1分で車を60万円値引きする裏技

エスティマの燃費は悪い?街乗りや高速の実燃費は?改善し向上させる方法まで解説!

スタイリッシュなLクラスミニバン、エスティマ。

近年大幅なマイナーチェンジでスタイルを大きく変え、先進安全装備の採用などさまざまな進化を遂げました。

そんなエスティマの燃費はどうでしょうか。

ここではエスティマの燃費性能について解説していきます。

エスティマの燃費・実燃費

トヨタ エスティマ

まずはエスティマのカタログ燃費と実燃費の差をみていきます。

エスティマにはハイブリッドモデルとガソリンモデルの2つのモデルがあるのでそれぞれの数値を検証します。

ガソリンモデルの燃費・実燃費

ガソリンモデルのカタログ数値は11.4km/Lです。では実燃費を見ていきましょう。

燃費の種類数値
カタログ燃費11.4km/L
街乗り燃費8~10km/L
高速燃費10~13km/L

ガソリンモデルのカタログ燃費達成率を見てみると、街乗りではおよそ7割ほどです。高速燃費はカタログ数値を超える場合もあります。

ハイブリッドモデルの燃費・実燃費

ハイブリッドモデルのカタログ燃費は18.0km/Lです。では実燃費はどうでしょうか。

燃費の種類数値
カタログ燃費18.0km/L
街乗り燃費10~13km/L
高速燃費13~16km/L

結果は上のような燃費となりました。カタログ数値に対する達成率はおおよそ6~7割となり、悪くはない数字です。

ハイブリッドモデル・ガソリンモデルともにカタログ値の6割以上をしっかりと超えています。ガソリンモデルに関しては高速燃費はカタログ値超えることもあります。

一般的に実燃費はカタログ値の6~7割ほどと言われているので十分な数値がでています。

エスティマは2.5Lクラスのミニバンと考えるとそこまで悪くない燃費です。アイドリストップがなかったり古いエンジンを使っているなど、規格の古さがあるため燃費性能はあまり期待できませんでしたが十分な性能はあります。

ただハイブリッドモデルは期待できるほどの良い数値ではありませんでした。

どうしても燃費性能を優先させたいならハイブリッドモデルもよいですが、この程度の違いならガソリンモデルでも十分なのではないでしょうか。

エスティマの燃費の口コミ

さてエスティマの燃費についてユーザーはどう感じているのでしょうか。ここではツイッターからエスティマユーザーの実際の声を紹介していきます。

エスティマは排気量が大きいので、高速巡航だと非常に燃費が伸びます。カタログ燃費を余裕で超える素晴らしい数値です。

街乗りの場合は8.2km/Lと大きく数値を下げています。街乗りと高速の燃費の違いが非常に顕著な車です。

パワーは十分にあるのでフル乗車でも余裕の燃費性能です。ここはコンパクトカーなどとは違うところですね。

エスティマの歴代の燃費・実燃費

走り方によって大きく燃費が変わってくるエスティマ。ではここで歴代エスティマの燃費を公開します。

10型の燃費・実燃費

 

View this post on Instagram

 

Absolute Modifiedさん(@absolute.modified)がシェアした投稿


初代エスティマはJC08モードには対応しておらず、10・15モード燃費で7.1km/Lという数値です。

実燃費は平均で4~6km/Lという数値です。さすがにモデルが古いせいか高速燃費のデータはありませんでした。

燃費の種類数値
カタログ燃費7.1km/L
実燃費4~7km/L

30型の燃費・実燃費》

 

View this post on Instagram

 

RIVERSIDE_WHEELSさん(@riverside_wheels)がシェアした投稿


こちらは2代目のエスティマです。このモデルからハイブリッドモデルが追加されました。

カタログ燃費はガソリンモデルで11.6km/L、ハイブリッドモデルで18.6km/Lとなっています。実燃費はガソリンモデルで7~9km/L、ハイブリッドモデルでは9~11km/Lと初代に比べ伸びています。

燃費の種類ハイブリッドガソリン
カタログ燃費18.6km/L11.6km/L
街乗り燃費9~11km/L7~9km/L
高速燃費11~13km/L9~12km/L

エスティマは2代目からシャーシやパワートレインを大幅に変更し、燃費性能を伸ばしました。現行モデルは2代目をベースに開発されているためか、そこまで大きな数値の変化はありません。

エスティマの燃費の理由

先代からたいして燃費性能の伸びないエスティマですが、燃費を左右させるのはどんな理由があるのでしょうか。

効率の良い変速

エスティマには無段変速機のsuperCVT-iが採用されています。CVTはエンジンの一番効率の良い回転数で変速・加速するため、エンジンパワーが多少足りなくても十分加速し、走行できます。

ハイブリッドシステム

エスティマにはハイブリッドモデルがあります。

エンジンの回転や回生ブレーキなどで電気を充電し、発進時や走行中にモーターでの走行やアシストするので、エンジンだけの走行よりも燃費が良くなります。

効率の良い走行をすることで燃費性能を向上させたエスティマ。しかし規格が古いこともあり最近の燃費向上技術はあまり採用されていない印象です。

では次に悪い理由を見ていきます。

車重の重さ

エスティマの燃費の悪い原因は車重の重さが一番の理由です。本来であれば1.5tほどの車体を動かす容量である2.4Lエンジンで、2tものボディを動かそうとしているのでかなりムリがあります。

しかもミニバンなので乗車人数や荷物も多く、フル乗車の状態と慣れば最大で440kgもの重量が増えます。さすがにこれだけの重量となるとエンジンへの負荷は大きく、燃費の悪化は免れません。

規格が古い

現行のエスティマは搭乗から12年のロングライフモデルです。ほとんどの車はモデルチェンジによって改良されたパワートレインやボディの軽量化などさまざまなテコ入れがなされます。

しかしエスティマは12年も販売され続けており根幹的な部分はほとんど変わっておらず、エスティマより重いアルファードやヴェルファイアにも燃費性能は劣っています。

エスティマの燃費改善・向上方法

エスティマ 運転

燃費対策の少ないエスティマですが、なんとか燃費を良くする方法はないでしょうか。ここではエスティマの燃費を向上する方法をご紹介します。

急アクセルをしない

エスティマのパワーは普通に走る分には十分です。しかし車体重量に対してエンジンパワーが足りないのも事実です。

そのため普通の車のように加速させようとするとアクセルを踏み込まないといけません。これでは燃費が悪くなります。

エスティマは速く走るためのものではなく、多人数で快適に移動するための車です。勢いのある加速などはせずにゆっくりと走りましょう。タコメーターで2,000回転ぐらいを目安に走ることで効率良く走れます。

クルーズコントロールを使う

エスティマには速度を一定で走行できるクルーズコントロールが標準でついています。

車の不必要な加減速は燃料消費を促進します。高速道路やバイパスのような速度一定で走れるような環境では、クルーズコントロールを積極的に使用することで、燃料消費を抑えましょう。

出だしはモーターで走らせる

車は走り出しが一番燃料を消費します。ハイブリッドモデルならばその一番燃焼効率の悪い部分をモーターで走らせることができます。

走り出しはできるだけクリープ現象や軽いアクセル操作でモーターだけで走るようにし、進みだしてからは必要に応じて加速させます。これを意識するだけでかなりの燃料消費を抑えることができます。

エスティマの燃費を他の車と比較

エスティマの燃費性能はそれなりですが、ライバル車たちの燃費はどうでしょうか。

ここでは比較に上がりやすい日産のエルグランド、ホンダのオデッセイ、同社のアルファードと比較していきます。

トヨタ アルファード

トヨタ アルファード

アルファードはエスティマと同じくトヨタの販売するミニバンです。大空間高級サルーンという謳い文句で国内最大級の車内空間と高級感を併せ持つフラッグシップミニバンです。

アルファードのカタログ燃費はハイブリッドで19.4km/L、2.5Lモデルでは12.8km/Lです。では実燃費も見ていきましょう。

燃費の種類ハイブリッド 2.5Lガソリン3.5Lガソリン
カタログ燃費19.4km/L12.8km/L10.8km/L
街乗り燃費11~13km/L7~10km/L6~9km/L
高速燃費13~16km/L10~13km/L10~12km/L

実燃費を見ていくとなんとほぼ同じような結果です。

エスティマのほうが確かに古いですが、車重の軽さなどで燃費性能を補っています。ただ、どちらが勝ちなどは言いにくいのが正直なところです。

ホンダ オデッセイ

ホンダ オデッセイ

オデッセイはホンダの販売するスポーティな走行性能が自慢の大型ミニバンです。車格的にもエスティマと似たようなサイズで、直接のライバルとして比較されやすい車です。

カタログ燃費の数値はエスティマよりも数値が高くガソリンモデルで14.0km/L、ハイブリッドで26.0km/Lです。では実燃費を見ていきます。

燃費の種類ハイブリッドガソリン
カタログ燃費26.0km/L14.0km/L
街乗り燃費12~16km/L8~10km/L
高速燃費17~21km/L10~13km/L

燃費性能はオデッセイの勝ちです。このクラスのミニバンでこれだけの数値を出す車はそうそういません。

経済性もそうですが走行性能にも定評があるのでオデッセイの圧勝です。エスティマを選ぶ理由はほぼないでしょう。

日産 エルグランド

日産 エルグランド

現行モデルから背が低くなり、エスティマとサイズが似てきた日産のエルグランド。もともとアルファードなどと競合している車ですので、エスティマに比べると内装の作りの良さは非常に良いです。

燃費を見ていくとカタログ値が2.5Lで11.6km/L、3.5Lは9.8km/Lです。実燃費を見ていきます。

燃費の種類2.5L3.5L
カタログ燃費11.6km/L9.8km/L
街乗り燃費8~10km/L6~8km/L
高速燃費10~13km/L8~12km/L

エルグランドにハイブリッドモデルはないためガソリンモデル同士の比較になりますが、実燃費はほとんど一緒です。

気がつけばエルグランドも搭乗から8年となかなかの車齢になってきているので、エスティマ同様規格の古さが感じられます。

ガソリンモデルに関しては両車とも差はありませんが、少しでも燃費の良い車を選びたい場合はハイブリッドモデルのあるエスティマが優勢です。

エスティマは現行車とも戦える燃費性能

エスティマはマイナーチェンジで外観が大きく変化し先進安全装備が加わることで、商品の魅力が大きく向上しました。

燃費性能は登場からほとんど変わっていませんが、実燃費は現行の2.5Lモデルの車たちと肩を並べる数値であり、まだまだ戦える車です。

燃費は車に合わせた走り方をすることによって大きく変わってきます。こちらで紹介した方法などを参考にして、燃費の良い走りを研究してみてください。