TAKUROBIさん(@takurobi)がシェアした投稿 -

チタニウムカーキカラーのT32エクストレイルです。

ミリタリーグリーンにも見える純正のボディーカラーですが、オフロード系のタイヤとあいまって、ワイルドな印象が強まっています。

ホイールもマットブラックの8本スポークタイプで、直線的なスポークデザインが武骨なトレッドパターンのタイヤにもよく似合っています。

あとは完全にフルノーマルかと思いきや、エクストリ―マーX専用装備のフロントスタイリングガードが装着されていたり、純正のVモーショングリルがマットブラック化されているなど、さりげなく通常モデルとの差別化が図られています。

 

Shonan Riderさん(@shonan.yamaha)がシェアした投稿 -

シルバーカラーのT32エクストレイルです。

外装は基本的にノーマルですが、ボンネット先端に社外のノーズブラを装着して、US風の雰囲気を演出しています。

ホイールも社外の19インチ相当サイズのものへと交換され、さらにブラックカラーをチョイスすることで、車全体が引き締まった印象となっています。

よく見ると、タイヤのレタリングがホワイトに塗られていますが、消えかかってしまっていて、見た目が損なわれてしまっているのが残念です。

 

Kensukeさん(@kensuke_1106)がシェアした投稿 -

派手にカスタムされたT32エクストレイルです。

ボディーカラーはおそらくラッピングフィルムによるものだと思いますが、マットパープルへと変更されています。

エアロもフルバンパータイプが装着され、大幅なイメージチェンジが施されています。

フロントバンパーはリップ中央部をアンダーガード風のデザインとしつつ、大きく切れ込んだようなデザインのダクトを左右に備えるなど、ブラックの社外の横フィングリルとあいまって、迫力あるフロントマスクとなっています。

車高も大幅にローダウンされていて、カッコイイです。

 

こちらも純正のカーキ色のT32エクストレイルです。

外装は、純正のVモーショングリルがマットブラックに塗装されていたり、ドア下にランニングボード(サイドステップ)が追加されていたりと、純正プラスアルファの感覚でシンプルにカスタムされています。

また、フロントリップ中央部に赤いシートが貼られ、ニスモバージョンのような雰囲気が出ていて、カッコイイです。

ホイールはマットブラックのメッシュタイプが装着され、全体的に渋い雰囲気で仕上げられています。

 

智洋さん(@n.tomo8008)がシェアした投稿 -

車高短仕様のT32エクストレイルです。

車高がかなり低くローダウンされていて、まるでステーションワゴンやハッチバックのようなルックスとなっているのが特徴です。

ホイールは19インチ、もしくは20インチくらいのサイズが、前後共に完ぺきなツライチ状態でセットされています。

エアロは小振りなサイズで、フロントにはアンダーガード風のハーフタイプが装着されています。

さらに、フォグランプカバーとバンパープロテクターも追加されていますが、あまりに自然で、純正と見間違えてしまいそうですね。

これから車の購入を考えているなら、値引き交渉の正しいやり方を覚えておくといいですよ。このやり方を知っているだけで数十万円は違ってきます。詳しく知りたい方は下記の車を確実に値引きして安く購入する二つの方法ページをご覧ください。

あわせて読みたい

 

yuki☺︎さん(@yuki__yukiii)がシェアした投稿 -

オシャレにカスタムされたT32エクストレイルです。

この車の一番の特徴はフロントマスクで、フロントバンパーにはマットブラックのラッピングフィルムが貼られ、さらにボンネット先端にはノーズブラが装着されていて、ブラックマスク仕様となっています。

足元には、ワイルドなオフロードタイプのタイヤが装着され、赤いリムと黒いディスクのツートンカラー仕様のスチールホイールと組み合わされています。

さらに前後に社外のマッドガードも追加されていて、悪路を走破するシーンが似合いそうなルックスに仕上げられています。

 

IZM TIJさん(@izm_tij)がシェアした投稿 -

USDMを意識してカスタムされたT32エクストレイルです。

ヘッドライト端にオレンジ色のヘッドライトフィルムが貼られていて、US風に仕上げられているのが特徴です。

ホイールは22インチという、かなりの大口径サイズが履かせられていて、迫力があります。スポークカラーも明るいブロンズで、スタンス的なオシャレなスポークデザインが採用されています。

また、よく見るとフロントグリルが社外に交換されていて、純正のVモーションから縦フィンタイプへと交換され、フロントマスクの雰囲気がさりげなく変わっています。

 

3104=Satoshiさん(@garage3104)がシェアした投稿 -

こちらもシンプルカスタム仕様のT32エクストレイルです。

基本的には足回りのみのカスタムに留められていますが、スタイリッシュに仕上げられています。

具体的には、車高がローダウンされ、社外ホイールが組み合わされています。

ホイールは20インチ前後のサイズがチョイスされ、リアはほぼツライチ、フロントは若干ハミタイ状態でセットされています。

スポーク形状も6本スポークのコンケーブタイプで、マットブラックカラーということもあり、迫力があります。

 

izz'detailingさん(@izzdetailing)がシェアした投稿 -

真っ赤なカスタム仕様のT32エクストレイルです。

エクステリアにはフロントハーフスポイラー、サイドステップ、リアハーフスポイラーが組み合わされ、車体下のボリューム感が増しています。

また、ホイールにブラックのスポークカラーをチョイスすることで、黒い樹脂の純正フェンダーアーチモールとドア下のパネルとあいまって、赤いボディーに対するコントラストになっていて、ボディーが引き締まって見えています。

しかし、ドアノブがメッキのままであるという点が統一感に欠けるので、ここもブラックカラーに塗装してほしいですね。

 

-james ang-さん(@kepalaparut)がシェアした投稿 -

シャンパンゴールドカラーのT32エクストレイルです。

この車もハーフタイプエアロを装着して、スタイリッシュなフォルムを手に入れています。

ホイールはマットブラックカラーのツインスポークタイプで、樹脂のフェンダーアーチモールとの組み合わせで、渋い雰囲気の足元になっています。

車高はローダウンされているかは定かではありませんが、フェンダーとタイヤの間隔は至って自然で、きれいにまとまっていると思います。

このままでも十分カッコイイと思いますが、もしこの状態から手を加えるとすれば、ドアノブやドアミラーカバーのブラック化など、細かい部分を仕様変更するのが良いと思います。

車を確実に値引きし安く購入する方法!

これから車を買おうと思っている方、値引き交渉の正しいやり方はご存知ですか?

この値引き交渉のやり方を知らないと、車を買う際に最大で50万円以上の損をする可能性があります。

「値引きしてくれませんか?」「オプションをつけてくれませんか?」と何も考えずに交渉すると、営業マンに舐められます。「この客はバカだな(笑)」と足元を見られ、最低限の値引きしかしてくれないでしょう。

確実に最大限まで値引きするには、このやり方を知っておく必要があります。詳しくは下記の車を確実に値引きして安く購入する二つの方法のページをご覧ください。

あわせて読みたい

この記事を書いた人

Nobupu
Nobupu
JDMスポーツカーやUS系並行輸入車の中古車販売店と、HIDやLEDなどの社外灯火類を扱うカー用品店での勤務経験有り。仕事上、旧車から現行車、国産車から輸入車、軽自動車からミニバン、SUV、トラック(24V車)など、ほぼ全てのジャンルのカスタムパーツを取り扱ったことで、オールジャンルのカスタムに対応できる幅広い知識を習得。プライベートでは、R32スカイラインGTS、10ソアラ後期、A31セフィーロ、C33ローレル、AE86×3台を乗り継ぐなど、FRのMT車を信条とした車選びを貫き通している。