「トヨタのアクアを買おうと思ってるんだけど、内装はどんな感じ?」

「アクアの内装を、メーカーサイトに載ってない細かいところまで見たい!」

車を購入するとき、見た目や走行性能も大事ですが、内装がかっこいいかどうかも気になりますよね。

そこで、トヨタ・アクアのすみずみまで写した内装写真を紹介します。

アクアのフロント

ハンドルやメーターまわりはもちろん、乗車口ドアやシートの質感といった細かいところまで、徹底的にお見せします。

この値引き交渉のやり方を知らないと、車を買う際に50万円以上の損をするかもしれませんよ。

営業マンに騙されずに、最大限まで値引きをしてもらうには、このやり方を知っておく必要があります。

詳しくは下記の車を確実に値引きして安く購入する二つの方法のページをご覧ください。

あわせて読みたい

アクアの内装写真

それではさっそく紹介していきます。グレードはCrossoverです。

アクアのコックピット

コックピットの全体の様子です。内装色はブラックソフトレザー。ダッシュボードからエアコン吹き出し口まで、黒一色で統一されています。

まずは運転席から見ていきましょう。

アクアのマルチインフォメーションディスプレイ

運転席から見えるコックピットの全体です。マルチインフォメーションディスプレイが運転席からやや左に逸れて、まんなかにあります。

アクアのハンドル

ハンドルは、4本スポークステアリングホイール(本革巻き+シルバーステッチ)です。まわりの○の部分から、まんなかのクラクションの部分に4ヶ所でつながっているのが4本スポークステアリングホイールの特徴です。

アクアのステアリングスイッチ

ハンドル右側の、ステアリングスイッチです。マルチインフォメーションディスプレイの表示内容を、これで切り替えます。

アクアのレーダークルーズコントロール

レーダークルーズコントロール(先行車と適切な車間距離をたもってくれる機能)のON・OFFスイッチです。右側のステアリングスイッチのすぐ下についています。

アクアのステアリングスイッチ

ハンドル左側の、ステアリングスイッチです。オーディオの音量変更やモード切り替えに、このスイッチをつかいます。

アクアのウィンカーレバー

ウィンカーレバーです。ウィンカー点滅のほか、フォグライトの点灯・ヘッドライトの点灯・ハイビーム・ロービームの切り替えを行います。

オートモードにすると、対向車のヘッドライトを検知して、ハイビームとロービームを自動で切り替えてくれます。

アクアのワイパーコントロールスイッチ

ワイパーのコントロールスイッチです。ウィンドーウォッシャー液による窓清掃もこのレバーで行います。

アクアのマルチインフォメーションディスプレイ

マルチインフォメーションディスプレイです。電源が入るとハイブリッドシステムの出力・実燃費・エコ運転ができているかどうかといった、さまざまなことが表示されます。

アクアのマルチインフォメーションディスプレイの電源オン

少しとおくてわかりにくいですが、電源が入ってるときはこのようになります(※この写真は私が運転しているときに同乗者が撮影したものです)。

個人的に、スピードがデジタル表示されるのはあまりかっこいいと思わないんですが、実燃費やエコ運転ができているかどうかが表示される機能は、燃費重視のアクアに合っていると思います。

アクアのエアコン吹き出し口

マルチインフォメーションディスプレイの下の、エアコン吹き出し口です。運転席側用と助手席側用に2つついています。

アクアのオーディオレスカバー

エアコン吹き出し口の下の、オーディオレスカバーです。ディーラーオプションでカーナビやカーオーディオをつける場合は、カバーを外してここに設置されます。

アクアのエアコンの操作パネル

下に下がると、エアコンの操作パネルです。エアコンのON・OFFや、フロントガラス・リアガラスのくもり止めの設定ができます。

温度設定はダイヤル式で、左に回せば温度が下がり、右に回せば温度が上がります。操作がシンプルなので、機械が苦手な女性でもあつかいやすい操作パネルです。

アクアのシフトレバー

シフトレバーです。にぎりこんだときに手のひらに当たるシフトノブが、青くなっているのが特徴です。

シフトレバーの後ろにはドリンクホルダーがあります。

アクアのシフトノブのアップ

シフトノブのアップ。アクアの内装のなかで、もっともおしゃれな部分だと思います。

サイズはやや細いですが、実際につかってみると、操作しやすいシフトレバーです。

アクアのシフトレバーのスイッチ

アクアのシフトレバーのスイッチ

シフトレバーの手前には、「VSCオフスイッチ」・「車両接近通報一時停止スイッチ」・「ドライブモード切り替えスイッチ(エコモード/EVモード)」があります。

VSCとは、車両の挙動を安定させるシステムのことで、ONにしているとカーブを曲がるときや右左折時にスムーズなステアリング操作をアシストしてくれます。

車両接近通報一時停止スイッチとは、「エンジンが停止した状態で静かに走行している際に、音を発生させて周囲に車がいることを知らせるシステム」を、OFFにするスイッチです。

ドライブモード切り替えスイッチを押せば、通常走行モード・エコモード・EVモードの3つを切り替えることができ、燃費向上に役立ちます。

これらの4つのスイッチは運転席シートのすぐ横にあり、腕を伸ばさなくていいので操作しやすいです。

アクアのサイドブレーキ

4つのスイッチの手前にサイドブレーキ。アクアのサイドブレーキは操作感はまったく問題ないですが、細いうえにデザインもシンプルすぎて、やや安っぽいです。

アクアのエアコン

運転席の窓側のエアコン吹き出し口です。エアコンをONにすると、ナノイーが出ます。

内装色にブルーブラックをえらぶと、内側の○部分が青になります。

アクアのエアコンの下のスイッチ

エアコン吹き出し口の下には、左上から順番に、

  • 「イグニッションスイッチ(スタートボタン)」
  • 「ミラー調節スイッチ」
  • 「サイドミラー格納スイッチ」
  • 「光軸調整ダイヤル」
  • 「ウィンドシールドデアイサースイッチ」
  • 「レーンディパーチャーアラートスイッチ」
  • 「プリクラッシュセーフティシステムスイッチ」
  • 「オートマチックハイビームスイッチ」

がついています。

光軸調整ダイヤルとは、ヘッドライトの上下の向きを調節するダイヤルです。

ウィンドシールドデアイサースイッチとは、フロントガラスにつけた熱線をつかって、雪だまりや凍結でワイパーが動かなくなるのを防ぐ機能です。 寒冷地仕様の車についていて、スイッチをONにしてから15分で自動的にOFFになります。

レーンディパーチャーアラートスイッチとは、「ウィンカーを出さずに車線をはみ出してしまいそうなときに鳴る警告」のON・OFFを切り替えるスイッチです。

プリクラッシュセーフティシステムスイッチとは、「進路上にいる車両を検知し、衝突の危険性が高いときに警報や自動ブレーキが作動するシステム」の設定を切り替えるスイッチです。

オートマチックハイビームスイッチとは、対向車のライトを検知してハイビーム・ロービームを自動的に切り替えるスイッチで、先ほどのウィンカーレバーでオートモード(もしくはハイビーム)にした状態でONにすると機能します。

アクアのボンネットのロック解除スイッチ

8つのスイッチから下に下がると、ボンネットのロック解除スイッチがあります。

アクアの給油口のオープンスイッチ

さらに下がって、運転席床には給油口のオープンスイッチ。

アクアのブレーキとアクセルペダル

ブレーキペダルとアクセルペダルです。

これから車の購入を考えているなら、値引き交渉の正しいやり方を覚えておくといいですよ。このやり方を知っているだけで数十万円は違ってきます。詳しく知りたい方は下記の車を確実に値引きして安く購入する二つの方法ページをご覧ください。

あわせて読みたい

アクアの運転席のドアトリム

運転席のドアトリムです。

アクアのインナーハンドル

運転席ドアのインナーハンドル。

アクアのドアトリムのアップ

運転席ドアトリムのアップです。

アクアのドアトリムの生地

さらにアップ。さわりごこちは硬くてザラザラしています。

アクアの運転席ドアのスイッチ

運転席ドアの、ドアロックスイッチとパワーウィンドウスイッチです。

アクアの運転席のドアスピーカー

運転席ドアのスピーカー。

アクアのドアトリム

助手席のドアトリムです。

アクアの助手席のパワーウィンドウスイッチ

助手席ドアのパワーウィンドウスイッチ。

アクアの助手席のドアスピーカー

助手席ドアのスピーカーです。

アクアのコックピット全体

助手席ドア側から見たコックピット全体です。

写真の内装は「ブラックソフトレザー」ですが、「ホワイトソフトレザー」や「ディープブラウン」、もしくは「レッド」をえらべば、インパネ助手席オーナメント(助手席側エアコン吹き出し口とオーディオレスカバーのあいだの部分)の色が変わります。

アクアの前部座席

運転席ドア側から見た前部座席の様子です。

写真のシート表皮は合成皮革(ブラック)になっていますが、このほかに合成皮革(ホワイト)やファブリック(ブラウン・ブルー・レッド・ホワイト)、また合成皮革+ファブリック(ブラック)がえらべます。

色が変わるのは、座面と背もたれの一部です。

アクアの前部座席の助手席側

助手席ドア側から見た前部座席の様子です。

アクアの座面のアップ

座面のアップ。アクアのブラックソフトレザーは、このようにパーフォレーションレザー(穴あけ加工されたレザー)になっています。

シートのすわりごこちは、可もなく不可もなくといった印象です。

アクアのシート背もたれ

シート背もたれのアップ。背中に直接ふれないサイドの部分は、穴あけ加工されていません。

アクアの室内灯

前部座席の室内灯です。

室内灯は「運転席側のみ点灯」・「助手席側のみ点灯」・「両方点灯」・「ドアオープン時のみ点灯」・「消灯」の5パターンつかえます。

アクアのルームミラー

アクアのルームミラーです。

アクアのサンバイザー

助手席のサンバイザー(日よけ)です。

アクアのサンバイザーの鏡

サンバイザーのふたを開けると、鏡になっています。運転席にもおなじものがついています。

アクアのバックドアトリム

後部座席に行ってみましょう。後部座席のドアトリムです。

アクアのインナーハンドル

後部座席ドアのインナーハンドルです。

アクアの後部座席のパワーウィンドウスイッチ

後部座席ドアのパワーウィンドウスイッチ。

アクアの後部座席ドアのスピーカー

後部座席ドアのスピーカーです。

アクアの後部座席の全体

後部ドア側から見た後部座席の全体です。

アクアの後部座席の室内灯

後部座席の室内灯。「点灯」・「ドアオープン時のみ点灯」・「消灯」の3パターンつかえます。

アクアのバックドア

最後は荷室を見てみましょう。アクアはハッチバック式なので、バックドアがこのように開きます。

アクアのトランクのライト

アクアの荷室内

荷室内は左側にのみライトがついています。

アクアの後部座席の裏側

荷室から見た後部座席の裏側です。アクアは荷室と乗車スペースがつながっているので、後部座席を前にたおせば、車内の半分以上を荷室として使用することもできます。

アクアの内装全体を見た総評としては、エアコン吹き出し口の形やシフトレバーの青い部分が特徴的で、おしゃれです。

コックピットのまんなかにあるマルチインフォメーションディスプレイも、下手をすると「安っぽい」と思われてしまいそうな形ですが、燃費至上主義の車のイメージがあることで、安っぽいと感じないギリギリのところでおさまっています。

紹介した写真ではオーディオレスカバーがついていて、やや殺風景になっていたので、ディーラーオプションのカーナビが入れば様になる内装だと思います。

この記事を読んだことで、アクアを購入するかどうかの判断材料のひとつになれれば幸いです。

車を確実に値引きし安く購入する方法!

これから車を買おうと思っている方、値引き交渉の正しいやり方はご存知ですか?

この値引き交渉のやり方を知らないと、車を買う際に最大で50万円以上の損をする可能性があります。

「値引きしてくれませんか?」「オプションをつけてくれませんか?」と何も考えずに交渉すると、営業マンに舐められます。「この客はバカだな(笑)」と足元を見られ、最低限の値引きしかしてくれないでしょう。

確実に最大限まで値引きするには、このやり方を知っておく必要があります。詳しくは下記の車を確実に値引きして安く購入する二つの方法のページをご覧ください。

あわせて読みたい

この記事を書いた人

パワーボム
パワーボム
元パチスロライター。車とゲームとプロレス観戦(ノアファン)が大好き。21歳で免許を取ってから、車を乗り尽くす。家から700km、四国のなかを1400km移動し、また700kmの距離を帰るツアーで、四国八十八ヶ所巡りを車で成し遂げる。