トヨタ アクアはトヨタでもトップの売れ行きを誇るコンパクトハイブリッドカーで、スタイルのよさと圧倒的な燃費のよさが特徴です。

そんなアクアには「エコモード」という走行モードが用意されているのですが、このモードはどんなものかってあまりご存じありませんよね。

今回はトヨタ アクアのエコモードについてご説明します。

この値引き交渉のやり方を知らないと、車を買う際に50万円以上の損をするかもしれませんよ。

営業マンに騙されずに、最大限まで値引きをしてもらうには、このやり方を知っておく必要があります。

詳しくは下記の車を確実に値引きして安く購入する二つの方法のページをご覧ください。

あわせて読みたい

アクアのエコモードとは

アクアは2011年の発売と結構モデルライフの長い車で、フルモデルチェンジは行われていません。

エコモードはその当時から設定があり、アクアの燃費を向上させるハイブリッドの走行モードのひとつとして用意されています。

アクアの走行モード

トヨタ アクア

アクアはハイブリッドカーで、電気モーターとエンジンを組み合わせて走る車です。

トヨタではプリウスがハイブリッドカーとしてもっとも燃費がよく40.8km/L(上級グレードは37.2km/L)と圧倒的な数字ですが、アクアはそれに次いで38.0km/Lとかなりの燃費のよさを叩き出します。

アクアのこの燃費を支えているのはトヨタ最新のハイブリッドシステムで、車自体がエンジンとモーターの使い分けをコントロールしています。

しかしドライバー自身が状況に応じて走行モードを設定することもでき、次の3つのモードを選ぶことができます。

  • 通常走行モード
  • エコモード
  • EVモード

通常走行モードは特に操作はいらず、エコモードやEVモードに切り替えるときには運転席横のスイッチを使用します。

エコモードについては後程詳しく解説するとして、EVモードについてはエンジンは一切使わずモーターのみで走行するモードです。

駆動用バッテリーの残量があるのが前提ですが、EVモードの間は非常に静かで、ガソリンも消費しない電気自動車と同じ状態にできます。

ハイブリッド車なのでそんなに長い間EVモードでは走れず、バッテリーが減れば自動的に通常運転モードに切り替わります。

ではエコモードについてご説明していきましょう。

エコモードの仕組み

エコモードは走りとしてはモーターとエンジンを併用するハイブリッド運転で、通常運転モードより燃費を意識した制御が入ります。

まずアクセルですが、通常よりアクセル開度がゆるやかになり加速もゆるやかとなります。

ハイブリッドカーで燃費の悪くなる状況の第一位はやはり急加速で、エコモードではドライバーの運転にかかわらず急加速にならないよう車が制御してくれます。

次にエアコンですが、エアコンの稼働も燃費に悪影響を与える原因となるので、エコモードではエアコンも弱めになります。

基本的にエコモードで変わるのはこの2点で、ドライバーが意識せずともエコ運転になるモードということですね。

エコモードでの燃費は?

エコモードで一番気になるのは、このモードを使うことでどれぐらい燃費がよくなるかということですよね。

アクアのカタログ燃費は現行モデルで34.4km/L~38.0 km/Lとなっており、コンパクトカーのみならず世界中の車を見回してもかなりの高水準です。

実燃費については運転条件や路面状況などで燃費はさまざまかわってきますが、おおよそ23.0km/L~25.0km/Lが平均燃費となっています。

エコモードでの燃費への影響はあまり大きくないのですが、それでも25.0km/L~26.0km/Lという報告がでており、1割弱の効果はあるようです。

もともと燃費のよいアクアなので無理にエコモードを使わなくても十分良い燃費ですが、最高の状態を目指したいならエコモードは便利なシステムです。

ただ燃費を気にするより、車購入時の値引き交渉のやり方を気にした方が経済的ですよ。

この値引き交渉のやり方を知っているだけで数十万円は違ってきます。詳しく知りたい方は下記の車を確実に値引きして安く購入する二つの方法のページをご覧ください。

あわせて読みたい

エコモードの使い方

トヨタ アクア エコモード

エコモードは基本的に日常での運転で威力を発揮します。

燃費の悪化する要因である加速が多い場合にエコモードのゆるやかなアクセルがもっとも使える場面です。

街中の走行では発進時や、交差点での停止からの再加速、ゆるゆるとした前が詰まったような道路状況など、加速を頻繁にするような状況が数多くあります。

車で運転する状況は圧倒的に一般道が多いはずなので、燃費を気にするのであればエコモードは常時オンでもよいかもしれません。

しかしエコモードにも欠点はあり、ひとつは加速が緩やかになる裏返しにとっさの加速が得られないことです。

高速道路の合流などでしっかり加速したい時などにはエコモードは少し邪魔になってしまいます。

またエアコンが弱くなるので夏の暑い日や極寒の雪道などではエコモードはあまりありがたくありません。燃費を気にして暑さや寒さを無理に我慢してもしかたないですよね。

エコモードはドライバーに意識させずに燃費運転をするシステムなので、エコモードに慣れてしまえば気にならなくなりますが、不要な場面では通常運転モードも駆使してアクアの性能を最大限生かしましょう。

エコモードの評価

アクアのエコモードを実際に使った人たちの評価がTwitterに投稿されており、今回はその中から3件ご紹介しましょう。

エコモードで26.0km/L!

この方は一般道では常にエコモードで走っていらっしゃるようですが、実燃費は26.0km/Lとかなり良い記録をだしていますね。

100kmの距離を走っても燃料はわずか3~4リッターと考えると、すごい経済性ですよね。

その分キビキビした運転はできなくなりますが、ゆっくり運転を楽しむ人にはエコモードがぴったりでしょう。

高速ではかなり制限がかかります

エコモードありの状態で高速道路を走ると、100km/hでの巡航を維持するのがなかなか難しいようです。

高速道路での巡航はずっと同じスピードを維持できるわけではなく、前の車の状況や道路状況などで細かな加速減速が続くものです。

普通のモードであれば100km/hから少しスピードが落ちても再加速はスーっとできるのですが、エコモードでは加速が緩やかな分速度を保つのが苦手になるようですね。

高速道路で走りが悪いなあ、と思ったらエコモードが入りっぱなしになっているかもしれません。

エコモードが気に入らない

エコモードは一般道での燃費にたしかに影響するのですが、かたや加速が悪くなるのでエコモードは使いたくないという人も多いのです。

運転が好きな人は、思ったときにしっかり加速してくれないと微妙な気分になるものですが、エコモードありとなしの加速感にかなりの差があるのでエコモードに違和感があるのでしょう。

そうするとアクセルを必要以上に踏み込むことになりよけい急加速になりがちになってしまうので、エコモードのほうが燃費が悪くなることもあるでしょう。

エコモードはゆったりした運転にあわせた制御をしてくれるシステムですので、自分には合わないと思った人は無理に使わなくてもよいでしょう。

車を確実に値引きし安く購入する方法!

これから車を買おうと思っている方、値引き交渉の正しいやり方はご存知ですか?

この値引き交渉のやり方を知らないと、車を買う際に最大で50万円以上の損をする可能性があります。

「値引きしてくれませんか?」「オプションをつけてくれませんか?」と何も考えずに交渉すると、営業マンに舐められます。「この客はバカだな(笑)」と足元を見られ、最低限の値引きしかしてくれないでしょう。

確実に最大限まで値引きするには、このやり方を知っておく必要があります。詳しくは下記の車を確実に値引きして安く購入する二つの方法のページをご覧ください。

あわせて読みたい

この記事を書いた人

佐藤茂道
佐藤茂道
某自動車メーカーのエンジン部門で開発経験あり。子供の頃から車雑誌を切り抜きし、高校ではオートバイ・車にどハマりする。就職する際に、某自動車メーカーを選び、仕事でもプライベートでも車漬けに。今は日産スカイラインR33が愛車。