1分で車を60万円値引きする裏技

誰も知らない最強技?!中古車を安く購入できる裏ワザ4選!

安い中古車を手に入れるには、中古車情報誌や中古車サイトを巡って出物を探すのが一般的な方法ですが、それ以外の方法ってあまりご存じありませんよね。

今回は安い中古車を購入する、いわば裏技的な方法をご説明します。

中古車を安く購入する4つの裏技

裏技は4つです。ご覧ください。

1.友人知人からの個人売買

売買

まず一つ目の裏技は、友人や知人から車を買うという方法です。

この方法では基本的に値段は交渉次第で決められますし、親しければ親しいほど安くしてくれることを期待できるのがが大きいのがメリットです。

中古車店さんで購入する場合には、簡単に書けば販売価格は次の通りになります。

中古車販売価格=車の相場値段(仕入れ価格)+店側の利益

個人売買では車の相場などあまり関係ありませんし、利益分も乗ってくるわけではありません。

ただし車を選べるわけではありませんし、友人知人が何らかのタイミングで車を手放すのであれば購入できる、といった制約があるでしょう。

普段から周囲に声掛けしておく、などすれば、機会は多くなるでしょう。

2.ネットオークションでの個人売買

オークション
1つ目の方法と似たような形態ですが、ネットオークションの個人売買で安く買う方法です。

「ヤフオク!」などの個人向けオークションに出ている車から出物を探すのですが、やはり中古車相場に左右されない価格で買えるのがメリットです。

ネットオークションにはさまざまな車種が毎日取引されていますので、お目当ての車がよほどレアでなければ見つけることはできるでしょう。

値段はオークションの競り次第ではありますが、良い出物に巡り合えたならお得な値段で購入できます。

ネットオークションならではの注意点には次のようなものがあり、怪しそうなオークションには参加しないようにしましょう。

  • オークション時には実車の状態が見れない。
  • オークションの情報が虚偽の可能性(事故歴なし、などが嘘だった、など)
  • 売り手は個人だけではなく業者も混じっている
「落札後、実車確認可能」となっているものであれば、落札してから購入するかどうか決められますので比較的安心です。

逆に「ノークレーム、ノーリターン」となっているのであれば、あまりに安い出物には飛びつかないのが賢明でしょう。

3.オートオークションで探してもらう

オートオークション

中古車屋さんに依頼して、オートオークションで安い中古車を探してもらう方法で、通常の中古車より安い値段で買うことができるのがメリットです。

車のオークションにはヤフオク!などの個人向けオークション以外に、中古車業者間のオートオークションというものがあります。

業者間同士で取引され私たち一般人は参加することができませんが、中古車屋さんに予算、乗りたい車種やボディカラー、オプション装備などを伝えることで、時間はかかりますが条件にあった中古車を探してもらえます。

中古車店側にとっても、店頭在庫を抱えるリスクがないので、30,000円~50,000円程度の安い手数料で請け負ってくれることが多いです。

どこの中古車屋さんでも請け負ってくれるわけではありませんが、普段から懇意にしている中古車屋さんを作っておけば、こういった依頼もしやすくなります。

条件に合った車が見つかるかどうかは運しだいですが、あまりに安い予算設定にしなければそのうち見つけてくれるでしょう。

4.インターネット中古車検索サービスを使う

なびくる

中古車情報誌や中古車サイトをしらみつぶしに探すのは結構大変なことで、そういった面倒を代行してくれるのがネットで使える中古車検索サービスです。

このサービスを活用して条件の良い中古車をさがして安い車を購入する方法です。

有名なサイトの一つが「なびくる+」で、このサイトでは中古車情報の中から条件にあった車を、無料で探してくれるサービスです。

なびくるでは車種や値段などの条件を入力すると、条件に沿った形で中古車の候補を探してくれます。その結果は中古車販売業者さんから連絡が来るサービスとなっています。

またこのサービスでは通常は情報が出ない非公開車両も対象に入っており、自分でいちいち探すよりも楽に目当ての車を見つけることができます。

料金は無料ですし、候補車両が見つかっても気に入らなかったら買わなくてよいので、リスクも少なく、手間もかからない便利なサービスです。

なお、正しいやり方で値引き交渉をすればもう少し安い価格で購入できます。

このやり方を知っているだけで数十万円は違います。詳しく知りたい方は下記のたった1分で車を60万円値引きできる裏技のページをご覧ください。

裏技を知って後悔する人たった1分で車を60万円値引きできる裏技!安く購入する秘密のテクニックとは?!

裏技を使ったらどのぐらい安くなるの?

では実際に裏技を使ってどのぐらい安くなるのか、実例でご説明しましょう。

裏技1.「友人知人からの個人売買」の実例

この裏技は値段の相庭と言うものはなく完全に交渉次第となるのですが、私が実際にこの裏技で購入した一例をご紹介します。

購入する車は「スカイライン R32」で、当時中古車市場で700,000円程度の車でした。

私はこの車を会社の先輩から譲ってもらったのですが、このときは本体価格150,000円で売ってもらいました。

中古車市場よりずいぶん安く譲ってもらえましたが、このときは先輩が別の車を買うということでタイミングが良かったのだと思います。

その他の諸経費を入れて、支払い総額250,000円でした。

裏技2.「ネットオークションでの個人売買」の実例

streetbslさん(@street_bsl)がシェアした投稿

ネットオークション大手のヤフオクには非常に多種多様な車がさまざまな値段で売られていますが、今回はその中の1例をご紹介します。

車は「日産 シルビアS15」で、中古車市場では800,000円程度の相場の車です。

ヤフオクの個人出品で出ている同じ車両で実際に落札されたものは、落札価格256,000円で購入されています。

実に中古車市場の1/4の価格という、驚きの結果です。

当然、いつでもこういった出物があるわけではありませんが、運よくこういった1台に出会えればかなりお得に購入できるでしょう。

なおこの車は車検あり、キズはあるけど故障無しの現状渡しという条件でした。

オークションの個人出品としては結構条件も良いのですが、当然保証などはありません。

また陸送手配や名義変更手続きも落札側で行わないといけないので、安い分少々手間がかかるということですね。

裏技3.「オートオークションで探してもらう」の実例

Julesさん(@jwpack24)がシェアした投稿

購入する車は「スバル レガシィ」、中古車市場で1,000,000円程度の車両です。

諸経費を入れると、総支払額1,200,000円程度になります。

この車を中古車屋さんにオートオークションで探してもらうと、なんと中古車市場の値段より200,000円程度は安く買えるのです。

まず探してもらう前に、手付金として50,000円を中古車屋さんに支払います。

そして希望車種と落札希望金額を伝え、あとは中古車屋さんからの連絡を待ちます。

その後探してもらうこと1か月、車両本体は750,000円程度で落札することができました。

まとめると次のようになります。

費用オートオークション通常の中古車市場
車両本体価格750,000円1,000,000円
諸経費200,000円200,000円
手付金50,000円0円
支払総額1,000,000円1,200,000円
お得額200,000円

条件にあった車が見つかるまで時間はかかりますが、待った分お得に買えるわけです。

裏技4.「インターネット中古車検索サービスを使う」の実例

検索した車は「トヨタ プリウス」の3代目で、中古車市場では1,100,000円が相場です。

この車を探してもらった結果、830,000円~910,000円前後の車が候補にあがってきました。

おおよそ中古車相場より200,000円程度は安い値段で提示されました。

検索と電話はすべて無料ですし、気に入らなかったら購入しなくてもよいので気軽に検索ができるサービスです。

個人売買での注意点

中古車を相場に左右されずに安く買うには個人売買が一番ですが、友人知人どうしでも、またネットオークションで取引した場合でも、いくつか注意点があります。

注意点1:名義変更は自分で行う

車の売買取引をしたら、同時に所有者の名義変更を行う必要があります。

必要書類を揃えて管轄の陸運局に届け出を行い、車検証の名義変更や新ナンバープレートの取得などを行わなければ、自分の車にはなりません。

通常中古車店さんで購入する場合は、こちらは書類を揃えるだけで名義変更手続き自体はお店が代行してくれますが、個人売買の場合はそうもいかないので自分でしなければならないのです。

注意点2:保証がない場合が多い

個人売買の場合、故障などに対する保証が一切ついていないのが一般的ですので、何かあったら自分で対処するしかありません。

特にネットオークションでは相手との取引は半分姿が見えない状態で行われますし、車に潜在的な故障があっても買い手は分からないことがあります。

そのようなリスクがあることを承知の上で取引を進めるようにし、実車確認や相手との折衝はできる限り行うようにしましょう。

注意点3:車検切れの場合

個人売買で購入する時には、車の車検が切れてしまっていることも珍しくありません。

その場合には自分で車検手続きをする必要があり、購入金額とは別個で車検費用と手続きの手間がかかるので注意が必要です。

特に個人宅に保管されている車検切れの車の場合、公道を走れませんので、そのままでは自走して陸運局に運び入れることができません。

その場合、警察署で発行される「仮ナンバー」を活用するか、車の陸送サービスを使う必要があります。

陸送サービスは結構な費用がかかりますので、ネットオークションで遠距離の相手と取引する時には、車検ありなしは非常に重要です。

注意点4:自動車税の取り決め

自動車税

個人売買の場合には、売買後の自動車税をどちら持ちにするのか決めておかないと、トラブルの元になります。

車を所有している人は毎年自動車税を納めており、車を売った時点でその年度の残り月分の自動車税は払う必要がなくなります。

残り月分は次の所有者が払うことになりますが、個人売買するときにきちんと取り決めを交わしておかないと、後でどちらが払うのかでモメるでしょう。

金額的に数万円単位の話ですので、友人知人と取引する時には特に気を付けましょう。

個人間で購入金額を折衝して安く購入できる個人売買ですが、その場合は中古車屋さんが行ってくれていた手続き関係を自分たちで行わなければいけません。

多少の費用と時間がかかりますが、車が安く買える分、仕方ないことと言えるでしょう。