最近流行っているSUV。

でもSUVは大きいし運転しにくそう。それにSUVなんて男性の乗るイメージで女性が乗るのはおかしいかも。

そんなSUVですが、ホンダ ヴェゼルは小柄でありながらも4WDとハイブリッドを搭載し、最新の安全装備を搭載した安心のコンパクトSUVです。

これぐらいのサイズであれば、運転が苦手な女性の方でも運転できます。

ただSUVに女性が乗るのはどうなのでしょうか。それに小柄とはいってもSUVだし大きくて運転がしにくいんじゃないでしょうか。

しかし実は、ヴェゼルは女性にこそ乗って欲しいおしゃれなSUVだったのです。

この値引き交渉のやり方を知らないと、車を買う際に50万円以上の損をするかもしれませんよ。

営業マンに騙されずに、最大限まで値引きをしてもらうには、このやり方を知っておく必要があります。

詳しくは下記の車を確実に値引きして安く購入する二つの方法のページをご覧ください。

あわせて読みたい

ヴェゼルのコンセプト

ホンダ ヴェゼル

ヴェゼルという名前はホンダが作った造語で、bezelとvechleをあわせた言葉です。

bezelとは宝石の角の部分などの輝く小さな面のこと、vechleは車のことで、2つの言葉を合わせてVEZELとなります。

その意味は”どこから見ても輝く宝石のような多面性を持った車”という意味を込めてヴェゼルという名前がついています。

ホンダがヴェゼルに込めたコンセプトは、SUVでありながらその枠内だけでは収まらない独自のスタイルと多面的な性能を持ち合わせた車であり、男性だけではなく女性の多様なニーズにも対応できるさまざまな機能を持ち合わせた使い勝手の良い車です。

ヴェゼルの多面性って?

ヴェゼルのキャッチフレーズは”すべてのシーンを輝かせるもの”です。そのキャッチどおりのスタイルにも使い勝手にも走りにもこだわっています。

ヴェゼルのスタイルは大きなサイズのタイヤと車高の高さからは悪路を走っても安定感のあるSUVの力強さ、ヘッドライトから上のデザインはツードアのスポーツカーのようでスタイリッシュさの感じられるクーペスタイルという、異なる価値観の組み合わさったデザインでとてもおしゃれに仕上がっています。

さらにヴェゼルはそのスタイルの中に、広い室内やシートアレンジと言ったミニバンのような車内空間と使い勝手の良いラゲッジスペースを持ちあわせています。

そして4WDやハイブリッドなど、走行性能や低燃費性なども兼ね備えており、安心して運転できるのもポイントです。

この共存の難しい異なる価値、おしゃれ、使い勝手、走行性能がうまく組み合わさったことにより良いとこどりの車になっています。

ヴェゼルは多面性のある車おしゃれな車

SUVというとジープのような大きな車で、サングラスをかけた強面のお兄さんが、高いところから見下ろしながら乗るようなイメージがあります。

しかしヴェゼルのそのスタイルは正にスマートなSUVで、おしゃれに着飾って乗ることができ、さらに乗車や荷物など使い勝手の良い車内、そして安心の走行性能を兼ね備えたSUVです。

そのためヴェゼルはおしゃれに乗りこなしながらも運転手に負担を強いらせることのない、男女問わずおすすめできる車になっています。

ヴェゼルのイメージ

実際にヴェゼルには世間的にどんな車というイメージが有るのでしょうか?そしてどんな人が乗っているのでしょうか。

ツイッターからいくつかピックアップしていきます。

ヴェゼルはスタイルが良く、独特雰囲気のある車との印象があるようです。さらに女性が好んで乗っているイメージがあるようです。

ヴェゼルのスタイルに惚れ込んでいる人を発見しました。

実はコンパクトSUVはそのサイズのため、大きく見せるために、いかついスタイルをしているものが多いのですがこういった落ち着いた雰囲気をもつコンパクトSUVはヴェゼルぐらいです。

ヴェゼルのスタイルは美しいというイメージもあるようですね。

ヴェゼルもエアロを組んでいくことでこんな個性的なスタイルにも変貌が可能です。

自分のライフスタイルにこだわりがある人がヴェゼルを選んでいるようですね。

ヴェゼルは純正の状態もいいですが、ホイールを変えたり、ステッカーをしたりとカスタムして自分の個性を出している方が多く見られます。

まとめると、ヴェゼルは美しいスタイルと、独特の雰囲気を持つ車で、女性ユーザーが多く乗っているイメージができているようです。

そして実際に乗っている人は、自分のライフスタイルにこだわりのある人が多く見られます。

もしヴェゼルの購入を考えているなら、値引き交渉の正しいやり方を覚えておくといいですよ。

このやり方を知っているだけで数十万円は違います。詳しく知りたい方は下記の車を確実に値引きして安く購入する二つの方法のページをご覧ください。
あわせて読みたい

ヴェゼルは女性が乗るのに向いているか

ヴェゼルのコンセプトは、多種多様なスタイルに対応できる車であります。

世間のイメージは個性的なスタイルを持っている車で女性ユーザーが多く乗っている車であり、実際に乗っている人も車のスタイルを気に入ったり、カスタムをして個性を出している人が多いようです。

こういった点からも自分の持ち物やスタイルに拘りを持つ女性には最適な車だと言えます。

しかしいくらコンセプトや個性的なスタイルで良い車だって言われていても、女性が乗るからには車にはおしゃれなファッション性だけでなく、実際の場で運転で困らないような性能、どんなときでも使い勝手が良い車じゃないと満足できません。

ここではヴェゼルが女性向きといえるポイントを4つ、そして1つデメリットとその解決方法をピックアップしてお話していきます。

小さく運転しやすいボディ

ヴェゼルはホンダのフィットをベースに作り上げられています。そのため見た目はSUVのようなの車格感で大きく見えますが、サイズ感はフィットぐらいの大きさです。そのため乗ってみると意外と運転はしやすいです。

さらにSUVならではの見晴らしの良い目線の高さは、小柄な女性の方でも周囲を見渡すのを補助してくれるため、状況判断が早めにしやすく安心して運転できます。

場面によって使い勝手の良い室内

こういったコンパクトなクロスオーバーSUVの多くはスタイルが優先されるため、室内空間が狭かったりラゲッジスペースが小さく、人の乗り降りや荷物の載せ降ろしが大変だったりします。

しかし、コンセプトのときにお話したとおりヴェゼルはミニバン的な使い勝手も併せ持つSUVなのです。

ヴェゼルはホンダ独自のセンタータンクレイアウトのおかげで車内は広く、シートアレンジも他メーカー車に比べ多彩ですし、さらに荷室も大きく作られています。

女性はどうしても荷物が多くなってしまいがちですし、お買い物もついついしすぎてしまったりしてしまうと思います。

そんなときにヴェゼルなら4人乗車でお出かけするときでも大きなラゲッジルームがありますし、大きな荷物を運ぶ必要があるときでもシートアレンジで積むことができたりと、どんな場面でも非常に役立ちます。

どんなときでも安心の走行性能

運転が不慣れな人は雪道と聞くだけで出かけるのが嫌になってしまうと思います。もしもはまってしまったりしようものなら、力のない女性には脱出は困難です。

そんなときにSUVであるヴェゼルは十分な最低地上高の高さと4WDの組み合わせにより、走行の不安な雪道だけでなく、アウトドアシーンでも安心してドライブできます。

さらにエンジンもガソリンエンジンだけでなく、ハイブリッドシステムもあるため走行距離が多い人でも優れた燃費性能でサポートしてくれます。

もちろんガソリン車も4WDで19.6km/lという低燃費ですのでガソリン代が大きく負担にはなりにくくなっています。お財布に優しいのもおすすめのポイントです。

ヒヤッとする場面で助けてくれる先進安全装備

ホンダセンシングという先進安全装備により、ぶつかる前の予防安全装備で安心の運転ができます。

駐車場でのアクセルとブレーキの踏み間違えによる急発進の予防、走行中に前を走る車の急ブレーキに気づけなかったりしたときの緊急ブレーキなど、ちょっと大きめの車体で運転が怖いかもしれないという女性のかたも常に安全に走れるようにサポートしてくれます。

さらにホンダセンシングは高速道路などで前の車への追従機能や、ハンドル操作のサポートをしてくれます。そのおかげで友達とのお出かけで県外へのお出かけなど遠出の際にも運転疲れが減るので、現地で思いっきり楽しめます。

ただし、後方視界は悪い

ヴェゼルはそのスポーティなスタイルから、コンパクトカーによくあるリアクウォーターガラス、3番目の窓はありません。それにバックドアのガラスも小さめにできています。

そのためコンパクトカーなどに比べるとどうしても若干視界に制限が出てきます。

それを解消するために、バックカメラや補助ガラスなどをつけることをおすすめします。

他メーカーのコンパクトSUVはどうか?

ヴェゼルの良さはおわかりいただけたと思います。しかしここで気になるのは他メーカーの同じようなコンパクトSUV との違いです。

ここでは日産ジューク、マツダCX-3、トヨタCH-Rと比較していきます

トヨタ CH-R

トヨタ CH-R

CH-Rはガソリン車とハイブリッドが揃う、ヴェゼルと同じようなラインナップの車です。ヴェゼルに比べ各フェンダーの張り出し感が強くなりよりシャープで、フロントマスクなどはアクの強いスタイルが特徴です。

そのスタイルのためサイドのガラス面が小さく、視界は悪く、さらにシートの着座位置も低いため、運転のしやすさという点ではヴェゼルのほうが安心です。

CH-Rのスタイル的は個性的ですが、視界の広さや運転のしやすさ、車内の広さは女性のニーズには合うとは思えないためヴェゼルの方がおすすめです。

マツダ CX-3

マツダ CX-3

CX-3は国内では珍しいクリーンディーゼルを搭載したコンパクトSUVです。ヴェゼルと比べると、ボディデザイン、室内空間などは非常にスタイリッシュにできているため、スタイルでは一歩先を行く印象です。

ただそのかわり室内空間やラゲッジスペースなどは狭く、日常使いとしてはヴェゼルの後塵を拝する形になります。

CX-3のデザインは欧州車のようで、スタイルを気にする女性には似合うと思いますが、運転のしやすさや室内の使い勝手などは狭かったりアレンジが少なかったりとちょっと物足りないと思います。そのためヴェゼルのほうが女性にとっては良いでしょう。

日産 ジューク

日産 ジューク

ジュークはこのクラスでは一番古く、先駆者的な存在のコンパクトSUVです。ジュークもスポーツクーペとSUVのクロスオーバーSUVのためヴェゼルとデザインの方向性は似ていますが、ジュークのほうが若干スポーティなスタイルです。

室内の使い勝手はヴェゼルのほうが圧倒的に広く使いやすいため、全く及びません。

しかも4WDがほしいときもジュークは、1.6lターボエンジンにしないと4WDが選べないため、4WDを求めて買うと価格も走行性能もオーバースペックになってしまいます。

先進安全装備もヴェゼルには及ばないため、車内の使い勝手や安全性など総合力でかなわないため、女性のニーズを満たすかどうかはヴェゼルに軍配が上がります。

ヴェゼルに女性が乗るはどうか

ここまで読んでいただければわかると思いますが、ヴェゼルは女性にとって最高の体験を与えてくれます。

都会的なSUVスタイルであなたのアイデンティティを満たしてくれ、室内の使い勝手のよさは週末の友達とのお出かけやショッピングで頼りになり、SUVらしい走行性能は雪道など困ったときに助けてくれます。

なんでもわがままを叶えてくれて、さらにそばにいておしゃれで自慢できて頼りになる。そんなヴェゼルは最高の相方になってくれるでしょう。

車を確実に値引きし安く購入する方法!

これから車を買おうと思っている方、値引き交渉の正しいやり方はご存知ですか?

この値引き交渉のやり方を知らないと、車を買う際に最大で50万円以上の損をする可能性があります。

「値引きしてくれませんか?」「オプションをつけてくれませんか?」と何も考えずに交渉すると、営業マンに舐められます。「この客はバカだな(笑)」と足元を見られ、最低限の値引きしかしてくれないでしょう。

確実に最大限まで値引きするには、このやり方を知っておく必要があります。詳しくは下記の車を確実に値引きして安く購入する二つの方法のページをご覧ください。

あわせて読みたい

この記事を書いた人

佐藤茂道
佐藤茂道
某自動車メーカーのエンジン部門で開発経験あり。子供の頃から車雑誌を切り抜きし、高校ではオートバイ・車にどハマりする。就職する際に、某自動車メーカーを選び、仕事でもプライベートでも車漬けに。今は日産スカイラインR33が愛車。