輸入外車の中ではかなりの人気を誇るアウディですが、輸入車でも毎年のように新車発売やモデルチェンジが頻繁で、常に最新の車が日本に入ってきます。

しかしそうすると前型車などは買取で中古車市場に流れるので、アウディは中古車市場でも大人気です。

今回はそんなアウディの中古車についてご説明します。

この値引き交渉のやり方を知らないと、車を買う際に50万円以上の損をするかもしれませんよ。

営業マンに騙されずに、最大限まで値引きをしてもらうには、このやり方を知っておく必要があります。

詳しくは下記の車を確実に値引きして安く購入する二つの方法のページをご覧ください。

あわせて読みたい

アウディの中古車の安さ

中古車と言えどもアウディは輸入車なので、中古車価格は割高のイメージがありますよね。

しかし実際に値段を比較してみると、案外安い値段のモデルがあったりするのです。

まずはアウディの何車種化を例に挙げて、新車価格と中古車価格の差をご説明しましょう。

アウディTTの中古車相場

Audi TT

アウディTTはクーペタイプのスポーツカーですが、流線形で丸みを帯びたデザインと外車ながら扱いやすいサイズ感で、男性のみならず女性にも人気のモデルのひとつです。

アウディTTは2015年にモデルチェンジした比較的新しい車で、中古車と言っても2年落ち~3年落ちまでしかありません。

そんなアウディTTの新車価格と中古車価格は次の通りです。

アウディ TT 価格
新車価格 4,690,000円
~7,680,000円
中古車相場 3,180,000円
~5,480,000円
下落率 32%~28%

一般的に中古車価格は3年で3割~4割下落すると言われており、TTの下落率はまさにその割合通り、平均30%下落しています。

TTは輸入車であっても3年程度までであれば国産車と同等の下落率となるようです。

アウディA1の中古車相場

Audi A1

アウディA1はアウディの最も廉価な車種で、エントリーモデルに位置付けられている車です。

ハッチバックタイプのコンパクトカーですが、アウディならではの上質感はデザイン、内装に表れています。

A1の新車価格と中古車相場は次の通りです。

アウディ A1 価格
新車価格 2,490,000円
~4,430,000円
中古車相場 689,000円
~3,240,000円
下落率 72%~27%

A1は2011年に発売されたモデルで、最も古いモデルだと登場から7年近く経過しています。

国産車の場合でも6年~7年経過した車は下落率が50%を超えることは珍しくありませんが、アウディA1の場合では72%と結構大きな下落率になっています。

年式の新しいものでは27%と普通の中古車並みの下落率ですが、年式が古くなると下落率が一気に増える傾向にあるようです。

アウディA3の中古車相場

Audi A3

アウディA3はアウディのラインナップの中での売れ筋車種で、VWのゴルフとプラットフォームを共用するコンパクトハッチバックです。

A1よりも多少サイズが大きく、VWゴルフや日本ではトヨタカローラと肩を並べる車種です。

A3の新車価格と中古車価格は次の通りです。

アウディ A3 価格
新車価格 2,930,000円
~6,240,000円
中古車相場 1,290,000円
~4,170,000円
下落率 55%~33%

現行のA3は2013年にモデルチェンジしたので、古い車は4年落ち程度と比較的新しいです。

それにもかかわらず55%もの下落率を表しており、国産車の場合は40%〜50%程度が相場ですから、国産車より安くなっていると言えます。

アウディA4の中古車価格

Audi A4

アウディA4はアウディの中型セダンの一台で、セダンとしては売れ筋モデルです。

アウディならではの丸みを帯びたデザインは鳴りを潜め、セダンらしい質実剛健なデザインが特徴です。

そんなA4の新車価格と中古車価格は次の通りです。

アウディ A4 価格
新車価格 4,470,000円
~8,680,000円
中古車相場 2,990,000円
~6,380,000円
下落率 33%~26%

アウディA4は2015年にモデルチェンジしたばかりの車で、そこまで古い車はなく台数もまだまだ少ないです。

その為中古車価格の下落率も大きく無く、国産車と同等レベルです。

アウディA8の中古車価格

Audi A8

アウディA8はアウディのラインナップの中で最上級のセダンで、アウディのフラッグシップモデルです。

ベンツやBMWの最上級セダンに勝るとも劣らないクオリティの車で、新車価格もそれに見合うものです。

そんなA8の新車価格と中古車価格は次の通りです。

アウディ A8 価格
新車価格 11,290,000円
~22,400,000円
中古車相場 2,770,000円
~19,800,000円
下落率 75%~11%

A8のモデルチェンジは2010年だったので古い車では7年落ちとなります。

下落率が大きいのはまさにこの初期型なのですが、いくら古いとはいえ最上級セダンが3,000,000円台から買えてしまうのは驚きです。

年式の新しいものはさすがに下落率は少なく、高値を保っています。

なお、正しいやり方で値引き交渉をすればもう少し安い価格で購入できます。これを知っているだけで数十万円は違ってくるので、詳しく知りたい方は下記の車を確実に値引きして安く購入する二つの方法のページをご覧ください。

あわせて読みたい

アウディの中古が安い理由

さてアウディの中古車には国産車よりも大きな価格の下落率があるモデルがありますが、なぜこんなに大幅に価格が下落するのでしょうか。

その理由をご説明しましょう。

年式が古くなると下落率が大きく増える

その説明する前に、まずはこれまでの中古車価格の下落率と年式の関係をまとめてみましょう。

中古車価格下落率 年式
TT 32%~28% 3年落ち
A1 72%~27% 7年落ち
A3 55%~33% 4年落ち
A4 33%~26% 2年落ち
A8 75%~11% 7年落ち

こうして比較してみると、4年落ち~7年落ちに移行していく過程で下落率が大幅に上がるとが分かります。

前述した通り国産車では7年落ち程度だと下落率が50%程度ですが、アウディの場合には70%を超えてきており、変動が激しいことがわかります。

2年や3年落ち程度ではそこまでの下落率にはならず、国産車と同程度です。

つまり古くなれば古くなるほどアウディは値崩れを起こしやすいという流れになっており、アウディの中古車の市場観がそれで形成されているので、中古車価格が安いと言えます。

また年式が古くなると下落率が大きくなるのには、車の信頼性についての問題が挙げられます。

アウディの信頼性の少なさ

私達に身近な国産車の特徴の一つに故障の少なさがあり、日本車の信頼性の高さは世界にも認められています。

それと比較するとアウディをはじめとするドイツ車の信頼性は多少低く、車の故障頻度は国産車より高いです。

その為年式が古くなると劣化したりトラブルを抱える部品が増えてきてしまい、それが結果的に中古車価格の下落を招いています。

信頼性が少ない車は、古ければ古いほど価格を下げなくては中古車販売はうまくいきません。

アウディは決して信頼性が低いわけではないのですが、私たちはどうしても日本車を基準にして故障の少なさを比較してしまうので、比べるとアウディの信頼性は微妙なものとなります。

その為3年や4年落ちであればともかく、5年以上経過した車の中古車価格はガクッと下がる傾向にあり、日本車で限界といわれている10年落ちともなると、大幅に安い値段でアウディが販売されています。

もしそういった1台を購入する場合には、ある程度故障があるのを前提にしなければいけません。

維持費の高さ

Audi メンテナンス

故障率の高さはそのまま修理代などの維持費の高さにつながるのも、年式の古いアウディが安くなる理由です。

一般的に輸入車の修理には国産車より費用がかかり、部品代が国産車の3割~5割程度高いだけにとどまらず、ディーラーなどでの工賃も高めです。

最近は顧客もそういった事情を把握している為、年式の古い中古車を売ろうとするとどうしても値段を下げざるを得ず、それが下落率の高さに繋がっています。

2年や3年落ちの中古車価格が高止まりしているのは、まだ故障も少なく維持費がかかりにくいというメリットがあるからです。

車を確実に値引きし安く購入する方法!

これから車を買おうと思っている方、値引き交渉の正しいやり方はご存知ですか?

この値引き交渉のやり方を知らないと、車を買う際に最大で50万円以上の損をする可能性があります。

「値引きしてくれませんか?」「オプションをつけてくれませんか?」と何も考えずに交渉すると、営業マンに舐められます。「この客はバカだな(笑)」と足元を見られ、最低限の値引きしかしてくれないでしょう。

確実に最大限まで値引きするには、このやり方を知っておく必要があります。詳しくは下記の車を確実に値引きして安く購入する二つの方法のページをご覧ください。

あわせて読みたい

この記事を書いた人

佐藤茂道
佐藤茂道
某自動車メーカーのエンジン部門で開発経験あり。子供の頃から車雑誌を切り抜きし、高校ではオートバイ・車にどハマりする。就職する際に、某自動車メーカーを選び、仕事でもプライベートでも車漬けに。今は日産スカイラインR33が愛車。