1分で車を60万円値引きする裏技

レクサスは日本車?それとも外車?外車と何が違うのか解説!

レクサスといえば高級車として有名なブランドですが、日本車なのか外車なのかってイアイチよくわかりませんよね。

今回はレクサスが日本車か外車か、ということについてご説明します。

レクサスは日本車か外車か

レクサスブランドは、日本のトヨタ自動車が展開している高級車ブランドであり、メーカーとしては日本車に分類されます。

しかしレクサスの生い立ちを見ていくと、外車と言っても差し支えない経歴なのです。

レクサスの設立は1989年に遡りますが、当初は北米専用ブランドとして誕生しました。

当時、北米での日本車のイメージというと、「壊れにくいけど、値段の安い大衆車」というものが大半で、高級車を販売してもイメージのせいであまり芳しくありませんでした。

その為トヨタ自動車は高級車専用ブランドとしてレクサスを立ち上げ、日本車のイメージに縛られない販売網を作り上げたのです。

レクサスの開発は日本で行われていますが、デザインや設計などは北米をメインとした専用の開発となっており、いわゆる外車の高級車と競い合える競争力を得ています。

そういった意味ではレクサスは外車に近い日本車、と言えるでしょう。

レクサスと外車の違いは何か

レクサスが外車とライバル関係にあるわけですが、レクサスの車と外車とどんなところに差があるのでしょうか?

レクサス車の特徴と違いについてご説明します。

レクサスは品質が高い

レクサス 工場

レクサス車の大きなメリットは、ズバリ品質の高さです。特に故障率の少なさは世界一と言っても過言ではありません。

レクサスブランドが北米で設立された当初、アメリカやヨーロッパの高級車ブランドは決して故障が少ないものではありませんでした。

しかし当時高級車といえばそのような車しかなく、アメリカのユーザーは故障率の高さに目をつぶって購入していたのです。

そこでレクサス設立時の大きな目標の一つが故障率の少ない高品質の高級車を販売することで、その目標のためレクサス車の設計段階から厳しい品質基準を導入してきました。

その成果は発売当初からのレクサスの大きなメリットとしてアメリカのユーザーに受け入れられ、レクサスは高級車ブランドとしての地位を確立したのです。

故障率の少なさは数字でも表れており、自動車メーカーごとに故障率を客観的に調べている「J.Dパワー社」という調査会社がありますが、その故障率の少なさランキングでレクサスは10年近くトップを取っているほどです。

この品質の良さはMercedesBenzやBMWなどの欧州の伝統ある高級車と比較しても圧倒的にレクサスが勝っており、レクサス最大のメリットと呼んでも過言ではありません。

レクサスは維持費が安い

レクサスの品質の良さはそのまま維持費の安さに直結します。

MercedesBenzやBMWなどの外車の高級車の場合、レクサスほど故障率が低くありませんので部品故障や交換が発生する確率が多いです。

しかも交換部品は本国から輸入した部品がほとんどですので、部品費用も交換費用も高額になってしまいます。

その点レクサスはそもそもの故障率が低いこともありますが、交換部品自体も国内で手に入りますので、外車に比べて圧倒的に費用が安く済みます。

例えば車の部品では故障頻度の多いエアコンコンプレッサですが、レクサス車で交換すると工賃込みで150,000円~200,000円程度の修理費用となります。

しかし外車の場合には300,000円以上の高額な修理費用になることが多く、ひとたび故障があると信じられないほどの出費を強いられます。

レクサスの維持費の安さは長く乗るためには重要なポイントの一つです。

レクサスは価格が安い

レクサスを日本で購入する場合、他の外車の高級車と比較すると新車価格は割安です。

レクサスの最高級車はLS600hですが、この車のライバルはMercedesBenz SクラスやBMW 7シリーズといった、欧州高級車メーカーのトップクラスの車たちです。

日本での新車価格を並べてみると次の表のようになり、最高級グレード同士で比べてみるとレクサスが安いことが分かります。

グレード新車価格
レクサス LSLS600hL14,102,000円
MercedesBenz SクラスS600ロング23,180,000円
BMW 7シリーズM760Li xDrive
V12 Excellence
24,660,000円

外車がこれだけ価格が高いのにはわけがあり、日本で販売される外車には輸送費や販売費など結構な追加費用が上乗せされています。

その為本国での値段に対して価格差があり、日本で買う場合には割高となってしまうのです。

もちろんデザインや装備の違い、なにより車の持つステータスの違いなど、価格差に見合ったものが外車にあると考えることもできます。

しかし日本で最高クラスの高級車を安く手にいれようとするならば、レクサスを置いて他にないのも事実です。

なお、正しいやり方で値引き交渉をすればもう少し安い価格で購入できます。

このやり方を知っているだけで数十万円は違います。詳しく知りたい方は下記のたった1分で車を60万円値引きできる裏技のページをご覧ください。

裏技を知って後悔する人たった1分で車を60万円値引きできる裏技!安く購入する秘密のテクニックとは?!

レクサスのブランド力は一歩劣る

レクサス LS 街並み

レクサスは高級車ブランドとして確かな地位を確立してきましたが、MercedesBenzやBMWと比べるとブランド力がイマイチと言われることがあります。

MercedesBenzやBMWは高級車ブランドとして歴史があり、世界的にみても高級車の代名詞として定着しています。

またどちらのメーカーも単一ブランドですので、ブランドを分ける戦略などは行っていません。

それに対してレクサスは歴史がまだ浅く、それに加えてトヨタの1ブランドです。

その為高級車ブランドとしての評価が上記の2社に比べて定着しておらず、どうしても大衆車のトヨタのイメージがついて回ります。

このイメージの差は販売台数にも表れており、欧州ではレクサスの販売台数はMercedesBenzやBMWに遠く及ばないどころか、Audiなどにも抜かれています。

主戦場である北米では販売台数は多いのですが、BMWに次いでの2位となっており、3位は僅差でMercedesBenzがつけています。

日本国内ではレクサスはBMWには僅差で上回りますが、MercedesBenzには負けており、やはり高級車のブランドイメージでいえば欧州車に一歩譲ってしまいます。

品質の良さで人気のレクサスではありますが、所有するステータスとしてみた場合には欧州車にまだまだ及びません。

レクサスと外車買うとしたらどっちか

レクサスと外車のどちらを買うのがよいかは、前述したようなそれぞれの車の特性で決めるのが良いでしょう。

もしあなたが高級車の持つイメージやステータスに重点を置くのであれば、値段はともかくとしてもMercedesBenzやBMWなどの外車が良いのは間違いありません。

やはり国内でもレクサスよりMercedesBenzやBMWは高級なイメージがありますし、価格差がそれに拍車をかけています。

レクサスを選ぶ理由としては、やはり品質の良さが第一の理由になります。

品質は間違いなくレクサスのほうが上ですし、世界的にも信頼性の高いイメージは定着しています。

また国内に直営ディーラーが充実しており、万が一の際のサポート体制もレクサスは安心出来ます。

ブランドイメージで選ぶなら外車、品質などの安定感で選ぶならレクサス、という感じですが、あとはデザインの違いや乗心地、なにより一目見て気にいった車を選ぶのが最良ではないでしょうか。