1分で車を60万円値引きする裏技

エクリプスクロスの口コミ/評判!価格から外装や走行性能まで全てチェック!

三菱の久しぶりの新型車とあってデザインから性能まで非常に期待されているエクリプスクロス。

クーペとSUVが融合したようなスタイリッシュなスタイルや、1.5LターボエンジンとCVTによる洗練された走りなど話を聞くだけでも魅力的です。

そんなエクリプスクロスですが、実際の評判はどうでしょうか。

ここではエクリプスクロスの評判や口コミをあらゆる角度から解説していきます。

目次

エクリプスクロスの外装(エクステリア)の口コミ/評判

評価
外装(エクステリア)
(4.0)

エクリプスクロスの外装(エクステリア)の特徴

エクリプスクロス 外装

エクリプスクロスのエクステリアは三菱らしいタフさを感じさせるがっしりしたフロントフェイスと、躍動感を感じさせるスポーティなボディが特徴的です。

ポイント

ボディスタイルは最近のクロスオーバーSUVらしく、スポーツクーペのテイストが混ざったスタイリッシュなスタイルをしています。

ボディの張り出しの位置やベルトラインは高くなっているのでどっしりとしていますし、未塗装樹脂パーツで覆われたホイールアーチや大口径ホイールなどSUVらしさを感じさせるデザインです。

次に後ろにかけて下がっていくルーフラインや、リアフェンダーのホイールアーチ付近でギュッと絞られたウェストラインが重心の低さを強調しクーペらしいデザインをしています。

リアにはルーフスポイラーがあり、リアコンビネーションランプを左右でつなげたガーニッシュと2段スポイラーのようになっており、最近のスポーツハッチバックにみられるデザインです。尻上がりで力強いバンパーデザインと相まって唯一無二のスタイルをしています。

フロントマスクにはツリ目気味のヘッドライトと、それをつなぐ細めのアッパーグリルという流行りのテイストを取り入れています。

そして台形のグリルを囲むような形で作られているバンパーデザインは、三菱車のタフさと先進技術を表すというダイナミックシールドデザインです。

三菱のタフなイメージとそれを支える先進技術をデザインで表した、渾身のデザインだと言えるでしょう。

エクリプスクロスの外装(エクステリア)に対する口コミ/評判の傾向

とてもかっこいいデザイン

単純にかっこいいデザインでクーペスタイルのフォルム、ダイナミックシールドのフロントフェイスもかっこいいという意見も多くあります。

さすが三菱も自信をもって進めるデザインだけに、デザインの評価は概ね良好です。

アウトランダーなどと同じ顔

遠目に見るとアウトランダーと同じに見えてしまう、没個性的なデザインだという意見がありました。

近年各社でシグネチャーデザインを推す働きが多く、デザインが似通った車が多いです。エクリプスクロスもSUVが出揃う三菱の中では、区別がつきにくいところがあります。

人気のカラーランキング

順位色/カラー
1位ホワイトパール
2位レッドダイヤモンド
3位ブラックマイカ
4位スターリングシルバーメタリック
5位チタニウムグレーメタリック

エクリプスクロスの人気カラーは上記のようになっています。

トップは定番のホワイトパールですが、2位にはコマーシャルカラーのレッドダイヤモンドが入ってきています。レッドダイヤモンドは車のイメージに合うと、非常に評判が良かったです。

それ以降は定番のブラックマイカやスターリングシルバーメタリック、チタニウムグレーメタリックと定番かつスポーティなカラーリングが人気なようです。

エクリプスクロスユーザーの実際の口コミ

エクリプスクロスの見た目は非常に気に入っておられます。使い勝手を多少犠牲にしても問題のない人は、デザイン買いをしてしまいそうですね。

自車より車格が上のアウトランダーよりも大きく見えるデザインだそうです。2世代前のアウトランダーと比較しているとはいえ、デザインの進化が見て取れますね。

エクリプスクロスの内装(インテリア)の口コミ/評判

評価
内装(インテリア)
(4.0)

エクリプスクロスの内装(インテリア)の特徴

エクリプスクロス インテリア

エクリプスクロスのインテリアはシンプルながらも適度なおしゃれ感の感じられる、落ち着いたデザインが特徴です。

ダッシュボードは適度にラウンドしていて包まれ感があり、センターコンソールとの一体感やシルバー塗装の塗り分けなど、非常にまとまりのあるデザインです。ピアノブラックのパネルにシルバーの加飾、曲線の使い方などディテールがしっかりしておりデザインの洗練が感じられます。

ダッシュボードにはソフトパッドを使い、センターパネルにはピアノブラックのパネルを使うなど質感にもしっかりこだわりが感じられる非常に良くてきたインテリアです。

ヘッドアップディスプレイを用いたメーターやナビパネルも最近の車らしい配置で、シフトノブなどもそれぞれがじゃまにならないようになっており、非常に使いやすいレイアウトです。

デザインや質感もよく、レイアウトも使いやすく考慮されている非常に良くできたインテリアだと言えます。

エクリプスクロスの内装(インテリア)に対する口コミ/評判の傾向

目立った特徴がない

悪いというところが目立たないインテリアだが、ここが良いというところもなく至って価格通りのインテリアだという意見が多いです。

他メーカーもインテリアは良くなってきているので、車を選ぶユーザーの目は年々厳しくなってきています。

ヘッドアップディスプレイに不満

ヘッドアップディスプレイがガラス投影式ではなくアクリル板投影式なので、質感が悪く感じるという意見があります。

その他にも視界のじゃまになりやすいなど、ヘッドアップディスプレイの評判はあまり良くないようです。

エクリプスクロスユーザーの実際の口コミ

エクリプスクロスのインテリアにはレガシィ感、スバルのようなテイストを感じるそうです。

シンプルに作られながらも質感の高さが感じられるデザインが、ちょっとスバルににているかもしれませんね。

最近の車は安全装備などにコストが掛かっており、インテリアの質感が落ちてきているものが多いです。しかしエクリプスクロスはその中でもしっかり質感などにこだわって作られているのが感じられます。

MEMO

もしエクリプスクロスを買おうと考えているなら、あわせて正しい値引き交渉のやり方も覚えておくといいですよ。

このやり方を知らないと最大60万円以上も損しますよ。詳しく知りたい方は、下記の『たった1分で車を60万円値引きできる裏技』のページをご覧ください。 裏技を知って後悔する人たった1分で車を60万円値引きできる裏技!安く購入する秘密のテクニックとは?!

エクリプスクロスの走行性能(走破性・安全性)の口コミ/評判

評価
走行性能(走破性・安全性)
(4.0)

エクリプスクロスの走行性能(走破性・安全性)の特徴

エクリプスクロス ハンドル

1.5Lターボエンジン

エクリプスクロスには1.5Lのターボエンジンが搭載されています。

ゴルフ ターボエンジンターボエンジンとは?仕組み/構造は?メリット2つとデメリット4つ!

2.5Lクラスのトルク性能と2.0Lクラスの馬力を持つエンジンは非常に扱いやすいですが、変速機がCVTなので加速に若干タイムラグを感じます。

とはいえこれだけの車体を動かすには十分な排気量で、走り方によってはとてもスポーティなフィーリングが味わえるパワートレインです。

悪路走破性

エクリプスクロスには電子式カップリングを用いたスタンバイ式4WDが採用されています。基本的には前輪駆動で走り、路面状況や速度、カーブの進入速度などによって後輪に駆動を配分し安定した走行性能を提供します。

もちろん5:5でトルク配分をするGRAVELモードもありますので、路面の悪い未舗装路などでも高い走破性を発揮します。

最低地上高は175mmとある程度は高さがあるので、ちょっとした無理ならきいてくれる高い悪路走破性です。

先進安全装備

エクリプスクロスは単眼カメラとレーザーレーダーで前方を監視し、電波式レーダーで前後の状況を把握します。

走行中には前方の車両や歩行者そしてや車線などを認識して状況に合わせて警報をならし、危険な場合にはブレーキ操作で運転に介入し安全を確保します。

その他にも必要に応じて、ハイビームアシストや踏み間違え防止アシストなどでドライバーを補助します。

カーテンエアバッグなどの装備は全グレードに標準設定がなされており、搭乗者の安全がしっかり確保されています。

エクリプスクロスの走行性能(走破性・安全性)に対する口コミ/評判の傾向

十分なエンジン性能

1.5Lターボということで不安だったが、実際に乗ってみると不快なドッカンターボということもなく、リニアな加速で十分なパワーがあるという意見がありました。

スターレット エンジンドッカンターボとは?メリット3つとデメリット1つ!搭載車を軽自動車からも紹介!

もう少しパワーがあったほうが良いという意見もありましたが、それでも十分なパワーがあるという意見が多かったです。

パドルシフトが良い

CVTなのが不満だったが、加速にはステップ式の制御がなされるなど、CVT特有の加速の悪さのようなものは感じにくかったという意見もあります。

8段変速のミッションも他社に比べてアドバンテージを感じるとのことです。

エクリプスクロスユーザーの実際の口コミ

十分なパワーだと言われることの多い1.5Lターボエンジン。乗る人によっては非常に加速がよく感じるため、運転してても楽しくなるそうです。

スポーティな雰囲気の漂うエクリプスクロスですが、走破性の高さはお墨付きです。運動性能も走破性もという贅沢な方にはとてもおすすめですね。

エクリプスクロスの燃費の口コミ/評判

評価
燃費
(3.0)

エクリプスクロスの燃費の特徴

エクリプスクロスは1.5Lターボエンジンのみというシンプルな構成で、カタログ燃費はJC08モード燃費で15.0km/Lとなっています。

ダウンサイジングターボを用いたエンジンやアイドリングストップシステムなど、しっかりと環境対策を抑えたパワートレインです。

320iエンジンダウンサイジングターボの燃費は悪い?比較しながら分析!

エクリプスクロスの燃費に対する口コミ/評判の傾向

ユーザー燃費

ではエクリプスクロスのユーザー燃費を見ていきます。まとめてみるとおおよそ10~12km/Lという数値です。

これはカタログ燃費の7割を達成するという結果で、ガソリン車としては平均的な達成率です。十分な燃費性能があるといえるでしょう。

想定通り

エクリプスクロスはそんなに燃費性能に期待する車ではないが、10km/L前後と想定内の燃費だという意見が多くあります。

電動化技術が入ってない車でありながらもこれだけ燃費が伸びれば十分だといわれています。

エクリプスクロスユーザーの実際の口コミ

こちらの方は燃費が11km/Lがコンスタントに出ているようです。走行性能と走破性が高い車なだけに、燃費まではさすがに期待できませんね。

2.5LモデルのCX-5よりは燃費が良いそうです。車格はエクリプスクロスのほうが若干下になるので当然な結果かもしれませんね。

なお燃費については以下の記事でも取り上げているので、興味のある方はこちらもあわせて参考にしてみてください。

三菱 エクリプスクロスエクリプスクロスの燃費は悪い?街乗りや高速の実燃費は?改善し向上させる方法まで解説!

エクリプスクロスの乗り心地の口コミ/評判

評価
乗り心地
(5.0)

エクリプスクロスの乗り心地の特徴

エクリプスクロスはフロントガラスの傾斜が強いですが、運転席の頭上が一番高くなるような形なので意外と圧迫感はなく、見晴らしも良いです。リアドアのガラス面も大きく、後方視界も開けていて十分視界はよいでしょう。

ドライビングポジションはチルトテレスコ機構のついたハンドル、シートリフターのついたシートでしっかり合わせられます。

足回りは突き上げや段差をうまくいなしてくれるのり味で、非常に乗り心地は良いです。ロール感なども意外と抑えられており楽しいドライブとなるでしょう。静粛性はエンジンノイズはうまく抑えられており、ほとんど不満が出ないレベルです。

全体的に乗り心地は高いレベルで作り込まれており、不満は出にくいのではないでしょうか。

エクリプスクロスの乗り心地に対する口コミ/評判の傾向

快適な乗り心地

車高なりのロールなどは感じられますが、車体剛性の高さや接地感がしっかり感じられる良い乗り心地だという意見があります。乗り心地に関しては概ね好評です。

静粛性が良い

暖機運転が終わったあたりからエンジンノイズが急に小さくなり、ほんとにエンジンがかかっているのかわからなくなるレベルだという意見がありました。

車体振動なども少なくロードノイズもうまく抑えられているなど、静粛性に関しても非常に好評です。

エクリプスクロスユーザーの実際の口コミ

ハンドリングは非常に良いとのことです。足回りの性能が良いだけに、燃費重視のCVTのフィーリングではなくMTのほうが楽しく走れるという意見もありますね。

突き上げはソフトでありながらもしっかり踏ん張る足回りで、三菱のクルマづくりの良さを感じます。企業イメージがここから回復してほしいですね。

エクリプスクロスの広さ・居住性の口コミ/評判

評価
広さ・居住性
(4.0)

エクリプスクロスの広さ・居住性の特徴

エクリプスクロス シート

必要十分な広さ

エクリプスクロスは車体サイズさながらの十分な広さがあります。乗車定員である5人が十分座れる広さです。

前席の広さは問題ありませんし、後席の空間も十分にあります。後席はスライド機構やリクライニング機構も備えているので、ユーザーの一番ちょうどよい体勢に合わせることができます。

一番うしろにスライドしてあれば頭上空間もたっぷりありますし、足元は170cmの身長の人でも余裕の広さです。

車中泊はむずかしい

エクリプスクロスでは車中泊をするスペースを作ることが大変です。後席を倒せばラゲッジスペースはフラットになりますが若干シート面は浮き気味になりますし、約1,550mm程度の奥行きです。

これではお子様サイズなので、大抵は対角線上に寝ることになるでしょう。それでも1,700mm程度の長さなので成人男性がすっきり横になるのは難しいです。

エクリプスクロスの広さ・居住性に対する口コミ/評判の傾向

4人が余裕で乗れる

エクリプスクロスはコンパクトSUVサイズでありながらも、4人乗車が余裕でできる広さがありとても良いという意見がありました。このクラスではデザインと車内の広さが両立されたモデルは少ないのが実情です。

傾斜に注意

後席を倒してスペースを作るとシートの傾斜がきついので、マットなどで埋めたほうが良いという意見がありました。折角スペースを作って睡眠を取るのなら少しでも快適に寝られるように工夫したいですね。

エクリプスクロスユーザーの実際の口コミ

エクリプスクロスは外観の迫力の割に車内の広さはさっぱりした印象のようです。ミドルクラスとコンパクトクラスの中間なのでしょうがないですね。

車格が下のRVRよりも車中泊はしにくくなっているようです。車中泊での旅行なども考えている人はエクリプスクロスは合わないかもしれません。

エクリプスクロスの実用性の口コミ/評判

評価
実用性
(3.0)

エクリプスクロスの実用性の特徴

エクリプスクロス ラゲッジ

エクリプスクロスのラゲッジルームは結構と広いです。標準状態では奥行きが760mmありますのでMサイズのスーツケースなら3つほどのりますし、ゴルフバッグ3つを横積みで積むことができます。

さらに後席はスライド機構があるので最大で150mmほど荷室を拡張でき、最大で4つのゴルフバッグを横積みできます。

後席を倒せば1,550mmもの奥行きができるので、ゴルフバッグなどの荷物も積むことができますし、ロードバイクも前輪を外せば積載することもできます。

乗り降りに関してもドアの間口は広くいですがフロアが高く、乗り降りは若干しにくいです。とはいえチャイルドシートなどお子様の乗せ降ろしはラクにできますので、子育て世代の方であれば問題なく便利に使える実用性があります。

エクリプスクロスの実用性に対する口コミ/評判の傾向

クーペスタイルのせいで積載性は良くない

クーペスタイルのフォルムのせいで荷物があまり乗せられないという意見がありました。バックドアの傾斜がきついので、背の高いものが積みにくいのかもしれませんね。

リアシートスライドがつかえる

このクラス唯一のリアシートスライドが使える車なので、ちょっとしたときの荷室スペースの確保に便利だという意見がありました。

普段は後席を広々と使い、必要に応じてラゲッジスペースを広げられるのはとても便利ですね。

エクリプスクロスユーザーの実際の口コミ

エクリプスクロスよりもCH-Rのほうが荷室が広く感じるとのことです。実際にはそんなに変わらないのですが、リアシートの傾斜などからそのように感じるのかもしれませんね。

C-HRのフロントC-HRの口コミ/評判!価格から外装や走行性能まで全てチェック!

エクリプスクロスよりもRVRのほうがラゲッジスペースは使い勝手が良かったとのことです。単純な広さだけでなくフックなどによる固定装置など、使い勝手が違うようです。

エクリプスクロスの故障・メンテナンスの口コミ/評判

評価
故障・メンテナンス
(3.0)

エクリプスクロスの故障・メンテナンスの特徴

メンテナンス

エクリプスクロスの整備性

エクリプスクロスはシンプルなパワートレインで、これといって特別な整備はありません。ウォッシャー液の補充などといった、日常整備や定期的なエンジンオイルの交換で十分です。

ただターボエンジンを搭載しているので、通常のエンジンよりもしっかりオイル管理をしないと、エンジンの焼付きなどトラブルに見舞われる可能性があります。

なおターボエンジンのオイル交換については以下の記事でも取り上げているので、興味のある方はこちらもあわせて参考にしてみてください。

オイル交換ターボ車のエンジンオイルの交換時期は?おすすめのオイルはこれ!

エクリプスクロスの故障のしやすさ

エクリプスクロスはこれといって故障しそうな部分というのはありません。ただ1.5Lターボエンジンという大トルクエンジンにCVTの組み合わせなので、若干CVTの強度に不安が感じられます。

その他にも三菱は他メーカーに比べ初動のリコールが多い傾向にあるので、そのあたりが不安な部分です。

エクリプスクロスの故障・メンテナンスに対する口コミ/評判の傾向

ルーフレールキャップが飛んでいった

走行中にルーフレールのキャップが飛んでいってしまうトラブルが合ったようです。

ディーラーではすぐ対応してもらえたようですが、飛んでいって他社に迷惑をかける場合がありますのでなんらかの対策をしたほうが良いでしょう。

発売半年でリコール

エクリプスクロスはECUの制御の不具合で、クルーズコントロールやパドルシフトを使用した際に故障と判断され、フェールセーブをするという不具合があるそうです。

こちらはリコールが出ていますのでしっかり対応してもらいましょう。

エクリプスクロスユーザーの実際の口コミ

リコールはメーカーが責任を持って対応してくれるので安心ですが、発売から半年程度で発生すると不安になりますね。

停車中にパーキングセンサーが誤作動する場合があるそうです。不具合というわけではなさそうですが、センサーの誤作動はある程度覚悟が必要なようです。

エクリプスクロスの価格・値段の口コミ/評判

評価
価格・値段
(4.0)

エクリプスクロスの価格・値段

グレード価格
M253.9万円
G271.8万円
Gプラスパッケージ289.1万円

エクリプスクロスはこのクラスのSUVながらも253万円という価格設定です。

緊急ブレーキやカーテンエアバッグといった安全装備は標準ですし、クルーズコントロールなども最初からついているのでお買い得な設定です。

フル装備であるGプラスパッケージでも289万円と300万円を切る価格ですし、コストパフォマンスは結構良くなっています。

エクリプスクロスの中古相場

エクリプスクロスは2018年に発売され、まだ1年程もたっておりません。なので中古車市場にあるものは新古車が多く、下は約210万円から高いものは340万円となかなか高額です。

MEMO

なお正しいやり方で値引き交渉をすれば、上記の価格よりも大幅に安くエクリプスクロスを購入できますよ。

このやり方を知らないと最大60万円以上も損しますよ。詳しく知りたい方は、下記の『たった1分で車を60万円値引きできる裏技』のページをご覧ください。 裏技を知って後悔する人たった1分で車を60万円値引きできる裏技!安く購入する秘密のテクニックとは?!

エクリプスクロスの価格・値段に対する口コミ/評判の傾向

300万円の車としては良い

300万円以下の車としてみると装備や質感もよく、なかなか良い車だという意見が多くありました。

燃費や装備で見ると割高、走行性能で見ると割安という意見もあり、走行性能重視の人には特に良いかもしれません。

コスパは高い

軽自動車でさえも200万円するご時世に、300万円でこれだけの車が買えるのならば、コスパは非常に高いとの意見もあります。

エクリプスクロスユーザーの実際の口コミ

なかには展示車による割引で非常に安く購入できた人もいるようです。でたばかりの新車で50万円もの値引きがあるなんて非常に魅力的ですね。

エクリプスクロスのベースグレードは、C-HRに同じようなオプションを付けた価格と、ほぼ同じような価格設定になります。

ブランド力では勝てませんが、排気量などの総合性能ではエクリプスクロスのほうがコスパは良いです。

エクリプスクロスの維持費・税金の口コミ/評判

評価
維持費・税金
(3.0)

エクリプスクロスの維持費・税金の特徴

車 維持費

エクリプスクロスの維持費を下記の条件で計算します。

  • 年間走行距離約1万キロ程度
  • 旅行で1000キロほど高速をつかう
  • 車検及び整備の見込み費用として16万円

エクリプスクロスの税金区分は排気量1500cc未満、重量1.5トン未満のサイズです。自動車税、重量税、自賠責などかかる税金を年計算でだしてみると毎年59,715円が税金として請求されます。

税金以外でかかる費用はガソリン代、高速代や整備費そして任意保険を計算すると316,472円ほどになります。

先程の税金と合わせると年間維持費は376,187円です。ここに駐車場やローンの場合は車両の価格が上乗せされる形になります。Gプラスパッケージは60回ローンだと月々約59,500円となっています。

ですから維持費と合わせると月々が約90,800円で維持することが可能です。

エクリプスクロスはアウトランダーに近い車格、ボディサイズをしながらもダウンサイジングターボエンジンなどの恩恵により税金が安くつくのが特徴です。

ただ思ったほど燃費数値は伸びないので、燃料代なども含めた維持費はそれなりの価格になります。

エクリプスクロスの維持費・税金に対する口コミ/評判の傾向

自動車税が安い

エクリプスクロスは1.5Lターボエンジンなので走行性能の割に税金が安く済むという意見があります。2WDであれば重量税も1.5t未満になりますので、支払う税金はさらに安くおさまります。

消耗品は高い

エクリプスクロスはクロスオーバーSUVなので、タイヤのサイズが大きかったりするなど部品代でお金がかかるという意見があります。

SUVを選ぶ以上はこういったところは最初から踏まえておかないといけませんね。

エクリプスクロスユーザーの実際の口コミ》

走行性能に定評のあるエクリプスクロスなので自動車税が高いイメージがありますが、実は1.5Lエンジンなので自動車税は意外と安くおさまります。年間5,000円の違いですが、やはり嬉しいものですね。

同じ三菱のコンパクトカーミラージュと年間の自動車税の金額は同じになります。かかる金額は変わりませんが、なぜか得した気持ちになりますね。

エクリプスクロスのグレード・仕様の口コミ/評判

評価
グレード・仕様
(3.0)

エクリプスクロスのグレード・仕様の特徴

エクリプスクロス グレード

エクリプスクロスはパワートレインが1.5Lターボエンジンのみの3グレード構成で、それぞれに4WD設定といった具合で非常に選びやすいグレード構成と言えるでしょう。

MEMO

まずはベースグレードのMです。ハロゲンヘッドライトや手動サイドブレーキなどを使うことで価格を抑えたモデルになります。安全装備も一通りついているのでこのクラスにとりあえず乗りたいという人には良いでしょう。

次に量販モデルのGです。18インチのアルミホイールやLEDヘッドライト、レーダークルーズコントロールなど最近の車らしい装備の詰まったグレードで、ひじょうに使いやすいのが特徴になります。

この上級モデルとしてGプラスパッケージがあります。

こちらは後方確認などの安全装備やスマホに対応したナビシステムなど、最新の車らしい魅力の詰まったグレードです。

わかりやすいシンプルなグレード構成なので、自分の好みに合ったエクリプスクロスを選びやすくなっています。

エクリプスクロスのグレード・仕様に対する口コミ/評判の傾向

エクリプスクロスの人気グレードはGグレードです。スタイリッシュさとエクリプスクロスの魅力が十二分に詰まっており、とても使いやすいところが人気の理由になります。

次に人気なのがGプラスパッケージです。メーカーナビがついたスラッとした内装で、その他の最新装備もフルでついているので非常にコスパの高いモデルです。このグレードを選んでおけばまず間違いがないでしょう。

エクリプスクロスユーザーの実際の口コミ

2018年12月に一部改良が行われたときにに、エアコンパネルの表示の色や特別グレードの設定、さらに車両価格が若干上がっているそうです。

2WD車にもヨーモーメントコントロールなど走行安定性を高める制御が取り入れられるなど、価格の分乗り心地が更に良くなっているようです。

日本ではCVT仕様しかないエクリプスクロスも海外ではMTモデルがあるそうです。

足回りやエンジン性能に定評があるエクリプスクロスなので、MT仕様が日本国内にあれば第二のランエボの地位を築けたかもしれませんね。

総評

ここでエクリプスクロスの総評をしていきます。

エクリプスクロスの評価
外装(エクステリア)
(4.0)
内装(インテリア)
(4.0)
走行性能(走破性・安全性)
(4.0)
燃費
(3.0)
乗り心地
(5.0)
広さ・居住性
(4.0)
実用性
(3.0)
故障・メンテナンス
(3.0)
価格・値段
(4.0)
維持費・税金
(3.0)
グレード・仕様
(3.0)
総合評価
(4.0)

エクリプスクロスはそのスタイリングながらも高い性能のコンピューター制御や足回りのセッティングなどで非常に良い乗り心地を実現しています。

その他にもエンジン性能や走破性も高く、内外装のデザインもとても良いので、車としての作りがよくできでいます。

ポイント

ただ燃費性能が現代の車に比べると若干低めでラゲッジの自由度が少ないなど、ちょっと使い勝手の悪さが目立つところがあります。

車に対して高い積載性やシートアレンジ、燃費性能の高さなどを期待している人にはおすすめできる車ではありません。

しかし乗り心地の良さや走行性能の高さ、車のデザイン性など実用的な車ながらも車らしい魅力を求める人には人にはおすすめできる車です。