アルテッツァとレクサスIS、パッと見では、ほとんど違いがなく、よくわからないですよね。

実は、外観上の違いはエンブレムだけなのです。

「えっ⁉︎それだけ⁇」と思うかもしれませんが、事実です。ただしこの違いは、外観上に限っての話です。

外から見ただけでは分からない部分にも、違いがあります。内装・エンジン・ミッションなど…。

この記事では、それらも含め、細かい部分まで徹底的に掘り下げて、両車の違いについて、詳しくご紹介します。

この値引き交渉のやり方を知らないと、車を買う際に50万円以上の損をするかもしれませんよ。

営業マンに騙されずに、最大限まで値引きをしてもらうには、このやり方を知っておく必要があります。

詳しくは下記の車を確実に値引きして安く購入する二つの方法のページをご覧ください。

あわせて読みたい

レクサス・エンブレムがあっても、本物とは限らない!

レクサス IS

アルテッツァと IS 、外観上はほとんど見分けがつきません。違いといえば、メーカーロゴのエンブレムぐらいです。

じゃあ、エンブレムさえ変えてしまえば IS になるのかというと、そうではありません。詳しい違いは後に説明するとして、まずは生い立ちからご説明します。

ライバルは BMW・メルセデス!欧州・北米でのトヨタ・ブランドの向上を目指して

1999年(平成11年)、欧州で既に販売展開していたレクサスですが、ブランド高級化を目的としていた事もあり、LS 600等の大型セダンに力を注いでいました。

その為、欧州で最も需要の高い、ミドルクラス・セダンがありませんでした。

高級ミドルクラス・セダンは BMWとメルセデスのみという状況を打破すべく、投入されたのが IS200・IS300 です。

サイズ的にも価格的にもお手頃なので、欧州での販売は大成功。この成功の勢いで、北米市場にも展開される事となります。

そもそも、アルテッツァと IS 、どちらが先に販売されたのか

アルテッツァが国内デビューしたのは1998年(平成10年)、ISはその翌年の1999年(平成11年)に、欧州レクサスで販売が開始されました。

ですので、アルテッツァの方が1年先に販売されていた事になります。

冒頭でお話しした通り、アルテッツァが新車販売されていた当時、レクサス・ブランドのクルマは海外でのみ販売されていました。

当然、当時の IS200・IS300 は、国内のトヨタ系列の販売店では購入できません。

アルテッツァの方が先に販売開始されていたのにもかかわらず、わざわざ同じクルマを逆輸入してまで購入しようという方は、そうはいないはずです。

いたとしても、ごく少数の超レアな存在のクルマです。しかし、実際にはよく見かけられ、それほど珍しくはありませんでした。

それはなぜなんでしょう?その謎を解き明かしていきましょう。

エンブレムのみ “レクサス” のアルテッツァが急増!

Altezza_R_USさん(@altezza_r_us)がシェアした投稿 -

アルテッツァのオーナーが、海外でレクサス IS として販売されているのを知るや否や、挙ってレクサス・エンブレムを装着し始めました。

レクサスといえば、高級車の代名詞です。この理由から、自分のアルテッツァを高級車に見せようとする「エンブレム・チューン」が急増したわけです。

この「エンブレム・チューン」は、アルテッツァに限らず、セルシオも非常に多く見かけました。

他の国産メーカーでは、ホンダの “アキュラ” 、日産の “インフィニティ” など、多くの国産車の間で流行となったのです。

当時はこのエンブレム・チューン、海外仕様がある国産車がほとんどでしたが、現在は、海外仕様の有無は関係無くやっている方が多く見受けられます(笑)。

極めて稀に、本物の IS も存在する

極少数ですが、たま~に本物の IS を見かける事もあります。

当時は国内にレクサス販売店は存在しないので、IS は逆輸入車になります。

このクルマのオーナーは、どうしても本物のレクサスに乗りたいという方でしょう。

同じレクサスでも、セルシオの海外版 “LS” の方が遭遇率が高いです。これは、国内での両車の車格の違いが影響しています。

セルシオ=トヨタの最高級車

アルテッツァ=廉価なスポーティセダン

…と、キャラが全く異なりますので、オーナーの好みの差が如実に表れた結果になります。

これから車の購入を考えているなら、値引き交渉の正しいやり方を覚えておくといいですよ。

このやり方を知っているだけで数十万円は違ってきます。詳しく知りたい方は下記の車を確実に値引きして安く購入する二つの方法のページをご覧ください。

あわせて読みたい

本物のレクサス IS とアルテッツァの違い

外観上は全くと言っていいほど同じ両車ですが、エンブレム以外に違いはあるのでしょうか?

「じゃあエンブレム・チューンすれば、全く同じクルマになるの?」という疑問を感じていると思われますので、アルテッツァと IS の違いについてご紹介しましょう。

レクサス IS は、内装の質感が高い

レクサスと言えば「高級ブランド」が売りですので、当然、“レクサス” ブランドにラインアップされている IS も例外ではありません。

スポーツ志向の強いアルテッツァの内装は、黒系統の色使いがメインで、いかにもスポーティなイメージに仕上がっています。

国内での販売ターゲットは「20~30代のスポーツカー好きな男性」ですので、ある意味セダンらしからぬ内装と言えます。

事実、セダンとしては異例な程、マニュアルミッション(6速MT)車が売れたクルマでもあります。

モータースポーツでも活躍し、現在でもスポーツカー好きに人気があるクルマです。

一方、 IS はベージュを基調とした、モダンで落ち着いたイメージの内装に仕上がっています。海外での販売ターゲットは富裕層~中流以上の、経済的に余裕のある方々になります。

アルテッツァとは違い、完全にラグジュアリー路線の為、オートマチック(AT)車のみの設定になります。

しかし、後にアルテッツァにも、IS と同等の内装を施した最上級グレードの “L エディション” が追加されます。

ISには6速MT車が存在しない

先程も少しお話ししましたが、マニュアルミッション(6速MT)車は、アルテッツァにしか設定がありません。

IS はラグジュアリー路線なので、「必要無し!」と、割り切っていたのが理由です。

レクサスにおいてエントリーモデルに位置付けされていた為、無駄な製造コストを掛けたくなかったのも事情でしょう。

これは室内を覗いてみれば、すぐに判別できます。

レクサス IS は、直列6気筒エンジンのみ

Ryan Johnsonさん(@boosted512)がシェアした投稿 -

アルテッツァは直列4気筒 2,000cc(3S-GE型)エンジンと、直列6気筒 2,000cc(1G-FE型)の設定があり、主に売れたのは4気筒モデルの方でした。

理由としては、スポーツカー好きに人気のあるクルマですので、唯一マニュアルミッション(6速MT)設定のある4気筒グレード RS200 に人気が集中したからです。

後に AS200(6気筒エンジン)にも 6速MT が設定されますが、こちらはあまり売れませんでした。エンジンがスポーツ走行に向かないのが理由です。

対して IS の方は、直列6気筒 2,000cc(1G-FE型)と、直列6気筒 3,000cc(2JZ-GE型)の設定になり、4気筒エンジンは存在しません。

ですので、レクサス・エンブレムでも、4気筒エンジン(3S-GE型)ですと、中身はアルテッツァだと判別できるのです。

レクサス IS は、左ハンドルしか存在しない

何度も言いますが、当時のレクサスは、海外で販売されている高級志向のトヨタ車です。ですので、当然ながら左ハンドル車しか存在しません。

レクサス・エンブレムのアルテッツァを見かけたら、運転席が左右どちらに有るかを確認すれば、簡単に判別可能です。

この方法が最も簡単、かつ大きな違いになります。

以上の予備知識を持っていいれば、アルテッツァか IS かの区別が完璧にできるので、実際に街で見かけたら、実践してみて下さい。案外、楽しいと思いますよ(笑)。

車を確実に値引きし安く購入する方法!

これから車を買おうと思っている方、値引き交渉の正しいやり方はご存知ですか?

この値引き交渉のやり方を知らないと、車を買う際に最大で50万円以上の損をする可能性があります。

「値引きしてくれませんか?」「オプションをつけてくれませんか?」と何も考えずに交渉すると、営業マンに舐められます。「この客はバカだな(笑)」と足元を見られ、最低限の値引きしかしてくれないでしょう。

確実に最大限まで値引きするには、このやり方を知っておく必要があります。詳しくは下記の車を確実に値引きして安く購入する二つの方法のページをご覧ください。

あわせて読みたい

この記事を書いた人

ヒロト氏
ヒロト氏
幼少期のスーパーカー・ブームからのクルマ好き。それが興じて、某自動車ディーラー販売員〜某自動車メーカー製造業と自動車関連の仕事を転々とし、現在に至る。自動車のメカニズム、市場動向調査が得意。現在の愛車はAE86レビンGTV。