1分で車を60万円値引きする裏技

ヤナセの中古車は値引きできる?実例も交えて解説!

輸入車販売で名高いヤナセは外車の新車販売だけでなく中古車販売も手掛けるようになりました。

そんなヤナセで中古車を買う時に値引きができるかどうかは良くわかりませんよね。

今回はヤナセの中古車の値引きについてご説明します。

ヤナセの中古車は値引きできるのか

自動車ディーラー

ヤナセは新車の販売時に値引きをしないことで有名で、安易な値引きで客を取り込むよりブランドイメージを大切にしています。

中古車の場合でも基本的なスタンスは変わりませんが、多少なら値引きをしてくれる場合があります。

ヤナセでの通常の値引き額

ヤナセではメルセデスベンツやBMW、アウディなどさまざまな輸入車を取り扱っていますが、同じヤナセでも自動車メーカーごとに違う店舗を設けています。

中古車販売もメーカーごとに分かれており、一般の中古車とそれぞれの自動車メーカーの認定中古車が販売されています。

メーカーごとに高級車もあれば大衆車もあるので一概に値引き額は決まりませんが、高級車として名高いベンツであっても100,000円~200,000円ぐらいの値引きしか期待できません。

値引き額は基本的に営業担当との折衝次第ですが、ヤナセの営業担当はあまり値引きしない前提で交渉していますので、最初から値引きの話を出しても応じてくれません。

交渉の終盤においてもう一息というところで値引きするので、金額自体はあまり大きなものが期待できないのです。

普通の自動車ディーラーであれば競合他社と比較させて値引きさせることもできますが、ヤナセの場合競合となるシュテルンとは販売スタンスが違うため、比較してもヤナセは応じない場合もあります。(シュテルンとの違いについては以下の記事をご参照ください。)

ベンツ シュテルン徹底比較してみた!ヤナセとシュテルンの3つの違い!

ヤナセで中古車を買う際にはあまり大幅な値引きに期待はできませんので、値引きの交渉自体もあまりしないほうが良いでしょう。

営業担当との関係が悪くなるほうが結果的に損になります。

ヤナセの中古車に値引きは妥当?

そもそもヤナセの中古車は品質に見合った値段設定になっており、値引きがなくても十分に価値のある車なのです。

ヤナセの中古車は認定中古車であろうと一般の中古車であろうと、他社の中古車より品質が良いことで知られており、車自体の状態もよく、また保証内容も充実しています。

そのため値段的に高いと思っても、もとより国産車よりトラブルの多い輸入車の、しかも中古車ですから、車の品質を最優先に考える事が先決です。

シュテルンやほかの中古車店の中古車がすべて悪いわけではありませんが、ヤナセは長年輸入車を販売している実績もありますし、輸入車の中古車としては最も信頼できるものと言えるでしょう。(ヤナセの評判は以下の記事をご参照ください。)

ヤナセ認定中古車が高評価?ヤナセの評判を徹底的に調査しました!

ヤナセで購入できる中古車を見つけたのであれば、あまり値引きなどにこだわるよりは、品質と保証に重点を置くのも大事です。

ヤナセでの中古車値引き事例

あまり値引きの多くないヤナセの中古車ですが、Twitterには実際に値引きを行った人の事例がいくつか挙がっていますので、その中から3つご紹介しましょう。

こちらの方は結構大幅な値引きをしてもらったようですが、あるタイミングを狙って購入すれば大きな値引き額を引き出せるようです。

このことについてはのちほど詳しく解説しましょう。

ヤナセの営業とのやりとりは普通のディーラーの営業とは一味違い、最初から値引きについていってくることはないようです。

ヤナセのブランドイメージを重視するスタンスは徹底していますので、こちらもあまり最初から無理な要求をしない方が無難でしょう。

こちらの方もヤナセの営業と実際にやりとりされたようで、値引きについてはあくまでヤナセの営業が話し出すのを待ったほうがよいということでしょう。

中古車と言えど輸入車の場合はトラブルなどで頻繁にディーラーにお世話になることもあり、ディーラーと良好な関係を築いておくのも大事なことです。

ヤナセで中古車の値引きをするポイント

ヤナセでは中古車の値引きは大きく期待できないのが普通ですが、時期を選ぶことで通常より大きい値引き額を引き出すことができます。

そんな値引きのポイントを2つご紹介しましょう。

MEMO

その前に値引きのやり方の一番基本的な重要な点は下記のページで紹介しています。

このやり方を知らないと最大60万円以上も損しますよ。詳しく知りたい方は、下記の『たった1分で車を60万円値引きできる裏技』のページをご覧ください。 裏技を知って後悔する人たった1分で車を60万円値引きできる裏技!安く購入する秘密のテクニックとは?!

決算時期を狙う

車とお金

どんな自動車ディーラーでも決算時期というのはできるだけ車を販売したいもので、ヤナセといえど例外ではありません。

この時期にはとにかく販売台数の実績が重要視されるので、値引きも通常より大きくなる可能性が高くなります。

決算時期と呼ばれるのは上半期の決算を行う8月~9月と、年度末の決算を行う3月です。

前述のツイートにもあるように8月~9月のお盆の時期も値引きは多いのですが、それよりさらに多いのが3月なのです。

ツイートでは270,000円の値引き額を提示されたとありますが、3月の年度末決算時期になればもう少し引き出せる可能性が高く、300,000円~400,000円ぐらいも期待できます。

特にそのメーカーで売れ行きの良い車ほど値引きは多い傾向にあり、そういった車種を狙うのも有効です。

とはいえ中古車は水物であり、時期に限らず良い1台が出てくることもあります。

決算時期まで待ってみるのも良いですが、その前に誰かに買われてしまう危険性もあるでしょう。

気に入った中古車ですぐに決算時期がこないのであれば、値段よりその1台を手に入れることを優先するのも、中古車探しでは重要です。

中古車を買う時期については、以下の記事でも詳しく解説しています。こちらの記事もあわせて参考にしてみてください。

車を探す適当に買うと大損する?!中古車の購入時期の決め方の3つのポイント!

モデルチェンジ時期を狙う

車には必ずモデルチェンジの時期というものがあり、モデルチェンジ前後にその前型車は値崩れを起こします。

それは中古車市場でも同じことで、型が1代古くなればその分中古車価格も下がります。

モデルチェンジには、小規模な変更を行うマイナーチェンジと、車体骨格やエンジンから全面改良するフルモデルチェンジがあります。

マイナーチェンジでも前型車の値段は下がりますが、あくまで小変更なので大幅な値崩れにはつながりません。

フルモデルチェンジの場合にはデザインから何から新しくなるので、前型車は文字通り時代遅れとなり、新車価格はもとより中古車価格も30%~40%下がることも珍しくありません。

ヤナセで扱っているのは輸入車なのでモデルチェンジの情報が多少つかみにくいですが、自働車情報誌やネットの情報を頼りに欲しい車の次期型が出ないか、また出る時期はいつ頃かなどを情報収集してみましょう。

そのうえで購入時期を決め、モデルチェンジの前後でヤナセに中古車の見積もりを取らせれば、どのぐらい安くなっているかが客観的に見えるでしょう。

値引きとしてはあまり多くなくても、そもそもの車両価格が下がっていれば同じことですよね。

これからヤナセで買おうと思っている方は、以下の記事もぜひあわせてご覧ください。購入の参考になりますよ。

アウディ ディーラーアウディはヤナセで買うべきか?どんな違いがあるのか解説! ヤナセディーラーヤナセとベンツやBMWの正規ディーラーとの違いは?詳しく解説!