ステップワゴンは1,500ccのダウンサイジングターボエンジンやワクワクゲートなど、日本人らしい効率の良いパッケージが売りのミニバンです。

ですが5ナンバーや3ナンバーとかいろんなナンバーを見ます。

おまけに乗用車であるはずなのに貨物車である4ナンバーのステップワゴンまでいます。

なぜそんなにさまざまなナンバーがあるのでしょうか。

そしてナンバーで違いが合ったり恩恵が合ったりするのでしょうか。

ここではステップワゴンのナンバーごとの違いと、メリット・デメリットについて解説していきます。

この値引き交渉のやり方を知らないと、車を買う際に50万円以上の損をするかもしれませんよ。

営業マンに騙されずに、最大限まで値引きをしてもらうには、このやり方を知っておく必要があります。

詳しくは下記の車を確実に値引きして安く購入する二つの方法のページをご覧ください。

あわせて読みたい

ステップワゴンのナンバー

ホンダ ステップワゴン

ステップワゴンに限らず近年のこのサイズのミニバンはさまざまなナンバーが存在しており困惑してしまいます。

本当はどのナンバーが正しいのでしょうか。それぞれのナンバーの特徴ごとにステップワゴンのナンバーの違いについて解説していきます。

ステップナンバーは5ナンバー

ステップワゴン

そうそうに結論ですが、ステップワゴンは5ナンバーがスタンダードです。

5ナンバーとは排気量2,000cc未満、全長4,700mm未満、全高2,000mm未満、全幅1,700mm未満の小型車のことを指します。これを一つでもオーバーすると普通車、いわゆる3ナンバーサイズとなります。

ステップワゴンは全長4,695mm、全高1,840mm、全幅1,695mmで、排気量が1,496ccと5ナンバーに収まるサイズであるため小型ミニバンという部類に入ります。

ただ近年ステップワゴンより小さいコンパクトカーであっても3ナンバーの車が多いので、ミニバンなのに5ナンバーというのは違和感があるかもしれません。

同社のコンパクトSUVのヴェゼルも全幅が1,700mmを超えるため3ナンバーとなっています。

そのため実際に5ナンバーのサイズを超えてしまい、3ナンバーになっているステップワゴンも存在しているのです。

3ナンバーになる理由

ステップワゴン スパーダ

ステップワゴンは基本的には5ナンバーだというお話をしましたが、3ナンバーのステップワゴンも非常に多く見かけます。

これは車のサイズが5ナンバーの枠を超えた状態で新車販売されている為起こっているのです。

ステップワゴンにはスパーダというスポーツグレードが存在します。このスポーツグレードにはリップスポイラー、リアスポイラーというエアロ系のパーツが付いているため、それにより全長が4,760mmと5ナンバー枠を超えてしまいます。

そのため新車登録の際に3ナンバーで登録する必要が出てきます。

もともと5ナンバーである基準車のステップワゴンにスポイラーを付けても5ナンバーのままなのは、5ナンバーとして新車登録された後にリップスポイラーの取り付けをしているからです。

ステップワゴンは基本的には上記の5ナンバーと3ナンバーがメインの車種ですが、非常に珍しいナンバーのステップワゴンも存在しています。それが4ナンバーのステップワゴンです。

4ナンバーになる理由

ステップワゴンの4ナンバーは特殊な例です。4ナンバーとは貨物車のナンバーであり、乗用として存在しているステップワゴンには通常では存在しない車です。

ステップワゴンは発売された当時、他社のミニバンに比べ車内の広いミニバンとして登場しました。

そこに目をつけた一部のユーザーがバイクや荷物を運ぶために不要なシートを取り外し、貨物車の4ナンバーとして登録し使用していたのです。

ただ、この使用法は改造車として登録されてしまうため、いろいろと維持していく上で不都合な点も出てきます。注意が必要です。

4ナンバーとは、簡単に言うと人がいる空間よりも荷室の空間のほうが広い車です。基本的には仕事に使う車になるため車両の基準も厳しく、1年に一度の車検が必要ですが税金が安いのが特徴です。

ちなみにステップワゴンのスパーダをそのまま4ナンバー化する加工を行った場合、車両サイズの問題で1ナンバーになってしまうため気をつけましょう。

ステップワゴンのナンバーごとの違い

ステップワゴン スパーダ

前項ではステップワゴンにさまざまなナンバーが存在する理由を解説していきました。

ではそれぞれのナンバーのメリットはどういったところにあるのでしょうか。はたまたデメリットはあるのでしょうか。

ここではナンバーごとのステップワゴンのメリット・デメリットについて解説していきます。

5ナンバーの場合

5ナンバーはステップワゴンの基準車です。一番オーソドックスな状態ですがどんなメリット・デメリットが有るのでしょうか?

メリット

ステップワゴンの基準車である5ナンバーは2つのメリットがあります。それはサイズが小さいこと、そして価格が安いことです。

まずサイズですが、3ナンバーのスパーダの場合はエアロパーツをつけることで車高が下がり、全長が伸びるなど車両サイズが地味にですが大きくなっています。

それに比べ基準車のステップワゴンはスポイラーなどを装着しておらず、車高も通常通りの高さのため、普通に走る分には輪止めなども気をつける必要もありません。

それにバンパーを擦りそうなほど傾斜のある場所であっても、多少の荒い運転をしても問題は起こりにくいです。

そして価格ですが、基準車はエアロパーツやそういった装飾品がありません。そのためスパーダに比べ車両価格が20万から30万円ほど安く購入することができます。

購入資金が安く収まり、さらに運転がしやすいのが5ナンバーのステップワゴンのメリットです。

デメリット

ではデメリットですが下取り価格が下がりやすい傾向があること、そしてスタイルが社用車のような雰囲気ということです。

基準車の宿命ですが、どうしてもエアロ付きのグレードに比べ人気が落ちます。そのため次の買い替えの際の下取りや買い取りの価格が下がりやすい傾向があります。

ただ購入時にその分安く購入できたと思えばプラスマイナス0とも言えます。

そしてスタイルですが、基準車のミニバンは価格が安いため法人のミニバン需要によく回されます。それに張り出し感のない落ち着いたスタイルのためそっけなくも感じます。

気になる人にとっては商用車のように感じて面白くないかもしれません。

3ナンバーのメリット

次はエアロ付きのグレード、スパーダのメリット・デメリットについて解説していきます。

メリット

まずはメリットですが下取り価格が高い、3ナンバーならでは雰囲気、エアロスタイル、ハイブリッドが選べることです。

まずスパーダのスタイルは基準車よりも張り出し感がありますし、メッキも多用しているため良くできています。そして価格的にも高いため、良いグレードを買ったという満足感みたいなものもあるでしょう。

それと同じようなニュアンスになりますが、3ナンバーは5ナンバーよりも上級だと捉える人は多くいます。そのためにわざわざ5ナンバーのミニバンを3ナンバーに構造変更する人もいるくらいなのです。

そして現行のステップワゴンに限る話ですが、ハイブリッドグレードを選べるのが3ナンバーのスパーダだけとなっています。ステップワゴンのハイブリッドはよくできているため基準車では選べないのが残念です。

さらに、下取り価格が高いこともあります。エアロスタイルの車は基準車に比べ人気が高いため下取りや買い取り価格が高くなる傾向があります。

デメリット

ではデメリットは運転のしにくさと価格の高さでしょう。

運転のしにくさに関しては基準者の方でも少し触れましたが、エアロを付けることで車高が2~3cmほど低くなり、全長が10mmほど伸びます。

昔の古い輪止めは背が高いため、多少車高が低いだけでもぶつかってしまうことがあります。それと急な傾斜の坂などでは、ゆっくり走る分には問題ありませんが勢いよく走っているとスポイラーを擦ったりぶつけることがありますので注意が必要です。

あとは価格ですが、エアロや専用内装がついてくるためどうしても高くなってしまいます。その分買取価格は高くなる傾向があるので相殺となるでしょう。

4ナンバーのメリット

4ナンバーはステップワゴンを改造する必要が出てきます。そこまでするメリットはどういった物があるのでしょうか。またデメリットはあるのでしょうか。

メリット

まずメリットですが違法改造にならない、税金が安くなるという2つですが非常に大きなメリットがあります。

通常バイクなど大型貨物を積むからといって、8人乗りの乗用車であるステップワゴンのシートを取り外し、2人しか乗車できない状態にするのは、違法改造になりますしもちろん車検も通りません。

それを公認と言って、陸運局が二人乗りの車で後ろのスペースには荷物を載せる貨物車だよということを認めてくれれば違法改造として警察に怯える必要もありませんし、車検の際にわざわざシートを戻す必要もありません。

そして一番大きいのが税金の問題です。通常排気量2,000ccのステップワゴンの場合は自動車税が年間39,500円、重量税が20,000円(エコカーの場合)ですが、4ナンバーにすることで自動車税が年間8,000円、重量税が8,900円となります。税金の面では年間で42,600円もの節税が可能となります。

デメリット

ではデメリットですが自賠責保険が高くなる、自動車保険に制限が出てくる、乗車人数が減るという3点です。

先程税金が安くなるというお話をしましたがその反面強制保険が高くなります。普通車が2年間で25,830円なのに対して2年で29,470円となります。

差額としては4,000円ほどありますが46,000円もの税金の差額に比べればデメリットに入らないくらいのものです。

次に保険に制限が出るという話ですが、保険会社は事故が起こった場合、相手に損害を保証するものです。その仕組み上改造車というものはできる限り受け入れたくないものです。

もちろん4ナンバーにするのは走り屋のような改造ではありません。しかし保険会社としてはよくわからない改造車を受け入れたくないので断られる可能性が出てきます。

そして乗車人数が減ることです。構造変更した際に指定した人数しか乗ることができなくなるため、その後大人数でお出かけする際にミニバンとして頼りにされていても、乗せると違反となってしまうためシートを付けることはできなくなります。

ステップワゴンを買うとしたら

ここまでステップワゴンのナンバーの違いについて解説してきましたが、4ナンバーのステップワゴンを発見した場合は改造されている証拠ですのでどのような仕様になっているか気をつけましょう。

それ以外の3ナンバー5ナンバーの場合は自分の好みで選択して問題ありません。

運転が苦手なかたは5ナンバーを選んだほうが無難に運転できますし、やはりかっこいいミニバンに乗りたい場合は3ナンバーのスパーダをおすすめします。

もし4ナンバーに改造する場合はその後の使用目的や、任意保険など十分に確認し改造しましょう。

車を確実に値引きし安く購入する方法!

これから車を買おうと思っている方、値引き交渉の正しいやり方はご存知ですか?

この値引き交渉のやり方を知らないと、車を買う際に最大で50万円以上の損をする可能性があります。

「値引きしてくれませんか?」「オプションをつけてくれませんか?」と何も考えずに交渉すると、営業マンに舐められます。「この客はバカだな(笑)」と足元を見られ、最低限の値引きしかしてくれないでしょう。

確実に最大限まで値引きするには、このやり方を知っておく必要があります。詳しくは下記の車を確実に値引きして安く購入する二つの方法のページをご覧ください。

あわせて読みたい

この記事を書いた人

田中慎二
田中慎二
小さい頃に初めて買ったスカイラインGT-Rのラジコンでスカイラインに一目惚れ。その影響から某自動車ディーラーに営業職で就職し、新人賞や2級販売士資格などを獲得するまでに成長。車の知識では社内では一目置かれる存在だった。現在の愛車は電気自動車の日産リーフ。