン型式4GR-FSE型2GR-FSE型
種類V型6気筒DOHCV型6気筒DOHC
排気量2,499cc3,456cc
最高出力203PS/6,400rpm318PS/6,400rpm
最大トルク24.8kgf・m/4,800rpm38.7kgf・m/4,800rpm

数字を見た印象としては、「ミドルクラスセダンとしてはやや高め?」といった感じですね。

ラインナップがV6のNA(自然吸気)だけという、今どきのプレミアムセダンとしては珍しいモデル。

2.5Lモデルは「203PS」に「24.8kgf・m」と、街乗りではまったくストレスを感じないパワーですね。普段、軽自動車に乗っている人が運転したら、違いに驚くことでしょう。

そして、3.5Lモデルですが、こちらは「318PS」に「38.7kgf・m」と、なかなかの数値を誇ります。数字だけみたらスポーツカーに匹敵するレベルのスペック。

これなら0-100km/hが5.9秒なのもうなずけます。

NAモデルのみのマークXには、ハイブリッドやターボとは違い、これといって得手・不得手な領域がありません。

余計なものが入らず、純粋にエンジンの回転だけで推進力を得るので、「回転フィーリング」「加速感」がとてもスムーズ。

ハイブリッドや電気自動車が増えても、こういったガソリン車が残っていてほしいものです…。

ボディの作りこみもピカイチ!

マークX サイド

加速性能に重要なのは、なにもエンジン出力だけではありません。

ボディの「軽量性」「剛性」なども非常に大切なのです!パワーがあっても、ボディが重ければロスが大きいですし、ボディが弱ければパワーに負けてしまいますからね。

衝突安全性能を高めたマークXボディ構造は、剛性を得るほか、無駄を減らして軽量化につながりました。車重は、プレミアムセダンとしては軽量な1500kg強。

軽量性を表すものとして「パワーウェイトレシオ(以下、PWR)」「トルクウェイトレシオ(以下、TWR)」というものがあります。

出力・トルクが負担する重量を指しており、数値が低いほど加速性能にプラスになります。

こちらマークXのPWR・TWRの数値です。

  • PWR:7.53kg/PS(2.5L)、4.9kg/PS(3.5L)
  • TWR:61.7kg/kgf・m(2.5L)、40.31kg/kgf・m(3.5L)

エンジンは高出力で、ボディは軽量の部類…つまりクラスでも上位のPWR・TWRなのです!これについては、のちほど他車と比較してみましょう。

実際の加速感

数字やメカニズムを解説しただけでは、いまいちピンときませんよね?

というわけで、実際のオーナーさんの投稿をご覧いただきたいと思います。TwitterやYouTubeからいくつかピックアップしてみたので、紹介しましょう。

Twitterで加速感をチェック!

こちらの投稿者さんは、試乗で加速感を体感したようです。それもスポーツグレードの「GR スポーツ」に乗ったんですね!

GR スポーツは「4/2GR-FSE型」エンジンを搭載しており、出力・トルク性能も同じなので、運動性能はベースモデルと同程度。サスペンションやエアロが専用のものを搭載しているモデルです。

加速についてですが、「スポーツモードにしたときの加速がヤバい」とおっしゃっていますね。

スポーツモードに入れると、点火タイミングなどが変わり、より一層加速が増します。初めて運転したら、驚くのも納得。

恩師のマークXに横乗りした人の投稿です。3.5Vモデルに乗ったようですね。おそらくものすごい加速だったのでしょう…。

マークXは「ヤンチャな要素」を大事にしたモデルなので、味付けがスポーティではありますが、内装などの質感は高いです。

その点はしっかりとプレミアムセダンなのが、なんともニクいですよね!

マークXといえば、「覆面パトカー」という印象を持つ人もいますよね?私も、高速の左車線を走るマークXは「覆面」と認識しています…。

高速の巡回は、それなりに加速性能が高い車でないと務まりません。つまり、逆説的にマークXの加速性能が認められているということ。

基本的にはベースモデルが覆面に採用されていますが、中にスーパーチャージャー付きの「コンプリートモデル」を潜ませている場合もあります。

こちらのツイートのとおり、「360PS」「50.7km/h」で、おまけに「リミッターカット」のバケモノであります…。スポーツカーでも、目をつけられたら逃れられないでしょう…。

YouTubeで加速動画をチェック!


こちらはYou Tubeで見つけた2.5Lモデルの加速動画です。メーターを撮影しています。

0-100km/h加速は実測で6.34秒。これは前述した記録よりも速いですが、その時々のコンディションによってタイムは異なりますからね…。

仮に6秒前半で走っても、まったく不自然ではありません。


続きまして、こちらは3.5Lモデルの加速動画です。上のものと同様に、0-100km/hをメーター撮影しています。

少しブレて見え辛いですが、実測値で6秒くらいでしょうか?十分速いですね…。

他の車と比較すると

最後にライバルと呼ばれる国産車と比較して、その実力を検証してみたいと思います。

今回、比較対象に選んだのは日産「ティアナ」、マツダ「アテンザ ディーゼル」、ホンダ「アコード ハイブリッド」の3車種です。

プレミアムセダンとして、マークXの加速性能はいかがなものでしょうか?

日産 ティアナ

日産 ティアナ

まずは、日産のミドルクラスセダンである「ティアナ」です。

ティアナのラインナップは「2.5L NA」モデルだけなので、マークXの2.5Lモデルと比較しましょう。

ティアナの諸元はこちらをご覧ください。

項目 諸元
種類直列4気筒DOHC
排気量2,488cc
最高出力173PS/6,000rpm
最大トルク23.9kgf・m/4,000rpm
車両重量1,470~1,480kg
PWR8.50~8.55kg/PS
TWR61.51~61.92kg/kgf・m
0-100km/h9.3秒

出力・トルク共は低いですが、その分車重が軽いので、PWRは「8.5kg/PS」、TWRは「61.51kg/kgf・m」と優れた数値を誇ります。

しかし、マークXと比較するとやや物足りませんね。0-100km/hタイムからも読み取れるように、加速性能に関していえばマークXの方が優れています。

マツダ アテンザ ディーゼル

マツダ アテンザ

続いて比較対象となるのは、マツダのフラッグシップセダンである「アテンザ」のディーゼルモデルです。

排気量は2Lなので、こちらもマークXの2.5Lモデルと比較しましょう。

諸元はこちらをご覧ください。

項目諸元
種類水冷直列4気筒DOHC16バルブ ディーゼルターボ
排気量2,188cc
最高出力190PS/4,500rpm
最大トルク45.9kgf・m/2,000rpm
車両重量1,610~1,670kg
PWR8.47~8.7kg/PS
TWR35.07~36.38kg/kgf・m
0-100km/h8.6秒

ディーゼルエンジンらしく、最大で「45.9kgf・m」というスポーツカー顔負けのトルクを発揮します。それも2000rpmから効いてくるので、発進直後はかなりパワフルです。

PWRは「8.47kg/PS」、TWRは「35.07kg/kgf・m」ということでマークXと、かなりいい勝負の数値ですね。トルクを見る限りでは分が悪いように見えますが…。

ただし、0-100km/hの加速タイムはマークXに軍配が圧倒的に勝っていますね!これはディーゼルゆえに中~高速域が弱点なので、中間加速でもたつくことが原因。

発進直後はアテンザのほうが速いですが、その後の加速についてはマークXのほうが上手といえるでしょう!NAならではのオールマイティーさが勝敗を分けました!

ホンダ アコードハイブリッド

ホンダ アコード

最後に比較するのが、ホンダのプレミアムセダン「アコード」です。

ハイブリッドはとくに評価が高く、「SPORT HYBRID i-MMD」というパワーユニットにより、加速性能を大きく向上させました。こちらも2.5Lモデルと比較しましょう!

こちらが諸元です。

項目諸元
種類水冷直列4気筒DOHC+モーター
排気量1,993cc
最高出力エンジン:145PS/6,200rpm
システム:215PS
最大トルクエンジン:17.8kgf・m/4,000rpm
モーター:32.1kgf・m
車両重量1,580~1,610kg
PWR7.4~7.5kg/PS
TWR49.8~50.1kg/kgf・m
0-100km/h7秒前半

評判のとおり、ものすごい数値です。一見すると、すべての数値においてマークXより上をいっているように見えます…。

しかし、0-100km/hタイムで見ると、マークXの方が上なんですよね。これは「ハイブリッド」と「ガソリンNA」という違い、そして排気量の差が原因でしょう。

アテンザと同様、どうしても苦手な領域が出てしまいます。たとえ数値で勝っていても、排気量クラスが異なれば加速性能とはわからないものなのです。

ともあれ、低速域はアコード、中・高速域ではマークXに分がありますが、トータルな加速性能は互角といったところでしょうか?

マークXはプレミアムセダンで上位の加速性能を誇る!

というわけで、マークXの加速性能について、あれやこれや語ってきました!

スポーツカーを比較対象にすると厳しいですが、乗用車としてはかなり優れた加速性能であることが、よくわかってもらえたかと思います。

今回の教訓は、「覆面パトカーのマークXには気を付けてください」ということです!