「プリウスを買おうかと思ってるけど、あんまりイメージよくないんだよなー」

「プリウスの欠点ってなにがある? 買うかやめるか判断するのに決定打が欲しい!」

プリウスといえば国内で1番売れている国産車です。

しかし、たくさん売れているだけあって悪い評判も見かけますよね。

そこで、これからプリウス(新型)の7つの欠点を挙げます。

なかには料金がかかる欠点もありますので、解説を読んで参考にしてください。

この値引き交渉のやり方を知らないと、車を買う際に50万円以上の損をするかもしれませんよ。

営業マンに騙されずに、最大限まで値引きをしてもらうには、このやり方を知っておく必要があります。

詳しくは下記の車を確実に値引きして安く購入する二つの方法のページをご覧ください。

あわせて読みたい

中古で買う場合はとくに注意! プリウスの7つの欠点

それではさっそく解説していきます。

バッテリー交換費用がものすごく高い

バッテリー交換

プリウスにはガソリン車とちがってバッテリーが2つあります。「駆動用バッテリー」と「補機バッテリー」です。

プリウスのバッテリーの種類

駆動用バッテリーはモーターを動かすためにつかう、ハイブリッド車ならではのバッテリー。

補機バッテリーはエンジンや電装機器を動かすためにつかう、ガソリン車にもついている一般的なバッテリーのことです。

これらの交換費用がとても高く、費用と交換時期は下の表のようになっています。

  駆動用バッテリー 補機バッテリー
交換費用 170,000 40,000円~50,000
交換時期 10年以降 4年~5

プリウスを購入する場合はバッテリー交換費用に注意

駆動用バッテリーは10年以上持ちますが、交換費用に約170,000円もかかるので、中古のプリウスを買う場合はとくに注意しなければいけません。

補機バッテリーは水素ガスを排出する特別なものを使用していて、交換費用に40,000円~50,000円かかり、交換時期も4年~5年とみじかいです。

交換時期はあくまで目安です。一般的な平均である年間走行距離10,000kmを大きく超えるような乗りかたをすれば、もっとみじかい期間でバッテリー交換する必要がでてきます。

これだけの費用がかかることを考えると、いくら燃費がよくても浮かせたガソリン代はバッテリー代に消えてしまうので、維持費が安いと思ってプリウスを買うのは危険です。

成人男性が乗るには後部座席の天井が低い

プリウス 後部座席

プリウスは、ルーフピーク(天井のもっとも高い位置)がフロントシート(前の座席)の頭上になっています。

そこから後ろに向けてななめに下がっていく形になっているので、後部座席に座ると天井がとても低く感じます。

足元も決して広くはなく、身長177cmの私の場合、天井に頭がつかないように深く座ると膝がフロントシートにつっかかり、とてもきゅうくつです。

リクライニング機能がついていればいいんですが、プリウスの後部座席にはついておらず、オプションでつけることもできません。

そこそこ大きい見た目に反して、成人男性数人で乗るには不向きな車です。

後方の視界が悪い

プリウスは上で挙げたように「後ろに向けてななめに下がっていく形」をしているので、後ろの窓が小さく、後方視界がとても悪いです。

もともと小さい後ろの窓を2分割するようにスポイラー(空気抵抗を減らすためのパーツ)がついていて、上下に分かれた窓の一部は後部座席のヘッドレストでかくれてしまっています。

さらに後部座席にひとが乗った状態になると、頭でほとんど遮られてしまい、見えるのは頭と頭のすき間の部分のみ。

オプションのバックカメラがあれば駐車は問題なくできますが、走行中は後続車の姿が見えにくく、接近していても気づかない危険があります。

音が静かすぎて歩行者に気づかれない

プリウス静音

プリウスは走行音がとても静かという特徴がありますが、これは同時に歩行者に存在を気づかれにくいということでもあり、住宅街や通学路を走行するときはとても危険です。

私自身も、外を歩いていて後ろから近付いている車に気づかず、たまたま後ろを振り返ったらプリウスがすぐそばまで来ていた経験が何度かあります。

対策として、走行音を発生させる「車両接近通報装置」の装着が201838日から義務化されます。

ですが、201838日以降の新型車が対象なので、それまでにプリウスを新車で購入する場合や、中古のプリウスは対象外で、欠点は消えません。

ロードノイズがうるさい

プリウスは、ロードノイズ(路面の凹凸でタイヤが振動して発生する騒音)が大きいです。

ロードノイズはふつう、エンジン音と混ざって聞こえることで、乗っている人間にはそこまで気になるものではありません。

しかしプリウスはエンジン音やモーター音が極端に静かなぶん、ロードノイズだけが車内に響いてくるので、うるさく感じます。

タイヤを交換したり専門業者にたのめばロードノイズを低減させることはできますが、タイヤを交換すれば工賃抜きで50,000円程度かかり、専門業者にたのむと90,000円程度の料金がかかります。

余計な出費がかさまないように、購入前に試乗して、気にならないかどうか確認しましょう。

なお、正しいやり方で値引き交渉をすれば数十万円は安くなるので、ロードノイズ低減もできます。正しい値引きの方法を詳しく知りたい方は下記の車を確実に値引きして安く購入する二つの方法のページをご覧ください。

あわせて読みたい

みんなが乗っているのでつまらない

プリウスは2015129日にモデルチェンジし、2016年の年間新車販売台数248,258台、2017年も7月までで103,303台売り上げている超人気車種です。

街中で走っている車を見ていると、プリウスを見かけない日はありませんよね。

売れているということはそれだけ質がいい車なんですが、逆にいえばみんなとおなじで面白くありません。

「無難」と聞いて「難が無くていいことだ」と捉えるか、「つまらない」と捉えるかによって、買うべきかどうかが変わってきます。

車に自分の個性を求めるなら、プリウスの人気ぶりは利点ではなく、欠点の1つです。

充電設備が近所になければ自宅に設置しないといけない(プリウスPHVのみ)

プリウスPHV充電

プリウスPHV限定の欠点として、家の近所に充電設備がなければ、自宅に専用の充電設備を設置する必要があります。

持家ならすんなり設置できますが、分譲マンションや賃貸に住んでいる場合は、管理者に設置許可を取らなければいけません。

設置費用は家の前に駐車場がある場合は350,000円~400,000円、家から離れた場所に駐車場がある場合は510,000円~570,000円です。

大型ショッピングモールやトヨタのディーラーには充電設備があるので、自宅に設置しないと乗れないわけではありませんが、毎回持っていくことを考えるとかなり面倒です。

ここまで書いてきましたが、見た目や走行性能に関しては好みによるので、致命的な欠点として挙げることは何もありません。

この記事を読んだことで、プリウスを買ってから後悔してしまわないための手助けになれれば幸いです。

車を確実に値引きし安く購入する方法!

これから車を買おうと思っている方、値引き交渉の正しいやり方はご存知ですか?

この値引き交渉のやり方を知らないと、車を買う際に最大で50万円以上の損をする可能性があります。

「値引きしてくれませんか?」「オプションをつけてくれませんか?」と何も考えずに交渉すると、営業マンに舐められます。「この客はバカだな(笑)」と足元を見られ、最低限の値引きしかしてくれないでしょう。

確実に最大限まで値引きするには、このやり方を知っておく必要があります。詳しくは下記の車を確実に値引きして安く購入する二つの方法のページをご覧ください。

あわせて読みたい

この記事を書いた人

パワーボム
パワーボム
元パチスロライター。車とゲームとプロレス観戦(ノアファン)が大好き。21歳で免許を取ってから、車を乗り尽くす。家から700km、四国のなかを1400km移動し、また700kmの距離を帰るツアーで、四国八十八ヶ所巡りを車で成し遂げる。