スズキ ジムニーは軽自動車のクロスカントリーSUVで、昔から日本を代表するオフロードカーとして世界的にも人気のある車です。

そんなジムニーですが、オフロードを走れるほど頑丈な車なのですが、普通に走るときの故障も少ないのでしょうか。

今回はジムニーの故障率についてご説明します。

この値引き交渉のやり方を知らないと、車を買う際に50万円以上の損をするかもしれませんよ。

営業マンに騙されずに、最大限まで値引きをしてもらうには、このやり方を知っておく必要があります。

詳しくは下記の車を確実に値引きして安く購入する二つの方法のページをご覧ください。

あわせて読みたい

ジムニーの故障率

スズキ ジムニー

ジムニーは日本車のなかでも歴史の長い車で、初代ジムニーが登場したのは1970年になります

当初からジムニーの設計はオフロード走行を主眼においたものであり、現在でもクロスカントリーSUVに採用されるラダーフレームとりジッドサスペンションを取り入れて、非常に頑丈な車に仕上がっています。

また現行車は3代目となりますが、代を重ねるごとに環境性能や燃費、乗り心地といった乗用車としての性能も高くなっており、オフロードだけではなく日常使いもできる車になっています。

そのためオフロード走行を趣味にする人だけではなく、女性などにも愛用される車となっています。

軽自動車としてはかなり特殊な存在で、ジムニー以外の軽自動車がすべてモノコック構造の乗用車となっているなかにあっても、ジムニーはかわらず当初の設計思想を守っており、また今後登場予定の新型ジムニーでもコンセプトは変わらないようです。

ではそんな特別な車であるジムニーの故障率を、公表されているデータをもとに考えてみましょう。

故障率はメーカーで見る

現在車種単体の故障率というものは一切一般には公表されていないもので、わたしたちが簡単に車の故障割合がどのぐらいかということはじつは調べることができません。

そういったデータはメーカーの機密情報であり、公開できる類いのものではないからです。

そのため車の故障率がどれぐらいかを見るためには民間調査会社が独自に調べているデータを見る必要があり、その一つである米国J.D.パワー社が毎年公表している「自動車耐久品質調査」が参考にできます。

この調査は各国市場の実際の自動車ユーザーに、新車購入から3年~5年の間に起こったトラブルの件数を聞き取り調査して、それをメーカーごとのランキングとしてまとめたものです。

2017年 日本自動車耐久品質調査

ランキング メーカー スコア
1 トヨタ 59
2 レクサス 63
3 ホンダ 74
業界平均 74
4 メルセデス・
ベンツ
75
5 スズキ 79
6 三菱 80
6 日産 80
8 ダイハツ 82
8 スバル 82
10 MINI 88
11 マツダ 93

参考:2017年 日本自動車耐久品質調査

ジムニーがラインナップにあるスズキ自動車はこのランキングでは5位となっており、決して悪い位置ではありません。

また故障の少なさを表すスコアにおいて、3位のホンダとはそう差は大きくなく、トップクラスの信頼性は確保されていると見てもよいでしょう。

トップのトヨタとは結構差が開いていますが、これはトヨタの信頼性が飛び抜けて高いためです。

スズキは大型車は持っておらず中、小型車のような数の多い大衆車がメインのメーカーですが、信頼性はなかなか良いようですね。

ジムニーの基本コンポーネントは流用

ジムニーはラダーフレームやりジッドサスペンションといったような特徴の目立つ車ですが、その基本コンポーネントであるエンジンやその他の部品は基本的にスズキの軽自動車に使われているものと同じです。

車の故障する部位で多いのはやはり複雑な構造のエンジンですが、現行ジムニーにはK6Aと呼ばれる660ccエンジンが搭載されています。

このエンジンは数世代前のワゴンRなどスズキの軽自動車のほとんどに採用されていたエンジンで、その信頼性の高さは折り紙つきです。

また現行ジムニーは1998年に登場して以来エンジンは変わっておらず、20年の間にその弱点や問題点は解消されており、とくにエンジンには現行のスズキのエンジンではないことから複雑な電子制御機構がなく比較的頑丈であることも故障率の少なさに役に立っています。

その分燃費や走行性能は最新の軽自動車には及ばないものの、その分故障と言う観点では良いわけです。

とはいえジムニー独特の故障しやすい部位もないではないので、後程そのあたりはご説明します。

中古のジムニーの故障しやすさ

ジムニーは中古車の台数が非常に多く、またいまだに1970年代の初代ジムニーも一定の人気があって中古車として購入可能なほどです。

現行ジムニーにしても初期型はすでに20年が経過しており、中古車としてはいささか古くなってきています。

一般的に車の寿命といわれているのは、年式で10年経過、もしくは走行距離で100,000km以上であり、古いジムニーについてはこれ以上経過している中古車決して珍しくありません。

この寿命というのは車の部品が経年劣化などによって壊れ始めてくる時期であり、古いジムニーにはそういったトラブルは付き物となっています。

そこまで経過していない現行ジムニーであれば、中古車といってもまだまだ信頼性は残っているといえ、スズキのほかの軽自動車と大きな差はないでしょう。

ですのでジムニーの中古車というのはとにかく状態の見極めが重要であり、値段が安いからといって安易に年式の古い車や走行距離の多い車に手を出すべきではありません。

またジムニーはオフロード走行が可能ということで結構激しい乗り方をされてきた車も少なくありませんので、年式や走行距離が大丈夫だからといって状態の悪い中古車もあります。

そういったジムニーは予想外のトラブルに見回れますので、修理歴の有無を見るのは当然として、下回りに傷やへこみがある場合も要注意です。

とにかくジムニーは値段もですが程度も状態も様々な中古車がありますので、しっかり見極めをする目が必要でしょう。

もしジムニーの購入を考えているなら、値引き交渉の正しいやり方を覚えておくといいですよ。

このやり方を知っているだけで数十万円は違います。詳しく知りたい方は下記の車を確実に値引きして安く購入する二つの方法のページをご覧ください。
あわせて読みたい

ジムニーオーナーの評判

ジムニーの故障についての実態は実際に乗っているオーナーさんが一番わかっておられます。

Twitterにはそういった評判がいくつも投稿されていますので、今回はその中からいくつかご紹介しましょう。

30年も乗り続けられるジムニー

この方のジムニーは初代ジムニーですでに30年以上が経過しています。

今回の故障部位はターボとエキゾーストマニホールドのようで、ターボについてはジムニー通じて比較的故障の多い箇所です。

しかし故障はすれど修理をしっかりしてメンテナンスしていれば、30年も乗り続けられる車であることは証明されたということですね。

足回りには負荷が高い

ジムニーの弱点のひとつにフロントナックルのキングピンがあり、ここはオフロード車たるジムニー特有の弱点といえます。

後程詳しくご説明しますが、ほかの軽自動車ではここのトラブルはまずおこらないので、ジムニーだけで注意すべき点です。

クラッチも負荷の多い部品

クラッチもジムニーとしては負荷の高い部分で、走行距離が増えてくるとどうしてもクラッチ滑りが起こってきます。

マニュアルミッションがメインのジムニーですし、オフロード走行をすればどうしてもクラッチは消耗してきてしまう部分でしょう。

この方は修理して乗り続けられますが、中古車のなかにはクラッチが痛んだままの車も少なくありませんので、できればオフロードを走ったことのないジムニーを選ぶのが良いでしょう。

ジムニーの故障事例

ジムニーの故障事例はいろいろとありますが、今回は前述のツイートにあった3箇所について詳しくご説明することとしましょう。

エンジンのタービンブロー

ジムニーはその使い方からトルクフルなエンジンが求められるため、エンジンにはスズキの軽自動車エンジンの中でもパワフルなターボエンジンが採用されてきました。

しかしターボエンジンはいくつか注意するべき点があり、とくにタービンブローが大きなトラブルとなります。

排気ガスのエネルギーで吸気を圧縮するターボは、常に排気ガスの高温にさらされており、また高速回転も必要なため非常に負荷の高い部品です。

そのためタービンの回転部分のベアリングにはオイルによる冷却が必須となっており、ターボへのエンジンオイルの流れは非常に重要なものです。

そのためターボエンジンのエンジンオイル交換は5,000kmごととされており、常にオイルをきれいに保つことが必要なのです。

しかしメンテナンスが悪かったり、またエンジンの冷却性能が別の原因で悪くなったりすると、真っ先に影響があるのがターボであり、ターボの冷却が満足に満たされない場合にはまずタービンの焼き付きが発生します。

またタービンブレードの破損や、それに付随するターボ内部部品の故障などが起こり、最終的にはターボブローで完全に故障となります。

修理にはターボの交換が必要となり、費用は関連部品とあわせて150,000円〜300,000円もの高額修理が必要となってしまい、軽自動車であるジムニーでは車の費用にたいしていささか高額すぎる修理費用です。

こうならないためにはとにかくエンジンオイルのしっかりしたメンテナンスと、定期点検時にラジエーターやウォーターポンプなどの冷却関連部品にトラブルがないかをチェックするしかありません。

また車の走らせ方も重要で、暑い夏の日などにずっと低速でまた風もない日に車を走らせれば、エンジンの熱量はどんどん上がっていきターボへの負荷も大きくなります。

そういった状況が続けばエンジンの劣化が進みタービンブローの危険も増えてきますので、あまり無理な走行をさせすぎないことも大事です。

フロントナックルのキングピンの損傷

miyuさん(@mi_._._yu)がシェアした投稿 -

フロントナックルは車のフロントサスペンションに繋がっているステアリングの部品のひとつで、キングピンという太いピンを中心にタイヤがステアリングに合わせて回転します。

現在の乗用車にはあまり使われなくなってきた構造ですが、ジムニーのようなオフロード車でサスペンションの負荷が高い車などには使われ続けています。

しかし当然負荷が高いということは故障する可能性も高いということであり、とくに走行距離が多かったり、オフロードを頻繁に走ったジムニーには起こりやすいトラブルです。

キングピンが折れるということはあまりありませんが、キングピンがはまっている相手部品やベアリングなどの軸受け部などに負荷がかかり、それこそツイートにあるように軸がガタガタになってしまいます。

そして運転時には異常振動が起こったりハンドルが定まらなかったりと、運転性能にも影響が出てきてしまいます。

修理にはフロントアクスルの分解と部品交換が必要で、費用は一ヶ所で50,000円前後が相場です。

左右どちらかのキングピンに問題があればもう片方にも同様のトラブルは起こり得ますので、両方とも修理した方が安心できます。

運転中にハンドルの調子が悪いと感じたら、このキングピンを疑いましょう。

クラッチプレートの交換

Takashi Suzukiさん(@suzuki0831)がシェアした投稿 -

クラッチはマニュアルミッションには必須のものであり、エンジンの動力をトランスミッションに伝え、また変速時にはクラッチを切ることでスムーズに変速するための部品です。

現在はほぼすべてが摩擦クラッチとなっており、強い力で押し付けることで滑ることなく動力を伝達できています。

しかしジムニーのようなオフロード車では悪路などを走る場合にタイヤに非常に大きな負荷がかかります。

その状態で無理にアクセルを吹かすとタイヤは動きづらいのにエンジンは回ろうとするので、その間にあるクラッチはかなり大きな負荷を受け、悪ければクラッチが摩擦に耐えられなくなり焼けたり滑ったりというトラブルが起きます。

一瞬であればそこまで重大なトラブルにはなりませんが、続けて負荷をかけ続ければ最終的にクラッチは全く役を果たさなくなります。

またクラッチを使って変速する際には半クラッチを使いますが、半クラッチの状態を長く続けるとやはりクラッチの消耗を招き、同様にクラッチ滑りのトラブルが起こる可能性は高くなります。

これについてはクラッチの使い方、運転の丁寧さを心がければ防げることですので、ドライバーの技量に依るところが大きいです。

修理にはクラッチプレートの交換が必要であり、費用的には50,000円〜100,000円の間です。

クラッチの消耗は使い方次第といえるのですが、だいたい50,000kmぐらいで一度交換するぐらいのペースとなるでしょう。

ジムニーは買っても大丈夫か?

ジムニーは日本の自動車のなかでもかなり特別な車であり、オフロード向きの軽自動車という唯一無二の魅力があります。

それだけではなく乗用車としても優秀な車で人気は高く、街中でも、また中古車市場にもかなりの台数が存在します。

車自体の信頼性についてはジムニーは国産車のレベルをもっており、また長いモデル期間のおかげもあって不具合はほぼ出尽くしたといってもよいでしょう。

しかしジムニー独特の構造によるトラブルや、ジムニーのようなオフロード車の使い方でトラブルが起こります。

こういったトラブルは中古車ではとくに注意するべき点であり、ジムニーの中古車にはとにかく見極めが大事です。

車を確実に値引きし安く購入する方法!

これから車を買おうと思っている方、値引き交渉の正しいやり方はご存知ですか?

この値引き交渉のやり方を知らないと、車を買う際に最大で50万円以上の損をする可能性があります。

「値引きしてくれませんか?」「オプションをつけてくれませんか?」と何も考えずに交渉すると、営業マンに舐められます。「この客はバカだな(笑)」と足元を見られ、最低限の値引きしかしてくれないでしょう。

確実に最大限まで値引きするには、このやり方を知っておく必要があります。詳しくは下記の車を確実に値引きして安く購入する二つの方法のページをご覧ください。

あわせて読みたい

この記事を書いた人

佐藤茂道
佐藤茂道
某自動車メーカーのエンジン部門で開発経験あり。子供の頃から車雑誌を切り抜きし、高校ではオートバイ・車にどハマりする。就職する際に、某自動車メーカーを選び、仕事でもプライベートでも車漬けに。今は日産スカイラインR33が愛車。