ホンダ ヴェゼルはコンパクトSUVのカテゴリで販売台数トップをとるなど、非常に人気がある車です。

SUVというとアウトドアのイメージが強いのですが、ヴェゼルはキャンプなどには便利に使えるのでしょうか?

今回はヴェゼルがキャンプに向いているのかどうかについてご説明しましょう。

この値引き交渉のやり方を知らないと、車を買う際に50万円以上の損をするかもしれませんよ。

営業マンに騙されずに、最大限まで値引きをしてもらうには、このやり方を知っておく必要があります。

詳しくは下記の車を確実に値引きして安く購入する二つの方法のページをご覧ください。

あわせて読みたい

ヴェゼルはキャンプに向いているのか

ヴェゼルでキャンプ

ヴェゼルはカテゴリーではコンパクトクロスオーバーSUVといい、コンパクトカーをベースにSUVライクなスタイルをまとわせた車です。

押し出しの強いデザインと大径タイヤの組み合わせで非常に力強い車に見えるのですが、実際にはそこまでSUVとしての実力は高くなく、あくまでSUV風乗用車といった位置付けです。

ヴェゼルも開発ベースはホンダのコンパクトカーであるフィットで、プラットフォームを共用しています。

フィットよりボディサイズは拡大されているので荷物は載せやすくなっているものの、キャンプというたくさんの荷物が必要な場面ではすこし手狭でしょう。

なので今回はまず、ヴェゼルがキャンプに向いていない点をご説明していきます。

大人数のキャンプに1台ではキツイ

荷物を積んだヴェゼル

ヴェゼルはコンパクトSUVというカテゴリ名が示すとおり、車格はコンパクトカーです。

一応5名乗車は可能な車ですが、キャンプの荷物をしっかり積もうとすると5名は厳しく、ヴェゼル1台でキャンプにいくなら2人~3人ぐらいが適正人数です。

キャンプ用品で場所を取るものといえばテントやパラソルなどの長物ですが、ちょっと大きめな物を積もうとすると後席の片方を倒さないと厳しめです。

そうすると3人乗車までしかできず、フル乗車の人数ではあまり大きな荷物は積めません。

ヴェゼル1台でキャンプにいくときには人数と荷物の量との相談になりますが、どこか妥協しないといけない点が出てくるはずです。

荷室があまり大きくない

前述の点はヴェゼルの荷室寸法を見てもわかるのですが、ヴェゼルの荷室は次のとおりそこまでの大きさはありません。

荷室奥行 2列目シートあり 800mm
2列目シート折り畳み 1,640mm
荷室幅 1,180mm
荷室高さ 830mm

とくに厳しいのは奥行きで、2列目シートがある状態では長いものはまっすぐ積めません。

荷室幅はそれなりにあるのでテントなどは横にしておくような形になります。

また荷室高さもそれほど高くないので、荷物を積み上げるにも限界があり、キャンプ用品の大きさと数には注意しないと行けません。

ただ2列目シートを折り畳めばしっかりした荷室の奥行きが確保できるので、2人乗り、もしくは後席を片側残した3人乗りでのキャンプが楽でしょう。

もしそれまで大きな車でキャンプにいっていた人では、ヴェゼルの荷室では十分満足できないはずです。

オフロード性には期待できない

ヴェゼルはオフロードに強そうなSUVですが、ヴェゼルのようなクロスオーバーSUVという車種は一般的にオフロード性は低く、ヴェゼルもその例に漏れません。

ヴェゼルは普通のコンパクトカーより大径タイヤを履いていますが、オフローダー的な装備はそこだけであり、あとはほぼ普通のコンパクトカーと変わりません。

とくにトランスミッションがCVTオンリーというのが問題で、高負荷がかかるオフロードを苦手とするCVTであることからもオフロード性が低いことがわかります。

またヴェゼルはSUVとしては車の最低地上高が低く、ホンダが得意な低床・低重心パッケージングが生きている点なのですが、SUVとして大事な地面とのクリアランスを失う形にもなっています。

以上のことからヴェゼルはたとえ4WD仕様であってもオフロード性は高くなく、本格的な砂利道、泥道などは控えておいた方が良いでしょう。

車中泊もちょっと厳しめ

ヴェゼル シートアレンジ

ヴェゼルはシートアレンジを駆使することで車内がフルフラットになるので、一見すると車中泊ができそうに見えます。

たしかにやってやれないことはないのですが、ミニバン等に比べると手狭なのは致し方ありません。

前述したように、ヴェゼルの2列目格納時の奥行きは1.7m弱です。

この長さでは女性はともかく男性では少々寸足らずな感じであり、たとえ寝れたとしても結構窮屈になるでしょう。

前席まで倒せばもう少し広がりますが、その場合はフルフラットというわけにはいかないので、多少寝床が凸凹しがちです。

また幅も1m程度しかないので、寝れる人数はせいぜい2人が限界です。

子供をつれた家族3人ぐらいならギリギリかもしれませんが、やはり窮屈になります。

ヴェゼルでの車中泊は不可能ではないものの、窮屈感が付きまとう結果となりかねません。

キャンプに向いている点

ヴェゼルはマトモにキャンプで活用しようとすると少々手狭な印象がありますが、それ以外の点ではキャンプにピッタリなところもあります。

次はヴェゼルがキャンプに向いている点についてご説明しましょう。

もしヴェゼルの購入を考えているなら、値引き交渉の正しいやり方を覚えておくといいですよ。

このやり方を知っているだけで数十万円は違ってきます。詳しく知りたい方は下記の車を確実に値引きして安く購入する二つの方法のページをご覧ください。

あわせて読みたい

カッコよくキャンプに合う

ヴェゼルと男性

ヴェゼルのスタイリングは数あるクロスオーバーSUVの中でもひときわカッコいいものであり、キャンプ場で駐車していればなかなか絵になります。

ヴェゼルの最大の売りは積載量でもオフロード性でもなく、なんといってもそのデザインのよさです。

ホンダのシンプルなデザインセンスがうまく形になった1台で、シンプルなラインの中にSUV的なアイコンを上手に取り入れています。

この点は市場でも証明されており、強豪ひしめくSUV市場においてヴェゼルは何度も販売台数でトップをとっているほどです。

そのスタイルはアウトドアとオシャレを融合した現代のキャンパーにベストマットしており、キャンプに乗っていきたくなってしまうのも無理はありません。

アウトドア用のオプションが豊富

ヴェゼルはキャンプというよりアウトドア用にさまざまな便利なオプション装備を用意してあり、これを駆使すればキャンプでも活用できます。

キャンプに車を持っていくときに嫌なのは、泥や水で汚れたもので車内も汚されることです。

キャンプはどうしても車内が汚れがちになり、とくに泥汚れがカーペットやラゲッジにつくと後片付けが大変です。

そこでヴェゼルには防水ラゲッジトレイやラゲッジマットが純正オプションとして設定されており、汚れても水洗いすればすぐにきれいになるのが便利です。

ヴェゼルでキャンプにいくならこういったオプションはつけておいた方が良いでしょう。

燃費はそこそこ良い

ヴェゼルはSUVとしては燃費が結構よく、キャンプのような遠出をする状況では経済性が高い車です。

ヴェゼルにはガソリン車とハイブリッド車があり、ガソリン車はこのクラスのSUVとしては標準的ですが、ハイブリッドではカタログ燃費で21.6km/L(4WD)~27.0 km/L(2WD)となっておりSUVとは思えない燃費のよさです。

実燃費でも20km/L弱を叩き出すヴェゼルは、こと経済性においてはほかのキャンプに向いている車より優れていると言えるでしょう。

ヴェゼルの評判

ヴェゼルのキャンプでの評判はTwitterに多数投稿されており、今回はその中から何件がご紹介しましょう。

ヴェゼルはワクワクする

この方はヴェゼルが納車されこれからどこにいこうか夢が膨らんでいる時ですね。

ヴェゼルはスタイルがよいのであちこちいきたくなりますし、当然キャンプも視野に入ります。

キャンプに向いているかどうかはその人のスタイルにもよるので、まずは一度やってみてから問題点を探すと良いでしょう。

車中泊では寝れない

ヴェゼルでの車中泊はなかなか寝れない人もいるようで、あまり快適ではないのかもしれません。

車中泊は実際に寝れるスペースが確保できたとしても、あまりにぎゅうぎゅうでは結構体がいたくなったりして安眠できません。

ヴェゼルのサイズでは背の高い人は厳しいので、この方もそうなのかもしれませんね。

アウトドアにはもう少し大きなSUVがいい

アウトドアのためにSUVを買うならヴェゼルよりワンサイズ大きなミドルサイズSUVがほしいところですよね。

待乗りメインならヴェゼルでも事足りますが、キャンプにいくならヴェゼルだとパット見でも小さく感じます。

どっちを重視するかは難しいところですが、ヴェゼルはそこまで頻繁にアウトドアにいかない人の方が向いているのでしょう。

車を確実に値引きし安く購入する方法!

これから車を買おうと思っている方、値引き交渉の正しいやり方はご存知ですか?

この値引き交渉のやり方を知らないと、車を買う際に最大で50万円以上の損をする可能性があります。

「値引きしてくれませんか?」「オプションをつけてくれませんか?」と何も考えずに交渉すると、営業マンに舐められます。「この客はバカだな(笑)」と足元を見られ、最低限の値引きしかしてくれないでしょう。

確実に最大限まで値引きするには、このやり方を知っておく必要があります。詳しくは下記の車を確実に値引きして安く購入する二つの方法のページをご覧ください。

あわせて読みたい

この記事を書いた人

佐藤茂道
佐藤茂道
某自動車メーカーのエンジン部門で開発経験あり。子供の頃から車雑誌を切り抜きし、高校ではオートバイ・車にどハマりする。就職する際に、某自動車メーカーを選び、仕事でもプライベートでも車漬けに。今は日産スカイラインR33が愛車。