アウディは高級輸入車御三家と呼ばれる自動車メーカーの一つで、ベンツやBMWと肩を並べる高級車です。

そんなアウディですが、車の故障率についてはどうなのでしょうか?

今回はアウディ車の故障率についてご説明しましょう。

この値引き交渉のやり方を知らないと、車を買う際に50万円以上の損をするかもしれませんよ。

営業マンに騙されずに、最大限まで値引きをしてもらうには、このやり方を知っておく必要があります。

詳しくは下記の車を確実に値引きして安く購入する二つの方法のページをご覧ください。

あわせて読みたい

アウディは故障が多いのか?

並木道を走るアウディ

車の故障率はメーカーや国などから公表されてはいませんが、客観的な指標の一つとしてJ.Dパワー社の発表する自動車耐久品質調査があります。

この調査は実際に車を買った顧客からの意見を集め、国ごとに車の故障率が低いメーカーをランキングしたものです。自動車メーカーなどとは独立した会社の調査ですので、信頼性の高い調査です。

まずはこの自動車耐久品質調査の結果を見ながら、アウディの故障率を見ていきましょう。

自動車耐久品質調査の結果は?

J.Dパワー社発表の自動車耐久品質調査は、1年ごとにそれぞれの国で調査されており、その国の環境や交通状況などでの故障率の大小がわかります。

この結果を見てみると、アウディはベンツやBMWと比べると突出して故障率が高いわけではないことがわかります。

あわせて読みたい

今回は日本、アメリカと、アウディの本国であるドイツでの結果をまとめてみました。

なお日本については2017年の最新結果が発表されていないので、前年の結果です。

日本(2016) ドイツ(2017) アメリカ(2017)
1位 レクサス 起亜 レクサス
2位 ホンダ ヒュンダイ ポルシェ
3位 トヨタ トヨタ トヨタ
4位 スズキ 三菱 ビュイック
5位 ダイハツ シュコダ メルセデスベンツ
6位 マツダ プジョー ヒュンダイ
7位 日産 日産 BMW
8位 スバル オペル シボレー
9位 三菱 ホンダ ホンダ
10位 アウディ フォード ジャガー
11位 メルセデスベンツ セアト 起亜
12位 BMW ルノー リンカーン
13位 MINI Volkswagen MINI
14位 Volkswagen ダチア GMC
16位 メルセデスベンツ アウディ
21位 アウディ
23位 BMW

それぞれの国でアウディの順位はずいぶん違いますが、私たちの日本市場でいえばなんとベンツやBMWを抑えて10位にランクインしています。

それより上位は日本メーカーが軒並みランクインしており日本車の故障率の低さがわかりますが、アウディはそれに次ぐ故障率の低さを誇っているのです。

しかしドイツになるととたんに21位まで後退してしまいますが、ベンツやBMWも下位に沈んでいますので、アウディが特別故障率が高いわけではありません。

ベンツやBMWが力を入れているアメリカ市場ではアウディは16位で、アメリカでは後塵を拝しています。

いずれの国でもドイツ車と比較すると日本車、韓国車の故障率の低さが際立っており、アウディを含めたドイツ車はこれらに一歩及ばないという結果です。

あわせて読みたい

アウディの故障率が高いと言われる理由

前述の結果を見てみると日本車や韓国車に比べてドイツ車の故障率が多いように思いますね。

ただ実際には日本車や韓国車の故障がとても少ないことが原因で、「故障率が高く見えてる」だけです。

もっと詳しく説明しましょう。

日本車は故障率がとにかく低すぎる

ドイツ車をはじめとした輸入車は故障が多いと昔から言われていましたが、現在のドイツ車は当時とは比べ物にならないほど信頼度が増しています。

故障率自体も少なくなってきており、事実米国市場ではベンツやBMWは上位につけていますよね。

しかしそれと比較してみても日本車などの故障率はさらに低く、ドイツ車が進歩するのと同時かそれ以上に日本車の信頼性が増しているのです。

それゆえに、故障率としては日本車に負けてしまい、「故障が多いのではないか」と言われたりするわけです。

輸入車は日本の環境に慣れていない

日本で輸入車の故障が多い理由にはもう一つあり、日本の高温多湿の気候も関係しています。

どうしても輸入車は日本の環境に適応していない部分もあり、それらが故障率の上昇につながります。

現在車の開発をする際には、その車を販売する地域の気候や環境などを考慮にいれて設計しています。

しかし何といってもその国のことが一番わかっているのはその国のメーカーですので、日本では日本車の故障率が低いのもうなずけます。

昔の輸入車よりは故障率は確実に改善していますが、アウディと日本車を比較してみるとどうしても日本車のほうが信頼性が高く、アウディは一歩及ばずなので故障が多いように見えるのです。

実際は故障が多いわけではなく、故障のことを気にして購入をためらう必要は全くありません。

もしアウディの購入を考えているなら、値引き交渉の正しいやり方を覚えておくといいですよ。このやり方を知っているだけで数十万円は違ってきます。詳しく知りたい方は下記の車を確実に値引きして安く購入する二つの方法のページをご覧ください。

あわせて読みたい

アウディオーナーの故障に対する評判

アウディの故障についてはTwitterにもいろいろな体験談が上がっており、今回はその中から3件ご紹介しましょう。

VW傘下だから品質は高い

アウディは長らくフォルクスワーゲンの傘下となっており、品質管理などはフォルクスワーゲンからのフィードバックを受けられる体制です。

フォルクスワーゲンはドイツ車の中では信頼性が高く、世界販売をトヨタと競うほどの大規模自動車メーカーです。

そのフォルクスワーゲン流の品質管理を採り入れているのだとすれば、信頼性が高いといえるでしょう。

あわせて読みたい

アウディの維持は大変

この方の友人がアウディに乗られていたようですが、実際には故障が多く大変だったようです。

どの年代のアウディかは判然としませんが、日本車に慣れている私達からしたらアウディは故障が多いように感じるのも自然です。

また交換パーツなどはドイツからの取り寄せの物もあり、修理金額や期間が長くなってしまうことがよくあります。

それでもドイツ車には魅力があるので、ある程度故障を覚悟しなれけばならないのは、仕方ないのかもしれませんね。

故障も点検もある程度は仕方ない

こちらの方は輸入車にかなり慣れてられるようで、アウディなどの外車は日本車のように行かないことを知っておられます。

日本車であれば故障すること自体がありえないことと捉えられるのですが、外車はどうしても故障が起こりがちなので、故障修理があるのを前提にして所有しなければなりません。

外車のデメリットばかりに気を取られると、ドイツ車ならではの良い点に気づけないまま買い換えをしてしまうことになるでしょう。

アウディを修理するとしたら

車の修理している画像

アウディの故障率は日本車に比べると高いため、故障が起こったらすぐに修理しなければなりません。

特にアウディは次のような部位が弱いと言われており注意が必要です。

エアコンの効きが悪くなる

輸入車全般に言えることですが、突然エアコンの効きが悪くなることがあります。

とくにアウディはヒーターが効かなくなることが多いとの意見があります。

エアコンのコンプレッサーやコンデンサーに問題がある場合もありますが、多くの場合はエアコンの温度センサーの故障です。

エアコンの温度センサーはデリケートな部品で日本の環境では壊れやすい部品です。

修理自体はセンサーの交換で済みますが、センサーを取り外すまでにいろいろな部品を外さなければならず、工賃が結構かかります。

一般的な修理費用は、部品代で5,000円~10,000円、工賃で20,000円です。

トランスミッションの不具合

アウディはトランスミッションの不具合が割合多いようで、部品交換で済めば費用も安くなりますが、最悪の場合にはトランスミッション交換となり高額修理の可能性があります。

自動変速機のトラブルが多く、特に最近主流になってきているDSGにトラブルが増加しています。

DSGとは簡単に言えばマニュアルトランスミッション(MT)の変速を自動化したもので、構造自体はMTと同じです。

しかしこの変速機構の部分にトラブルが多く、新しい機構であるだけに不具合が発生するのはある程度はしかたないでしょう。

DSGの部品交換で修理が完了すれば部品代と工賃込みで150,000円~2,000,000円で済みます。

故障が深刻でDSG自体を交換しなければならない場合には、中古のDSGを使って500,000円~1,000,000円、状態のよいものだと1,000,000円以上です。

こうなると国産の中古車1台を買うのと大差ない値段になってしまいます。修理するかどうかは状況次第ですが、特に走行距離の多いアウディにトラブルが多いので中古で買う場合には注意しましょう。

あわせて読みたい

車を確実に値引きし安く購入する方法!

これから車を買おうと思っている方、値引き交渉の正しいやり方はご存知ですか?

この値引き交渉のやり方を知らないと、車を買う際に最大で50万円以上の損をする可能性があります。

「値引きしてくれませんか?」「オプションをつけてくれませんか?」と何も考えずに交渉すると、営業マンに舐められます。「この客はバカだな(笑)」と足元を見られ、最低限の値引きしかしてくれないでしょう。

確実に最大限まで値引きするには、このやり方を知っておく必要があります。詳しくは下記の車を確実に値引きして安く購入する二つの方法のページをご覧ください。

あわせて読みたい

この記事を書いた人

佐藤茂道
佐藤茂道
某自動車メーカーのエンジン部門で開発経験あり。子供の頃から車雑誌を切り抜きし、高校ではオートバイ・車にどハマりする。就職する際に、某自動車メーカーを選び、仕事でもプライベートでも車漬けに。今は日産スカイラインR33が愛車。