1分で車を60万円値引きする裏技

日産エルグランドがキャンプに最適な理由3つ

日産 エルグランドは日産の最上級ミニバンで、豪華な装備とどっしりとしたデザインが特徴です。

そんなエルグランドですが、荷物をたくさん載せる必要のあるキャンプでは使い勝手はどうなのでしょうか?

今回はエルグランドがキャンプに向いているのかどうかをご説明しましょう。

エルグランドはキャンプに向いている点

エルグランドのインテリア

日産 エルグランドは現在市場で大人気の高級ミニバンブームを作った火付け役とされ、登場時はその押し出しの強いデザインと豪華なインテリアで好評を博しました。(デザインの詳細は以下の記事をご参照ください。)

日産 エルグラド【画像】エルグランドはかっこいいのか?デザインについて徹底分析!

エルグランドは現行車で3代目となります。2代目までは車高の高いトールサイズミニバンだったものが、競合車であるトヨタ アルファードとの差別化のため、3代目では車高を大きく下げてスポーティなフォルムに方向転換しました。

そのためアルファードなどとは少々車の使い勝手も変わり、車高が下がったことで一部荷室が狭くなってしまっているのでキャンプ用品の積載性としては少々悪くなってしまっています。

しかしながらエルグランドの積載性自体は大きいので、キャンプには十分使える車といえるでしょう。

ではまずエルグランドがキャンプに向いている点をご説明しましょう。

十分な積載性

エルグランドの荷室はミニバンとしては大きいほうであり、必要なキャンプ用品はしっかり積み込むことは可能です。

ただエルグランドは7人~8人乗りの3列シートミニバンなので、3列目を使う状況ではそこまで大きな荷室はありません。

ですのでエルグランドをキャンプ用にする場合、基本的には2列目までの使用で3列目は折り畳んで荷室にすることになるでしょう。

荷室の広さは次の通りですが、荷室高さが若干競合車に劣るものの、3列目シートの格納方法が跳ね上げ式ではなく前方への折り畳み式なので荷室幅は広くなっています。

部位エルグランドアルファード/
ヴェルファイア
荷室幅1,190mm920mm
荷室高さ940mm1,150mm
荷室長さ3列目シートあり310mm240mm
2列目シート最後端1,140mm1,250mm
2列目シート最前端1,500mm1,780mm

奥行き方向も若干小さいものの、キャンプ用品を欲張らなければ必要なものはしまえるでしょう。

またシートアレンジを分割可倒式で2列目、3列目の右側だけのこせば、反対側には1.5mの長めのスペースが出現します。

使い方次第ではありますが、エルグランドの荷室でも十分にキャンプに対応できるでしょう。

ちなみにエルグランドの荷室の広さは、ある程度の大きさのバイクのトランポとしてなら使用可能です。詳細は以下の記事で解説しているので、あわせてご参照ください。

エルグランドの白エルグランドがトランポにも使える理由2つ!使い心地まで解説!

山道で安定する走行性能

走るエルグランド

現行エルグランドの車高が下がった特徴はスタイルだけでなく、重心が下がったことによる走行性能の改善も見られます。

トールサイズミニバンの背の高さは荷物を積むには便利なのですが、車の重心が高くなったことで車の走行性能に影響があり、ロール性が悪化します。

キャンプでは山道や坂道を走ることも多いのですが、そういった道では車が左右に大きく振られることとなり、乗り心地が悪くなるのです。

その点エルグランドは車高が低くなったことでロール性が改善されており、ワインディングロードの走行性能はあがっています。

ミニバンで山道は苦手という人にもエルグランドならおすすめできます。

車中泊も快適

エルグランドのシートアレンジ

近年キャンプの一形態として人気が出てきた車中泊は、テントが不要なのが便利です。

エルグランドのシートアレンジでは、2列目と3列目シートを後ろに倒すことでフラットとなり、別にマットなどを用意すれば車中泊も快適に過ごせます。

このシートアレンジにすると2m近い奥行きが取れるので、背の高い人でも快適に過ごすスペースが確保でき寝るには十分です。

また跳ね上げ式の3列目ではないので、左右に邪魔な張り出しがなく快適なのもポイントです。

ただシートをそのまま倒すので完全なフルフラットになりませんので、フルフラットにできる厚手のマットは必須です。

また車高の低さから天井がちょっと低いので、窮屈に感じる場合もあるかもしれません。

いくつか課題はありますが、そこはサイズの大きな大型ミニバンですので車中泊はしっかりできるでしょう。

MEMO

もしエルグランドの購入を考えているなら、値引き交渉の正しいやり方を覚えておくといいですよ。

このやり方を知らないと最大60万円以上も損しますよ。詳しく知りたい方は、下記の『たった1分で車を60万円値引きできる裏技』のページをご覧ください。 裏技を知って後悔する人たった1分で車を60万円値引きできる裏技!安く購入する秘密のテクニックとは?!

エルグランドがキャンプに向いていない点

エルグランドはキャンプに十分活用できる車ではありますが、競合車と比べてしまうと少々微妙な点も見えてきます。

次はエルグランドがキャンプに向いていない点をご説明しましょう。

トールサイズミニバンとしては中途半端

エルグランドはもともとはトールサイズミニバンだったものが全高を落として現行車になりましたが、サイズ的には中途半端な点におさまってしまっています。

エルグランドの全高は1,805mmですが、これは乗用車としてはそこまで低いわけではなく、またローサイズのミニバンとしてもエスティマなどより高く非常に中途半端です。(エスティマのキャンプ適性の詳細は以下の記事をご参照ください。)

エスティマの荷室トヨタ エスティマがキャンプに不向きな理由4つ

アルファードは1,880mmあって広さを売りにできますが、エルグランドはそこまで大きなセールスポイントとはならず、キャンプの使い勝手として比べるとやはりイマイチとなってしまうのです。

エルグランドという車が荷室の便利さからスタイル重視に変わったためではありますが、キャンプという視点で考えるとエルグランドは前型車よりもちょっと使い勝手が悪く微妙になってしまいました。

大容量コンセントが使えない

エルグランドのAC電源

エルグランドにはアルファードでは設定のあるハイブリッドがなく燃費のよいグレードがないのですが、それ以上にキャンプで便利な大容量の100Vコンセントが使えないのが不便です。(燃費の詳細は以下の記事をご参照ください。)

日産 エルグランドエルグランドの燃費は悪い?街乗りや高速の実燃費は?改善し向上させる方法まで解説!

アルファードや同じトヨタのエスティマなどにはハイブリッドがあり、積まれている大容量バッテリーを活用して100Vのコンセントがオプション設定されています。

このコンセントは1,500Wまで使うことができ、スマホの充電だけでなく大きな電化製品も使うことができます。

キャンプで電化製品を使うことには賛否両論あるでしょうが、電気を使ったキャンプというのも新しいキャンプの楽しみ方のひとつとして定着しつつあります。

その点エルグランドにはハイブリッドがないので大容量コンセントは設定できず、あまり大きな電気を使う電化製品は使えません。

まあ普通にキャンプをすればよいだけなのですが、キャンプの選択肢が減ってしまうのはちょっと寂しいですね。

なお100Vコンセントがあり荷室もかなり広いアルファードのキャンプの適性については、以下の記事で解説しています。興味のある方はこちらも参考にしてみてください。

トヨタアルファードアルファード(ヴェルファイア)がキャンプに最適な理由7つ

エルグランドをキャンプで使用した人の評判

エルグランドのキャンプでの評判は賛否両論ありますが、今回はTwitterに投稿された中からいくつかご紹介しましょう。

多人数でもキャンプに使える

どれぐらいの規模のキャンプかはわかりませんが、フル乗車で荷物も余裕で載るとはけっこうすごいですね。

もしかしたらキャンプ用品はレンタルも活用されていたのかもしれませんが、エルグランド自体もしっかりした積載量を持っているのがわかりますね。

家族で車中泊もできます

エルグランドで快適な車中泊が可能なことはご説明しましたが、4人もの人数で寝られるのはすごいですね。

成人4人ではいくらなんでも厳しいですが、こちらはたぶんお子さんを含めた4人家族で泊まられたのでしょう。

車の中で寝るというのも非日常的で楽しいものなので、ひと味違ったキャンプが楽しめますね。

荷物はよく選ぶ必要あり

エルグランドにキャンプ用品を積み込む際にはキャンプ用品をなんでも載せられないので取捨選択が重要なようです。

エルグランドにかぎらずアルファードでも荷物の取捨選択は出てきますが、ちょっとの荷室のサイズの差で載る物と載らない物が出てきます。

数値的には少しの差ですが、エルグランドの全高が下がったことでの影響がけっこう大きいのでしょう。

エルグランドの口コミ・評判については、以下の記事でもまとめています。詳しく知りたい方はこちらもご参照ください。

エルグランド 外装エルグランドの口コミ/評判!価格から外装や走行性能まで全てチェック!

これからエルグランドを買おうと思っている方は、以下の記事もぜひあわせてご覧ください。購入の参考になりますよ。

エルグランドエルグランドは故障が多い?壊れやすいのか故障率をもとに解説! 日産 エルグラド【画像】エルグランドはかっこいいのか?デザインについて徹底分析!