1分で車を60万円値引きする裏技

ジェイドの燃費は悪い?街乗りや高速の実燃費は?改善し向上させる方法まで解説!

スタイリッシュなロールーフミニバンのジェイド。

普段遣いにちょうどよい車体サイズと緊急時に頼りになる3列目をもつ、かゆいところに手の届く車です。

走行安定性も高く、乗り心地には一定の評価があります。

そんなジェイドですが、燃費は良いのでしょうか。

走り方によってどう変わるのでしょうか。

ここではジェイドの燃費について解説していきます。

ジェイドの燃費・実燃費

ホンダ ジェイド

ジェイドのカタログ燃費と実燃費の達成率をチェックしていきましょう。ジェイドは1.5Lターボエンジンとハイブリッドシステムの2つのパワートレインが採用されています。

実燃費はカタログ値のおおよそ6割から7割と言われていますが、それぞれどのぐらい達成しているのでしょうか。

ガソリンモデルの燃費・実燃費

1.5Lガソリンモデルはカタログ値で17.6km/Lです。では実燃費はどんな数値になるのでしょうか。

燃費の種類数値
カタログ燃費17.6km/L
街乗り燃費10~13km/L
高速燃費14~17km/L

ユーザーの燃費を見ていくとこのようになっています。カタログ燃費達成率は6割程度なのでガソリン車としてはもうちょっと良い燃費を期待したいところです。

なおガソリンエンジンについては以下の記事でも取り上げているので、興味のある方はこちらもあわせて参考にしてみてください。

ガソリンエンジンガソリンエンジンのメリット3つとデメリット5つ!仕組みと将来性の特徴を解説!

ハイブリッドモデルの燃費・実燃費

ハイブリッドモデルの燃費はカタログ値で25.0km/Lです。同様に実燃費を見ていきます。

燃費の種類数値
カタログ燃費25.0km/L
街乗り燃費15~18km/L
高速燃費18~22km/L

ハイブリッドモデルはこのようになりました。カタログ達成率は6割とハイブリッドとしては十分な数値です。

ジェイドはダウンサイジングターボやDCTを組み合わせたハイブリッドシステムなど、しっかり燃費性能が考慮されたパワートレインを搭載しています。

走行安定性も非常に好評ですし、このサイズ感でこれだけの燃費性能はなかなか優秀です。

なおハイブリッドについては以下の記事でも取り上げているので、興味のある方はこちらもあわせて参考にしてみてください。

ハイブリッドエンジンハイブリッドカーとは?メリット6つとデメリット/問題点11つ特徴をわかりやすく解説!

ジェイドの燃費の口コミ

燃費性能の優秀なジェイドですが、実際に乗っているユーザーはどう感じているのでしょうか。ここではツイッター上からユーザーの声をピックアップしていきます。

ガソリンモデルはターボエンジンを積んでいるだけあって、走らせ方によって燃費の数値が結構変わってきます。この方のように乗る人の違いで1Lあたり3kmも走れる距離が変わることもザラです。

ハイブリッドシステムはDCTの組み合わせでダイレクトな加速が気持ちいいモデルです。スピードを出せば当然燃費は落ちますので丁寧な運転を心がけましょう。

ジェイドの燃費は素晴らしいとのことです。ただ6人乗りモデルでも実質4人乗りであったり荷室が意外と使い勝手が悪かったりとターゲットが中途半端なところが残念です。

なおジェイドの口コミ・評判については以下の記事でさらに詳しく解説しているので、詳細まで知りたい方はこちらもあわせて参考にしてみてください。

ジェイド 外装ジェイドの口コミ/評判!価格から外装や走行性能まで全てチェック!

ジェイドの燃費の理由

ジェイド エンジン

ジェイドの燃費は乗る人や環境によって大きく変わります。ここではジェイドの燃費良い理由、悪い理由を解説します。

パワートレインの進化

ジェイドは海外の車に主流のダウンサイジングターボエンジンが採用されています。ダウンサイジングターボエンジンは基本的に排気量が小さいので巡航時など低出力の際は燃料消費が抑えられます。

問題はパワーの必要な加速時ですが、ここでターボの加給がかかるので十分な出力が得られます。

低回転でトルクの出るエンジンと、無段変速でエンジンの効率の良い回転で変速できるCVTとの組み合わせで非常に効率の良い走行ができるパワートレインです。

なおダウンサイジングターボの燃費については以下の記事でも取り上げているので、興味のある方はこちらもあわせて参考にしてみてください。

320iエンジンダウンサイジングターボの燃費は悪い?比較しながら分析!

アイドリングストップ機構

ジェイドにはダウンサイジングターボエンジンの燃費改善だけでなく、パワートレインの無駄をなくすためにアイドリングストップが採用されています。

信号待ちなどのアイドリングを止め、燃料の消費を少しでも減らします。

変わったハイブリッドシステム

ジェイドのハイブリッドシステムは1.5Lエンジン+モーターという排気量の小ささがちょっと気になるシステムです。そこに普通のATではなくDCTを組み合わせています。

これは偶数ギアと奇数ギアと2つのクラッチに別れており、片方のギアが入ると次のギアが準備され、すばやく変速していくことができます。さらに7速のギアなのでシステム効率の良いパワーバンドをつかうことができるのです。

そのため低回転で変速し燃費よく走ることもできますし、パワーが必要なときはエンジンのトルクの強い回転を使い、パワーのある走りができます。

そしてMTのようなダイレクト感の強い走りと、燃費の良い走りの両方をしてくれます。

ジェイドの燃費改善・向上方法

ジェイド ブレーキ

前項ではジェイドの燃費の良し悪しの理由を解説してきました。では今度は燃費良く走るための方法を解説していきます。

出だしはふんわり、加速はしっかり

ジェイドの1.5Lモデルはストップアンドゴーの多い街乗りでは特に燃費が伸びにくいです。

加速も良いため思わず踏み込んでしまいがちですが、燃費良く走るためにまずはできるだけ走り出しの燃料消費を減らしましょう。

発進時は周りを見ながらクリープ現象で徐々に前に出ます。走り出してからはアクセルを3分の1ほど踏み込み目的の速度までしっかり加速します。必要な加速が終わったらアクセルを緩め、できるだけ一定速度で走行しましょう。

走り出しに急アクセルをするとタイヤとエンジンの回転が合わないので無駄が増えますし、逆に燃費が良いかからと言ってそーっとアクセルを踏んでいると、ポンピングロスなどによりエンジン内で抵抗が発生し無駄が発生します。

エンジンブレーキを使おう

エンジンブレーキがかかっている最中は車は燃料供給がカットされているので、燃料の消費がありません。そこで減速や停車時にはできるだけエンジンブレーキで減速することが、低燃費への近道です。

車のエンジンはおおよそ1,500回転以上でアクセルが離された状態でエンジンブレーキがかかるようになっています。

もし回転数が低いようであれば必要に応じてギアを一つ落とすなどし、エンジンブレーキを活用しましょう。

回生ブレーキを活用しよう

ガソリンモデルだけではなくハイブリッドモデルにもエンジンブレーキのようなものがあります。

それが回生ブレーキと言って、減速エネルギーを電気に変える機能です。アクセルを離すと回生ブレーキが働きそのまま充電されていきます。

これは燃料が必要ないだけでなく、減速をそのまま充電に使うので一石二鳥の減速です。減速時にブレーキペダルを頻繁に踏んでばかりの運転をすると、ハイブリッドの回生充電が働きにくく、EV走行が減ってしまい燃費が落ちる原因になってしまいます。

MEMO

もしジェイドを買おうと考えているなら、あわせて正しい値引き交渉のやり方も覚えておくといいですよ。

このやり方を知らないと最大60万円以上も損しますよ。詳しく知りたい方は、下記の『たった1分で車を60万円値引きできる裏技』のページをご覧ください。 裏技を知って後悔する人たった1分で車を60万円値引きできる裏技!安く購入する秘密のテクニックとは?!

ジェイドの燃費を他の車と比較

ジェイドはなかなか走り方に癖のある車です。ではジェイドのライバル車たちの燃費はどうでしょうか。

ジェイドと比較に上がりやすいトヨタのプリウスα、スバルのレヴォーグ、マツダのアテンザと比較していきます。

トヨタ プリウスα

トヨタ プリウスα

プリウスαはトヨタを代表する車、プリウスをワゴンタイプにしたハイブリッドカーです。

ジェイドと同じようなサイズで7人乗りや5人乗りワゴンなど仕様も似ているので、直接的なライバルと言っても良いでしょう。

カタログ燃費は26.2km/Lとジェイドよりも優秀な燃費性能です。では実燃費はどうでしょうか。

燃費の種類数値
カタログ燃費26.2km/L
街乗り燃費16~19km/L
高速燃費19~22km/L

実燃費はジェイドのハイブリッドモデルとほぼ同等の数値となっており、燃費比較では引き分けです。

プリウスαはパワートレインはすでに熟成の域に入っており、パワフルさはありませんが信頼性は高く、ジェイドはDCTとハイブリッドシステムを組み合わせた軽快な走りが楽しめる車です。

それぞれ同じハイブリッドでもキャラクター性が違いますので自分にあったほうを選択するのが良いでしょう。

なおプリウスαについては以下の記事でも取り上げているので、興味のある方はこちらもあわせて参考にしてみてください。

トヨタ プリウスαプリウスαがキャンプにも使える理由3つトヨタ プリウスαプリウスαは雪道に弱い?雪道走行の性能について徹底分析しました!

スバル レヴォーグ

スバル レヴォーグ

レヴォーグはスバルが販売するレガシィツーリングワゴンの後継モデルとして登場したツーリングワゴンです。1.6Lダウンサイジングターボエンジンとパワフルな2.0Lエンジンで車好きの心を魅了シています。

そんなレヴォーグのカタログ燃費は1.6Lモデルが16.0km/L、2.0Lモデルが13.2km/Lです。実燃費を見ていきます。

燃費の種類1.6L2.0L
カタログ燃費16.0km/L13.2km/L
街乗り燃費9~11km/L9~11km/L
高速燃費14~18km/L13~18km/L

燃費性能を比較するとジェイドにはハイブリッドモデルがあるので単純比較ではジェイドの勝利です。

しかしジェイドのガソリンモデルとレヴォーグの1.6Lモデルで比較するとほぼ同等の数値になっています。

どちらも走行性能の高さを売りにしている車ですが、レヴォーグは4WDでジェイドは2WDなので走破性や走行安定性はレヴォーグの方が有利です。そのへんも含めて検討すると、走破性や走行安定性の高いレヴォーグのほうが優秀です。

なおレヴォーグについては以下の記事でも取り上げているので、興味のある方はこちらもあわせて参考にしてみてください。

スバル レヴォーグレヴォーグの燃費は悪い?街乗りや高速の実燃費は?改善し向上させる方法まで解説!レヴォーグ 外装レヴォーグの口コミ/評判!価格から外装や走行性能まで全てチェック!

マツダ アテンザ

マツダ アテンザ

アテンザは2.5Lクラスのステーションワゴンで、ガソリンモデルだけでなくディーゼルモデルもあるとてもパワフルな走りが特徴的です。

アテンザのカタログ燃費はディーゼルモデルが17.8km/L、ガソリンモデルが14.8km/Lです。では実燃費はどうでしょうか。

燃費の種類ディーゼルガソリン
カタログ燃費17.8km/L14.8km/L
街乗り燃費13~16km/L8~12km/L
高速燃費15~18km/L14~17km/L

燃費はハイブリッドモデルのジェイドとディーゼルモデルアテンザではジェイドのほうが燃費は良いです。

しかしアテンザは燃料単価の安い軽油を使っているので燃料代は安くなるので、単純比較しづらいところがあります。

どちらもDCTやパワフルなディーゼルエンジンなどパワートレインの性能も期待できるのでほぼ同等と言って良いでしょう。そしてガソリンモデル同士で比較するとどちらもほぼ同じ性能で、それぞれターボエンジンや6速ATなど楽しさを出しており引き分けでしょう。

なおアテンザについては以下の記事でも取り上げているので、興味のある方はこちらもあわせて参考にしてみてください。

マツダ アテンザアテンザの燃費は悪い?街乗りや高速の実燃費は?改善し向上させる方法まで解説!アテンザ エクステリアアテンザの口コミ/評判!価格から外装や走行性能まで全てチェック!

ジェイドは絶妙なバランスの車

ジェイドはダウンサイジングエンジンやハイブリッドシステムなど燃費性能に考慮した非常に優れたパワートレインを搭載しています。

さらにターボエンジンやDCTなど走行性能の高さも感じさせてくれる組み合わせですし、さらに排気量は小さく年間の税金が安く済むのも嬉しいところです。

ただライバル車と比べて走り方によって燃費の数値が変わりやすく、走り方によっては燃費が伸びたり落ちたりと慣れが必要です。

燃費は車に合わせた走り方をすることによって大きく変わってきます。こちらで紹介した方法などを参考にして、燃費の良い走りを研究してみてください。

なおジェイドについては以下の記事でも取り上げているので、興味のある方はこちらもあわせて参考にしてみてください。

ジェイド 外装ジェイドの口コミ/評判!価格から外装や走行性能まで全てチェック!黒いジェイドなぜ売れないのか?ジェイドが不人気な5つの理由を解説!