1分で車を60万円値引きする裏技

レヴォーグの燃費は悪い?街乗りや高速の実燃費は?改善し向上させる方法まで解説!

ハイパワーでスポーティな走行性能とステーションワゴンの使い勝手の良さを両立したレヴォーグ。

独自の4WDシステムで抜群の走行安定性と安全性を併せ持つため、余すことなくハイパワーを使い切ります。

さらにアイサイトなどの先進安全装備は他社の一歩先をいきます。

そんなレヴォーグですが、燃費性能はどうでしょうか。

ここではレヴォーグの燃費性能について解説していきます。

レヴォーグの燃費・実燃費

スバル レヴォーグ

まずはレヴォーグの燃費を見ていきます。一般的に実燃費はカタログ燃費の6~7割ほどを達成すると言われていますが、どの程度達成しているのでしょうか。

1.6Lモデル、2.0Lモデルそれぞれのカタログ燃費と実燃費をチェックしていきます。

ガソリンモデルのカタログ数値は1.6Lモデルで16.0km/L、2.0Lモデルで13.2km/Lと、このサイズでは低めの数値です。では実燃費を確認してみます。

燃費の種類1.6L 2.0L
カタログ燃費16.0km/L13.2km/L
街乗り燃費9~11km/L9~11km/L
高速燃費14~18km/L13~18km/L

実燃費はこのような数値になりました。街乗り燃費のカタログ燃費達成率はどちらも6~7割程度で標準的です。しかし高速燃費の場合はどちらもカタログ数値を超えてきます。

なんと1.6Lモデルも2.0Lモデルもほぼ燃費性能が変わらないという結果が出ました。ただし2.0Lモデルはハイオク指定車なので燃料代は多めにかかってきます。(レヴォーグのガソリン仕様の詳細は以下の記事をご参照ください。)

スバル レヴォーグレヴォーグのガソリンの種類はハイオク?レギュラー仕様?どっちなのか解説!

レヴォーグの燃費の口コミ

レヴォーグの燃費性能についてユーザーはどう感じているのでしょうか。ここではツイッターからレヴォーグユーザーの実際の声を紹介していきます。

19.5km/Lという驚異的な数値です。どういう走りをしたらここまで良い燃費性能が出せるのでしょうか。

レガシィツーリングワゴンの実質の後継と言われるレヴォーグ。当時の車に比べると格段に燃費性能は向上しているようです。

なんと東京名古屋間を無給油で往復走り切ることができるようです。平均燃費も高速一択なら16.6km/Lと非常に良い数値ですね。

なおレヴォーグの口コミ・評判は以下の記事でもまとめているので、もっと詳しく知りたい方はこちらもあわせて参考にしてみてください。

レヴォーグ 外装レヴォーグの口コミ/評判!価格から外装や走行性能まで全てチェック!

レヴォーグの燃費の理由

レヴォーグは燃費が悪いとよく言われていますがなぜ燃費が悪いのでしょうか。ここでは燃費が悪いと言われる理由を解説していきます。

実はDセグメント車格

レヴォーグは排気量の大きさなどから小さな車体に見られがちですが、実はマークXやアテンザなどと同じDセグメントクラスの車なのです。(アテンザの詳細は以下の記事をご参照ください。)

アテンザ エクステリアアテンザの口コミ/評判!価格から外装や走行性能まで全てチェック!

排気量で言えば2.5Lクラスなので、このクラスの車と比較してみると実は燃費性能がそんなに遜色ないことがおわかりいただけると思います。

低排気量=低燃費という常識が通じないラインナップになっているところが、燃費が悪いと言われる理由の一つです。

ダウンサイジングターボ

レヴォーグの標準車である1.6GTは、ダウンサイジングターボエンジンです。(エンジンの詳細は以下の記事をご参照ください。)

ダウンサイジングターボエンジンダウンサイジングターボとは?デメリット/欠点2つとメリット3つ!搭載車種も紹介

走り出しなどパワーの必要な加速時に加給をして排気量の小ささを補い、パワーの必要ない巡航時に低排気量の恩恵を受けるこのタイプのエンジンは、ストップアンドゴーの多い街乗りでは燃費が伸びにくくなります。

例えば先代フォレスターなどのように2.0L・NA+CVTなどのパワートレインであれば街乗りの燃費も良かったかもしれません。

レクサス エンジンNAエンジン(自然吸気エンジン)とは?メリット5つ!音が最強の魅力?!

しかしそれでは車重に対しパワーが足りず、レヴォーグの走りの良さはなくなってしまいます。このあたりはスバルの車へのこだわりといえるでしょう。

レヴォーグの走りレヴォーグの走りは最高?走行性能を解説しつくします!

4WD設定のみ

レヴォーグは燃費に不利な4WD設定しかラインナップがありません。他メーカーはそれぞれの車種で2WDと4WDの選択ができるのでカタログ数値はよく見えます。

しかし車の安全性や走行性能の高さを掲げるスバルは4WDのみという一つの選択肢に絞り、こだわりを貫いている結果がこの燃費数値になっているといえます。

乗せっぱなしの荷物

レヴォーグは非常に広いラゲッジスペースをしています。(積載性の詳細は以下の記事をご参照ください。)

キャンプしているレヴォーグスバルレヴォーグがキャンプに最適な理由5つ

そのため荷物を置きっぱなしにしてしまうことがあると思います。もちろん荷物の重量は燃費に対して大きく影響を与えます。

燃費が気になるときは積みっぱなしの重い荷物がないか、一度確認してみましょう。

レヴォーグの燃費改善・向上方法

燃費数値が伸び悩む原因ばかりのレヴォーグ。では燃費を改善するにはどうすればよいのでしょうか。ここではその方法を考察していきます。

街乗りを控える

いきなり究極の選択ですが、レヴォーグが苦手な街乗りでの使用を控えることが一番の燃費改善です。

レヴォーグはその特性上、ストップアンドゴーの多い場面での使用は非常に燃費が悪くなります。

ですからそういった場面ではセカンドカーや公共機関などで買い物やお出かけを済まし、遠出や旅行など移動距離が明らかに多い場合にレヴォーグを活躍させるというのが良いでしょう。

不用な加給をかけない

レヴォーグには情報ディスプレイでブースト圧を確認することができます。負圧が0以上になると加給がかかっており、空気を多く吸い込んでいます。その分燃料の噴射も増えるため消費も多くなります。

ストップアンドゴーの多い街乗りではこのブースト計を確認しながら、負圧が0以上にならないように心がけて走ることで燃料の過剰な消費を抑えることが可能です。

そのかわり走り出しは非常に悪くなりますので周囲の状況をしっかり把握し、危険のない範囲でこの方法で走ってみてください。

エンジンブレーキを使う

減速するときにフットブレーキばかり使っていませんか。これはとてももったいない走り方です。減速する時にはアクセルを離して減速するエンジンブレーキを積極的に使いましょう。

ほとんどの車のエンジンは1,500回転以上でアクセルが離された状態であれば燃料供給がカットされ、エンジンブレーキがかかるようになっています。もし回転数が低いようであれば必要に応じてギアを一つ落とすなどし、エンジンブレーキを活用しましょう。

もちろん車を停止させるときにはフットブレーキで車を止めなくてはいけません。これで燃費の向上だけでなく、ブレーキパッドの消耗も抑えられます。

これらのテクニックを意識するだけでかなりの燃料消費を抑えることができます。

MEMO

もしレヴォーグを買おうと考えているなら、あわせて正しい値引き交渉のやり方も覚えておくといいですよ。

このやり方を知らないと最大60万円以上も損しますよ。詳しく知りたい方は、下記の『たった1分で車を60万円値引きできる裏技』のページをご覧ください。 裏技を知って後悔する人たった1分で車を60万円値引きできる裏技!安く購入する秘密のテクニックとは?!

レヴォーグの燃費を他の車と比較

レヴォーグはなかなか燃費性能に癖のある車です。ではレヴォーグのライバル車たちの燃費はどうでしょうか。

レヴォーグは特殊な車なので同じ規格の車が少ないです。なのでここでは価格帯が近く、比較しやすいミツビシのアウトランダー、ホンダのジェイド、マツダのアテンザと比較していきます。

三菱 アウトランダー

三菱 アウトランダー

アウトランダーは三菱が発売するミドルクラスSUVです。4WDの2.4Lガソリンモデルや2つの走行用モーターを搭載するプラグインハイブリッドモデルなど、非常に面白いシステムを搭載した車です。

カタログ燃費は2.4Lガソリンモデルが14.6km/L、ハイブリッドモデルは18.6km/Lとレヴォーグよりも好調な燃費性能です。では実燃費はどうでしょうか。

燃費の種類PHEVガソリン
カタログ燃費18.6km/L14.6km/L
街乗り燃費12~15km/L9~11km/L
高速燃費15~17km/L10~14km/L

実燃費を見ていくとレヴォーグの1.6Lモデルとアウトランダーのガソリンモデルは街乗りはほぼ同等です。そして高速燃費はハイブリッドのアウトランダーとほぼ同等の数値です。

単純に燃費の比較だけをしていくとアウトランダーPHEVが燃費が良くなります。しかし車両価格や高速道路での走行が多いなどという条件を考慮するとレヴォーグのほうが燃費性能は優秀になる場合があります。

ホンダ ジェイド

ホンダ ジェイド

ジェイドはホンダが展開する7人乗りミニバンです。レヴォーグと同じようなサイズをしており、ダウンサイジングターボエンジンを搭載するなど似たところが多い車です。

ただしハイブリッドを積んでいるので燃費性能はジェイドのほうが高めです。

そんなジェイドのカタログ燃費はガソリンモデルが18.0km/L、ハイブリッドモデルが24.2km/Lです。実燃費を見ていきます。

燃費の種類ガソリンハイブリッド
カタログ燃費18.0km/L24.2km/L
街乗り燃費12~14km/L17~19km/L
高速燃費18~20km/L19~20km/L

燃費性能を比較するとジェイドのほうが一回りぐらい良いという結果になりました。ハイブリッドモデルもありますし燃費でのレヴォーグの勝ち目はないでしょう。

ただレヴォーグの方は4WDでジェイドは2WDです。走破性や走行安定性はレヴォーグの勝ちでしょう。ただどちらも走行性能の高さを売りにしている車ですので、走破性の高さで優位性のあるレヴォーグのほうが優秀かもしれません。

※レヴォーグの走破性の詳細は以下の記事をご参照ください。

スバル レヴォーグレヴォーグは雪道に弱い?雪道走行の性能について徹底分析しました!

マツダ アテンザ

マツダ アテンザ

アテンザは2.5Lクラスのステーションワゴンです。こちらはガソリンモデルだけでなくディーゼルモデルもあり、とてもパワフルな走りが特徴的です。

アテンザのカタログ燃費はディーゼルモデルが17.8km/L、ガソリンモデルが14.8km/Lです。では実燃費はどうでしょうか。

燃費の種類ディーゼルガソリン
カタログ燃費17.8km/L14.8km/L
街乗り燃費13~16km/L8~12km/L
高速燃費15~18km/L14~17km/L

アテンザのディーゼルと比較するとレヴォーグの勝ち目はありませんが、ガソリンモデルと1.6Lモデルを比較すると、ほぼ同じような結果です。

アテンザの方が若干ボディサイズがでかいのでゆったり乗りたい場合はアテンザを、運転のしやすさや走行性能の高さを優先するならレヴォーグがおすすめです。

なおアテンザの燃費については以下の記事でも詳しく解説しているので、詳細まで知りたい方はこちらもあわせて参考にしてみてください。

マツダ アテンザアテンザの燃費は悪い?街乗りや高速の実燃費は?改善し向上させる方法まで解説! アテンザ エクステリアアテンザの口コミ/評判!価格から外装や走行性能まで全てチェック!

実はレヴォーグの燃費は優秀だった

レヴォーグは燃費が悪いと言われがちですが、ダウンサイジングエンジンなので排気量は小さくとも車格が大きく、実は燃費性能は高いのです。

ライバル車と比べても燃費性能は遜色なく、走り方によっては非常に燃費が伸びる車です。

燃費は車に合わせた走り方をすることによって大きく変わってきます。こちらで紹介した方法などを参考にして、燃費の良い走りを研究してみてください。

レヴォーグについては以下の記事でも取り上げているので、もっと詳しく知りたい方はこちらもあわせて参考にしてみてください。

レヴォーグ 外装レヴォーグの口コミ/評判!価格から外装や走行性能まで全てチェック! スバル レヴォーグレヴォーグは故障が多い?壊れやすいのか故障率をもとに解説!