Hioki Tatsuyaさん(@chibitatsu2014)がシェアした投稿 -

鮮やかなセパンブルーパールエフェクトカラーのS3セダンの登場です。

基本的にはノーマルのルックスのまま、ホイールを変えてローダウンのみという、シンプル車高短仕様です。

19インチ前後のピカピカのポリッシュカラーのメッシュホイールが装着されています。ホイールのリムもピッタリツライチ状態になっていて、カッコイイです。

よく見ると、フロントグリルがナンバープレートレスになっているだけでなく、本来あるはずのグリル内側のガンメタ色のパネル (ナンバーホルダー)がありません。実はこのグリルはUSスペックの純正品なのです。

よくわからないという人は、ノーマルの日本仕様や欧州仕様のS3セダンの写真を見つけて、見比べてみて下さい!

 

RAUDIさん(@raudi2raudi)がシェアした投稿 -

真っ赤な車高短のS3セダンです。

おそらく社外のエアサスを使用していると思いますが、極限まで車高を下げています。

外装はノーマルにプラスして社外のフロントリップスポイラーを装着しています。

ホイールは19インチ相当のサイズを履かせています。スポークはブロンズカラーのものをセレクトすることで、地味になり過ぎず、でも派手になり過ぎず、バランスの取れた外観に仕上がっていると思います。

よく見ると、ドアミラーがシルバーから黒に塗装されていますね。

 

Tyさん(@ty_bags)がシェアした投稿 -

黒を基調とした外装に仕上がったS3セダンです。

ホイールはブラックにペイントされた19インチ相当サイズのロティフォームLAS-Rを装着。車高はローダウンされていますが、着地するほどではないにも関わらず、リアフェンダーは完全にホイールに被さっています。

細かいところを見ると、サイドガラス廻りのメッキモールやリアのアウディのエンブレムがブラック塗装されています。しかし、あえてS3のエンブレはそのままの状態で残されています。

 

Maxime Colinさん(@max_s3_sedan)がシェアした投稿 -

シンプルな極低仕様のS3セダンです。

ボディーカラーはオーソドックスなホワイトカラーをチョイスし、ホイールは19インチクラスの黒スポークのホイールを組み合わせています。ホイールは前後共にフェンダーの内側に収まっています。

車高は社外エアサスにて地面スレスレまで下げられています。エアロ類は、基本的にはノーマルですが、フロントグリルは純正USグリルへと変更されています。

社外リップスポイラーすら付いていないシンプルな仕様ですが、S専用のバンパーがノーマルのA3バンパーとは異なり、すでにスポーティーなエアロ形状をしているからこそ、このままでもカッコよく見えるのだと思います。

 

Low is Lifeさん(@low.is.life)がシェアした投稿 -

レーシーな外観のS3セダンです。

外装はフロントリップスポイラー追加とグリルブラック化に、前後タイヤがフェンダーに被るくらい低くされた車高がノーマルからの変更点です。

ボディーカラーはホワイトをベースとし、その上にデカールを貼ることで、レーシングカーのような仕上がりになっています。カスタム内容はとてもシンプルなのですが、やはりデカールの効果は大きく、手の込んだカスタムがされた車両のように見えるので、コストパフォーマンスの高いドレスアップ手法と言えます。

よく見ると、サイドガラスの窓枠のメッキモールもブラック化されていますね。

 

少し個性的に仕上げられたS3セダンです。

一番個性的な箇所は、ホイールですね。

20インチくらいありそうですが、スポークデザインがかなり凝っていますね。スポークカラーも明るいブロンズ系で、ホワイトのボディー色との相性も良いです。

その他、社外のトランクスポイラー、マットブラックカラーのトランクリッド、ブラック化されたドアミラーとサイドガラスの窓枠など、スポーティーな雰囲気が満載です。

よく見ると、アウディのエンブレムが取り外され、すっきりとした印象のトランク廻りになっています。

 

こちらのS3セダンも特徴的な要素が多数詰まっていますね。

独特なスポークデザインの19インチ相当サイズのホイールに、ベタベタに落とされた車高が、いかにもスタンス仕様といった感じです。

エアロ的にはノーマルのままです。そしてこの車のシンボルとも言えるのが、室内からチラリと見えるロールバーです。

S3セダンはスポーティーな車種ではありますが、さすがにロールバーまで入れている人は少ないと思います。しかも目立つ赤をカラーとしてチョイスしているので目立っています。

シンプルな外観の中でアクセントとして効いていますね。

 

こちらのS3セダンはパープルカラーへと外装色が変更されています。

ヘッドライトはイエローのフィルムを貼り付けることで、ノーマルとは違う目つきになっています。

さらに、バンパーはS3純正ですが、グリルがRSグリルへと変更されているので、フロントフェイスはノーマルから比べると、かなり変わっています。

19インチのメッシュスポークのホイールはツライチセットされて、車高も程よくローダウンされ、きれいにまとめられています。

これから車の購入を考えているなら、値引き交渉の正しいやり方を覚えておくといいですよ。このやり方を知っているだけで数十万円は違ってきます。詳しく知りたい方は下記の車を確実に値引きして安く購入する二つの方法ページをご覧ください。

あわせて読みたい

 

🚘M!k€¥🚘さん(@drtjrzy)がシェアした投稿 -

往年のアウディのワークスカラーのようなカラーリングが施されている黒いS3セダンです。

純正USグリルにUSヘッドライトの組み合わせが、日本仕様とは違った印象を与えています。ノーマルのS3バンパーには社外フロントリップスポイラーを組み合わせています。

ガンメタカラーのスポーティーなスポークデザインのホイールが履かされ、車高もかなり低くセットされています。サイドステップが赤く塗り分けられていて、車高の低さが際立つような工夫が施されています。

 

走り屋の雰囲気が漂うS3セダンです。

特徴的な前後オーバーフェンダー、社外のGTウイング、社外のトランクスポイラー、サイドスポイラー、18インチクラスのホイールが組み合わされています。

オシャレなイメージから一転、一気に走りのイメージが高められた外装になっていますね。

オーバーフェンダーのデザインも特徴的で、前後ともダクト付きの形状になっています。まるで、シルビアやツアラーVなどの日本のドリ車が付けていそうなパーツですが、意外とS3セダンに似合っているので、面白いですね。

 

ベタベタ車高短仕様の真っ赤なS3セダンです。

ホイールは19インチ前後サイズのロティフォーム KPS (1ピース)のブラックカラーを装着。

また、エアサスだと思いますが、前後フェンダーがホイールに被さるくらいまで車高がローダウンされています。

この車は、他のカスタムされたS3セダンとは違い、モールやエンブレムなど、メッキやポリッシュ部分がそのままの状態で残されています。

これはこれで良いとは思いますが、少し物足りない気もしますね。

 

Chiling Cars & Moreさん(@chilingcars)がシェアした投稿 -

S3では少数派とも言える、グリーンカラーにオールペイントされた車両です。

弱コンケーブ形状のポリッシュカラーのホイールを組み合わせ、車高をローダウン。

サイドステップにはサイドスポイラーが追加されています。リアバンパーのディフューザーは、純正よりも大きいタイプの物へと交換されています。

マフラーも純正の4本出しから、社外の2本出しタイプへ変更されています。

トランクスポイラーは社外が装着されている一方、エンブレム類は取り外されるなど、独特な後ろ姿になっています。

 

#VAG_IT | VW GROUPさん(@vag.it)がシェアした投稿 -

まるでツーリングカーのような仕様のS3セダンですね。

ホワイトボディーに、往年のアウディワークスのトリコロールで彩っています。

ゴールドのBBS LMもこの仕様のボディーに最高に似合っていますね!レーシーでカッコイイです。

細かいところを見ると、窓枠のメッキモールとドアミラーがブラック化され、リアのアウディーのエンブレムが取り外され、代わりに黒く塗られたクワトロのエンブレが装着されています。

さらに社外のトランクスポイラーが取り付けられ、マフラーも純正の4本出しから社外の2本出しへと変更されています。

 

lower.unitedさん(@lower.united)がシェアした投稿 -

ガンメタカラーのS3セダンです。

外装は、社外トランクスポイラー、社外リアディフューザー、社外マフラー、18インチ相当のロティフォーム OZTが装着されています。

ホイールはピアスボルトがホワイト化され、さらにスポークがブラックカラーのコンケーブ形状にオーダーメイドされたタイプがセレクトされています。アウディのリアエンブレムと窓枠は黒く塗られ、車体全体の統一感を高めています。

車高も純正エアロが地面スレスレになるくらいまで低く下げられています。

 

Official LowlWorksさん(@low_works)がシェアした投稿 -

ホワイトボディーに赤いホイールがアクセントとして効いたS3セダンです。

外装はノーマルのS専用エアロにRSグリルを組み合わせて車高をローダウンしています。

ホイールは赤に塗装された19インチクラスのロティフォーム INDがセットされています。

その他、ドアミラーは赤く塗装されていたり、ドア下にはデカールを貼り付けることで車高の低さをさらに強調しています。

窓枠のメッキモールもお約束のブラック塗装が施されています。

車を確実に値引きし安く購入する方法!

これから車を買おうと思っている方、値引き交渉の正しいやり方はご存知ですか?

この値引き交渉のやり方を知らないと、車を買う際に最大で50万円以上の損をする可能性があります。

「値引きしてくれませんか?」「オプションをつけてくれませんか?」と何も考えずに交渉すると、営業マンに舐められます。「この客はバカだな(笑)」と足元を見られ、最低限の値引きしかしてくれないでしょう。

確実に最大限まで値引きするには、このやり方を知っておく必要があります。詳しくは下記の車を確実に値引きして安く購入する二つの方法のページをご覧ください。

あわせて読みたい

この記事を書いた人

Nobupu
Nobupu
JDMスポーツカーやUS系並行輸入車の中古車販売店と、HIDやLEDなどの社外灯火類を扱うカー用品店での勤務経験有り。仕事上、旧車から現行車、国産車から輸入車、軽自動車からミニバン、SUV、トラック(24V車)など、ほぼ全てのジャンルのカスタムパーツを取り扱ったことで、オールジャンルのカスタムに対応できる幅広い知識を習得。プライベートでは、R32スカイラインGTS、10ソアラ後期、A31セフィーロ、C33ローレル、AE86×3台を乗り継ぐなど、FRのMT車を信条とした車選びを貫き通している。