スズキ スイフトはスポーティなデザインが特徴のコンパクトカーで、スズキの世界戦略車に位置付けられる重要な車です。

そんなスイフトですが、雪道への適応度についてはあまり解説されていませんよね。

そこで今回はスイフトが雪道に強いのかどうなのかを徹底解説しちゃいます。

この値引き交渉のやり方を知らないと、車を買う際に50万円以上の損をするかもしれませんよ。

営業マンに騙されずに、最大限まで値引きをしてもらうには、このやり方を知っておく必要があります。

詳しくは下記の車を確実に値引きして安く購入する二つの方法のページをご覧ください。

あわせて読みたい

スイフトは雪道での走行はどうなのか

スズキ スイフト

スイフトは現行型で4代目となり、4代目は2017年にフルモデルチェンジしたばかりの比較的新しい設計の車です。

駆動方式はFFを基本として、前輪がスリップしたときのみ駆動力を後輪にも伝えるオンデマンド式4WDもラインナップしています。

スイフトが雪道に強いかどうかは後程詳しく説明しますが、まず基本的に雪道走行にはタイヤをスタッドレスタイヤにするのは必須で、豪雪地帯ではそれに加えてチェーンが必要です。

スイフトに限らずどれほど雪道に強い車でも路面と唯一接触するタイヤが滑ってしまっては元も子もありませんので、タイヤを履き替えていることを前提としてお話しします。

それに加えて雪道ではスピードを落として走行し、慎重に運転するとともになにかあってもすぐ対応できる心構えが必要です。

現行スイフトはエンジンなどの仕様で大きく5タイプに分けられますので、それぞれの基本スペックを表にまとめた上でスイフトの雪道走行について詳しくご説明します。

なおスイフトにはスイフトスポーツという派生車種がありますが、こちらも一緒にご説明します。

ハイブリッド車 マイルド
ハイブリッド車
ガソリン車
(1.2L NA)
ガソリン車
(1.0Lターボ)
スイフトスポーツ
駆動方式 FF FF/4WD FF/4WD FF FF
エンジン K12C型 1.2L直4
DOHC16バルブ
吸排気VVT
+モーター
K12C型 1.2L直4
DOHC16バルブ
吸排気VVT
+モーター
K12C型 1.2L直4
DOHC16バルブ
吸排気VVT
K10C型 1.0L直3
ターボ DOHC
12バルブVVT
K14C型 1.0L直4
直噴ターボDOHC
16バルブVVT
最高出力 エンジン:
67kW<91PS>/
6,000rpm

モーター:
10kW<13.6PS>/
3,185rpm~
8,000rpm

エンジン:
67kW<91PS>/
6,000rpm

モーター:
2.3kW<3.1PS>/
1,000rpm

67kW<91PS>/
6,000rpm
75kW<102PS>/
5,500rpm
103kW<140PS>/
5,500rpm
最大トルク エンジン:
118N・m
<12.0kg・m>/
4,400rpm

モーター:
30N・m
<3.1kg・m>/
1,000rpm~
3,185rpm

エンジン:
118N・m
<12.0kg・m>/
4,400rpm

モーター:
50N・m
<5.1kg・m>/
100rpm

118N・m
<12.0kg・m>/
4,400rpm
150N・m
<15.3kg・m>/
1,700rpm-
4,500rpm
230N・m
<23.4kg・m>/
2,500rpm-
3,500rpm
変速機 AGS CVT 5MT/CVT 6AT 6MT/6AT
最低地上高 120mm 120mm~
145mm
120mm~
145mm
120mm 120mm
車両重量 940kg〜
960kg
900kg〜
970kg
840kg〜
960kg
930kg 970kg〜
990kg
価格 1,668,600円〜
1,949,400円
1,625,400円〜
1,941,840円
1,343,520円〜
1,713,960円
1,594,080円〜
1,844,640円
1,836,000円〜
2,050,920円

軽量なのは諸刃の剣

まず現行型のスイフトの大きな特徴として、車両重量の軽さがあります。

しかし雪道走行において重量の軽さはよいことだけではなく、デメリットもあります。

これまでのスイフトでも車の軽さに重点をおいて設計されており、現行型でもさらにその特徴を伸ばしています。

コンパクトカーとはいえ普通車なのにもっとも軽い仕様で840kg、重たいスイフトスポーツでも990kgと1t切りを目指して設計されています。

この重量はトールワゴンタイプの軽自動車より軽く、このお陰で運動性能や燃費に良い影響があります。

しかし車の重量が軽いと路面に駆動力を伝えにくくなる点があり、雪道では車が滑り出すまでの限界性能が低下します。

アクセルワークやブレーキが荒いと車のタイヤが空転したり、スリップが始まります。

とはいえ重量が重たいと滑り始める限界性能は高くなりますが、ひとたび滑り出してしまうと今度は重さがネックとなり立て直すのがとても難しくなります。

よく雪道で大きな4WDのSUVがスタックしていることがありますが、これは滑り出したあとで復帰できなかったことがよくあります。

この点ではスイフトの重量の軽さはメリットとして機能し、車が軽い分立て直すのが容易です。

スイフトの特徴を活かす運転としては、荒い運転になったときに滑り出すことを把握しておけば、そのあとで慌てず立て直すようにすることです。

一旦滑り出しても慌てなければハンドルワークやポンピングブレーキを活用して対応ができます。

4WDは思ったほど効かない

スイフトの足回り

スイフトにはFFと4WDがあり雪道に強いのはどちらかと言えば4WDなのですが、スイフトの4WDシステムではあまり雪道には強くありません。

4WDシステムにもさまざまありますが、スイフトのシステムは「オンデマンド式」と呼ばれるシステムで、通常走行時は前輪だけのFFですが、スリップを検知した時点で後輪にも駆動力を配分して4WDとなります。

通常走行時はFFなので燃費や騒音がよくなるメリットはあるのですが、4WDとしては簡易的なシステムといえます。

このシステムでもFFよりは雪道に強いのですが、前輪が滑り出してから後輪が駆動するので雪道ではスリップしやすいといえます。

またそもそもスイフトは出力やトルクがそこまで大きくなく、配分するとしてもそこまで4輪での駆動力は大きくできません。

雪道を走るのであれば、常に4輪が駆動できるフルタイム4WDが望ましいですね。

さらにスイフトの1.0Lターボモデルとスイフトスポーツには4WDの設定がありませんので、雪道走行を考えるとこの2仕様は選べません。

なおスイフトの主要緒言では「フルタイム4WD」と表記されていますが、2WDと4WDをドライバーが選択できないのでそう記載されているだけであり、多数ある4WDシステムを分類する規則がないのでフルタイムと記載されてしまっています。

実際にはパートタイム式に近いシステムですのでご注意ください。

わだちの上ではスタックの可能性も

轍

スイフトは乗用車のコンパクトカーなので車高は低い車ですが、その分床面の最低地上高も低く雪のわだちなどに乗り上げてしまう可能性が高いです。

わだちが凍結して固くなっているとスイフトの軽さとトルクの少なさではそのままスタックしてしまうこともあります。

雪が深い道ではタイヤが通る道だけ雪が減り、その間のタイヤがない部分に雪がたまっていることがあります。

これをわだちといい、雪道を走るときにはできるだけわだちに乗り上げないよう走るのが普通です。

しかし積雪が深くわだちの高さが高い場合、スイフトの最低地上高ではわだちにぶつかってしまうことがあります。

雪がまだ柔らかいときには問題は少ないのですが、雪が凍結して固くなっているとそのまま床下にガリガリぶつかることになります。

朝方などでわだちが固く凍結すると、最悪そこに床面で乗り上げてしまってタイヤの駆動力が逃げ、前にも後ろにも進めずスタックする可能性もでてきます。

SUVなどは大きなタイヤと車体設計で最低地上高をあげていますが、雪道でもその特徴は活かされスタックしにくい車です。

それと比べるとスイフトは深い雪道ではリスクが大きく、路面状況の見極めが非常に重要となるでしょう。

ESP標準装備は心強い

スズキ セーフティサポート

ここまでスイフトが雪道に不向きな点ばかりご説明することになってしまいましたが、ESPと呼ばれる横滑り防止装置が全車標準装備されているのは心強い点です。

ESPは(Electric Stability Program)の略で、横滑り防止装置のほかにトラクションコントロール、ABS(Anti-lock Break System)がすべて組み合わされたシステムです。

このうちトラクションコントロールは発進時のタイヤの空転を制御し、ABSでブレーキ時の空転を制御しますので、雪道での発進時や減速時に威力を発揮します。

また横滑り防止装置はカーブでのスリップを抑制できますので、こちらも雪道に強くなるシステムです。

これまでこれら一つづつの機能は標準装備されていたりオプション設定となったりさまざまでしたが、現行型スイフトではすべてを含むESPが標準装備になっているのは素晴らしいです。

これがあるから雪道で絶対滑らないというわけではないので過信は禁物ですが、確実にないよりは安定した雪道走行が可能となっているでしょう。

なおあまりに雪が深い場合はESPがあるとスリップばかりとなり走り出せなくなるので、その場合はESP OFFスイッチを使って解除しましょう。

どれぐらいの状況でOFFにするかは経験が必要ですが、どうしてもスリップして発進できないときには一度ESPを切ってみてください。

もしスイフトの購入を考えているなら、値引き交渉の正しいやり方を覚えておくといいですよ。

このやり方を知っているだけで数十万円は違います。詳しく知りたい方は下記の車を確実に値引きして安く購入する二つの方法のページをご覧ください。

あわせて読みたい

スイフトでの雪道走行での評価は?

スイフトで雪道走行した時の実際の状況はTwitterにいくつも投稿されており、非常に参考になります。

今回はそのなかから何件かご紹介しましょう。

スイフトで雪道は慎重に

スイフトでの雪道運転の実際を教えてもらえる貴重なツイートです。

スタッドレス装着やスピードを出さないことは当然として、タイヤなどに雪が着いてきた場合は無理せず除雪した方が良いそうです。

また4WDはやはり無理は禁物で、多少はマシぐらいに考えておく方がよいでしょう。

新雪の道ではESPをOFFに

この方のまわりではESPありの場合では車が発進できないのでOFFが必須だそうです。

状況としては除雪がされていない雪道のようですね。

それに加えて一気に発進することや切り返しで脱出するなどの技術が必要なようで、雪道は経験がないと厳しいものがありますね。

他の車はどうか

ここまでスイフトの雪道走行での性能についてまとめてみましたが、やはり特別雪道に強い車というわけではないので不向きな点が並んでいます。

とはいえスイフトのような一般的なコンパクトカーではおおむね同じような性能ですので、スイフトが特別雪道に弱いというわけではありません。

しかしスイフトと同じ価格帯の車には比較的雪道に強い車もありますので、次はそんな車を何台かご紹介しましょう。

なおスイフトの価格帯は前述のとおり1,300,000円台から2,000,000円までなので、大半のコンパクトカーや軽自動車まで幅広い車種が入る価格帯ですね。

スズキ XBEE

スズキ クロスビー

XBEEは2017年12月に初登場した出来立てホヤホヤの新型車で、コンパクトSUVに分類される車です。

価格は1,700,000円程度とスイフトより多少高めですが、この価格帯でSUVとしての特性を兼ね備えています。

まず最低地上高が180mmと高く、スイフトよりもわだちなどへの乗り上げは有利です。

またスペック的にはスイフトとほぼ変わりませんが、XBEEには走行サポートシステムとしてグリップコントロールとヒルディセントコントロールが採用されており、前者はよりスリップに対応する制御、後者は下り坂でのブレーキサポート機能となり、雪道走行にはかかせないシステムです。

さらに走行モードとして”スノーモード”を備えており、スイッチを切り替えることで瞬時に車の制御が変わります。

雪道専用のモードを備えていることからもXBEEが雪道を考えて設計されていることがわかり、スイフトより確実に向いているでしょう。

なおXBEEは同じスズキの軽自動車であるハスラーの普通車バージョンです。

ハスラーにも前述した雪道用装備は装着されており、エンジンパワーやトルクの少なさを除けばハスラーも雪道には強い車です。

スバル インプレッサ

スバル インプレッサ

インプレッサはスバルの普通車で最廉価モデルになりますが、価格帯としてはスイフトより多少上でAWD(4WD)は2,100,000円程度からとなります。

しかし雪道での走行性能の高さは国産車の強豪車より頭ひとつ抜け出ており、スバルが雪道に強いと言われる特徴を備えています。

インプレッサをはじめとするスバル車は全輪駆動システムにフルタイム4WDを採用しており、スイフトのシステムと違い常に4輪に駆動力がかかります。

これだけでも雪道に強いのですが、さらにアクティブトルクスプリット方式AWDという制御が入っていて4輪それぞれにかかる駆動力を自動的に制御して常に最適な走行条件に整えます。

スバル車は雪国では圧倒的な人気を誇りますがそれはこれら雪道の走破性の高さから出ており、雪道での実績は間違いなく国内メーカートップです。

ただインプレッサは最低地上高が130mmとスイフトと変わらない点もありますが、もう少し価格帯をあげれば200mm確保したスバル XVという選択肢も出てきます。

スズキ ジムニー

スズキ ジムニー

スイフトとほぼ同じ価格帯の車に同じスズキのジムニーがありますが、ジムニーは軽自動車ですが雪道の走破性は圧倒的に高い車です。

ジムニーは非常に特殊な軽自動車で、本格的なクロスカントリーSUVの性能を兼ね備えています。

耐久性の高いラダーフレームをはじめとして大径タイヤ、リジッドサスペンションなど、オフロード走行に不可欠な要素をたくさん持った車です。

最低地上高は200mmと高く、また4WDシステムも2WDと4WDを任意に切り替えられるパートタイム4WDです。

4WDに設定すれば常に4輪駆動となり、雪道走行でしっかりした走破性を持たせられます。

さらに変速機は副変速機付きなので、トルクが必要な場面では普通の車とは比べ物にならないパワーを発揮します。

なお軽自動車のジムニーには4WDの電子制御系はなく、トラクションコントロールなどのスリップ防止装置もありませんので、ドライバーの経験がすべてです。

しかしジムニーの普通車バージョンであるジムニーシエラには横滑り防止装置やトラクションコントロールは装備されており、価格帯も1,800,000円ぐらいまでなので、軽自動車でなくてもよいならこちらもおすすめです。

スイフトは雪道走行する車としては買いか

ここまで説明してきたことを総合すると、スイフトは雪道走行に強い車というわけではなく、あくまで標準的な雪道走行が可能なコンパクトカーという性能しかありません。

しかしスイフトと同じようなコンパクトカーには雪道に強い車というのはほとんどなく、性能的にはコンパクトカー全般に言えることですので、雪道走行を重視するならコンパクトカーはベストの選択肢とはならないでしょう。

スバル車は素晴らしい雪道走行性能を持っていますので、価格面で少し目をつぶればスイフトと同じような乗用車としてインプレッサは良い選択肢です。

また元々の設計が雪道に強いコンパクトSUV系も便利で価格もよいですが、こちらはスイフトほどスポーティなデザインではないので、デザインと雪道走行性能どちらを重視するかは人それぞれとなります。

スイフトと雪道はけして相性はよくないので、どうしてもスイフトが良い場合はしっかり雪道走行用の装備を揃え、さらに経験を積むことが大事です。

そこまでしても深い雪には対応できませんので、あまりひどい雪の時は運転を諦めるなどの対応も必要となるでしょう。

車を確実に値引きし安く購入する方法!

これから車を買おうと思っている方、値引き交渉の正しいやり方はご存知ですか?

この値引き交渉のやり方を知らないと、車を買う際に最大で50万円以上の損をする可能性があります。

「値引きしてくれませんか?」「オプションをつけてくれませんか?」と何も考えずに交渉すると、営業マンに舐められます。「この客はバカだな(笑)」と足元を見られ、最低限の値引きしかしてくれないでしょう。

確実に最大限まで値引きするには、このやり方を知っておく必要があります。詳しくは下記の車を確実に値引きして安く購入する二つの方法のページをご覧ください。

あわせて読みたい

この記事を書いた人

佐藤茂道
佐藤茂道
某自動車メーカーのエンジン部門で開発経験あり。子供の頃から車雑誌を切り抜きし、高校ではオートバイ・車にどハマりする。就職する際に、某自動車メーカーを選び、仕事でもプライベートでも車漬けに。今は日産スカイラインR33が愛車。