オシャレでありながら、広い室内空間のあるカングー。

これだけ広ければバイクに乗っている人なら、「カングーはトランポとして使えるかな?」と思う方もいるでしょう。

確かにこれほどデザイン的にも魅力的な車が、自家用車にもトランポにも使えたら最高ですよね。

実はカングーはトランポとして使えます。ハイエースほど大きくはないのでバイクは選びますが、十分に使うことができます。

この記事では、カングーはトランポとしてどれだけ使えるかについて詳しく解説していきます。

この値引き交渉のやり方を知らないと、車を買う際に50万円以上の損をするかもしれませんよ。

営業マンに騙されずに、最大限まで値引きをしてもらうには、このやり方を知っておく必要があります。

詳しくは下記の車を確実に値引きして安く購入する二つの方法のページをご覧ください。

あわせて読みたい

カングーはトランポにできるか

ルノー カングー

初代ルノーカングーは、1997年からルノーが販売する小型のバン。

車の前半分は、普通の乗用車で、後ろ半分が貨物車に改装されたフルゴネットと呼ばれるタイプのバンです。

初代ルノーカングーのころから欧州では郵便貨物車として使用され、その高い積載性能から高い人気を誇るカングーは、2007年に2代目となるカングー2へと進化。

それまでルノー初代クリオを流用していたプラットフォームは、1クラス上のメガーヌ2と共用とすることで大型化しました。

荷室もさらに広くなったカングー2なら、バイクのトランスポーターとして十分な性能を発揮します。

カングーの荷室寸法と積載性能

カングー ラゲッジ

トランポに求められる条件は、大きく分けて3つあります。

  1. バイクが載ること。荷室への乗降性がよいこと。
  2. バイクを固定しやすいこと。
  3. 積載時の運動性能とパワートレーンの耐久性。

以上の条件を、カングーがどれほど満たせているか解説します。

バイクは載るか

トランポとしてもっとも重要なバロメーターであるカングーの荷室寸法は、リアシートをたたんだ状態で、荷室長1,803mm×荷室幅1,511mm(リアホイールハウス間1,121mm)×荷室高1,115mm。

リアハッチ入り口の寸法は、開口部高1,100mm×1,170mm×地上高590mmです。

バイクを車載する上でポイントとなるのが室内高と床面地上高。

積み下ろしの労力に関わるカングーの床面地上高は、軽トラより低い590mmとなんとか及第点です。

1,115mmの室内高は、フロアに防汚マットを敷くと考えると1,100mmというのが実質的な高さになります。

中型、大型バイクの全高はおよそ1,300mm前後ですが、諸元表の全高はスクリーンも含む寸法。

カングーに積み込む場合にはスクリーンやミラーを外して、1,000mm前後になるバイクであれば、楽に積み込むことが可能です。

それでも入らない場合は、サスペンションを縮めて全高を抑える、もしくはタイヤを外すか、一時的に小径タイヤへと交換して1,000mm以内に収めれば積み込むことが可能です。

特に、サスペンションが長く大径タイヤを履くオフロードバイクを載せる場合には、事前に多大な準備が必要になります。

ルノー カングーにバイクは乗りますが、バイクを選ぶという条件が付きます。

180度まで開く観音扉のリアハッチは、2段階のロック機構つきで積み下ろし時の邪魔にならない便利なハッチです。

バイクの固定

バイクを固定するためのタイダウンベルトの取り回しには問題はありません。

後部座席頭上に三連の小物入れがありますが、これを取り外すことで空間を確保。

残ったボルト穴にアイボルトを入れて固定に使えます。

天井両サイドに標準装備の荷掛フックを備えていますが、そのまま使うには耐荷重が不足するため、フックを取り外してここもアイボルトへ交換するのがベターでしょう。

その他ボルト穴はたくさんあるので固定に困ることはないと思われます。

商用車っぽくない乗り味

フランス車は、柔らかい足回りでありながら芯のある乗り味が特徴です。

日本の約1.5倍の国土面積をもつフランスは平地と丘陵地が7割を占め、都市間をつなぐ郊外道路はアップダウンを繰り返すハイスピードのワインディングロード。

街なみには今も昔ながらの凸凹の石畳が敷き詰められるため、フランス車の足回りはしなやかでありながら、高速域でも破綻させないようにするのがフランス流のサスペンションセッティングです。

そんなフランス生まれのルノー カングーは、悪条件の道路において、さらに過酷な商用車というカテゴリの代表車種。

バイクの積載時にもフランス車としての乗り味をくずしません。

フランス人に合わせた大きめのシートは、柔らかなあたりながら芯のある快適な座り心地。

一般的な商用車では苦痛になる長距離移動も、カングーならば遠方のサーキットへ足を伸ばしたとしても苦になりません。

カングーのパワートレーンと耐久性

現在新車で買えるルノー カングーは、1.2L直噴ターボエンジンの6MT250万円)とデュアルクラッチトランスミッションのEDC260万円)のどちらかです。

ダウンサイジングされ、やや力不足と思える1.2Lの排気量は、直噴ターボの恩恵で2Lエンジン並のトルクを発生。

1,750rpmという低回転から発生する最大トルクでバイクを積んでも十分な加速性能を発揮します。

駆動系に負担のかかるトランポとして使用するなら、耐久性の高いMTを選びたいところです。

また、ホイールの穴数は4穴が通常であるこのクラスにおいて5穴を採用するオーバースペックぶりから、乗員と荷物に対する、フランスならではの濃厚な愛情が感じられます。

カングーのトランポとしての使い心地

ルノー カングーを実際にバイクのトランポとして使っているTwitterを集めて解説します。

やはり絶対的な数では、バイクを積載して使われる方は少ないようです。


スクーター程度なら楽に積み込めると思っていましたが、バイク形状によっては苦労するようです。

全長2,070mm、全幅715mm、全高1,130mmYAMAHA YZF-R1もスクリーンを外せばなんとか収まるようです。

載せるには少々手間がかかりますが、トランスポーターとしても使えながら、乗用車としての快適性と豊かな低速トルクによるドライバビリティをバランスさせているのがルノー カングーの強みです。

オフロードバイクは無理かと思いきや、初代カングーに載せている方がいらっしゃいます。

工夫次第では、よほど大型のバイクでなければカングーに載せることは可能なようです。

もしカングーの購入を考えているなら、値引き交渉の正しいやり方を覚えておくといいですよ。

このやり方を知っているだけで数十万円は違います。詳しく知りたい方は下記の車を確実に値引きして安く購入する二つの方法のページをご覧ください。
あわせて読みたい

カングー以外のトランポの選択肢

理想のトランポとされるトヨタ ハイエースを、多くのプライベートレーサーが使うのは、ハイエースがトランポとしてもっとも機能的なパッケージングと実用性を備えているからに他なりません。

ハイエースを買っておけばまず間違いはないのですが、ハイエースは中古であっても以外なほど高価なうえ維持費も高く、ファミリーカーとしてはやや持て余してしまいます。

おまけに盗難確率もNo.1と、ハイエースならではのデメリットが存在します。

ハイエースの代わりとしてトランポによく使われる車と、カングーとを比較します。

トヨタ タウンエース

トヨタ タウンエース

ミニ・ハイエースとも呼べるトヨタ タウンエースは、バイク専用小型トランポとしては最適。この点はカングーと同じです。

1.5Lエンジンに4AT5MTが用意され、価格は181万円からで安いので、とにかく値段を抑えたいならタウンエースはカングーより適しています。

しかしタウンエースはカングーと比べ乗用性がよくないので、普段乗りもするなら少し高くなってもカングーの方がベターです。

日産 NV200 バネット

日産 NV200 バネット

和製カングーと呼ばれるほどカングーに似通ったスペックを持つ日産 NV200

エンジンは自然吸気の1.6L、トランスミッションは4AT5MTが用意され、価格は174万円からとトランポとして使えるパワートレーンでありながら、お手頃な価格設定されています。

室内高1320mmはカングーを上回り、積載できるバイクの範囲はカングーより広がりますが、どんなバイクでもそのまま積み込めるほどの高さではないため、決定打とはなりません。

商用然とした雰囲気はタウンエースほどではないものの、リーフスプリングの固い乗り心地をトランポとして割り切れるならば買いですが、積載性能と快適性能の両立させるという点ではカングーをおすすめします。

ホンダ ステップワゴン

ホンダ ステップワゴン

最も廉価な1.5Lターボ+CVTの価格はカングーとほぼ同じ245万円。

ホンダ自慢の底床プラットフォームにより、約400mm床地上高でバイクを積み込みやすく、1425mmの室内高は、ほとんどのバイクがそのまま収まるうえ、乗用車であるため快適性も申し分ありません。

しかし、伝達トルクの劣るCVTは、長期に渡る高負荷の使用ではCVTの故障を引き起こす可能性が考えられるため、商用車としての耐久性にも優れるカングーがベストです。

快適性とバイクの乗降性を重視するなら1BOXのミニバンも賢い選択といえます。

トヨタ シエンタ福祉車両 車いす仕様タイプ2

トヨタ シエンタ福祉車両 車いす仕様タイプ2

少し変わり種がトヨタ シエンタの福祉車両。

「車いす仕様タイプ2」は、バイクとほぼ同サイズの医療用ストレッチャーをそのまま積み込める、なだらかな傾斜フロアとスロープが備わり、バイクの積み下ろしが非常に楽に行える点がカングーや他のトランポにはない特色です。

しかし、自然吸気1.5LエンジンにCVTの組み合わせは、パワー・耐久性ともに不足しているうえ、価格はカングーに迫る230万円から。

用途の似ている福祉車両をトランポとして転用するのは良いアイデアですが、より重量物のバイクを載せるのは車に大きな負担がかかります。それならば最初からカングーを買ったほうが後悔せずに済みます。

カングーはトランポとしてはどうか

バイクのトランスポーターとして使うには、室内が広く高い方が圧倒的に積み込みやすいのが実情であり、ルノー カングーのやや低めの室内高は、積載できるバイクを制限してしまう点が最大の不安要素です。

しかし、カングーのトランスポーターとしてのデメリットはそこ一点のみなのです。

トランスポーターとしての高性能でありながら、乗用車としての走行性能と快適性を誇るオシャレなルックスのルノー カングーが、日本におけるルノー車の総販売台数の6割を占めるのも納得できます。

日常レジャーの用途に使うのならば、これ以上に魅力的な車はないでしょう。

カングーの車内に、積みたいバイクが載るのであれば、カングーを買って間違いはありません。

トランスポーターとしてだけでなく、あらゆる要求を満たしてくれることでしょう。

もしカングーに載らないバイクだったり、今後より大きなバイクに乗り換えの予定がある、または載せるための手間を省きたいというのであれば、底床で広い室内のホンダ ステップワゴンを初めとする乗用1BOXカーの方がおすすめです。

トランスポーターに「積載のための道具として割り切るか」、「ただの道具以上の使い心地を期待するか」の選択をつきつけるルノー カングーは、フランス人女性のような魔性の魅力を秘めています。

バイクを載せるために、手がかかっても、振り回されても、車もバイクも好きだという方にはルノー カングーがおすすめです。

車を確実に値引きし安く購入する方法!

これから車を買おうと思っている方、値引き交渉の正しいやり方はご存知ですか?

この値引き交渉のやり方を知らないと、車を買う際に最大で50万円以上の損をする可能性があります。

「値引きしてくれませんか?」「オプションをつけてくれませんか?」と何も考えずに交渉すると、営業マンに舐められます。「この客はバカだな(笑)」と足元を見られ、最低限の値引きしかしてくれないでしょう。

確実に最大限まで値引きするには、このやり方を知っておく必要があります。詳しくは下記の車を確実に値引きして安く購入する二つの方法のページをご覧ください。

あわせて読みたい

この記事を書いた人

佐藤茂道
佐藤茂道
某自動車メーカーのエンジン部門で開発経験あり。子供の頃から車雑誌を切り抜きし、高校ではオートバイ・車にどハマりする。就職する際に、某自動車メーカーを選び、仕事でもプライベートでも車漬けに。今は日産スカイラインR33が愛車。