1分で車を60万円値引きする裏技

レヴォーグの静粛性はいかに?!エンジン音やロードノイズはうるさい?

今やスバルのフラグシップモデルといっても過言ではないレヴォーグ。

このクルマの魅力は、なんといっても世界最高レベルの衝突安全性、そしてハイパワーエンジンです。

スポーツドライブを楽しむだけでしたら、さほど気にしない事でしょうが、ファミリーカーとして使うのであれば、室内の静粛性も気になるポイントです。

という訳で、今回は、レヴォーグの静粛性に焦点を当てて、ご紹介していきましょう。

レヴォーグの静粛性:メカニズム

スバル レヴォーグ

走行性能や衝突安全性に加え、室内の静粛性にも徹底的にこだわって造られているレヴォーグ。

その高い静粛性は、高級ブランド車レクサスにも匹敵する、といった意見まで耳にします。

自動車専門家をはじめ、国内外の一般ユーザーにも非常に高評価を得ています。では、その優れた静粛性の秘密をご紹介します。

フロントガラスの遮音対策

フロントガラスには遮音中間膜を採用し、外部からのエンジン音や、ワイパー作動音を、室内に聞こえないようにしています。

レヴォーグの遮音対策の目玉ともいえる装備です。

ドアガラス&リアガラスの遮音対策

ガラスの厚みにこだわり、遮音効果を最大限得られる、ギリギリの厚みに最適化。

主に、走行時の風切り音が聞こえにくくなっています。

もちろん、渋滞時や停車時の、車外の騒音・雑音に対する防音効果もバツグンです。

エンジン振動の防振対策

インパネ先端部、エンジンと室内の境目に制振材を採用。

エンジン振動を室内に伝えないよう、対策が施されています。

特に、エンジン高回転時に効果を体感できます。

フロント&リアドアの遮音対策

ドアなどの開閉部には、どうしても隙間ができてしまいますが、その隙間を埋めるシール材にも、遮音対策が施されています。

各ドアのシール材に強化品を使用し、外部からのノイズの低減に効果をあげています。

ピラーの遮音対策

全ピラー部に防音材を採用する事により、主に走行時の風切り音の低減に成功。

もちろん、その他の外部音の遮音効果も向上しています。

後席周りの遮音対策

制振・防音材を、ふんだんに使用し、室内の静粛性向上を実現。

前席は、エンジン音対策の効果で、走行中のロードノイズは低減されますが、後席搭乗者にも、不快なロードノイズが聞こえないように対策しています。

静粛性のメカニズム:まとめ

これらのさまざまな遮音対策を見ても、レヴォーグの室内静粛性へのこだわりが、お分かりいただけたと思います。

特にフロントガラスの遮音中間膜をはじめとした、各部ガラスの遮音対策には、感嘆を禁じえません。

後部座席にも、充分に配慮したクルマ造りから、ファミリーカーとしても、高い満足感を得られるクルマに仕上がっている事がうかがえます。

これらの徹底した静粛性への取り組みから、スバルのレヴォーグに対する並々ならぬ意気込みを感じます。

静粛性も高いながらレヴォーグは走行性能も高く、本当に素晴らしい車です。(走行性能については以下の記事で詳しく解説しています。興味のある方はこちらもご参照ください。)

レヴォーグの走りレヴォーグの走りは最高?走行性能を解説しつくします!

レヴォーグの静粛性:ライバルとの比較

レヴォーグの高い静粛性のメカニズムは、お分かり頂けたかと思います。では、ライバル車と比べてどうなのか?

以下、レヴォーグのライバルとして比較検討されるクルマをご紹介します。

TOYOTA アベンシス

主に欧州で販売されている逆輸入車のアベンシス。価格的にはレヴォーグに近く、比較検討の対象になるクルマになると思われます。

ただし、逆輸入車ということもあって、あまり認知度の高いクルマではないので、このクルマの存在が知られていないケースもあります(笑)。

TOYOTAの最高級ツーリングワゴンに位置付けされるアベンシス、静粛性も優秀で、レクサス並みに高い評価も受けています。

反面、高速走行時の風切り音は、少し耳障りだといった声も聞きます。

欧州では、静粛性に対して、ユーザーがあまり気にしていないという背景もあるのですが、主な原因としては、走行時の空気の整流対策に、若干の問題がある為です。

MAZDA アテンザワゴン

なかちゃんさん(@cozy_nakata)がシェアした投稿

こちらも、価格的にレヴォーグのライバルといえるクルマです。

アテンザの静粛性も、かなりの高評価を得ていますが、その主な理由は、エンジンの振動対策です。

ディーゼルエンジンは、ガソリンエンジン並みの静粛性を誇り、ガソリンエンジンは、バランスシャフトの採用により、振動を抑制します。

外部音対策としては、フロントドアガラスのみ、遮音ガラスを採用してます。詳しいところまで知りたい方は、以下の記事をご参照ください。

静粛性のあるアテンザアテンザの静粛性はいかに?!エンジン音やロードノイズがうるさい?

VW ゴルフ・ヴァリアント

価格的には若干高めになりますが、こちらもレヴォーグのライバルとして比較検討される事の多いクルマです。

パッケージング・走行性能の高さは絶賛されていますが、静粛性に関しては、それなりの水準はクリアしている、といった程度です。

アベンシスの項でも触れましたが、欧州では静粛性に関するハードルは日本より低く、メーカー側としても、あまり対策していません。

更に、欧州でのエコカーの主流が、クリーンディーゼルだというのも、理由の一つになります。

ライバル車との比較:まとめ

一時は各メーカーが挙って競い合っていたツーリングワゴンですが、一大ブームが去って以降、今日では非常に選択肢が少なくなってしまいました。

日産、三菱では、乗用車のラインアップから完全に無くなってしまいました。

ホンダですと、シャトル辺りになるのかと思いますが、ツーリングワゴンというよりは、小型のミニバンといった形です。

そういった背景もあり、レヴォーグの存在は一層際立っています。特に静粛性へのこだわりは、先述した通り、ライバルを圧倒していると言っても過言ではありません。

MEMO

もしレヴォーグの購入を考えているなら、値引き交渉の正しいやり方を覚えておくといいですよ。

このやり方を知らないと最大60万円以上も損しますよ。詳しく知りたい方は、下記の『たった1分で車を60万円値引きできる裏技』のページをご覧ください。 裏技を知って後悔する人たった1分で車を60万円値引きできる裏技!安く購入する秘密のテクニックとは?!

レヴォーグの静粛性:オーナーズボイス

ここまでは、静粛性のメカニズムを中心にご紹介してまいりましたが、実際に乗ってみてどうなのか?という評価・感想をご紹介します。

twitterからのつぶやきを引用し、よりリアルな意見をご紹介しますので、ぜひ参考にして下さい。

ペットも熟睡できる静かさ

飼い犬が気持ちよさそうに寝ています。

動物は大抵の場合、クルマに乗せると、落ち着きが無くなりますが、よほど静かで乗り心地が良いのでしょう。

上記のツイートで言及されているスピードについては、以下の記事で詳しく解説しています。こちらもあわせて参考にしてみてください。

スバル レヴォーグレヴォーグは速いのか?加速性能から0-100km/h加速タイムまで解説!

エンジン音の比較動画

レガシーに搭載されていた2.0LのEJ20と、レヴォーグ搭載の1.6LのFB16の比較動画です。

エンジンノイズやメカニカルノイズが、かなり静かになっているのが分かると思います。

純正タイヤはうるさい

純正タイヤの「スポーツマックス」は、ロードノイズが気になるようです。

twitterでも、ちらほら同様のつぶやきが見受けられました。

レヴォーグに出会えて良かった

タイヤを変えているかは不明ですが、こちらの方は非常に静かだと評価しています。

とにかくレヴォーグにベタ惚れしているのが分かります。

走行動画

夜間ドライブの様子を、室内から撮影した動画です。少し音量が小さいので、高めの音量で聞いてみて下さい。

オーナーズボイス:まとめ

ひとえに静粛性といっても、感想には個人差があります。レヴォーグに乗り換える前のクルマによっても、大きく違いが出るところでしょう。

紹介してないツイートですが、先代モデルより静粛性が向上しているという意見も、かなり目に留まりました。

メルセデス、BMW、レクサスなどの、高級ブランド車と比べるとなれば話は別ですが、300万円以下の価格帯のクルマの中では、国内トップレベルです。

海外では、日本ほど静粛性にこだわる人は少ないので、実質的には世界でもトップレベルの静粛性であると言っても過言ではありません。

購入前にぜひ試乗して、その静粛性をご自身で体感してみる事をおススメします。

これからレヴォーグを買おうと思っている方は、以下の記事もぜひあわせてご覧ください。購入の参考になりますよ。

スバル レヴォーグレヴォーグは故障が多い?壊れやすいのか故障率をもとに解説! 青いレヴォーグレヴォーグのよくある8つの不満点!不満の声から分析しました!