1分で車を60万円値引きする裏技

CX-3の口コミ/評判!価格から外装や走行性能まで全てチェック!

デザインや走りなど、車好きなら一度は気になるCX-3。

マイナーチェンジでさらに洗練されたデザインとインテリア、そしてクリーンディーゼルなどの豊富なパワートレインで魅力を増しています。

そんなCX-3の実際の評判はどうでしょうか。

ここではCX-3の評判や口コミをあらゆる角度から解説していきます。

目次

CX-3の外装(エクステリア)の口コミ/評判

評価
外装(エクステリア)
(5.0)

CX-3の外装(エクステリア)の特徴

CX-3 外装

CX-3はコンパクトなクロスオーバーSUVらしいスタイリッシュなボディスタイルです。マツダのデザインモチーフであるソウルオブモーションを元に、静と動のメリハリが感じられます。

スポーツクーペのようにロングノーズなフロントと肉感的なフェンダーやボディライン、そこに樹脂製のフェンダーアーチや車高が高く見えるデザインで、美しさと力強さを感じさせるデザインです。

ボディサイドやボンネットにくっきりと刻まれたプレスラインや尻上がりなリアデザインは力強さを感じさせ、メッキ装飾など派手派手しさはありませんが堂々としており、躍動感があります。

フロントフェイスはマツダといえばこの顔というほどに一般的になった独特のデザインです。

大型のグリルを囲むメッキラインがヘッドライトが繋がるデザインは眼光の鋭さがあり、ハの字に広がるアンダーグリルは厳つさを感じさせ、周りに迫力感じさせるデザインです。

なおマツダのデザインについては以下の記事で詳しく解説しているので、こちらもあわせて参考にしてみてください。

マツダ車【画像】マツダ車はかっこいいのか?デザインについて徹底分析!

CX-3の外装(エクステリア)に対する口コミ/評判の傾向

上品なエクステリア

大手メーカーのコンパクトSUVのようにゴテゴテしておらず、上品に見える仕上がりで非常に満足しているという意見がありました。CX-3の概観は非常に魅力的なようで、否定的な意見はほとんど見られませんでした。

違いがわからない

後ろから見るとデミオに見えるし遠目に見るとCX-5に見えたりと、同社の車で見分けがつかないという意見もありました。

マツダ デミオのソウルレッド【画像】デミオはかっこいいのか?デザインについて徹底分析!マツダ CX-5【画像】マツダCX-5はかっこいいのか?デザインについて徹底分析!

これは同じデザインモチーフを元に車を仕上げており、マツダの車がたくさん走っているという風に思わせるための戦略なので成功と言えるかもしれませんね。

しかしそれぞれでの特色がもっとハッキリでなければ、欧州車のような高いデザイン性には追いつけません。

人気のカラーランキング

順位色/カラー
1位スノーフレイクホワイトパールマイカ
2位ソウルレッドクリスタルメタリック
3位ジェットブラックマイカ
4位マシーングレープレミアムメタリック
5位セラミックメタリック

CX-3の人気カラーはこの様になっています。定番のスノーフレイクホワイトパールマイカやジェットブラックマイカも入っていますが、ソウルレッドクリスタルメタリックやマシーングレープレミアムメタリックも上位に食い込んでいます。

流麗でメリハリのあるボディなので定番カラーも非常にかっこよく見えますし安心できます。しかしソウルレッドクリスタルメタリックやマシーングレープレミアムメタリックといったマツダのこだわりのカラーだと光の加減や見え方によってさまざまな映え方をしてくれます。

スタイリッシュなボディなので定番もいいですが納得の行くカラーを選びたいですね。

CX-3ユーザーの実際の口コミ

CX-3は2018年にマイナーチェンジでグリルデザインやリアコンビネーションランプのデザインが変わりました。

小規模な改良なのでなかなか気づきにくいですが、好きな人にはしっかり違いが感じられるようです。

CX-3はデザインでも評判が良く燃費もよく走り、とても良くできています。人気があるのも頷けますね。

なおCX-3のデザインについては以下の記事でさらに詳しく解説しているので、詳細まで知りたい方はこちらもあわせて参考にしてみてください。

マツダ CX-3【画像】マツダCX-3はかっこいいのか?デザインについて徹底分析!

CX-3の内装(インテリア)の口コミ/評判

評価
内装(インテリア)
(3.0)

CX-3の内装(インテリア)の特徴

CX-3 インテリア

CX-3のインテリアは色使いや素材による重厚な雰囲気や、安心のできる包まれ感のあるデザインが特徴的です。

ダッシュパネルからドアパネルに続く全体的にラウンドな形状で広がりと包まれ感を感じさせる造形と、ダッシュパネルの造形は横のラインを基調としており、ダイナミックさと品の良さがあいまったデザインです。ディテールにこだわった非常に美しいデザインで運転手を包み込むような安心感を与えてくれます。

ダッシュパネルには革調パッド、上位グレードではスエード調の素材を使用し、シートには全面本側を使用するなど質感も非常によく、このクラスながらもプレミアムSUVのような雰囲気を味あわせてくれます。

そして視線移動の少ないメーターパネルの配置やナビ・エアコンパネルの位置、そして足元は自然な足の配置と移動の負担の少ないオルガンペダルを採用しています。マツダらしい非常に運転しやすいレイアウトです。

CX-3の内装(インテリア)に対する口コミ/評判の傾向

デミオと変わらない

デミオとそれほど変わらないデザインで物足りなさを感じるという意見が多くありました。シャーシなどベースが共通なのでしょうがない部分もありますが、デミオのコスパの高さを考えると非常に不満のようです。

価格の割に貧弱

車両価格はそれなりに良い価格なのに、デュアルエアコンも電動シートもなく質感もプラスチック感があり価格の割に貧弱だという意見がありました。

CX-3はデミオと比較されて車格の割に作りが弱いところが残念なポイントなようです。

CX-3ユーザーの実際の口コミ

CX-3の内装はコンパクトSUVながらも非常に渋いデザインでオトナな雰囲気があります。誰が乗ってもおしゃれですね。

内装や走行している姿を見ているとどんどんその魅力に見入っていきます。CX-3のデザインは非常に不思議です。

MEMO

もしCX-3を買おうと考えているなら、あわせて正しい値引き交渉のやり方も覚えておくといいですよ。

このやり方を知らないと最大60万円以上も損しますよ。詳しく知りたい方は、下記の『たった1分で車を60万円値引きできる裏技』のページをご覧ください。 裏技を知って後悔する人たった1分で車を60万円値引きできる裏技!安く購入する秘密のテクニックとは?!

CX-3の走行性能(走破性・安全性)の口コミ/評判

評価
走行性能(走破性・安全性)
(4.0)

CX-3の走行性能(走破性・安全性)の特徴

CX-3 安全性

2種類のパワートレイン

CX-3には2.0Lガソリンエンジン、1.8Lディーゼルエンジンと2つのパワートレインがあります。

エンジンディーゼルエンジンとは?仕組み/構造を簡単にわかりやすく解説!

CX-3の魅力をバッチリ感じたいなら1.8Lディーゼルエンジンがおすすめです。非常に太いトルクでグイグイ走ってくれるうえ燃費もよく燃料代も安いなど、経済性と走行性能の両立したユニークなエンジンです。

2.0Lエンジンはガソリンエンジンらしくスムーズな走りです。ディーゼルと違いススのたまりやすいなどといったトラブルは少ないので、ちょい乗りが多い人はこちらのほうがおすすめです。

悪路走破性

CX-3の4WDはi-ActivAWDといって、電子カップリングを使いタイヤやステアリングやワイパーなどさまざまなセンサーから周囲の状況を的確に汲み取り、積極的な制御で運転に介入し、常に最適なトルク配分で安定した走りをします。

スタンバイ式のようにトルク配分にタイムラグが出たり、フルタイム4WDのように常に負荷がかかることもないので、非常に効率よく走りにも燃費にも貢献するシステムです。

ただ最低地上高は4WDでも160mmとSUVにしては低く、積極的に悪路を走りに行きたいと思える車ではありません。

なおCX-3の走破性については以下の記事でも取り上げているので、興味のある方はこちらもあわせて参考にしてみてください。

マツダ CX-3マツダCX-3は雪道に弱い?雪道走行の性能について徹底分析しました!

先進安全装備

CX-3は単眼カメラとレーダー、そしてソナーによって周囲の状況を認識し、安全対策を取るスマートブレーキサポートが搭載されています。

単眼カメラによって前方の歩行者や白線を、レーダーによって車両を認識しており、状況に合わせて警報をならします。それでも運転手が無視する場合はブレーキを踏んで安全を確保します。

その他にも車線逸脱防止や踏み間違い防止アシスト、ハイビームアシストなど十分な予防安全装備が搭載されています。カーテンエアバッグなども設定されているので安全性は非常に高いので安心です。

CX-3の走行性能(走破性・安全性)に対する口コミ/評判の傾向

ディーゼルはタイムラグが有る

ディーゼルエンジンは走りが良いが、タイムラグが気になるという意見が多くありました。前期は1.5Lエンジンで中速域以降のパワーが足りないという人がいました。1.8Lエンジンになってからはよく走るようです。

ガソリンエンジンはスムーズ

アクセルレスポンスがよく十分にパワーがあるので、非常に良く走るという評判があります。高速や峠でラクに走りたいときはガソリンエンジンのほうがおすすめとのことです。

CX-3ユーザーの実際の口コミ

CX-3の加速はノーストレスでよく走るとのことです。ガソリンエンジン並みにスムーズに加速するのが魅力です。

加速については以下の記事でも取り上げているので、詳細まで知りたい方はこちらもあわせて参考にしてみてください。

マツダ CX-3マツダCX-3の加速性能を解説!0-100km/h加速タイムはどのくらい?

1.8Lディーゼルはパワーが上がっただけでなく、静粛性なども向上しているようです。エンジンの変更は、余裕の排気量で快適な走りを狙っているのかもしれませんね。

CX-3の燃費の口コミ/評判

評価
燃費
(4.0)

CX-3の燃費の特徴

CX-3のカタログ燃費はガソリンモデルで16.0km/L、ディーゼルモデルで20.0km/Lという数値です。WLTCモードというJC08モードより厳しい測定方法でありながらも20km/Lと非常に良い燃費性能をしています。

ガソリンモデルにはスカイアクティブ技術で優秀な燃費改善の仕組みが組まれていますし、燃費は良くても騒音や排気ガスの問題があるディーゼルエンジンを改良し、乗用車のエンジンとして出してきました。燃費性能は非常に優秀です。

スカイアクティブエンジンスカイアクティブエンジンとは?どんな仕組み?搭載車は何の車種か紹介!

なおディーゼルエンジンの燃費については以下の記事でも取り上げているので、詳しく知りたい方はこちらもあわせて参考にしてみてください。

ベンツCクラス ディーゼルエンジンクリーンディーゼル車は燃費が悪い?低燃費車を比較してランキングで紹介!

CX-3の燃費に対する口コミ/評判の傾向

実燃費のカタログ達成率

CX-3の実燃費はガソリンモデルでは11~13km/Lとカタログ燃費達成率は約7割、ディーゼルモデルは17~20km/Lとこちらはおおよそ9割近く達成しています。

燃費は走り方や車両状況によって大きく変化しますが、カタログ燃費の6~7割と言われている実燃費がこれだけの数字が出ているので非常に優秀だと言えるでしょう。

軽油が安くて助かる

CX-3は燃料代の安い軽油が使えます。燃費も良い上に燃料代も安く、非常に助かっているという意見が多くありました。ディーゼルエンジンは頼もしいですね。

CX-3ユーザーの実際の口コミ

ガソリンモデルで16km/Lも走っているとのことです。カタログ燃費を達成しており十分な性能ですね。

ディーゼルエンジンでは18.8km/Lという数値が出ているようです。このスタイリッシュなデザインでさらに燃料代も安く、とても魅力があります。

なおCX-3の燃費については以下の記事でさらに詳しく解説しているので、詳細まで知りたい方はこちらもあわせて参考にしてみてください。

マツダ CX-3CX-3の燃費は悪い?街乗りや高速の実燃費は?改善し向上させる方法まで解説!

CX-3の乗り心地の口コミ/評判

評価
乗り心地
(2.0)

CX-3の乗り心地の特徴

CX-3 インテリア

CX-3はそのスタイリングのためか、運転席からの視界は良くありませんのでバックカメラなど補助的な装備があったほうが良いでしょう。シートは適度な硬さとホールド性のおかげで長時間の運転でも疲れにくそうです。

ただ乗り心地はあまり良くありません。ハンドリングは素直な動きで回頭性はよく操作しやすいのですが、荒れた路面からの突き上げが強く快適な乗り心地ではありません。

そしてエンジンノイズなどはうまく抑えられており静かですが、その分ロードノイズがとても気になります。上質なエクステリアやインテリアから受ける印象とは大きく違い、がっかりするかもしれません。

CX-3の乗り心地に対する口コミ/評判の傾向

跳ねる足回り

CX-3の意見として多いのが乗り心地が最大のウィークポイントだという意見です。タイヤのせいなのかボディ剛性のなさからくるものなのか突き上げが強く、乗り心地が非常に悪いとのことです。

お店に侵入する際の段差でドライブレコーダーが振動感知して録画を始めたという意見もあります。

マイナーチェンジで少しは改善されている

乗り心地が悪いという意見の多いCX-3ですが、マイナーチェンジでそのあたりが改善されているという意見もありました。

とはいってもそれでも突き上げが強く感じるという意見が多くあるので、乗り心地が気になる人は前期モデルはできるだけ避けたほうが良いでしょう。

CX-3ユーザーの実際の口コミ

CX-5ユーザーがCX-3に乗っても十分に乗り心地がよく感じられるようです。感じ方は人それぞれですが、CX-5も結構硬めの乗り心地なのでしょうね。

乗り心地で言えばディーゼルモデルよりもガソリンモデルのほうが良いようです。ガソリンのスムーズさはディーゼルではなかなか超えられません。

なおガソリンエンジンとディーゼルエンジンの違いは以下の記事でも解説しているので、詳しく知りたい方はこちらもあわせて参考にしてみてください。

車のエンジンガソリンエンジンとディーゼルエンジンの違い3つ!比較すると熱効率や寿命が全然違う?!

CX-3の広さ・居住性の口コミ/評判

評価
広さ・居住性
(3.0)

CX-3の広さ・居住性の特徴

CX-3 シート

想像以上に狭い車内空間

CX-3は乗車定員5人ですが、車内は幅が狭くて天井も低くデミオ並の車内空間なので後席の居住性はよくありません。前席で大人2人で乗るための車だといえるでしょう。

お子様が小さいご家庭であれば後部座席に乗せることはできるでしょうが、大人4、5人でお出かけなどといった用途には正直不向きです。

車中泊は難ありだけどなんとかなる

CX-3での車中泊は身長170cmほどの体格の人ならばなんとかできます。

後席を倒してラゲッジスペースを最大限に確保することで長さ1,500mm程度のフラットな空間ができます。ただしシートが浮き気味なので若干斜めになることは諦めるしかありません。

身長の低い方であればこのままマットを敷いて寝ることができますが、150cm以上の人場合は対角線にマットを敷くことでスペースが確保できます。

多人数での車中泊は不可能ですが、一人で仮眠程度に使う目的であればなんとかなるでしょう。

CX-3の広さ・居住性に対する口コミ/評判の傾向

後部座席は狭い

CX-3の後部座席は狭いという意見が多くあります。ある程度体格の良い男性が座ると狭く感じるようですが、170cm程度の人が前と後ろに座る分にはそれほど問題ないようです。

隙間を埋めればまっすぐ寝られる

後席を倒して前席との隙間を埋めることができれば、170cm程度の体格の人でもまっすぐ寝られるようです。CX-3で夫婦二人で車中泊をしている人もいました。

CX-3ユーザーの実際の口コミ

広さはデミオとそれほど変わらないサイズです。広さを求めるなら他車のSUVも選択肢に入ってきますが、それを上回るほどのエクステリアに魅力があるようです。

CX-3は後席の狭さがやはり問題視されているようです。コンパクトSUVらしい使いやすさや運転のしやすさがある分、狭さがあるのはしょうがないようです。

CX-3の実用性の口コミ/評判

評価
実用性
(3.0)

CX-3の実用性の特徴

CX-3 ラゲッジ

CX-3のラゲッジルームはコンパクトカー程度のサイズで必要十分な大きさです。数泊の旅行などで人数分の荷物を載せようと思うと狭く積載性が良いとは言えません。

ラゲッジボードをどかせばアンダースペースがあるのでその分スペースを稼ぐことができますが、限界があります。

二人乗車であればシートを倒すことでフラットで大きなラゲッジスペースができます。6対4で左右に別れて倒せますので乗車人数に合わせて使うことができます。

後席は狭く、間口も狭いので乗り降りは良くありません。小さいお子様や足腰が弱い人は乗り降りが大変でしょう。

しかしチャイルドシートの乗せおろしは普通にできますしラゲッジスペースにベビーカーを乗せることができる十分なスペースがありますので、子育て世代におすすめというわけではありませんが、普通に使うことは可能です。

CX-3の実用性に対する口コミ/評判の傾向

予想しているよりは積載性は良くない

積載性はどちらかというと悪い方の荷室という見方が多いです。しかしCX-3を購入する人のほとんどが積載性の低さを覚悟の上で購入しており、特に問題にはならないという人が多いようです。

必要であれば後席を倒す

積載性が必要なときは後部座席を倒せば大丈夫という意見が多くありました。後席を倒せばゴルフバッグも余裕で積めますし十分な広さがあるので問題ないとのことです。

CX-3ユーザーの実際の口コミ

SUVとしては使い勝手は良くないかもしれませんが、そもそもユーティリティの高いSUVだと思わなければそれなりの積載性だという意見があります。

荷物はデミオのほうが積めるかもしれないとのことです。積載性はデミオのほうが良いという意見が多くありました。

CX-3の故障・メンテナンスの口コミ/評判

評価
故障・メンテナンス
(3.0)

CX-3の故障・メンテナンスの特徴

メンテナンス

CX-3の整備性

CX-3はガソリンモデルとディーゼルモデルがありますが、それぞれ特別な決まった整備があるわけではありません。

普通の乗用車と同じようにオイル交換やブレーキパットなどといった消耗品の交換で十分です。ただディーゼルモデルはエンジンオイルの量が多く、汚れにも弱いのでシビアに見ておいたほうが良いでしょう。

オイル交換(クリーン)ディーゼルのエンジンオイル交換ガイド!頻度や費用など全て解説!

エンジンルームはターボや大きなエンジンなどが詰まっており狭いですが、ウォッシャー液の補充など必要な部分は手が入りやすいので日常の整備はしやすい構造です。

CX-3の故障のしやすさ

CX-3のディーゼルモデルはエンジン内にススが溜まりやすい傾向があります。

320d エンジン(クリーン)ディーゼルの煤問題とは?除去・洗浄や対策方法まで全て解説!

近場ばかりの走行が多いと調子が悪くなる可能性があるので、そういった用途の場合はガソリン車をおすすめします。

その他には緊急ブレーキなどのセンサーやカメラ類が正常に作動しなくなるトラブルはあります。これらは気候や状況により誤作動する場合もあります。よくわからない場合はディーラーで相談しましょう。

CX-3の故障・メンテナンスに対する口コミ/評判の傾向

エンジンの不具合が多い

初期者のCX-3はDPFやススが溜まりやすいなど特に注意が必要なようです。こちらはリコールで何度かリプロされているようなので、気になる人は一度ディーラーに問い合わせてみましょう。

EGRセンサーの不具合

排ガスを再生するEGRのセンサーが故障したという意見がありました。この場合はエンジンチェックランプが出るのですぐに対処してもらいましょう。

CX-3ユーザーの実際の口コミ

ディーゼルモデルはススが溜まりやすいですが、こうやって高回転で走行することで多少はススのたまり具合を抑えることができるようです。豆知識としてあると助かりますよ。

どうやら電動ファンが故障したようです。オーバーヒートが起こらなくてよかったですね。

CX-3の価格・値段の口コミ/評判

評価
価格・値段
(3.0)

CX-3の価格・値段

グレード価格
20S212.7万円
20S proactive233.2万円
20S proactiveSpackage243.0万円
20S Lpackage256.6万円
20S ExclusiveMods259.8万円
XD243.6万円
XD proactive263.0万円
XD proactiveSpackage272.8万円
XD Lpackage283.6万円
XD ExclusiveMods286.8万円

CX-3はガソリンモデルは212万円から259万円とそれなりの価格設定になっています。最初から安全装備なども付いていますので、コストパフォーマンスは高めです。

ディーゼルモデルは243万円からとガソリン車と比べると価格差は30万円ほどあります。ボディサイズから考えるとそれなりの価格設定になっていますが、質感などを考えると十分なお買い得な価格だと言えるでしょう。

CX-3の中古相場

CX-3は2015年に発売され3年経過しています。ちょうど初回車検を迎える年式の車両が増え、中古市場にも車体が多くなる時期です。

価格は約120万円から、高いものは約300万円と高い価格水準と幅広い価格帯です。流通量が多い価格は160万円から250万円程度となっています。

MEMO

もしCX-3を買おうと考えているなら、あわせて正しい値引き交渉のやり方も覚えておくといいですよ。

このやり方を知らないと最大60万円以上も損しますよ。詳しく知りたい方は、下記の『たった1分で車を60万円値引きできる裏技』のページをご覧ください。 裏技を知って後悔する人たった1分で車を60万円値引きできる裏技!安く購入する秘密のテクニックとは?!

CX-3の価格・値段に対する口コミ/評判の傾向

一見高いがお買い得な設定

ボディサイズを考えると一見高く感じるが、安全装備の充実しておりオプション設定も安めの価格なので、トータルではお買い得な価格になるという意見があります。

近年車両価格の上昇が目に見えて感じられますが、CX-3の装備を考えると非常にお買い得です。

中古価格は高い

新車価格の割に中古相場は下がらないので、中古で買うのはお買い得ではないという意見があります。確かにCX-3の中古相場は値段が下がらないのでお買い得とは言い難いところがあります。

CX-3ユーザーの実際の口コミ

CX-3の新車価格がやっと価格相応になってきたというなかなか手厳しい意見があります。

前期型はディーゼルエンジンのみのラインナップであったり足回りがあまり良くなかったりと酷評される部分もあります。

CX-3はボディサイズや値段で特別性がなく、没個性的に見られているようです。値段が高いと感じられてしまってはなかなか振り向いてもらえないのでもったいないです。

なおCX-3の価格については以下の記事でさらに詳しく解説しているので、詳細まで知りたい方はこちらもあわせて参考にしてみてください。

CX-3マツダCX-3が高い理由3つ!ただ高額なだけじゃなかった?!

CX-3の維持費・税金の口コミ/評判

評価
維持費・税金
(4.0)

CX-3の維持費・税金の特徴

車 維持費

CX-3の維持費を下記の条件で計算します。

  • 年間走行距離約1万キロ程度
  • 旅行で1,000キロほど高速をつかう
  • 車検及び整備の見込み費用として14万円

CX-3は排気量1,800cc、重量1.5トン未満のコンパクトSUVです。自動車税、重量税、自賠責などかかる税金を年計算でだしてみると毎年64,715円が税金として請求されます。

税金以外でかかる費用はガソリン代、高速代や整備費そして任意保険を計算すると244,000円ほどになります。

先程の税金と合わせると年間維持費は308,715円です。ここに駐車場やローンの場合は車両の価格が上乗せされる形になります。XDプロアクティブは、60回ローンで月々54,500円程となります。

ですから維持費と合わせると月々が約80,000円で維持することが可能です。

CX-3はこのクラスでは排気量が大きいので自動車税は高めになります。少しでも抑えたい場合は前期型の1.5Lモデルの購入などを検討すると良いでしょう。

CX-3の維持費・税金に対する口コミ/評判の傾向

ディーゼルは燃料代が安い

ガソリン車に比べ燃費も良く、燃料価格も安いので月々の燃料代が節約できて嬉しいという意見がありました。燃費はそれほど変わらなくても燃料価格の差額で十分にもとが取れるという人もいます。

ガソリン(クリーン)ディーゼルの燃料は軽油?灯油やガソリンを給油しても走れる?

リセールバリューが高い

人気のある車なのでリセールバリューが高く、結局そんなにお金がかからないという意見がありました。維持費も安く、数年後の下取りも期待できるとあれば非常に魅力的ですね。

CX-3ユーザーの実際の口コミ

CX-3とXVで比較するとXVの方がコストパフォーマンスが高く感じる方もいます。維持費的には軽油を使えるCX-3のほうが安くなってくるのでどちらが良いのでしょうか。

ミドルクラスSUVのCX-5が欲しい人が、維持費を考えてCX-3にするという考え方もありのようです。自動車税や燃費が違ってくるので悩ましいところですね。

なおディーゼルエンジンの維持費については以下の記事でも考察しているので、興味のある方はこちらもあわせて参考にしてみてください。

車 維持費(クリーン)ディーゼルの維持費は安いかハイブリッド、ガソリンと比較!お得か高いか決着!

CX-3のグレード・仕様の口コミ/評判

評価
グレード・仕様
(5.0)

CX-3のグレード・仕様の特徴

CX-3 グレード

CX-3はガソリン・ディーゼルモデルともに

  • ベースグレード
  • 量販グレードのプロアクティブと上級装備を備えたSpackage
  • 上級グレードのLpackage
  • 特別仕様車のExclusiveMods

と4つのグレード構成です。

ポイント

ベースグレードは安全装備や内装の質感など、乗用として必要十分な装備を整えているグレードです。量販グレードのプロアクティブはベースグレードに予防安全装備や最適な配光をするアダプティブLEDヘッドライライト、レーンキープアシストなど先進の安全装備が搭載されたモデルとなっています。

Spackageはそこに電動シートやLEDフォグランプなど、上級の装備を搭載しつつも低価格になっています。

そしてLpackageはSpackageについている電動パワーシートなどはもちろんのこと、スエード調のインパネなどでインテリアの質感が良くなっている上級グレードです。

特別仕様車のエクスクルーシブモードはホワイトレザーを使ったパネルやシート、スーパーUV・IRカットガラスなどを採用し、ワンランク上の上質な車に仕上がっています。

4WDは全グレードで選択することが可能です。

CX-3のグレード・仕様に対する口コミ/評判の傾向

CX-3の人気グレードは量販グレードのプロアクティブです。必要十分な装備と価格のバランスが良く、ガソリン・ディーゼルモデルともに人気があり、販売台数の半分以上がこの2グレードで占めています。

次に人気なのがベースグレードです。こちらは価格が抑えられていますがCX-3のデザインと、十分な装備が得られるのが人気の理由になります。逆にLpackageは価格が高めの設定のためか、目に見える人気はないようです。

CX-3ユーザーの実際の口コミ

CX-3はディーゼルだけでなく、ガソリンモデルにもマニュアルミッションがあることが嬉しいですね。

マニュアルミッションが減少し、そしてスポーツタイプのプレミアムモデルになりつつある現代、こうやって普通に選択できることは喜ばしいことです。

初期型は1.5Lディーゼルエンジンのみのラインナップとかなり狭い、限定された市場でした。

現在ではディーゼルも排気量アップし、ガソリンモデルも選べるようになるなど日本の市場に合わせたラインナップとなり、選択しやすくなっています。

総評

ここでCX-3の総評をしていきます。

の評価
外装(エクステリア)
(5.0)
内装(インテリア)
(3.0)
走行性能(走破性・安全性)
(4.0)
燃費
(4.0)
乗り心地
(2.0)
広さ・居住性
(3.0)
実用性
(3.0)
故障・メンテナンス
(3.0)
価格・値段
(3.0)
維持費・税金
(4.0)
グレード・仕様
(5.0)
総合評価
(4.0)

CX-3は2.0Lのガソリンモデルから1.8Lディーゼルモデル、さらに両モデルにマニュアル設定ありと車がすきな人には非常に刺さる玄人好みの車です。

デザインやインテリアの質感もよくできており、エンジン性能や燃費性能も非常に高く、非常に良くできています。

しかし乗り心地は、突き上げの強さやタイムラグを感じるアクセルレスポンスなどお世辞にも良いとは言いにくい部分があります。さらにディーゼルエンジンはカーボンの蓄積問題がよく聞かれますので、人によっては悩む部分かもしれません。

ポイント

CX-3の魅力はスタイリッシュなボディデザインやクリーンディーゼルなど豊富なパワートレイン、そして意外と維持費が安くつく点です。こういった部分に魅力を感じるひとには非常におすすめできます。

しかし実用一辺倒の人や、乗れればいいという人にはちょっと使い勝手が悪く、乗り心地も良くないので割高に感じるかもしれません。

乗る人を選ぶ車ですので、購入する際には実車確認や試乗などしっかりと確認しましょう。

なおCX-3については以下の記事でも取り上げているので、詳細を知りたい方はこちらもあわせて参考にしてみてください。

CX-3マツダCX-3が高い理由3つ!ただ高額なだけじゃなかった?!マツダ CX-3CX-3の燃費は悪い?街乗りや高速の実燃費は?改善し向上させる方法まで解説!