アウディという自動車メーカーはドイツの歴史あるメーカーの一つで、日本にも早くから輸入されて親しまれてきました。

しかしそんなアウディのイメージって、同じドイツのベンツやBMWほど高級車という感じはしませんよね。

今回はアウディが高級車なのかどうなのかについてご説明しましょう。

この値引き交渉のやり方を知らないと、車を買う際に50万円以上の損をするかもしれませんよ。

営業マンに騙されずに、最大限まで値引きをしてもらうには、このやり方を知っておく必要があります。

詳しくは下記の車を確実に値引きして安く購入する二つの方法のページをご覧ください。

あわせて読みたい

アウディは高級車なのか

アウディA8フルモデルチェンジ

アウディが高級車であるかどうか、解説する前にTwitterでの皆さんの意見を見てみましょう。

アウディのイメージについてのツイート

Twitterにはアウディのイメージについてさまざまなツイートが上がっていますので、その中から3つご紹介します。

アウディのイメージは結構車が好きなマニア向けというご意見です。

実は私もこのイメージを結構強く持っており、この方も書かれているようにラリーなどのモータースポーツに強い印象があるからです。

実際アウディは昔から現在に至るまでレースの世界ではかなりの強さをもっており、ルマン24時間耐久レースなどでは何度も優勝しています。

アウディの市販車を見てみても結構スポーティな印象が強い車が多いので、アウディといえばスポーティなイメージを持っている人も多いのではないでしょうか。

アウディのデザインや内装は十分高級感があるものの、運転するとイマイチというご意見ですね。

アウディのデザインはほかのどのメーカーとも一線を画しており、また内装は高級感のあるものとなっているので、日本人の目からしたら高級車の部類に入る車も多くあります。

ただし結構スポーティな味付けをした車が多いのも事実なので、高級車のような乗り心地が無い車も多いです。

この方はそういった車種に乗ってイマイチという印象を抱かれたのかもしれません。

Audiのお車で最近話題のTTを見てきましたが素晴らしいお車ですね…
内装はシンプルさの中にも所々高級感があり…外装は…直感で感じて事ですがR8の小型版が一番私の中でしっくり来ますね(笑)
TTは小型なボディですかデザインが本当に秀逸です。
給油口のデザインも良いですよ。

アウディのデザインの良さは直感的にも伝わるようで、内装も十分高級感があるようです。

この方が見てこられたアウディTTは結構小型の車種なのですが、それでも十分な高級感を味わえるというのは、エントリーモデルから気合を入れて作られている証拠ですね。

アウディの世間の印象

さてTwitterの意見にもあるように、アウディの外装、内装のデザインは十分高級車と言えるレベルにあるようで、日本でアウディというと結構な高級車という印象を持たれます。

日本でよく見かけるアウディはTTに代表される小型のモデルが多いのですが、それでも日本車にはないデザインとカッコよさで、一目見ると強い印象を抱きます。

それに加えてベンツやBMWとおなじドイツ車ですから、高級外車の一つとして見られるのが一般的のようです。

中には前述したようにスポーツカーのイメージが強い人もいますが、現在街中を走っているアウディの車を見ればスポーティよりも優雅な印象を受ける車が多いですね。

ということで日本でのアウディの一般的なイメージは十分高級車たりえるというわけです。

あわせて読みたい

メーカーとしてのアウディ

では一般のイメージとは違ってメーカーとしてのアウディはどうでしょうか?

アウディは自動車メーカーとしての歴史が結構古く、アウディの前身であるホルヒ自動車が製造開始したのが1901年という、100年以上の歴史のあるメーカーです。

当初よりアウディの車は高性能、高品質であると言われており、大衆車から高級車までを幅広く手掛けてきました。

メーカーの規模としてはベンツ、BMW、VWなどに比べれば小さく、中堅メーカーといった扱いになりますが、製造している車種にはセダン系のA8のような高級車も多く、十分世界と競争できるレベルの高級車を生産できるメーカーです。

いっぽうでTTやA1などに代表される小型の車種も手掛けており、小型から高級車まで一貫してラインナップを揃える総合自動車メーカーが実態でしょう。

あわせて読みたい

アウディのドイツやその他海外での位置付け

アウディA8のラグジュアリー性

日本では高級車という位置づけのアウディですが、メーカーの本国であるドイツなどではどういう位置づけなのでしょうか。

アウディの価格

アウディのブランドイメージは日本と海外では少々違うようですが、それは車の価格自体にも表れているのでしょうか?

実際に価格を見てみると日本とドイツでの価格には差があり、日本のほうが高いことがわかりました。

また最上級グレードのA8の価格は、ベンツやBMWの最上級車種と同等の価格帯にあり、このクラスであれば十分高級車と言えるでしょう。

現行ラインナップの中から3車種を選んで、日本とドイツ本国の価格を比較してみました。

※1ユーロ=130円換算で計算しています。

車種 アウディジャパン アウディ ドイツ
A1 2,490,000円~

4,430,000円

2,271,750円~

2,700,750円

A7 Sportback 7,250,000円~

13,530,000円

8,342,750円~

12,350,650円

A8 11,290,000円~

22,400,000円

12,991,550円~

18,954,000円

TT Coupe 4,690,000円~

7,680,000円

4,947,800円~

6,185,400円

こうして比較してみると、どのモデルも最低価格では日本の方が安いのですが、グレードが上がるにしたがって日本では高額になっていきます。

なお、正しいやり方で値引き交渉をすればもう少し安い価格で購入できます。このやり方を知っているだけで数十万円は違います。詳しく知りたい方は下記の車を確実に値引きして安く購入する二つの方法のページをご覧ください。

あわせて読みたい

最上級グレードで比較してみると、A1、TTなどでも1,000,000円近い差がありますし、最高級セダンのA8だと4,000,000円近い価格差があります。

この結果、日本で売られているアウディは本国ドイツよりも少々割高なのが実態です。

なお次のようなツイートもあり、この価格差に気づいている人は結構モヤモヤを抱えているようですね。

(このツイートのA7 Sportbackの値段は過去のものだと思われます。)

あわせて読みたい

アウディの位置づけについてのツイート

次はTwitterから様々な意見を探してみましょう。では海外のアウディについてのツイートを3つご紹介しましょう。

この方のご意見ではアウディはドイツでは一般車と考えられているようで、他のドイツの高級車メーカーであるベンツやBMWも同じ評価のようです。

たしかにベンツはドイツでタクシーとして広く使われており、またCクラスなどは日本のトヨタ クラウンの様な位置づけです。

ベンツがトヨタだとすると、アウディはホンダのような位置づけかもしれませんね。

これはまた面白いご意見で、海外がどこかはわかりませんがアウディのほうがベンツやBMWより高級車寄りと言われているそうです。

一般的にはアウディはベンツとBMWに次ぐメーカーと言った位置づけですが、アウディの特徴的なデザインが他2社より人気のある理由かもしれません。

アウディのイメージについて的確に書かれているツイートで、アウディは都会的なデザインという印象が強いようです。

ベンツやBMWは一見するとおとなしいデザインであり、その中に高級感や上質感が見られます。

しかしアウディは中小型車には独特な流線形のフォルムを多く使っており、たしかに他の2社のデザインに比べると都会的、若者的と言えるかもしれません。

いっぽうでアウディの高級車はしっかりした上質感を持っており、メーカーのラインナップの中でメリハリが効いているということでしょう。

あわせて読みたい

アウディは高級車なのか

ここまでの解説を総合すると、日本でのアウディは十分に高級車メーカーと言えるでしょう。

まず車のクオリティについては、デザインの方向性的にはベンツやBMWと一線を画すところがあるものの、高級感や上質感は勝るとも劣らないものを持っています。

車種のラインナップ的にも、エントリーモデルのA1から最上級セダンのA8まで豊富な車種を展開しており、輸入車メーカーとして十分な競争力も持ち合わせているメーカーです。

また価格については日本とドイツで差はあるものの、日本での価格は高級車メーカーと呼べるほどの価格帯で勝負しています。

日本のメーカーはもとより同じドイツのベンツやBMWと肩を並べる存在といってよく、アウディは高級車と呼んでも差し支えないでしょう。

アウディはデザインが都会的なので顧客層がベンツやBMWとは少々違いますが、車格は十分に高級車のものを備えています。

車を確実に値引きし安く購入する方法!

これから車を買おうと思っている方、値引き交渉の正しいやり方はご存知ですか?

この値引き交渉のやり方を知らないと、車を買う際に最大で50万円以上の損をする可能性があります。

「値引きしてくれませんか?」「オプションをつけてくれませんか?」と何も考えずに交渉すると、営業マンに舐められます。「この客はバカだな(笑)」と足元を見られ、最低限の値引きしかしてくれないでしょう。

確実に最大限まで値引きするには、このやり方を知っておく必要があります。詳しくは下記の車を確実に値引きして安く購入する二つの方法のページをご覧ください。

あわせて読みたい

この記事を書いた人

佐藤茂道
佐藤茂道
某自動車メーカーのエンジン部門で開発経験あり。子供の頃から車雑誌を切り抜きし、高校ではオートバイ・車にどハマりする。就職する際に、某自動車メーカーを選び、仕事でもプライベートでも車漬けに。今は日産スカイラインR33が愛車。