車を運転しているといろいろな音が聞こえてきますが、中でもクルマの外から聞こえてくるロードノイズって結構気になりますよね。

今回は車のロードノイズ対策についてご説明します。

この値引き交渉のやり方を知らないと、車を買う際に50万円以上の損をするかもしれませんよ。

営業マンに騙されずに、最大限まで値引きをしてもらうには、このやり方を知っておく必要があります。

詳しくは下記の車を確実に値引きして安く購入する二つの方法のページをご覧ください。

あわせて読みたい

車のロードノイズの原因

ロードノイズの対策をするためには、まずはどこからノイズが発生しているかの原因を探らなくてはいけません。

ロードノイズの発生源は?

ロードノイズ

運転しているときに車内に聞こえてきている音にはいくつか種類があり、そのすべてがロードノイズではありません。

普通のエンジン車の場合にはもっとも聞こえてくるのはエンジン音であり、その次に大きい音がロードノイズです。

ロードノイズは主にタイヤと道路の路面の摩擦によって発生しており、車が走り出した時に聞こえてくる「ガリガリ」「ズルズル」といったような音がまさにそれです。

この音は車が地面を走っている以上絶対に発生する音であり、音の発生自体は避けられません。(某タイムマシンカーの映画のように空を飛べれば別でしょうが。)

ロードノイズが大きくなる原因

ロードノイズ自体は必ず発生するものですが、その音の大きさについては状況によってさまざま変わってきます。

例えばなめらかな路面を走った時と凸凹の路面を走った時では明らかに凸凹路面のほうが音がうるさく聞こえます。

タイヤが接している部分が荒れていれば荒れている程ノイズが大きくなります。

また道路に継ぎ目がある場合にもノイズが大きくなり、例えば高速道路を走行した場合などはそれが顕著です。

高速道路の場合はスピードが高く継ぎ目を踏む頻度が増えますので、よりロードノイズがうるさく聞こえてきます。

ロードノイズの大きさはほぼ路面状況に左右されると言っても過言ではありません。

ロードノイズの侵入経路

ロードノイズがタイヤで発生するのは分かって頂けたと思いますが、でも私たちはタイヤに耳を近づけているわけではありませんよね。

ロードノイズが車内に聞こえてくる経路にはいくつかありますが、最も大きな要因は車体を伝わってくる音です。

私達の座っている運転席は車体に固定されていますが、その車体にはサスペンションも固定されており、サスペンションの先にタイヤがあります。

その為タイヤで発生したノイズはこの経路を逆にたどって伝わっていき、車内に聞えてきます。

また車外で発生したノイズは空気中を伝わって聞こえてきますので、割合は多くありませんが確実に車内に聞えてきています。

その中には自分の車が出したロードノイズの他に、周りの車が発したノイズも多少は混ざっています。

これから車の購入を考えているなら、値引き交渉の正しいやり方を覚えておくといいですよ。

このやり方を知っているだけで数十万円は違ってきます。詳しく知りたい方は下記の車を確実に値引きして安く購入する二つの方法のページをご覧ください。

あわせて読みたい

車のロードノイズの低減対策

ロードノイズ対策は自動車メーカーで車の設計時に行われており、ノーマルの状態の車でもかなりノイズが減らしてあります。

しかしノイズが聞こえてくるのは間違いなく、いくつか低減対策を行うことでノイズを静かにすることが出来るのです。

そんなロードノイズ対策を3つご紹介しましょう。

ノイズ低減タイヤに交換する

たかだんさん(@takadann)がシェアした投稿 -

ロードノイズを減らすためにまずは発生源であるタイヤを見直すところから始めましょう。

タイヤには様々な種類があり、タイヤの硬さやトレッドパターンなどがロードノイズに関係してきます。

ブリヂストンのレグノという種類のタイヤはこのロードノイズに良いと言われており、ゴムの硬さも柔らかいものを使っているようです。

値段は普通のタイヤとほぼ変わらないので、特別高価ということはありません。

ただタイヤでのロードノイズ対策は、車の車種やサスペンションのセッティングなどとの相性も関係しており、ロードノイズ低減タイヤを使ったからと言っても劇的に改善する車とそうでない車があります。

相性を確かめるには実際につけかえて見るのが一番ですが、そのほかに自動車用品店やタイヤ専門店の店員さんに聞いてみるのが良いでしょう。

ロードノイズ低減プレート

ロードノイズ低減プレートは一種の特殊なワッシャーで、運転席のシートやサスペんションの固定部分に付ける部品です。

これらの部品は車体にボルトで固定されているのですが、車体とシートやサスペンションは直接触れているので、タイヤからの音はダイレクトに伝わっています。

しかしノイズ低減プレートをその間に挟み込むと、ノイズ低減効果のあるプレートでロードノイズが減少する仕組みです。

ロードノイズ低減プレートはさまざまな部品が販売されていますが、取り付け自体はシートやサスペンションの固定ボルトを外してプレートを付けるだけのものが多いので、難しいものではありません。

しかしこの部品は自動車メーカーが設計している部品ではないため、もしプレートを取り付けたことでトラブルになった場合には、保証が効かないリスクもあります。

あくまで自己責任で取り付ける必要があり、ボルトの締め付けトルクなどある程度の車の整備知識がないと危険なこともあります。

なお効果については賛否両論さまざまありますが、値段自体は数千円程度とそこまで高額ではないので、一度試してみるのは簡単にできるでしょう。

ロードノイズ低減マット

ロードノイズ低減マットは特殊な吸音素材で出来たマットで、運転席や助手席、後部座席の足元に敷くマットです。

ロードノイズが最終的に車内に放射されるのはこれらの足元の車体なので、そこに吸音マットを敷けば直接ロードノイズを低減させることが出来ます。

マットは自分で好きなようにカットできる汎用性のある商品や、車種ごとにあった形になっている商品もあり、楽に使いたいなら後者が便利です。

値段は2,000円~10,000円といろいろな商品がありますが、もしお試しをしてみるのであればカットシートが安くて使いやすいです。

地面に近い車内の床面全体に敷き詰めれば効果は最大限になりますが、シートレールの動きを邪魔しないように気を付けましょう。

なお運転席の足元にマットを敷く場合には注意が必要で、しっかりマットを固定していないとアクセルペダルやブレーキペダルに引っかかって思わぬ事故を起こしかねません。

実際に2010年にトヨタプリウスで事故があり、その時は社外品のマットを重ねておいたことでアクセルペダルを押してしまい、車が急発進してしまうというものでした。

社外品は安くて便利なものが多いのですが、車として安全であるかどうかはメーカーで検証されていないものですので、注意して使わないとリスクを負ってしまいかねません。

車を確実に値引きし安く購入する方法!

これから車を買おうと思っている方、値引き交渉の正しいやり方はご存知ですか?

この値引き交渉のやり方を知らないと、車を買う際に最大で50万円以上の損をする可能性があります。

「値引きしてくれませんか?」「オプションをつけてくれませんか?」と何も考えずに交渉すると、営業マンに舐められます。「この客はバカだな(笑)」と足元を見られ、最低限の値引きしかしてくれないでしょう。

確実に最大限まで値引きするには、このやり方を知っておく必要があります。詳しくは下記の車を確実に値引きして安く購入する二つの方法のページをご覧ください。

あわせて読みたい

この記事を書いた人

佐藤茂道
佐藤茂道
某自動車メーカーのエンジン部門で開発経験あり。子供の頃から車雑誌を切り抜きし、高校ではオートバイ・車にどハマりする。就職する際に、某自動車メーカーを選び、仕事でもプライベートでも車漬けに。今は日産スカイラインR33が愛車。